ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

不動産売買

AIの進化で不動産はどう変わる?

機械化〜IT化、そしてAIの時代へと変化してきました。

ITはInformation technology、情報を取得、加工、保存、伝送するための技術。

AIはartificial intelligence、人工的な知能の略です。

人工知能が機能し出すと一体どんな世の中になるのでしょうか?

不動産物件を探すとき、以前は物件に貼ってある看板、貼り紙で、そして店頭看板で。

それが情報雑誌やチラシに変わり、今はポータルサイトがメインになりました。

貼り紙、看板の時代は何件も何件も電話して家賃を確認したり、売買価格を確認する作業は大変な作業でしたから、入居者、購入者は相場をなかなか知り得ない状況にありました。

店頭看板や情報雑誌、チラシなどがメインになるとそこに掲載されている物件情報により相場を少しは把握することはできるようになりました。

ただ
『あー。この物件は日当たりがかなり悪いですよ。』
『家賃は安いのですが、隣に少し問題のある入居者さんがいらっしゃいまして。』
そんなこと言われたら別の物件を紹介してくださいと言っちゃいますよね。

なので、本当のところの相場はやはり一般の方は分かりにくい状況にありました。

ポータルサイト出現により、状況が変わるかというとその状況はすぐに改善したわけではありません。

ただ、多くの不動産業者さんが世の中に存在していることを、お客さんが知ることになりました。

またメールで複数の不動産会社さんから物件情報を取り寄せたりすることにより、より現実に近い相場観を知ることができるようになりました。

少しつづは進化しているのですよね。

不動産業界でもネットで集客するようにはなったのですが、ネットはあくまで集客のツールとしてしか捉えていません。

そのまま興味を物件を購入したり、賃貸したりする感覚があまりないからです。

『そんなこと無理でしょ。』
『中見といてもらわないと後から文句出たら大変だから。』

これが未だに現場の声なのです。

なぜそんなことになっているかというと、
掲載されている物件情報がありのままではなく、反響を取るためのものでしか存在していないからです。

『こういう角度で撮ると部屋が広く見えます。』
『こういう編集すると部屋が明るく見えます。』
『道路向かいの古いアパートは見栄えが悪いので、それが写り込まないように撮りましょう。』
テクニックといえばテクニックなのですが、現場に足を運ばないと分かり得ない情報がたくさん隠されていたりします。

それを読み取ることは一般の人には難しい話です。

紹介している物件をそのまま契約に結びつけるのではなく、その物件で契約してくれればラッキー、他の物件で契約に結びついてもそれはOK。

こういう考え方になっています。

でももしこれがAI化されていけばどうなるでしょう?

Amazonの商品のようにそのまま買い物カゴに入り、カード決済、ローン審査に移行みたいなイメージです。

こうなるためには、物件情報を正しく伝える必要が出てきますし、物件をネット上で細かい箇所まで見ることができる仕組みづくりも必要です。

現場だけでなく、駅からの経路、コンビニやスーパーなどの商業施設、小学校や中学校までの経路までも分かればありがたいですよね。

お客様が望んでいるもの全てをネット上で完結することができれば、もう営業マンは必要なくなります。

逆にいうと、営業マンが必要なくなるということは全ての物件が適正価格で取引されていくことになります。

売主側、貸主側は頃合いを見て価格変更したり、付加価値をつけてみたり。

今、賃貸物件を探しに行くには、事前に気になる物件を調べてそこからお店へアプローチします。
内覧して契約して鍵渡し。

そこまで何度も何度も足を運ぶ必要があります。

不動産を購入する場合はもっと大変です。

休日の度に不動産屋に足を運んで手続き。

契約が決まったら今度は家具や家電選び、カーテンやラグの寸法測りからカーテン選び、取付、住民票の移動から銀行やカード会社への住所変更手続き。

やることが多すぎます。

システムが効率化した時代に生まれた世代には
『引越しって面倒だ。』
この印象しかないのではないでしょうか?

住宅を契約したら、カーテンのサイズから家具の配置のシュミレーション、そしてそのまま発注できるようになれば引越しがお手軽な時代になるかもしれません。

物件情報が正確になるだけで、後のことが連鎖して波及していくことは容易に想像できます。

いつも思っていたことですが、契約して鍵渡しまでに採寸に行かなければならないこと、これは貸主、売主、仲介業者の怠慢ではないのかなと。

既製もののサッシを使い、その上にカーテンレールが付けてある。
高さも決まっているし、既製もののカーテンの長さも決まっています。
『この部屋は◯◯cmのカーテンを発注すればいいですよ。』

部屋の間取り図面も壁芯の寸法で書いてあります。
その寸法図を渡されたところで内寸と違いますから測り直す必要があります。
でも壁の厚み、この壁は◯mmですと記載してくれていればその手間も省けます。

でも逆に言えば、その情報があればそのままネット上でカーテンや家具を発注できることになります。

そうなると、売主にとっても貸主にとっても新たなビジネスのチャンスです。

自らがネットショップオーナーになれば、そのままお客様を取り込めますし、アフィリエイトでショップを紹介することで稼ぐことも可能かもしれません。

『面倒くさいよ。』
という人には、その業務をビジネスに結びつけたい人に採寸業務を請け負ってもらうこともありかもしれません。

仲介業をメインとしている会社さんでも、その正確な物件情報を提供するためのお手伝い、個人のオーナーさんの物件登録、写真や動画撮影のお手伝い、ネットへの物件登録のお手伝いという形で新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

だって、Amazonや楽天にはネット流通のノウハウはあっても、契約上のリスクを回避するノウハウはありません。

不動産って一つ一つが別個のものであり、リスクはそれぞれの物件により異なります。

それを補うのは地域に根ざした不動産業者であり、近隣相場を一番把握しているのも地域に根ざした不動産屋さんです。

個人と個人、売主と買主、貸主と借主が直接繋がる時代はもはやリアルです。

その中で私たちが何をできるのかとずっと模索してきました。

でも、この形なら私たち不動産屋さんも生き残れ、消費者にも有益です。

直接繋がれることによるコストダウン。
システムの効率化による流通量の拡大
仲介手数料、広告料などの名目で得ていた多大な報酬はなくなるかもしれません。

でもその分、成約した場合にしか支払われなかった報酬が定期的に安定した売上に変わるかもしれません。

そうなると物件価格、家賃に関わらず、業務に関する手間は同一になります。

マンションと土地、戸建では物件調査の手間が変わりますので、土地、戸建は少し割高。

一棟賃貸マンションは物件調査の手間は都度変わるわけではありませんから、戸数で割ると割安に。

どうですか?
現実的じゃないですか?

これがいろいろ考えてみた、みんながハッピーになる未来予測図です。

でも一人で始めてみたところで、物件情報の正確さ、寸法、ネットショップくらいしか実現できそうにないんですけどどうしましょ?

やっぱ、一人では何もできないなぁ。。

誰か私のアイデア実現してくださーい。

不動産業界をシステマチックに改革してくれませんか?

エンドユーザーも求めていることだと思います。

社会貢献ですよー。

大阪の小さな不動産屋さんの夢を叶えてください。

tatemono_fudousanya

何年後かには実現しているんだろうな。
私に関係のないところできっと。







個人と個人が繋がる時代にどういった戦略を練る?

ネットやSNSで個人と個人が簡単に繋がれる時代になりました。



514780



SNSで知り合って付き合ってます。
SNSで知り合って結婚しました。

こんな話はもう一般的です。

そのSNSも匿名で繋がっていた時代からあえて今は名前、プロフィールを公開してアカウントを作るようになりました。

Facebookの頃からですかね?

個人のプライベートの繋がりからビジネスの繋がりにも変化しており、もはやSNSはなくてはならないものに育ちました。

こうなるとどういう変化をしていくか?

食事をする店を探していたとします。
最初は口コミで聞いた店。
それが、口コミサイトやTVで取材されていた店からピックアップするようになり、今は食通のブロガーや自分がフォローしている人がUPしていた写真や動画から店を探すようになっています。

この人をチェックしていれば間違いない。

情報操作されたポータルサイトや、自分たちの都合で取材、報道をしているTV番組より利害関係のないこの人の方が信用できる。

そう思うように変わってきています。

これは食の世界だけでなく、ファッションの世界、小売の世界にも波及し始めています。

私たち不動産の話でも、報道されているニュースによって消費マインドは大きく変わってしまいます。

不動産のことに対して呟いている著名人や有名ブロガーさんは少ないので、まだピンとこないところもありますが、そのうち
『カリスマ不動産営業マン』や
『不動産投資の女王』
*ネーミングセンスないな・・・

みたいな人が登場し、おススメ物件を紹介したり問い合わせが殺到したりすることも出てくるかもしれません。

今の不動産営業マンは売上のことがあるので損得で物件紹介をしています。

昔は物件の紹介するのに順番まで決めて案内をしていました。
①潰し物件(当て物ともいいました)
*絶対に気に入らないであろう物件
②中物
*1件目よりはマシだが少しピンとこない物件
③決め物
*1件目、2件目に比べて条件も見た目も希望に沿った物件

売買物件でも中古物件を見せた後新築物件を案内するとかですよね。

案内自体が演出でした。
なので物件は
お客さんが決めるものではなく営業マンが決めるもの

そんな時代だったのですよね。

今はポータルサイトでお客様が事前に物件情報をある程度入手できるので、はめ込み営業みたいなことはできなくなってきています。

でも、営業マンの都合で物件紹介していることには違いがありません。

売上本位である以上、そこから発信している情報は信用できない。

今あるポータルサイトも同様です。

広告掲載によって成り立っている事業であるため、情報量が多くなればなるほど売上は上がります。

少数の選りすぐった情報ではなく、正確さは劣るが数多い情報を求めているのは営利団体としては至極当然の選択です。

でももし、売上に直結しなくても有益な情報だけ発信している発信元が登場すればどうなるでしょ?

数多い情報よりも、選りすぐった物件だけ紹介している。

私たちの仕事って毎日物件を見る仕事ですから、たまに
『おい、これって安いぞ。』
っていう情報や
『ちょっと、すぐ見に行こう。』
と行動を起こす物件があります。

ただ、その情報をポータルサイトに掲載して反響があった時にはもうすでに成約済みだったり、商談中であったり。

この手の情報だけ受け取ってくれるお客様を数多く保有していれば、本当にいい物件だけ発信することができます。

しかもタイミングを逸せずに紹介が可能になるかもしれません。

もちろんエリアエリアで相場観の有る無しもありますし、営業マンの感性のズレでいい情報をキャッチできないこともあるでしょう。

そこには一つ問題があります。

賃貸マンションやマイホーム購入のお客様って、一件借りたり購入したりすると目的は達成してしまいます。

投資用物件の場合はそうではないのでまだいいのですが。

不動産会社への会員登録というのも少しハードルが高いですよね。

個人情報を打ち込んだりしますので、しつこいメールや電話があるんじゃないのと心配にもなります。

LINE@でアカウントを作っている会社さんも増えました。

会社のホームページから会員登録するよりは登録しやすくはなりましたが、多くの業者さんに登録するとLINEの通知音だけでウンザリしてしまいます。

そういう意味ではTwitterInstagramがちょうどいいんですよね。

流し見できますし。

ただフォローワーが少ないと意味がありませんので、フォローワー数をたくさん増やす作業が必要にはなってきます。

また、厳選された情報だけ発信するというところに意味がありますから、
『自社でただ預かった物件』
『自社所有、管理物件』
だけ発信していてもホームページと変わりなくなってしまいます。

でもそんなことやってると
『うちの物件も紹介してよ。』
って絶対言われますもんね・・・

SNSの活用方法を模索中です。

とりあえず今はフォローワー数を増やして、そのような実験をしていきたいと思っています。

今でも
『ポータルサイト掲載不可。』
という物件情報は多いですが、自社ホームページならOKという物件は増えています。

『SNSに掲載していいですか?』
という問い合わせはまだ業者さんから来たことないので、たぶん新しい取り組みになるかもしれません。(笑)

ということで、Twitterのフォローお願いします。



みなさんがたくさん見てくれれば、そういった物件をTwitterを通じて発信していきたいと思います。

それまではメルマガで我慢してください。

それではまた。


不動産を英語にするとRealEstate。意味は?

不動産のことを英語でいうとReal Estateといいますが、直訳すると『真実の(現実の)』『財産(地所)』になります。

まぁ、英語が苦手な私がそんなこと語ってることがRealではないのですが、そこはさておき。

昔は土地が一番資産、財産という意味では価値があったのかもしれませんね。

土地は作物を植えたり家畜を放牧するために必要です。

その土地が広ければ広いほど資産があった、生活が豊かであった証拠でしょうね。

またPropertyとも呼びます。

これも不動産という意味なのですが、財産とか土地とかの意味でもあります。

意味でもありますと言いましたが、調べた情報なのでそういう意味でもあるそうですと言うべきでしょうか。(笑)

いずれにせよ、資産、財産と呼ぶにふさわしいのが不動産ということです。

お金が今の世の中では、一番資産を評価するのに分かりやすい指標になっています。

お金ってそもそも国家が発行している紙幣、貨幣でその国の信用性が失われてしまえば貨幣価値は大きく減少します。

でも土地は小さくなるわけでも無くなってしまうわけでもありません。

そういう意味では昔から変わらない資産といってもいいのかもしれませんね。

ただ、土地自体ものもの、王様のものという考え方もあります。

所有権は与えられていますが、固定資産税という名目で毎年使用料を払わされていますから
『本当に自分のもの?』
という意識にもなってしまいます。

そうなると何が本当の資産なの?
という気になりますよね。

不動産屋の立場からして、さっきの流れからすると
『不動産が唯一無二の資産です。』
と言うべきなのでしょうが。

お金を持たずに不動産だけ持っていたら所有していくことさえできなくなります。

固定資産税は言うまでもなく税金です。

税金の取り立てが世の中で一番キツイ取り立てです。

税金だけは破産しても免責になりません。

例え100年払い、500年払いの分割になっても国への借金は残ります。

自分が亡くなっても相続放棄しない限りは奥さんや子どもにも降りかかります。

『この国に住み続ける限りは代替わりしても払ってもらうよ。』

恐ろしいですよねー。

不動産を所有していて税金を滞納した場合、国はその不動産に抵当権をつけていなくても差押えすることができます。

それでも払わなければ公売にかけて競り売りしてしまいます。

その売却した金額を税金回収に回します。

不動産を所有している情報も国が全て把握していますので、何もかもご存知なんですよね。

何が言いたいのかというと、資産を生まない不動産は持っていても仕方がないということです。

『自宅はお金を生まないから質素でいいねん。』
こういうことを言う人がいますが、たしかにその通りなんですよ。

稼ぎが十分にあって、生活にゆとりがあるならいい家に住むべきです。

毎日過ごす場所ですし、大切な家族にいい家に住まわせたいと思うのはおかしな発想ではありません。

でも、先ほど言ったように自宅はお金を生みません。

それどころか固定資産税という税金の支払いを強要される、むしろ支出の部分です。

これが家賃より安く住むなら支出を抑えることができますから、プラスに転換できるかもしれません。

つまり、賃貸で過ごす場合の家賃の支払い額以上で、住宅ローンを組み家を購入するってことは、愚の骨頂ということになります。

『家は買ったら自分のものでしょ。』

固定資産税を免除してくれれば確かにそうでしょう。
でも年金暮らしになっても、子どもに生活費をもらい養ってもらっていたとしても、毎年の固定資産税からは逃れることはできません。

家は自分の所有物、これが幻想なんですよね。

それに気付いてしまいました。

image


『自宅は毎月の支払い額を抑えるために購入するもの。』

『不動産を買う場合は、資産を増やすことができるものを買うこと。』

それが家賃収入なのか、将来の値上がりを期待してのものなのか。

収入を得るためなら当然、融資を受けることはアリです。
事業資金を調達することと同じです。

金利も売上のため、売却益のために必要な出費です。

でも、今の不動産投資ブームは間違えています。

『事業資金を調達するために、自己資金なしで事業は始めませんよね?』

お金を生むために投資するのですから自己資金は必要です。
逆に自己資金を入れることで、より本気で事業に取り組むことができるはずです。

よくある不動産投資のセミナーで
『自己資金なしで始めよう。』
とか
『資産◯億のオーナーになろう。』
とかありますが大丈夫ですか?
騙されていませんか?
購入した人は順調に運営できていますか?
予定通りの収益を生み出していますか?

不動産投資は大金がなければ始められないものではありません。

でも50万円、100万円のお金が1億、2億にバケることはありません。

うまい話には裏があります。

美味しい話に聞こえる話ほどが張り巡らされています。

でも、
『失敗しちゃったー。』
と思っても決して取り返しがつかないわけではありません。

売り方、売るタイミングで損失はカバーできます。

売らなくても、その物件が安定して収益を生み続ける物件であるなら売る必要はなくなります。

ローンを組んでいても、支払い続けることはできます。

買っちゃったものは仕方ない。
フルローン組んじゃったものは仕方ない。
覆水盆に返らずです。

人間必ず失敗するものです。

でも人間は一度や二度の失敗では終わりません。

失敗すれば取り返せばいいのです。
取り返すという言い方は、何か違うな。

別の物件で取り返すみたいな感じになっちゃってるので・・・

失敗じゃなくせばいいだけなんですよね。

『あー。この物件を購入してよかったー。』
*ブルゾンちえみっぽく

不動産屋さんが描いたシュミレーションの上をいく収益を生めばいいのです。

そして、不動産屋さんが組んできた金利を安くする交渉をすればいいのです。

もちろんすぐには不可能でしょう。

収益性を上げるのも満室の状態から上げることは不可能ですし、借りて間もない状態で条件変更など応じるわけがありません。

失敗はすぐには取り返せないかもしれません。

でも時間をかけて計画的に、かつ戦略的に攻めていけば何とかなるものです。

そのためには改装工事などの追加資金、借り換えのための内入れ資金が必要になるでしょう。

なければ質素倹約。

経費削減。

資産価値以下の不動産はただの借金です。

借金しているなら当然倹約しないといけません。

支出を抑えなくてはいけません。

サラリーマンしながら夜中アルバイトをしたいですか?

嫌でしょ??

じゃあ、不動産会社、管理会社がやっていることを自分で。
やれることは自分で行い経費削減ですよ。

管理料が5%とすれば、月額50万円の物件なら毎月2.5万円節約できます。  

週に一回物件の掃除に行けば、月に1〜2万の経費が削減できます。

それを一年間繰り返せば年間100万円の経費削減になります。

簡単でしょ??

というより、何もしないということは毎年それだけのお金を不動産屋に支払い、誰かの生活を助けていることになります。

もちろん自分に余裕があれば、ぜひそうしてあげてください。

余剰資金を循環させることは経済活動に役立っています。

管理委託も資金計画に余裕があるからこそできる業です。

余裕がない資金計画なら、資金計画自体を見直さなければいけません。

お小遣いに余裕がなければ、飲みに行くの控えよう、お昼ご飯を節約しよう、タバコをやめちゃおう、こんなこと考えますよね?

でも、空室であふれ支払いに窮しているのに同じ管理会社で募集を続け、週末暇なのに清掃会社にマンションの掃除を任せているのは何故なんでしょう?

何か間違えていますよね?

失敗は、取り返そう、間違いを正そう、過ちを繰り返さないようにしようと思わない限り乗り越えれません。

あなたの不動産をRealな資産に変えていきませんか?

賃貸不動産再生計画をプランニングします。

あなたの身近な不動産アドバイザー、株式会社ライフコンサルティングにぜひご相談を。

まとまりましたねー。






物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ