不動産物件を買う時に融資を受けれるからという理由でどんどん物件を買い漁る方がいます。

今が買い時と思えばそれも戦略として大いにありだと思います。

が、  

そもそも今が買い時なの?
という問題はさておき、

無尽蔵に融資を受けれるわけではないということを知っておかなければなりません。

不動産物件ってそもそも担保を取っているから関係ないんでは?
と思われる方もいらっしゃいますが、日本の不動産貸付ってノンリコースローンではありません。

ノンリコースローンって何かというと、その借入を返済できなくなった時にその担保に取ったものは当然差押えされますが、それで返済しきれない場合でも他の金融資産に及んだりしませんよというものです。

つまり日本の不動産貸付はノンリコースローンではないので、返済しきれなくなった場合残った負債は他の金融資産にも及びますということです。

それなら担保の意味ないじゃないの?
という声が聞こえてきそうですが、全ての金融資産を調査し、差し押える作業は並大抵のものではありません。

一応不動産を担保に取っておけば、ある程度はそこからも回収できるので、後はそこから考えましょということなのです。
その、後から回収できる見込みがあるかないかが本人の別の資産であったり、毎月の支払い余力であったりするわけです。

購入する物件が担保余力十分な物件であれば別ですが、大概の場合実勢価格と評価額とは大きく乖離します。
これは不動産の固定資産税評価額を見れば一目瞭然ですよね。

なので購入した時点で担保余力に不足をきたします。
それを補うために本人の給与収入や預貯金などの金融資産を与信に利用するわけです。
物件を買い進めていくと当然この本人の属性、資産による余力は失われていきます。
ポンポンと融資が通っていたのが、いきなり金融機関に難色を示されるということは少なくはありません。

これは所得が高い人ほどいきなり、そして突然やってきます。
 今までローンの審査やカードの審査で落ちたことなどないという人でも起こり得ます。
ローンやカードだけではなく、面接や入学試験もスムーズに通過してきた人ほど落胆は大きなものとなります。

初めての挫折ですよね。

もちろん段階的に物件購入を進めていたり、計画的に購入、売却を繰り返している方は別です。
購入するだけでなく、満室経営を目指しプロの大家さんとして活動している方ももちろん別です。

先ほどお話したケースはサラリーマン投資家の方々によく見受けられるケースです。
そもそも普通に考えれば、一年一物件増やし続けることができれば上出来ですよね。
会社で店舗展開をしようとした時に、一気に年間10店舗、50店舗開店しようとするとよっぽどの資金力がないとできません。
資金力もしくは資金調達力ですよね。
上場して投資家のお金でとかなら容易にできるかもしれませんが、個人レベルで店舗展開するなら1年1店舗が限界でしょ?
毎月きっちり家賃収入を得て、毎月きっちりと返済していっている。
年間の収支でこれだけのキャッシュフローが生まれた。
なので、次の物件の購入を考えている。

これが至って普通の思考回路であり、通常の金融機関が貸したくなるストーリーです。

以前はこういうストーリーに基づいて金融機関も貸出していました。
でも今の時代、サラリーマン投資家に向けて各金融機関が取り合いのようにアパートローンに参入しています。
その中で、余力のある限り、貸出してしまえという風潮すらあります。
不動産業者もそうです。
行けるとこまで買わせてしまえ。

まさに悪代官と悪巧みしている庄屋さんの時代劇のパターンと同じです。
カモにされるのは、いつも人の良い善人です。

『まだまだ行けますよ。』
『もう1、2棟くらいなら行けるかな。』

『まだ行けますよ。』
『何とかあと1棟くらい行けるかな。』

『何とか頑張ってみましょう。』
『たぶんもうパンパンで難しいかな。』
と言い換えれるかもしれません。

ダメですよー。
買える物件の数には限りがあります。
最初の物件購入で失敗してしまえば二棟目、三棟目はありません。

悪代官や性悪の庄屋さんの口車の中に迂闊に乗ってしまってはいけません。

昨日のブログに書いた『1万円台からマンションオーナー』なんて話や、『頭金0円でアパート経営』なんて話に乗っかっちゃったらダメですよー。

今まさに買いそうなんだけどその前に意見を聞きたいという場合には、当社の不動産コンシェルジュサービスをご利用ください。

お申し込みはホームページから。

それではみなさまの成功をお祈りしています。