ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

違法民泊の時代から合法民泊の時代へ

違法民泊の時代は終了かな?

観光庁のホームページでこんな文書が公開されています。

※詳しくはこちら観光庁のホームページの文書をご覧ください。


001215823-1
民泊運営サイト、AirbnbやHomeAweyなどのサイトへの通達ですね。

住宅宿泊事業法(民泊新法)が今年の6月15日から施行されます。

それまでに許可を取得しているかどうか、その届出番号を確認すること。

そして、確認ができない物件の掲載をしないように通達しています。

あくまで現段階では通達にすぎないのですが、違法民泊においてAirbnbに掲載できないとなるとどうやって集客するのかなという疑問も生じますので、違法民泊の撤退は今後余儀なくされそうです。

かといって、住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づいて年間180日の運営となると、それはそれで収支が成り立つのかという問題も生じます。

大阪市内の中心部ではホテル不足が最近の建築ラッシュで解消されそうですし、もう民泊の力を借りなくても大丈夫というのが本音の部分ではないでしょうか?

私個人の意見としては、ホテルと一線を画しているのが民泊であり、アットホームな雰囲気、ゲストとホストの交流というのが本線であるべきではないかと思っています。

そこをないがしろにした、ただの宿泊施設としての民泊に需要はいずれにせよあり得ないのではと思っています。

ホテルの宿泊ではなんだか現地の雰囲気を味わえない、家族で宿泊できるような広い宿泊施設が日本には少ない、だったら民泊を利用しよう。

こういった需要は今後も根強く存在するようには思えます。

ただ宿泊料が安いから民泊、この需要は今後カプセルホテルや旅館、こちらに大きく流れていくような気がしますね。

カプセルホテルでも外国人の受け入れは増えましたし、外国人にも認知され始めています。

また、簡易宿所のような2段ベッド、合い部屋の宿泊施設も増えてきました。

マンションの一室で、個人が代行業者さんの手を借りて運営していても儲かったバブリーな時代の終焉です。

今後は本腰を入れた、サービス重視の民泊、他と一線を画した民泊施設だけが生き残れる時代になるかもしれません。
でも本来はこれがビジネスであり、他社と差別化することにより勝ち抜き、生き残る。
そういうものじゃないですかね?

もちろん施設自体に趣向を凝らしたものなら、運営は他者に任せて、これは当然アリの選択です。
賃貸経営と同じで、戦略を持って戦っている大家さんが生き残る、民泊もそんな時代になってきました。
面白いですねー。
なんだかワクワクします。

今回の通達でどのくらいの数の違法民泊が排除できるのでしょうね?
今大阪にある民泊施設のうち9割以上は届出のない施設です。
その9割が撤退ということになると、合法的に運営しているだけでもメリットは享受できそうです。
考え方を変えるとまだまだビジネスチャンスは転がっていそうです。
ただ、同じ参入するなら趣向を凝らしたり、差別化できるような施設作りをしたいですよね。

夏頃にはそんなセミナーを開催したいと思っています。
なぜ今じゃなくて夏なの?
そんな声が聞こえてきそうですが、どうせするならきちんとしたセミナーにしたいですし、データもきっちりと取った上でお教えしたいなと思っています。

今年はより一層アグレッシブに にチャレンジする予定です。
みなさまにも同様に儲けていただけるような情報を提供できたらとも思っています。

それまでは、首を長ーくしてお待ちください。(笑)

それではまた。





新年明けましておめでとうございます



新年明けましておめでとうございます

新しい一年が始まりました。
昨日が初出という方も多かったようで、日中大阪市内は挨拶回りの車で溢れかえっていました。
友人の会社の新年会にお招きいただき、そのまま夜の街に繰り出していたのですが、そこでも大盛況。
金曜日の夜ということもあり、多くの人で賑わっていました。
昼間は仕事で大渋滞、夜は飲み屋が大盛況。
こんな状態が続く一年になればいいなと思いながら、今年のスタートを切りました。
今年はどんな年になるのでしょう?
相場の格言に戌笑うという言葉があるそうです。
相場が活気付き笑いが止まらないということなんだそうですが、年始からその兆候は出ましたね。
取引初日から日経平均741円39銭高の爆上げでした。
どこかでまた調整が入るのでしょうが、このまま一気に日経平均25,000円台、30,000円の大台も突破ってことになれば、本当に景気のいい一年になるかもしれません。
ちなみに戌年の人は
食う物に困らない
道に迷わない
そして忠誠心が強い
そうです。
たしかにどんな時でもメシを食うのに困ったことはないですし、自分の進むべき道を迷ったこともありません。
そうなんです。
私戌年なんです。
年男なので、今年はいい年にしようといつも以上に張り切っています。

もう今年で48歳になります。
ひと昔前ならいつ死んでもおかしくない年齢に差し掛かりました。
同級生と話していても、病気の話が話題に出る年頃になりました。
でも下の娘はまだ今月でやっと一歳になります。
あと20年は頑張らなくてはいけません。
そのための大事な一年と自分で位置付け、今年は躍進の年にしようと思っています。
目先のお金じゃなくて、未来の礎を造るために。

人生の中でもよく頑張った一年だったなと振り返れる一年にしたいと思います。
ブログの更新は遅れましたが、ざっくりとした決意表明でした。
今年も一年みなさまどうぞ宜しくお願いいたします。

そろそろ仕事納め?

私たち不動産業界もそろそろ年末休暇に入ります。
今年は法務局も28日で終わりなので、そこで今年の仕事も終わりという方もいれば、明日が水曜日なので今日で今年の仕事納めという方も多いように思います。
うちはどうなの?
ライフコンサルティングはいつまで営業しましょうかね?
まだ決めかねています。(笑)
少し片付ける用事、契約が残っているので、それが終われば年末年始の休暇に入ろうかと思っています。
それまでまだ2、3日はありますので、もしご相談ごとがありましたらお気軽にご相談ください。

不動産の仕事を始めて今年で25年になります。
今は日曜日が定休日にしていますが、それはここ1、2年の話で、基本は土日仕事というスタイルでした。
なので一般の方とお休みが合うのはこの年末年始とお盆の時期くらいのものでした。
しかも長期休暇となればもうこの時期しかなかったので、一年の疲れを癒す重要な休暇として過ごしていたことを思い出します。
今年はまだ休みをいつからにするか決まってなかったくらいなので、旅行の予定もなくのんびり自宅で過ごすことになりそうです。

『年末年始どっか行くの?』
『うん、家族でハワイに。』
そんなこと言いたーい。
いつそんなこと言えるようになるのでしょ。
家族でハワイ旅行。
しかも年末年始となると200万くらいかかるのかな?

しかも早めに予約しないと飛行機のチケット、ホテルの予約もいるし・・・
っていうことは、夏くらいまでに一年の売上見込で
『今年もよく頑張ったよなー。』
こう言えるくらいにならないと行けないぞー。

来年はそこを目標にして頑張りますか。

来年もまた自分に対して
『よく頑張ったね。』
そう言ってあげれるような一年にできればと思います。
細かい目標設定はまた年末年始に考えるとして。
というわけで、みなさまのお力も当然のことながら必要ですので、来年も変わらずご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ