今年に入ってブログ更新の頻度を上げています。
年末少しサボっていたツケが回り、少しアクセス数が減少していたからです。

頑張った甲斐もあり段々とアクセス数、PV数も上がってきました。

FullSizeRender
今日の正午の時点で5,536PV。

あと12日半で4,500PV行けば、一つの目標としていた月間1万PV達成となります。


この目標を達成するためには、ぜひみなさまにもご協力いただきたく。

いつもご覧いただいている方は、過去の記事も改めてご覧ください。

今日初めて見ていただいた方は、ブログ内の記事検索、カテゴリー一覧から気になる記事を見てみてください。

最近読者の方が定着してきたのか、最新の記事、見落とした記事だけをご覧いただいてるので、訪問者数の割にPV数が伸びておらず苦戦しています。

でもこれっていいことなんですけどね、本来なら。

定期的な読者さんが増えたということですから。

ただ個人的にはこの一つの目標を達成して、次の目標設定に進みモチベーションを保っていきたいと思っています。

月間1万PVの先に何があるのかって?

この数字を超えたところで、ブログの収益が格段に上がるわけでも、どこかから広告依頼が来るわけでも何でもありません。

最初に設定した目標を未だにクリアできていないことにショックを受けているだけです。

何度ももうブログを書くのやめようかなと思ったことがあります。

正直ブログを書いているより、接客している方が儲かりますから。

でも、その度に
『いつもブログ見てます。』
とお声がけいただいたり、
『ブログ見てご相談乗ってもらいたいと思って電話しました。』
こういうお言葉をいただき、再三奮起してきたというのが今までの経緯です。

そんなこんなで、ブログ開設から2年半経ちました。
その間に積み上がった記事は約650記事。

毎日一本のブログ記事を書いても2年近くかかる数です。

『ネタに困るでしょ?』

よく言われます。
はい。
たしかにネタ探しに行き詰まってきてます。

極力オブラートに包まず不動産の実情を語ってるつもりではありますが、公開されている場所でお話しできないことも多数あります。

本当はもっともっとみなさまが知らないことをいっぱい書きたいんですけどね。

なので、少しづつ小出しにしていくようにします。

不動産屋っていうのは情報を全て開示しないような仕組みになっています。

物件情報も同じ。

ネットに掲載されている情報が全てではありません。

収益用物件だけでなく、土地情報も同じ。
中古住宅も同じ。

隙があれば両手数料を稼ごうと、他社に公開せずこっそりと取引を終わらせようとします。

他社が客付けすれば買い手の手数料は他社に流れます。
でも自社で客付けすれば、その手数料は2倍に膨れ上がります。

そこには売主の利益とは無関係の話です。

先日自分の自宅を探していて、たまたまレインズに良さそうな物件を発見しました。

『まだ紹介できますか?』
『大丈夫ですよ。』
『価格交渉とか難しいですか?』
『うーん。そうですねー。ちょっと厳しいかもしれません。』

『実は私個人の自宅を探してまして。これ、いいかなと思ったんですが、少し予算オーバーなんですよね。』
『あっ。そうなんですね。じゃあ仲介手数料くれますか?』
『えっ。まぁ、その分価格下がるならどっちでもいいですけど。』
『じゃあ仲介手数料分、もうちょっとそれ以上に下げてきます。』

これが実情です。
買う側はトータルで価格が下がれば支払う額は変わりませんので、どっちでもいいですが、売主からするとその下げた分は丸損ですよね。

結局その物件で融資を打診してみたのですが、容積率オーバーの物件だということで、思ったより金額が伸びず断念しました。

もちろんフルローンのつもりはありませんよ。
自己資金それなりに入れるつもりで考えていたのですが、それでも評価が足りなくて。

個人的な信用力のなさも重なっているのは間違いありませんが。
『決算三期は終わらせてください。』
『二期だと、ここまでしか見てくれませんでした。』
こういう結論に至りました。

その三期目の決算ですが、ようやく税理士さんとの打合せも終わり決着つきそうです。

売上高前年と変わらず、利益も同様。
面白みのない決算書に仕上がりそうです。

でも決算三期を無事終われたことに感謝です。
次は決算五期目指して。
その時には宅建免許も更新になります。

そして、来期の売上高目標は年商1億円
今期の倍以上ですが。

民泊事業も正式に稼働さすことができそうですし、何とかそこに向けて発進しています。

仲介手数料だけではとてもじゃないですが無理な数字なので、別の方法で売上高を作っていきたいと思っています。

いつも目標は手の届きそうで届かないところに。
そして、毎年目標はアップデートです。

image