このブログを見ていただいている方々、私の個人的ファン以外(そんな人いるのか?)は不動産投資をしている方、今から始めようとしている方だと思います。

不動産投資とは、その名の通り不動産に投資してリターンを得ることです。

世間巷では不労所得の代名詞のように扱われていますが、誰もが簡単に始められるものである以上、
『何もしないで』
『何を買っても』
成功するというものではありません。

株価が上がってるからと言って、何を買っても上がっていくかというとそうではないというのと同じです。

株式投資は数万円からでも始めることができます。
まぁでも、確実に成果を残してる人は数万円ではなく数千万円から始めていますがね。

不動産投資もそういう意味でいうと、最初の資金が多ければ多いほど有利な地点からスタートを切ることができます。

『お金持ちはいいなぁ。何だって優遇されてるから。』
そりゃそうですよ。
それが今の貨幣経済なのですから。

でもこれは、あくまでスタート地点が違うというだけの話で、お金持ちじゃなければ不動産投資が出来ないかというとまた別の話なのです。
いきなり最初から5億円のマンション一棟買おうと思うと、そりゃお金ない人は無理ですよ。
毎月の維持費だって相当かかりますし。
フルローンだ、オーバーローンだという話も世間に露呈しちゃいましたから、今のタイミングでそんな危ない橋渡る金融機関ふつうに考えたらないでしょ?

担当者ベースでなぁなぁな感じで進めていても、決済直前に本部からひっくり返されるってことも考えられますから、気をつけた方がいいですよ。。。

資産がないところから始める、お金がないところから始めるには、見栄えの良い駅前の新しい物件に惑わされてはいけません。
恋愛経験のない30歳男性が、いきなり石原さとみに言い寄るようなものです。
下手したらストーカー扱いで逮捕されちゃうかもしれません。(笑)

誰も手をつけない物件をリノベしたり、そのままの状態で貸す方法を模索したり。

空き家で放置されている古家の所有者にアプローチして、タダで貸してもらう。
その代わりリフォームして数年後にお返しします。
みたいな話なら可能性を感じませんか?

世の中に余ってるものをお金に替える手段はメルカリやジモティーなど、世間では一般化してきています。
自分の不要なもの=他人にも必要ないもの
ではなく、
自分の不要なもの≧他人には必要なもの
に変化しています。

空き家ってそういうことでしょ?
その人にとってはあまり価値を見出せなかったもの。
もしくは、今必要としていないもの。
全くの不要なもの。
このいずれかではないでしょうか?

中には相続人が乱立し、収集がつかないものもありますので、それは置いておいて。。

そこの有効活用のお手伝いを自らする。
ある意味ボランティアですよね。
他人助けをしながら、お金を稼ぐチャンスがあるって素敵な話じゃないですか?

もちろん所有者さんが私に相談してくれれば、そんな案件も所有者さんの希望に合わせてお手伝いはしますよ。

でも、世の中に空き家っていくつあるかご存知ですか?
平成25年の時点で820万戸ですよ。
もうすぐ平成30年のデータが公表される時期でしょうから、もっと驚く数字が出てきそうな気がしますね。

そのうちうちに相談に来るなんて、年に数件です。
なので空き家の数は一向に減りません。

これは空き家の処理に不動産業者が絡まなくてはいけないという、みなさんの先入観、すり込みが邪魔しているだけの話です。

さっきの話、空き家をタダで借りてリフォームして数年後にお返しする。
その間は転貸借で利益を得る。
不動産屋さんの手数料ってどこに発生するかといえば、転貸借の手数料くらいでしょうか?
タダのものの仲介手数料はタダです。
リフォームも不動産屋さんの仕事ではありません。(ここでフィーをいただくこともありますが)
転貸借の時に、自分の知り合いに貸すことになったってなれば、間を取り次いだところで仕事になりません。

また、
『いくらでもいいから誰かに引き取ってもらいたい。』
という物件があり、その物件を30万円で買おうという話があった場合、
その時の仲介手数料は、1.5万円です。
双方から取得しても3万円(消費税別途)です。
誰もやろうとしない。

今格安不動産の売買に関して、調査費等の名目で18万円(消費税別途)まで請求は可能になりました。
でも、30万円で買おうとしているのに18万円の手数料って高いですよね?
じゃあ12万円で。
そうなります。
でもそうなると、売主側は12万円ー18万円でー6万円

成立しない理由が何となく分かってきましたか?
間に不動産屋がいるから成り立たないのです。
30万円の仕事なんだから、買う側もリスクあるの分かっているし、売主側もリスクを負う心配があるなら売りたくはありません。

じゃあ売買契約書作るから、双方で契約して。
取引には立ち会うから、その代わり手数料5万円づつちょうだい。
宅建業者は免許商売なので、印鑑を押すことにより不動産の調査責任を負います。
数万円の仕事で、そんな責任押し付けられたって困るよ。
これが本音です。
宅建業者としての仕事をするなら正規の報酬をもらい、双方に利益のある話をお手伝いするならコンサルフィーをもらう。
これでいいんじゃないのかな?
もちろんお客さんも了解の上じゃないと違法でしょうけど。

何とか世の中に溢れ出してる空き家を減らしていきたいという想いが、そんなことばかり考えさせます。

考えれば考えるほど、不動産業者の存在が不必要に思うようになっています。

ie34

勘違いしないでくださいね。
私も不動産業者です。
しかも、26年もこの仕事に従事しています。

私がこの業界に入った時、その当時の社長に言われた言葉があります。
『アメリカでは不動産屋っていうのは、お医者さん、弁護士さんらと並んで尊敬される仕事だ。だから、あなたもこの仕事に誇りを持ちなさい。』
と。
今でもこの言葉を大切な言葉として、胸に抱き続けています。

だからこそ、尊敬されるような仕事をしたいんです。
今のタイミングでRE/MAXという不動産チェーンに加盟したのも同じ気持ちから。
今の自分の仕事を日本の『不動産屋』さんで終わらせたくないからです。

そのために日々新しいことにチャレンジをし、既存の不動産屋さんとの差別化を図ろうと必死です。
不動産ごとのネタを書いてる人のブログを拝見しに行き、多くのセミナーにも参加し勉強を怠っているつもりもありません。

みなさんが参加してる不動産セミナーって3千円、5千円までのセミナーが多いと思いますが、不動産業者さん向けのセミナーって、1万円とか3万円とかします。
専門書も高いし…

でもこれって、自分が足りないものは何かを見つけるため、補うために勉強しているので必要経費だと思っています。
いわゆる自己投資ですよね。

この自己投資をケチる人は残念ながら不動産投資には向いてないと思います。
古本屋さんで昔の不動産投資に関する本を読んでいる人もしかり。
過去通じた手法が今も有効なわけがないじゃないですか?
しかも書籍になってるようなやり方、みんな実践していますから。

本に出た時点で、そのやり方は終焉です。

株でもニュースになった時が材料出尽くしって言って売られるでしょ?

旬な話が聞ける場には積極的に足を運ばなくては。。。

私はちょっと面白いなと思う話は必ず直近で聞きに行く(こちらに出向いてもらうこともあるけど)ようにしています。
これも時間の投資です。
中には
『なんやねーん、時間もったいなかった。』
っていう話も混じります。
そりゃ当然ですよ。

読む本読む本全部いい本で、目からウロコだぁってわけないですもんね。
たまに外れたりするから、いい本に出会うとうれしく感じられるのです。

自分が次のステップに進むための不動産投資なら、時間とお金を使って自己投資しましょ。
必ずどこかの役には立ちますから。
いろんなセミナーにも参加したらいいと思います。
ただし、無料セミナーは時間の無駄ですよ。
何かを売りつけるためのセミナーですから。

先日もお客さんから、
『住宅ローンを組んで、民泊に貸し出す。』
こんな不動産屋さんのセミナーがあったと聞いて驚きました。

その不動産屋さんそのうち逮捕されちゃうんじゃないですか?
お客さんも分かっていてローン組んでいるのですから、詐欺ですからね。

そんな話に乗っからないように、きちんと予備知識を身につけましょう。

不動産の勉強を一からしたい方は、当社のL-style Clubにぜひご参加ください。

月会費5千円からご参加いただけます。
遠隔地からのお問い合わせも多いので、勉強会、セミナーなどを動画配信するネット会員も企画しています。
こちらは年内リリース目標で頑張りたいと思っています。

まぁ、うちでなくてもいいので自己投資してくださいね。
で、しっかりと不動産のことを学んでください。
悪い狼は虎視眈々とあなたのことを狙っていますからねー。