今日3月18日誕生日を迎え、48歳になってしまいました。
年齢詐称していませんし、SNSでも公開してるので
『えーっ。』
って声は全く上がっていませんが、いろいろな方からお祝いのメッセージをいただく。

これってすごいありがたい話ですね。



『おめでとう』
『ありがとう』
こういう言葉って、言われて嬉しくないことなないですもんね。

とうとう50歳という大台が近づいてきました。

もう人生のラストステージに近づいています。

そろそろ仕上げに入らないとという年代ですが、まだ何かを成し遂げていない自分がまだラストステージに突入するわけにはいきません。

ただ、もう残された時間は僅かしかない。

そう思うと少し焦ってきているのも事実です。

先日オウム真理教の死刑囚が全国の拘置所に散りばめて収容するため、何人かの死刑囚が移動されたというニュースがありました。

そこで気になって調べてみたのですが、あの逮捕当時の麻原彰晃の年齢が40歳。

起こした事件については、当然みなさまもご存知の通りですし、事件について議論するつもりもありません。

でも、40歳であれだけの多くの人間に人生を左右するようなカリスマ性を発揮したということに驚きました。

最大信者数は1.5万人もいたと言われています。

あの当時は私はまだ25、6歳でしたから、そんなことは微塵も感じませんでしたが、この歳になると自分の不甲斐なさに失望しています。

もちろん自分にカリスマ性がないことはよく承知しておりますが、48歳になった今、自分の発信する言葉にどれだけの影響力があって、どれだけの人生を左右する力があるのだろうって考えた時に、そこには大きな差があることに気付きました。

自分が人生を生きた意味、後世に何かを伝えることができるようなことをしてきたのか?

あっ。
私の場合はこどもたちにですよ。

未来への礎を築くことがあと数年でできるのか?

そんなことを考えるような年齢になってきました。

このブログを立ち上げて2年半、更新を楽しみにしてくれているお客様も数は少ないですがいらっしゃいます。

ブログを読んで訪ねて来てくれる方や、ご相談のお電話をいただく方も増えました。

少しは世の中のお役には立てているのかな?

不動産は金額も大きい投資なので、騙されてしまうと人生を大きく左右します。

『騙さなくても儲かるのに。』

そう思ってずっと仕事をしてきていますが、中には一攫千金を夢見てお客様をハメることだけ考えている不動産屋さんがいるのも事実です。

ie34


何億の不動産仲介をするだけで、1千万、2千万円もの手数料を手にすることがある業界ですから、その魅惑に取り憑かれてしまうのでしょうかね。

そんな人を少しでも減らしたい。
自分が長く関わった業界をクリーンな業界に変えていきたい。

そう思って生きてきているつもりですが、何しろ先ほどの影響力が少なすぎます。

購入する前の予備診断的な相談でもしてくれれば、こんなことにならなかったのに。

そう思うことが沢山あります。

一人でも多くの方と繋がって、
『不動産は怖い。騙される。』

そういうイメージを払拭できればなと思っています。

これからも地道にコツコツと発信していきますので応援よろしくお願いします。