ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

生活保護とパチンコ

生活保護費でパチンコ。
パチンコ屋さんは昼間っから大勢の人たちで賑わっています。

post_16796_1


仕事をしていない若者、現場が休みですることのない職人さん、年金暮らしのお年寄り、その中に生活保護受給者も混じっています。

今まで一生懸命働いてきて、やっと年金生活、こんなお年寄りが昼間っからパチンコやスロットに興じていても全然いいじゃないですかね。

人生のボーナスステージですから、趣味に時間を割いているのと何ら変わりませんので他人が口出しすることではありません。

老後の人生でもう一度アルバイトをして生計を立てなければいけないより、よっぽどマシではないかと思ってしまいます。

でも若者が昼間っからパチンコやスロットに興じるのはダメですよね。

何もすることがないなら働けばいいし、学生さんなら勉強をすればいい。

若い吸収力のある大切な時間をパチンコやスロットに費やすのは人生の浪費です。


例えそこで月に10万勝とうが20万勝とうが、その後の人生でもっと得れたかもしれないチャンスを失ってしまっている可能性すらあります。

他人のことは言えたもんじゃありませんが、私も若いときギャンブルに多大な時間を費やしていました。

あの時そんなことをせずに一心不乱に仕事をしていれば。

またあの時一生懸命勉強して資格や語学の一つや二つ身につけていれば、もっと視野が広がっていたと思います。

というより、今みたいにいい歳をこいて必死で勉強せずにすんだかもしれません。


若いうちの苦労は買ってでもしろ

と言いますが、若いうちに楽したり、しんどいことから逃げると必ずしっぺ返しが来ます。

なので、パチンコ屋さん通いする暇あれば本の一冊でも読んでください。

それだけで何年後かの未来は変わります。


まぁその話は置いておいて、生活保護受給者のパチンコの話です。

『一回支給されたもの、どういう使い方をしてもいいじゃないか。』

『そんなことまで制約されるのか?人権侵害じゃないのか?』

という人もいますが、生活保護を受給している方が仕事をして得た報酬は生活保護費から減額されるということは周知のことだと思います。

ギャンブルで得たお金も同様なのです。


勝ったお金、払い戻しを受けたお金は役所にきちんと申告する義務があります。

負けたお金は生活費からなくなり、払い戻しを受けたお金は行政に返還。

営業所得ではありませんから、当然経費(払い出しを受けるために費やしたお金)も認められません。

つまり、百害あって一利なしなんです。

この申告漏れがあると受給停止ということも本来ならあり得ます。

ただ行政がそこまで踏み込んでいないだけの話です。

なので、そこを周知徹底させるだけでこういった議論さえなくなるはずなんですよね。

手渡し受給の人ならパンフレットも一緒に渡す。

振込入金の人にもパンフレットを配布する。

勝ってもそれは収入にみなされますよという周知が。


タバコを買うのでも身分証の提示が必要です。

パチンコも馬券も20歳未満は購入できないんですから、同様の措置を取ればいいのではないでしょうか?

馬券をネットで購入している人に対して追徴課税を課せられた話が以前ありました。

生活保護者はそういった痕跡を残したくないからいつまでも場外馬券場で購入します。

パチンコも当然匿名での払い戻しなので、ギャンブルに興じます。

匿名性を無くしてもまだやるものなのでしょうか?

ひょっとしてこの免許証から足が付くんじゃないか、こう思っただけでも抑止力が働かないものでしょうか?

自分が稼いだお金ではなく、国費から捻出されているものだという認識に欠けている人に受給資格を与える必要があるのでしょうか?

甚だ疑問に感じています。


生活保護をもらいながら内緒でアルバイトをしている人を今までたくさん見てきました。

もちろんその稼いだお金は懐に入っていくだけで、国庫に返還したという善良な人はほとんど見かけたことがありません。

逆にそれができる人は生活保護から脱却しようとしている人なので、しばらくしたら保護を打ち切り通常生活に復帰しています。

つまり、善良な人ではない人が受給し続けている、そりゃ制度自体が破綻します。

医療費の問題も同様です。

生活保護で病院がタダ。

薬代もかからないので大量にもらって売り捌く、こんなことをしていた人も以前いましたよね。

私は病院に行っても薬を頼む時はジェネリックで頼んでいます。

成分が同じなら安いやつでいいでしょ。

こう思っていつもジェネリックを使うのに、国費で新薬って・・・


重い病の人ならもちろん別ですが、風邪ひいただけでも関係なしでそんな薬使われるとそりゃ医療費もかさみますよね。


そういう人って、国民の権利というものを履き違えているような気がします。

今の時代自宅でできる仕事もたくさんあります。


ネット通販でもホームページやアプリ作成でも。

Tシャツにアイロンプリントで自作したものを販売してお小遣い稼ぎしている主婦もいます。

『パソコンなんかいじったことないから。』

そういう人も多いでしょうが、最初はみんな同じです。

ちょこっとしたお小遣い稼ぎの仕事はいくらでもあります。

生活保護を受給しながら、いつか自立して生計を立てる。

それまでの助けに、というのが本来の趣旨ですよね。

それが一生涯の年金のように、しかも若いうちからもらえる不労所得のように考えている人たちも世の中にはたくさんいます。

誰が支えてくれるのでしょ?

所得の分配とか、高額所得者の税率負担を増やすとかもう限界ですよね。

経済を良くするには、この非労働者をどうやって労働力に変えていくかが大切だと思います。

年金生活者より生活保護受給者の方が所得が多い、フリーターでがっつり働いている人より生活保護受給者の方が収入が多い。

なんだか間違えています。

でも、こんなことを政治家が言おうものならバッシングの嵐です。

政治家は弱者のことを分かってないとか言われて。

だからいつまでも変わらないような気がします。

政治もネット投票にすればいいんですよね。

選挙に足を運ぶのはそうした弱者の皮を被った権利利用者です。

本当の弱者である年金生活者や病に冒されている人は投票に行くのも一苦労です。

もちろん日曜日も関係なしで働かざるを得ない若者も同様です。

セーフティネットがあるというのは日本の誇りです。

でも、そのセーフティネットが近すぎるんですよね。

簡単に手に入ってしまいます。

手に入れれない人は本当の弱者です。

相談に行く相手もいない。

悪知恵も持ち合わせていない。

そんな制度があることも知らない。

逆に、利用している人は知恵を持ち、相談相手がいて、制度をフル活用します。

本当に困っている人を多く助けるためには、困っているフリをする人たちの根絶が必要です。

生活保護受給者は基本的に車の所有ができません。

ただ、理由があれば認められます。

友人名義、他人名義で車を所有している人もたくさんいます。

国費を支給されているわけですから、国会議員の政治資金収支報告書同様、お金の使い道を届けて、誰もが閲覧できる環境を作れば無駄使いもギャンブルに使うこともなくなるのではないですかね?

正直者がバカを見る世の中ではなくて、正直者が得をする世の中になってほしい。

そんな日本に誰か変えてくれないかな?

そんな政治家さんがいたら、力一杯応援するのに。


権利とゴネ得を勘違いしていて、それが通用する世の中。

正直な生き方を格好悪い、損してるという風潮。

武士は食わねど高楊枝

苦しい時でも見栄を張って生きるのが美徳、これが日本人じゃないのですかね?

私たちが小さい頃、生活保護って肩身が狭いものでした。

何なら蔑まれたものでした。

今は生活保護を受けてることを自慢気に話す人たちもいます。

小学校で

『友だちのことを○○君、○○さんと呼びなさい。』

運動会で母子家庭の子どももいるから『教室でお弁当をみんなで食べましょう。』

学校でテストの成績を廊下に貼り出しすることもなくなりました。

成績順にテストを返すようなことも今はしないのでしょう。

平等

社会主義国にしたいならそれでいいのかもしれませんね。

でも、一旦社会に出れば平等な世界などどこにもありません。

アルバイトのシフトでも好き嫌いが出ますよ。(笑)

平和

当然争いごとなどない方がいいに決まっています。

でも、敵はどんな世界にも現れます。

国同士の争い、宗教観の違いでの紛争、それだけでなく仕事で競合同業種との争い、プライベートの話になると恋愛ですらライバルと争わないと勝ち取れません。

北朝鮮のミサイル実験がどんどん行われている中でも加計学園の問題をまだ引っ張ろうとする野党、芸能人の不倫問題ばっかり取り上げるマスコミ、平和ボケしてしまっているのは間違いありません。


何が言いたいのかって?


権利と義務は相反関係にあります。

権利の裏側には必ず相手方の義務が生じます。

権利を主張するからには、義務も果たさなければいけません。

国民の三大義務は

教育

勤労

納税

です。

そして三大権利は

教育を受ける権利

生存権

参政権

です。


権利を主張する前に、主張する人は国民の義務を果たしてから主張すればいいのに。

一度も就労したことがない、一度も納税したことがない人を生活保護の対象にするのもどうかと・・・

外国人の生活保護も問題になっていましたよね。

弱者を救済する保護制度が、弱者のふりをする悪人の食い扶持になっていることに憤りを感じます。

一生懸命年金で生活しようとしているご老人に、病気で苦しんでいる方々にもっと救いの手を差し伸べれるような環境作りが必要ではないでしょうか?

会社を経営していると、病気になったらどうしよう。

会社が経営危機に陥ったらどうしよう。

再就職先なんか見つかるのか?

常に頭の片隅にこういったことがよぎります。

パチンコに興じる時間なんて微塵もありませんし、そんな時間があれば仕事で走り回っています。

仕事をして、納税をして、病院にも行かないのに社会保険料を納め続けています。

せめて年金くらいは予定通り支給してほしいな。

そうじゃないと死ぬまで働き続けなくてはいけません・・・

そのためには企業の在り方と同じで、まず無駄使いをなくさないといけませんよね。

生活保護費の支給額の削減が来年10月から段階的に行われるというニュースが先日出ていましたが、本当に必要な生活費を使った分だけ支給できるように変えれないものですかね?

電子マネーで支給して、利用した経歴がきちんと残るように。

時代は変化しています。

お年寄りが身体が悪くなって買い物に行けないなら、なおさら電子マネーでネット発注で自宅に商品を届けてもらって。

日用生活品の発注が一定時間なければ何か体調に異変があったのか?

そんな管理もできるかもしれません。

それが、孤独死の防止にも役立つかもしれません。

こんなことを考えていても、私に何かできるわけでもないのですが・・・

いい世の中になってほしいな。

いいであり続けてほしいな。

そして、本当に困っている人を救済できる行政であってほしいな。

ただこれだけの話でしたが少々長くなってしまいました。

次回は不動産ネタで頑張ります。(笑)

それでは。


最近懐メロとかが好きなんです

最近テレビやFMで懐かしい歌が流れたりしていると聴き入ってしまいます。

少年時代、中学生、高校生の時によく聴いた歌、幼少期に流れていた歌までも全て懐かしく感じ聴き入ってしまいます。


自分が小さい頃おばあちゃんが見ていたテレビって歌謡曲がほとんどでした。

演歌、昭和歌謡。

『何でこんなんばっかり見てるんだろ?この歌手もう何年もこの歌ばっかり歌ってない?』

いつもそんなテレビ番組を見て子ども心に感じていました。


illust2204

子どものうちや若いうちは流行りの歌が好きですし、どんなに好きな歌でもずっと聴いていると聞き飽きてしまいます。

でも小さい子どもとお年寄りって、何度でも何度でも同じ歌を聴いていても同じように楽しめますよね?

何故若い時ってそうじゃないんでしょ?



最近お笑い番組にもハマっています。

おばあちゃんもお笑い番組をよく見ていました。

笑点とかですよね。(笑)

同じ芸人さん、同じようなネタでもいつも楽しそうに見ていました。

これもまた、小さい子ども番組も同じです。

何度でも何度でも見て、その度に最大限楽しんでいます。

うちの子どもはトイストーリーの映画をもう100回は観ています。



若い時は一度見た映画はストーリーが分かってしまうので見たくありませんでした。

でも最近、昔見た映画でも、最近観た映画でも楽しんで見れるようになりました。

最初に観た時と同じように感動し、何なら最初観た時と違う箇所でも感動し、何度でも何度でも楽しめるようになりました。

一度観た記憶を失ってしまっているからなのか、それとも一度観て面白かったから確実にもう一度楽しめると思っているからなのかはわかりません。


うちでそんな感じでテレビ番組を見ていると奥さんに言われます。

『同じような番組ばっかり見て面白いの?』

『あれ?これ、こないだ借りて観てなかった?』

そんなことが増えてきました。

確実に年齢と共に自分の中で何かが昔と変わってきています。

新しい刺激より懐かしい思い出の方が居心地が良くなってきているのです。




大人になると笑えることが少なくなります。

私の場合まだ恵まれてるのが、友人と飲みに行き楽しく話をしているので、普通の人より笑ってることは多いかもしれません。

でも、もっともっと笑いを欲しているのでしょうか?

昔の歌を聴いて、しんみりと心を震わせたいのでしょうか?

洋楽も今でも聴きますが割合的に懐メロを聞くことが増えました。 

その辺りの心理状況がよく分かりませんが、とにかく今懐メロとお笑いが最近大好きです。




若い時に好きだったジェットコースターやホラー映画が最近好きじゃなくなりました。 

好みが変わったと言っても、もういい年齢ですから、好みの問題というより性格が攻撃的から平和安定型になったのかもしれません。

好戦的、挑戦的なものより、平和な、そして昔から変わらないものを愛するようになってきています。

仕事ではいつまでも新しいものに挑戦し続けていきたいと思っていますが、仕事と私生活は別です。

そう考えると、実は私は本来保守的で安定志向なのかもしれません。

何を言ってるの?

全く逆じゃない?

という声も聞こえてきそうですが


『古いものをぶっ壊す。』

『既定概念を失くしてしまおう。』

たしかに、そう思って今までやってきましたが、これは逆に、古き良きものを失くしたくなかったからかもしれません。

昔からあるものを守りたいから、違う形に変換してでも継続したい。

今までやってきたことを無にしたくないから、より良くして継続したい。

そんな気持ちだったのかな、なんて思ったりもします。

最近めっきり怒ることも少なくなり、少々のことでは腹を立てなくなりました。

今のままの平和な日本でいつまでもいれたらいいな、みんなピリピリせずにのんびり行こうよ。

そんな気持ちです。


よく考えたら日本人ですもんね。

狩猟民族でなく農耕民族です。

しかもうちのご先祖さんは農家ですし。

収穫時期が来るまでコツコツと種植えをし、寒い時期はひたすら耐え、余裕があれば新しい土地を開墾し、質素倹約で贅沢をせず、争い事は苦手。

それでいいじゃないですかね。

何か無理して生きてきたかなー。

最近、毎日笑っていられる生活を望んでいます。

その中で少しだけゆとりを持って生活するため、仕事をしています。

それが、少々無理しすぎてきているのか、ほっこりとする時間を大切にするようになってしまいました。

家族がいて、仲間がいて、仕事があって。

住むところもあって、日常生活に苦労することもなく生きれています。

本来なら、それだけで感謝ですよね。

改めて、そう感じた一年でした。

来年はどんな一年になるのでしょ?

楽しい一年、今度は自分だけでなく仲間と一緒に笑える楽しい一年にしたいなと思っています。


明日から、1年を振り返るイベントで東京に行ってきます。

と言っても、1泊2日ですからすぐ帰ってくるのですが。(笑)

みなさまにとって、来年もまたいい一年になりますように。




カカア天下の象徴でもあったのかな?野村沙知代さんがお亡くなりになられたそうです

プロ野球の元監督である野村監督の奥さん、野村沙知代さんが昨日お亡くなりになられたそうです。

85歳で自宅で倒れ、そのまま病院に運ばれたがそのまま帰らぬ人になりました。

最後に

『左手を出して。手を握って』

と野村監督に言ったそうです。

前日の夜にはレストランで一緒に食事もしたそうです。

こういう話を聞くと、泣けますよね。

いい夫婦だったのでしょう。

最期まで看取って、前日まで一緒に食事に出かけて。

こんな夫婦になれればいいですよね。


野村監督の奥さん、沙知代さんと言えば気の強い女性というイメージでしたね。

野村監督は元阪神タイガースの監督でもあり、大好きな監督でした。

その大選手であり、大監督である野村監督が奥さんの尻に引かれているとイメージを持たれたのも、この強い女性というイメージがあったからだと思います。

尻に引かれるという言葉にはマイナスなイメージがあるかもしれませんが、個人的には尻に引かれているくらいの方が夫婦円満にいくのではないかといつも思っています。

カカア天下ですよね。

660133

うちの家庭もカカア天下です。(笑)

子育てしている女性に何を言っても勝てません。

『あなたが子どもを育てれるか?』

と聞かれると、

『はい。できません。』

しか答えることができませんし、逆に

『じゃあ、あなたが代わりに仕事をしてくれるか?』

なんて言ってしまうと、次の日には仕事を見つけてきそうです。

母親は子どもをを懸けて出産し、命を懸けて守ろうとします。

うちも娘が今2人いますので、命を懸けて守り抜くくらいの気持ちはもちろん持っていますが、仕事中は子どものことを忘れて仕事に集中しています。

男はそれができるんです。

でも、母親って違いますよね。

私の場合仕事だけでなく飲みに行っても、ちょいちょいかわいい娘のことを忘れて、ついつい遅い時間まで飲んでしまいます。

でもそれができるのは、家庭で奥さんが子どもたちを守ってくれているからなんですよね。

なので、少々イラストのような感じで怒られたって文句は言いません。

言っていません。

たぶん・・・



男尊女卑という言葉が今の日本では蔓延っていますが、この言葉って実は私が一番嫌いな言葉なんです。

女性を下に見ているというか、どっちが上とかどっちが下とか。

そもそも男性の方が優れているとか、女性だからダメだとかどこから目線なのでしょ?

遺伝子の話をすると、男性はXY染色体、女性はXX染色体。

そして、このY染色体というのはX染色体が退化したものと言われているそうです。

しかも女性の場合はXXのうち、一つのX染色体しか使用していない。

つまり細胞の多様化の可能性を秘めていることになります・・・・

この辺で頭がぐるぐるぐるーっと少しパニックになってきたのでやめます。

詳しい専門的な話は図書館か何かで調べてくださいね。(笑)

ということで難しい話は置いておいて、男性は女性が劣化したもの??

女性の方が、男性より遺伝子的には優れているもの。

何か、そんなイメージが私の中でずっと頭に植え付けられています。

なので私は女性が大好きです。

『女好きなのを理論的にしゃべって、正当化しているだけやん。』

とよく言われますが、仕事でも男性より女性の方が優れていると個人的には思っています。

私たちが就いてるこの職業、不動産もそうです。

自宅に長い時間生活する女性が中心になって考えるべきことが不動産なのに、不動産物件を案内するのもプロデュースするのも男性。

案内するのも契約するのも男性。

『うーん。何だか違うような。』

常にこう思ってきました。

今でこそ女性スタッフだけの店舗ってたまに見かけるようになりましたが、10数年前まで完全に男臭い業界でした。

だから進化もせず、ぞのままの形のままで取り残されているのですよね。

IT重説も今年始まりましたが、他の業界の方からすると今さら?って感じじゃないですか?

不動産業界が進化していくためには、どんどん女性の雇用が進み、劣化した男性が淘汰していくことが必要かもしれません。

業務の効率化
案内の無人化
契約のIT化

たったこれだけで有能な女性の力が発揮できます。

私が賃貸の営業店を経営していた時に、一人で来店した男性客に対しての女性スタッフの案内、これがとてもネックでした。

万一の事故、事件があったときに取り返しがつかない、こう思うと女性スタッフだけの店舗って恐くて出店できませんでした。

でも無人案内がシステム化できればこんな問題も解決できます。

また、労働時間が長いのも女性スタッフを雇用する際の問題点でした。

これも業務を効率化し、システム化することによって解決できるかもしれません。

私がこの業界に入る前、今から30年ほど前、賃貸営業は女性の仕事でした。

賃貸仲介専門店もそう多くなかった時代です。

貸家に貼紙をして、電話がかかってきたお客さまに部屋を案内する。

宅建の報酬表を見ても分かるように、本来なら貸主、借主合わせて賃料の1ヶ月分が不動産仲介の上限報酬額です。

そこに準じて大家も借主も契約していた時代は、男性スタッフが一生懸命するべき仕事じゃないと解釈され女性の事務スタッフさんが対応していたことが多かったのです。

これこそまさに男尊女卑ですけどね。

この報酬額が解釈の違いを利用して、大家さんから家賃の2ヶ月分、3ヶ月分を請求するようになり、多くの賃貸業者さんが乱立しました。

借主さんからの仲介手数料も併せると、そこそこの手数料になったので業務として十分成り立つようになったわけです。

賃貸1契約で20万円平均、1ヶ月に10本の契約で1人の営業マンあたり200万円の売り上げですから、商売としては十分ですよね。

そんなこんなで、元々女性が行っていた仕事が男性の仕事へと移行したのです。

私が賃貸営業を始めた頃、不動産業者の中でも賃貸って女性の仕事でしょというイメージが根付いており、賃貸屋さんでしょと業界の人に卑下された時期もあったくらいです。

でも今度はIT化が進み、業界が進化していく過程ではその男性スタッフが必要なくなる、そんな時代が訪れようとしています。

女性がどんどん社会に進出していくのは大賛成です。

総活躍社会ですよね。

でも、あまり活躍しすぎると逆に男性の居場所がなくなってしまうような。

子育てもできない、仕事もできない男性が増えてしまえばこれまた大変な社会問題です。(笑)

そうならない程度に、ほどほどに社会進出をお願いしますね。(笑)







物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ