今日から2日間、空き家相談士の認定講座でお勉強です。

少子化問題、高齢化で賃貸人口がどんどん低下しています。
老朽化した建物の放置も問題になっています。
その中で私たち不動産業者がただ古くなった建物を取り壊し、更地として売却するスクラップ&ビルドではなく、いろいろな有効活用を図れないかと思い参加しています。
この問題はこれから先どんどん厳しい問題に直面していく問題ですし、二世帯、三世帯で居住するスタイルがどんどんなくなってきている中、親の住んでいた家を相続で取得したのはいいけど売却するのもちょっと・・・
かといって、リフォームをかけて賃貸に出すのも面倒だし・・・
こういうご相談が増えています。
建物を解体して売却してしまうのは一番簡単な話ですが、それじゃ相談する意味さえないですものね。
幅広い見分と情報、そして提案力が求められるこの空き家相談士に魅力を感じ勉強しにきたわけです。
今までも田舎の土地や建物についてご相談いただくことはありましたが、売買相場や賃貸相場が分からずにお断りしたこともしばしばありましたが、今後はそういったケースにも何とかお応えできればと思っております。
まぁ、この資格に認定してもらったところで幅広い見識をいきなり身につけることができるわけではありません。
結局今までの経験が役に立ちますし、これから日々研鑽していくことによってお客さまにより良いアドバイスができるようになることは間違いありません。
なので47歳になったこれからも継続した勉強が必要なんですよね。
一生勉強、生涯学習ですね。
学生時代にこれほど勉強していたら、もっといい学校に行けたのに・・・

でも逆に考えると学生時代に一生懸命勉強していい大学に入っていたら不動産屋さんになっていなかったかもしれませんし、みなさまとお会いすることもなかったかもしれません。
なのでこれでいいのでしょうね。(笑)

というわけでまた明日も勉強してきます。