人生常に順風満帆とは行きません。

山もあれば谷もあり、流れが自分に寄ってきているときと逆に流れがどうも悪いなと感じることがあります。

最近どうも流れが悪いなと感じることがしばしば。
逆に去年一年は流れがこっちに向いてきてるなと実感していましたし、そういう時もあるかなとは受け止めています。

不動産の仕事をしていると、もちろん運ばかりではないのですが、というのも重要なファクターになります。
いいタイミングでいい物件が入ってくるなんて、まさに運そのものですし、人との繋がりもいい人と巡り合うかどうかなんてある程度運にも左右されます。

お客様でもそうですよね。
いい不動産屋さんと出会えるかどうかが、不動産投資で失敗するか成功するかを左右します。
日頃から運を引き寄せるための行動を取っていますか?
そして、流れが悪い時にどう行動すればいいんでしょう?

自分一人ではなかなか運気の流れは変えることは出来ません。
でも人を巻き込めば運気の流れは変わります。
『何だか最近ツイてないな。』
こう感じている人は是非いろいろな人との交流を図ってください。
いろいろな人と関わりあい、いろいろな人の話を聞いているうちにこれからの仕事のヒントになることを聞くことが出来るチャンスがやってきます。

そのヒントを活かすことが出来なければ状況を好転することは出来ませんし、愚痴ばっかり言ってる人の元にはそういったヒントは降りてきません。

幸せという漢字があります。
そして辛いという漢字があります。
たった一箇所だけ横棒があるかないかだけで大きく意味合いは変わります。
人生も同じです。
何か一つ足りないだけで人生が辛く変わることがあります。
大切に思っていた恋人と別れた時ってまさにそんな感じですよね。

だから何か調子が悪いなと感じた時でも、何か一つのヒント、きっかけによって大きく好転する可能性があるというわけです。

そのためには多くの人と出会い、きっかけを作ることが大切だと思っています。

これは仕事でも同じです。
私はずっと営業畑でしたから、好不調の波がありました。
来るお客様来るお客様見事に成約に結びつく時と、せっかく成約してもローンアウトとかタッチの差で二番手になってしまう時とか。
また会話が噛み合わずツルーっときれいに滑り続ける(次に繋がらないような返し方をしてしまう時)時とか。

そういった時に気分転換と言って、同僚や後輩を誘ってよく飲みに行っていました。
パワーを持っている人と一緒にいると運気が上昇します。
逆に愚痴や悪口ばかり言っている人とつるんでいると運気が下がります。
自分が弱っている時は愚痴を聞いてもらいたいとか、一緒に愚痴を言ってくれる人と一緒に過ごしたいとなるんですが、これって逆に運気を逃して行く行動になってしまいます。
後ろ向きな話をしている中で、次の仕事のヒントは出てきませんよね。

今週、来週と飲み会が続きます。
私はあまり飲み会の誘いを断りません。
断るとせっかくのチャンスが逃げるような気がするからです。
でも、あまり飲みに行き過ぎると家族との関係が希薄になります。(笑)

難しいですよね。
この仕事と家庭のバランス。
どっちがうまくいかなくなっても大変なことなので。

私の場合仕事にウェイトが傾いてしまった時にはそればっかりにのめり込む癖があるので気をつけます・・

みなさんもこれからどういった方向に進んでいこうか悩んでいる方、是非多くの方のお話を聞いてこれからの方向性の指針にすることをお勧めします。
いつも言ってるセカンドオピニオンですね。

ということで不動産投資でお悩みの方、是非ライフコンサルティングにご相談ください。
お待ちしております。