不動産投資をされている方、またこれから始めようとしている方、購入の指標にしているのは何ですか?

まず最初に目が行くのが『利回り』ですよね?

表面利回りが10%以上あるから大丈夫?
調達金利との差が5%あるから大丈夫?
こういう単純なイメージで物件購入を進めている方が多いように感じます。

『東京って利回り低いよね。』
『○○県は利回りいいらしいよ。』
こんな話も聞きます。
私から言わせると
『そりゃそうですよ。』
です。だって『賃貸需要が違うのですから。

賃貸需要が違っても満室になれば一緒じゃないの?
こんな声も聞こえてきそうですが、どんな物件でもいつか満室になります。
満室にできます。
リフォームにお金をかけたり、広告料(賃貸仲介の際に支払う手数料)をたくさん支払ったり、家賃を下げたりすればですが。

空室を埋めるためにどれだけの費用をかけなければいけないか?
また空室が埋まり満室稼働するまでにどれだけの月日を要するかを考えなくてはいけません。
リフォーム費用の相場も地方の方が高い場合があります。

もっと言えば、大阪に住んでいる人が地方で物件を購入したとして毎月定期的に見に行けますか?
『管理会社に任せてるから大丈夫』
本当にそうでしょうか?
オーナーが見にこないのをいい事に、する必要のない箇所のクロスの貼り替えをしたり、リフォームの費用をかさ上げしたり。
フリーレントとして勝手に1、2ヶ月も家賃発生前に住まわせたり。
そんなケースを度々見かけてきました。
残念ながら知り合いの不動産屋さんの話です。
そんなことして大丈夫なの?と聞くと
『大丈夫。家主見に来ることないから。』
どう思いますか?

不動産オーナーになる人は今までの人生でも真面目にコツコツと優秀な成績を収め頑張ってきた方が多いように感じます。
でも不動産業で働く人間はその逆で人生の落伍者、要領だけよく人生をうまく渡ってきた人が多いように思います。
私がこの業界に入った当初なんて今よりもっとひどいものでした。
金無垢の時計にダブルのスーツ。
パンチパーマのいかついお兄さんばかりで、水商売上がり、トラックの運転手上がり、チ○ピラみたいな先輩ばかりの時代でした。
その姿のままなら
『この人に任せて大丈夫?』
とさすがに少しは警戒するでしょうが、
『狼は羊の皮を被って近づいてきます。』
見た目はニコニコしていても、腹の中はどう考えているか分かりません。
あっ。
私のことじゃないですよ・・・
腹黒いかもしれませんが、人を騙したりしませんから。(笑)

表面利回りだけ良くてもただの
『絵に描いた餅』
になる可能性があるということを理解することです。

10部屋あって、1年のうち2室が6ヶ月空室のままと考えると稼働率は90%です。
表面的に見ると満室になっているのにもかかわらずです。
逆に同じ満室稼働の10部屋の物件でも空室期間が2ヶ月で済むとしたら2部屋空いたとしても稼働率は96.7%です。
仮に1部屋家賃5万円としたら、最初の例は年間収入540万円。
次の例では580万円。
これだけの差が付きます。
実際には最初の例ではもっと空室が発生することも考えられますし、単純には比較できません。
なので仮に表面利回りが1%、2%高いからといって地方の物件に安易に手を出してはいけません。

実際に入金される家賃だけでこの差です。
その他の経費を考えると1%、2%表面利回りが高いくらいでは割に合いません。
かといって、5%も6%も表面利回りに差がつくことはありませんからね。
『安易に地方の物件に手を出さない。』
ということです。
 
最近地方都市でもアパート建築が盛んです。
最初のうちは競合相手も少なく収支はいいかもしれません。
でもそうなると待っているのは建築ラッシュです。
その時に競争力のある物件なら大丈夫でしょうが、駅から遠い物件や、20平米前後の単身向け物件なら少し心配です。
しかも自分の購入した物件周辺にたくさん空き土地がある場合にはかなり心配になります。

アパート経営、マンション経営には特別な技術は必要ありません。
簡単に誰でも始めることができるビジネスです。
いつ自分の物件の隣に同じような建物が建つか分かりません。

なので
『物件周辺に空き地がたくさんないかチェックする。』
ということは必要ですよね。

供給過多になった時点で賃貸相場は大きく下落します。

そうなることを想定して収支計算を立てていないと困ったことになりますよ。

『家賃が下落することを想定しておく。』

いくつか述べましたが、賃貸経営の指標なんて1つや2つではありません。
特に表面利回りなんて、検討段階での目安にはなっても信用してはいけません。
私の場合、いつでも自分で賃料は引き直します。
『この物件でこういう風に変えれば賃料はもっと上げれる。』
とか
『表面利回りはいいけど、入居者が一回りしたあとだから、今後の入れ替わりの度に5%や10%は家賃が下がるかな。』
とか。
上げれると思えばGOですし、今が天だと思ったら割引いて計算します。

この辺りをきちんとシュミレーションするには、やはり業者さんとのつながりは大切です。
売買仲介の業者さんだけでなく、賃貸業者さんもですよ。

自分がプロフェッショナルになる必要はありません。
自分が信頼できるプロフェッショナルを横に置いておけばいいだけです。

会社経営と同じですよね。

『不動産投資はビジネスです。』
いつも言ってる言葉です。
ただの投資にするか、ビジネスに変えていくかはあなた次第です。

そんな、これから不動産投資を始めようとしている方のお役に立てればいいなというお話でした。
ご相談お待ちしてますね。