ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

今どきの若いやつらは

『今どきの若いものは・・』

『おれらが若い頃は・・』


飲み屋の席でよく耳にする言葉ではないでしょうか?

私も何回かそんなようなことを口走った記憶もありますし、もちろん先輩方に自分が言われたこともあります。

自分たち世代と下の年代を比べて、

『おれらは頑張ってきた。』

『おれらの時代はそんな甘くなかった。』

そういうことを言いたいのだと思います。

でも、今の時代の若い人たちも同じなんです。

時代を生き抜くのは甘くはないし、みんな頑張っていないわけではありません。

頑張り方など人それぞれですし、ただそれが自分と違うだけなのじゃないでしょうか?

そう考えてふと思い出すと、

成功者の人ってあまり

『おれ頑張ったよ。』

とは言わないな。

『たまたま◯◯がよかったから。』

それが運であったり、時代であったり、仲間であったり。

自分は頑張ってきた、頑張ってるよとアピールすることは

『だれか褒めて。』

『だれか認めて。』

という心の声の裏返しなのかもしれません。

こどもがお絵かきをして親に
『見て見てー。これ◯◯ちゃんが描いたの。』

自分で着替えができるようになって
『◯◯ちゃんが自分でしたの。』

これと何も変わらないような気がします。

こどもは褒められて成長することはあります。

もっと褒めてもらおう。

もっといろんなことができるようになろう。

でもさっきの話はいいおっさんの話です。

褒めても伸びしろはほとんど残ってません。

それどころか衰退の一方です。

聞くに耐えないですよね。

だから、決して自分より年下にそんなこと言っちゃダメです。

それよりも頑張らなくてはいけないのは、オヤジたちかもしれません。

『おれパソコン苦手なんだ。』 

『SNSやると顔バレして飲み歩けなくなるやん。』

たぶんもう論外です。

うちの娘一歳になったばかりですが、先日スマホ持ってSiriに話しかけてました。

IMG_9905


『うー。あぁー。』

まだ言葉をしゃべれないので、Siriに

『よく分かりません。』

と言われてましたが。(笑)

携帯電話が幼少期からあったデジタルネイティブの世代から、幼児の頃からスマホでYouTubeなどの動画を見たり、ビデオ通話で話しかける今の乳児・幼児世代はまた違う世代になりそうです。

どんどん時代は変化しています。

自動運転が現実化してきた今、運送会社の運転手、タクシー運転手はこのままでは失業してしまうかもしれません。

区役所や市役所の職員も激減するかもしれません。

AI化は大失業時代になるかもしれません。

誰でも代わりができる仕事はAIに取って代わられることになります。

だってAIは残業代や昇給、待遇改善も要求しませんものね。

それと、自動運転が一般にも普及し出すと不動産にも大きな影響をもたらすことになるかもしれません。

『車の運転と不動産って全然関係ないでしょ?』

直接は関係ないように思いますが、実際には大きく影響を及ぼすと考えています。

なぜ仕事場の近くにみんな住みたがるのか?

通勤時間がもったいないから、交通費がかさむからじゃないですか?

通勤が快適なものになり、交通費が電気自動車で安く済むようになればどうでしょう?

自宅のリビングのような車内で読書しながら、または熟睡したまま通勤できるなら通勤時間は気にならなくなります。

帰りの車内ではビールやワインを飲みながら、サッカー観戦、野球観戦をしながら帰宅する。

自己研鑽のため本を読みながら、勉強しながら通勤する。

そもそも、会社に出勤するという形式がなくなるかもしれません。

会議はSkypeやビデオ通話で行い、命令系統も全てPCやスマホから。

そうなってくると都心には住むのではなく、休日にお出かけする場になるかもしれません。

自宅でAmazonから日用品の配送を受け、自宅で仕事が完結する。

地価の高い都心に住むメリットがなくなります。

郊外の住宅地なら敷地もゆったりしており、地価も安い。

かつての別荘地のように、郊外の避暑地、リゾート地には富裕層が、出勤が義務付けられる庶民は都心の狭いアパートで。

こんな時代が訪れるかもしれません。

地方都市でも魅力ある街づくりをすれば、そこに人がどんどん集まってくる時代になるかもしれません。

この街に住めば住民税が安くなる。

高校まで教育費無償。 

街ぐるみで自家発電設備を導入して、電気自動車の充電電気代無料とか。 


面白いアイデアで地方活性化ができるかもしれません。

二極化とよく言われますが、いつの時代も同じです。

権力者と被支配者層、資産家と庶民。

これからは情報弱者と情報提供者。

世界の富82%1%富裕層に集中しているそうです。

そしてたった5〜60人の大富豪が世界の富の半分を占めているそうです。

上層階級はAI化によりコストダウンを図れ、業務の効率化を図れます。

より大きな富をもたらします。

逆に私たち庶民は、AI化により失業の危機を迎えています。

『だからその中でどうしていくの?』

どうしていきましょうかね。。。

お金を使わないライフスタイルを実践する。
自給自足ですか。

もしくは、お金を生み出すサイクルを作り出すか。
起業家、投資家ですよね。

それが不動産投資なのか、若者たちのビジネスに投資するのかは分かりませんが。

仮に今資産がなくても、世の中の人が必要としている情報ノウハウを提供できるようなものがあれば、これからの時代の勝者になれるかもしれません。

学者や研究者のレベルの話でなくてもちろん大丈夫です。

こども向けの英会話を教えていたり、ピアノ教室の先生、釣りやサッカーをこどもに教えたり。

習字の先生、折り紙の先生。
こういうのもこれからどんどん外国人旅行者が増えてくると立派なビジネスチャンスです。



『わたしには何もない。』

そんなことはきっとないはず。 

『ラーメン屋のことは誰よりも美味しい店を知ってる。』 

『自分の作るカレーはとびっきり美味しい。』

お店の情報やあなたしか知らない料理のレシピが、あなたのこれからの人生を救ってくれるかもしれません。

誰かに必要とされている

何でもいいんです。

誰かに必要とされること、誰かがあなたの話を聞きたいと思うこと。

それがこれからの時代に生き残る道なのかもしれません。

『最近のおじさんたちは・・』

こう言われないようにしましょうね。






AIの進化で不動産はどう変わる?

機械化〜IT化、そしてAIの時代へと変化してきました。

ITはInformation technology、情報を取得、加工、保存、伝送するための技術。

AIはartificial intelligence、人工的な知能の略です。

人工知能が機能し出すと一体どんな世の中になるのでしょうか?

不動産物件を探すとき、以前は物件に貼ってある看板、貼り紙で、そして店頭看板で。

それが情報雑誌やチラシに変わり、今はポータルサイトがメインになりました。

貼り紙、看板の時代は何件も何件も電話して家賃を確認したり、売買価格を確認する作業は大変な作業でしたから、入居者、購入者は相場をなかなか知り得ない状況にありました。

店頭看板や情報雑誌、チラシなどがメインになるとそこに掲載されている物件情報により相場を少しは把握することはできるようになりました。

ただ
『あー。この物件は日当たりがかなり悪いですよ。』
『家賃は安いのですが、隣に少し問題のある入居者さんがいらっしゃいまして。』
そんなこと言われたら別の物件を紹介してくださいと言っちゃいますよね。

なので、本当のところの相場はやはり一般の方は分かりにくい状況にありました。

ポータルサイト出現により、状況が変わるかというとその状況はすぐに改善したわけではありません。

ただ、多くの不動産業者さんが世の中に存在していることを、お客さんが知ることになりました。

またメールで複数の不動産会社さんから物件情報を取り寄せたりすることにより、より現実に近い相場観を知ることができるようになりました。

少しつづは進化しているのですよね。

不動産業界でもネットで集客するようにはなったのですが、ネットはあくまで集客のツールとしてしか捉えていません。

そのまま興味を物件を購入したり、賃貸したりする感覚があまりないからです。

『そんなこと無理でしょ。』
『中見といてもらわないと後から文句出たら大変だから。』

これが未だに現場の声なのです。

なぜそんなことになっているかというと、
掲載されている物件情報がありのままではなく、反響を取るためのものでしか存在していないからです。

『こういう角度で撮ると部屋が広く見えます。』
『こういう編集すると部屋が明るく見えます。』
『道路向かいの古いアパートは見栄えが悪いので、それが写り込まないように撮りましょう。』
テクニックといえばテクニックなのですが、現場に足を運ばないと分かり得ない情報がたくさん隠されていたりします。

それを読み取ることは一般の人には難しい話です。

紹介している物件をそのまま契約に結びつけるのではなく、その物件で契約してくれればラッキー、他の物件で契約に結びついてもそれはOK。

こういう考え方になっています。

でももしこれがAI化されていけばどうなるでしょう?

Amazonの商品のようにそのまま買い物カゴに入り、カード決済、ローン審査に移行みたいなイメージです。

こうなるためには、物件情報を正しく伝える必要が出てきますし、物件をネット上で細かい箇所まで見ることができる仕組みづくりも必要です。

現場だけでなく、駅からの経路、コンビニやスーパーなどの商業施設、小学校や中学校までの経路までも分かればありがたいですよね。

お客様が望んでいるもの全てをネット上で完結することができれば、もう営業マンは必要なくなります。

逆にいうと、営業マンが必要なくなるということは全ての物件が適正価格で取引されていくことになります。

売主側、貸主側は頃合いを見て価格変更したり、付加価値をつけてみたり。

今、賃貸物件を探しに行くには、事前に気になる物件を調べてそこからお店へアプローチします。
内覧して契約して鍵渡し。

そこまで何度も何度も足を運ぶ必要があります。

不動産を購入する場合はもっと大変です。

休日の度に不動産屋に足を運んで手続き。

契約が決まったら今度は家具や家電選び、カーテンやラグの寸法測りからカーテン選び、取付、住民票の移動から銀行やカード会社への住所変更手続き。

やることが多すぎます。

システムが効率化した時代に生まれた世代には
『引越しって面倒だ。』
この印象しかないのではないでしょうか?

住宅を契約したら、カーテンのサイズから家具の配置のシュミレーション、そしてそのまま発注できるようになれば引越しがお手軽な時代になるかもしれません。

物件情報が正確になるだけで、後のことが連鎖して波及していくことは容易に想像できます。

いつも思っていたことですが、契約して鍵渡しまでに採寸に行かなければならないこと、これは貸主、売主、仲介業者の怠慢ではないのかなと。

既製もののサッシを使い、その上にカーテンレールが付けてある。
高さも決まっているし、既製もののカーテンの長さも決まっています。
『この部屋は◯◯cmのカーテンを発注すればいいですよ。』

部屋の間取り図面も壁芯の寸法で書いてあります。
その寸法図を渡されたところで内寸と違いますから測り直す必要があります。
でも壁の厚み、この壁は◯mmですと記載してくれていればその手間も省けます。

でも逆に言えば、その情報があればそのままネット上でカーテンや家具を発注できることになります。

そうなると、売主にとっても貸主にとっても新たなビジネスのチャンスです。

自らがネットショップオーナーになれば、そのままお客様を取り込めますし、アフィリエイトでショップを紹介することで稼ぐことも可能かもしれません。

『面倒くさいよ。』
という人には、その業務をビジネスに結びつけたい人に採寸業務を請け負ってもらうこともありかもしれません。

仲介業をメインとしている会社さんでも、その正確な物件情報を提供するためのお手伝い、個人のオーナーさんの物件登録、写真や動画撮影のお手伝い、ネットへの物件登録のお手伝いという形で新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

だって、Amazonや楽天にはネット流通のノウハウはあっても、契約上のリスクを回避するノウハウはありません。

不動産って一つ一つが別個のものであり、リスクはそれぞれの物件により異なります。

それを補うのは地域に根ざした不動産業者であり、近隣相場を一番把握しているのも地域に根ざした不動産屋さんです。

個人と個人、売主と買主、貸主と借主が直接繋がる時代はもはやリアルです。

その中で私たちが何をできるのかとずっと模索してきました。

でも、この形なら私たち不動産屋さんも生き残れ、消費者にも有益です。

直接繋がれることによるコストダウン。
システムの効率化による流通量の拡大
仲介手数料、広告料などの名目で得ていた多大な報酬はなくなるかもしれません。

でもその分、成約した場合にしか支払われなかった報酬が定期的に安定した売上に変わるかもしれません。

そうなると物件価格、家賃に関わらず、業務に関する手間は同一になります。

マンションと土地、戸建では物件調査の手間が変わりますので、土地、戸建は少し割高。

一棟賃貸マンションは物件調査の手間は都度変わるわけではありませんから、戸数で割ると割安に。

どうですか?
現実的じゃないですか?

これがいろいろ考えてみた、みんながハッピーになる未来予測図です。

でも一人で始めてみたところで、物件情報の正確さ、寸法、ネットショップくらいしか実現できそうにないんですけどどうしましょ?

やっぱ、一人では何もできないなぁ。。

誰か私のアイデア実現してくださーい。

不動産業界をシステマチックに改革してくれませんか?

エンドユーザーも求めていることだと思います。

社会貢献ですよー。

大阪の小さな不動産屋さんの夢を叶えてください。

tatemono_fudousanya

何年後かには実現しているんだろうな。
私に関係のないところできっと。







12月のアクセス数を超えそう

昨年12月、忘年会や年末年始の長期休暇気分でブログの更新をサボっていました。
するとブログ開始当初くらいまでアクセス数は激減。

FullSizeRender

努力は数字に現れるものですよね。


1日のアクセス数も100を下回る日さえありました。

そこで今年に入って正月ボケも収まった頃、一念発起してブログの再構築作業を開始しました。

するとどうでしょう?

IMG_0610

約半月で12月のアクセス数を近くまで叩き出しました。

『この数字が低い?』

はいはい。
分かっています。

有名ブロガーさんなんかは1日で数万アクセスありますもんね。

でも思い出してくださいよ。

私は素人です。

私の名前を知っている人もこの世の中に1万人もいないです。

これでも
『ブログを見た。』
という方からお仕事ももらっています。

なので、健闘してる方だとは思います。
→自画自賛

でもやはり物足りない数字だとは思っています。
もう2年以上も運営していて、毎月のアクセス数は平均して5〜6,000ほど。 
多いときで8,000アクセスくらいでした。

1日の最高アクセス数でも600いったことがありません。

この記事が今月19本目なので、1日1本以上のペースでブログ更新をしています。

そのおかげで安定したアクセス数は確保できているのですが、飛び抜けた数字を叩き出す記事が書けていません。

何が当たるかなんて書いてみないと分からないのですが、毎日書いてあまり結果が変わらないと心が挫けそうになりますよね。

その点Twitterは気になることに対してコメントを書き込むだけなので気分が楽です。

楽しみながらアクセス数もUP、これが一番の結果なんですよね。

数字の呪縛に少し囚われすぎていたような気がします。

仕事もブログもTwitterも楽しみながらやるのが一番。

その結果、仕事に結びつけば万々歳。

すっかりそんなことを忘れてしまっていました。

楽しくないと長続きしませんからね。

ということで、気軽に時間の空いた時にブログも更新することにします。

さすがに1月19本も書いたらネタもなくなってきましたし。(笑)

それではまた。




物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ