ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

世間の話題

今回の地震であらためて・・・

先日大阪北部で震度6の地震があり、建物の崩壊、水道管の破裂、交通網のマヒなど被害が出ています。
お亡くなりになられた方もいらっしゃいますし、まだ大阪ではだいぶ落ち着いてはきましまが余震も続いています。

二次被害を恐れて各交通機関は運転の取りやめをしました。
当然の措置です。
でも、これにより会社に出社することもできず、お店に出勤することもできずと、ショッピングモールでも閉鎖している店がいくつもありました。

コンビニ等では水や食品が売り切れ、半ばパニック状態でした。

それでも神戸の地震と大きく違ったことは、SNSの普及で安否確認が容易にできたことです。

Wi-Fiの整備により、電話が繋がらなくても連絡が取れるようになったというのは大きな進歩のように思えます。

震度6とはいえ、長時間の揺れは感じられなかったので建物の倒壊はそんなに多くもなく被害は最小限にとどまっています。

でも、改めて震災の恐ろしさを実感しました。
596120

命を失うかもという恐怖はもちろん、生活を失うという恐怖を感じたのは今回が初めてかもしれません。

私たち不動産業に関わっている人間にとって天災は密接な関係にあります。

地震があれば不動産の購入意欲は失われます。
津波が起これば湾岸線、海岸線エリアの購買意欲は失われ、土砂災害が起これば山手の不動産の購買意欲は失われます。

また、いくら耐震性、免震性に優れてるとはいえタワーマンションで地震に遭遇すると、その恐怖は尋常ではありません。

地震の力を逃すために通常の建物より揺れます。
私が住んでいた時は震度4くらいまでしか経験したことはありませんが、長時間に渡り揺れ続けていました。
今回の震度6でどの程度、どのくらいの時間揺れていたのか分かりませんが、万一倒れるようなことがあれば決して助かることはないという状況下でその揺れは、絶望的な恐怖ではなかったでしょうか?

また、エレベーターもしばらく止まっていましたので、高層階の人は逃げ出すのにも一苦労あったのでは?

日本人はともかく、外国人にとって地震というものはあまり身近なものではありません。
なので今回の地震により、外国人投資家がタワーマンションを投げ売りしないか少し心配です。

大阪市内では、日常生活を取り戻し元どおりの生活が始まっています。

でも、この地震により外国人旅行者のキャンセルは相次ぎました。

観光客で賑わっていた大阪市にとって大打撃です。
またしばらくすればほとぼりが冷め、以前の活気を取り戻すようにも思えますが、この地震が続いていて被害がもっと拡大していればどうなったのだろうとすごく不安になりました。

所有している不動産にも被害は及びますし、借金しているお金の返済は続きます。

地震などでの天災は、その時だけの被害ではなく、その後の人生にも大きな影響を及ぼします。

うちの実家が阪神大震災の被害にあいました。
自宅は倒壊し、家族は避難所生活を余儀なくされました。
家業であった工場も被害にあい、消火活動により機械は水浸し、職まで同時に失った瞬間でした。

うちの父親はその危機を乗り越え生活を建て直しましたが、自分の身に起こったときに果たして同じように再起を図れることができるのか?

そう考えたときに自信がありませんでした。

『あー。自分が頑張って築いてきたつもりのものって何なのかな?』

地震一つで全てを失うほどのことしかできていない。

阪神大震災の時も、東日本大地震の時も。
そこから希望を失わず、再建してきた人に尊敬の念を抱きます。

まだまだダメですね。

他人を助けるどころか、家族を助けることさえままならないかもしれません。

不動産業界の未来を見据えたときに、これだけではダメだ。
違うことをやらないと生き抜いていけないかも。
そう思って始めた民泊ビジネスですが、不動産に隣接している世界だけに天災には弱い。

熊本地震の時も九州への旅行客が激減したというニュースもありました。

この影響が長引かないことを強く願っています。
それと同時に、違う事業もやっていかないと有事の時に家族を守れないという課題も見えました。

何がいいんだろう?
いずれにせよ、その場所でその仕事をしていないとメシが食えない。
この状況を打開することが必要だなと。

これをしていないと生活ができない。
この土地にしがみつかなければ生活が成り立たない。
そういうビジネスモデルからの脱却を図る必要があるということを再認識した瞬間にでした。

選択肢の幅を広げるということですね。

不動産業をやっていて、売買仲介だけをやっている、賃貸仲介だけをやっている。
管理業だけ、大家業だけ。
この選択肢はとても危険です。

そう思って、不動産業の中では幅広くやってきたつもりではいますが、所詮不動産業界の中だけの話。
井の中の蛙です。

何が起こっても変わらない生活を築き上げる。
これが今後の人生のテーマです。

ここ2、3日少し病んでいましたが、またメキメキとやる気が出てきましたので頑張っていきます。





こどもの虐待死のニュースが後を絶たない

こんな悲しい話が世の中にたくさんあるのか。
ニュースを見るたびに目頭が熱くなります。

1歳9ヶ月のこどもに十分な食事を与えずに死亡。
5歳女児食事を十分に与えず、暴行を加え死亡。

セーフティーネットが整備された今の日本で餓死とかあり得ない。
幼児や乳児が餓死するのは親のせい以外の何物でもない。

1歳児、2歳児に親以外の助けを求める知恵も選択肢もあるはずがない。

これって、保護者責任遺棄致死罪

保護者責任遺棄罪なら懲役3月以上5年以下、保護者責任遺棄致死罪になれば3年以上20年以下の懲役。

殺人罪なら死刑又は無期若しくは5年以上の懲役。

こどもに長期間食事を与えず暴行を繰り返したって、これが全くの赤の他人なら一体どんな刑になるのだろ?
監禁罪も加わるし、凶悪事件になるのでは?

小さいこどもにとって唯一の味方は親だけ。
その親からそんな仕打ちを受け続けるって悪夢以外の何物でもない。

うちには1歳5ヶ月と3歳10ヶ月の娘がいます。

IMG_0809


悪戯ばっかりしていつもママに怒られて泣いています。
ママに怒られたら私のところに泣きながら歩み寄ってきます。
私にとっては、それが可愛くて可愛くて仕方がないのですが、少し落ち着いたらママのところへすぐ戻っていきます。

こどもの泣き声が毎日するから虐待している。
というわけではもちろんないでしょうが、ママと歩いているのに何か怯えている。
母親と手を繋がずに少し離れて後ろをトコトコと歩いている。
これだけで私は違和感を覚えます。

古き良き時代は、近所の人がまるで自分のこどものように近所のこどもたちを見守ってくれていました。
近寄って話しかけてくれたり。
ちょっとした異変に気付いてくれてたり。

私がこどもの頃、近所の人によく告げ口されました。
『◯◯ちゃん、何かガラの悪そうな人たちと歩いてたよ。』

そんなガラの悪い友だちと歩いてたわけじゃないのに、さっき言った異変、違和感ですよね。

親の目が行き届かないところを近所の人が補っていてくれたような気がします。

今は逆に、
『知らない人と喋ったらダメ。』
小さいこどもに話しかけていると、
『何かご用ですか?』
みたいな感じでギラっとした表情で睨みつける母親もいたりするので、迂闊に話しかけようともしてくれません。

もし、近所の付き合いとかも頻繁にあったりすればこういった事件も未然に防げたかも。
と思ったりもするのですが、そういう親に限って近所付き合いとかもしていないでしょうし。。

人と人との繋がりが希薄になった現代だからこそ起こりやすい事件なのかもしれませんね。

こどものことになれば、ちょっとしたことでも目くじらを立てる親もいれば、育児放棄、虐待を繰り返す親もいます。

どっちがいいって、こどものことで怒れるほど大事にしている親の方が数段ましですよね。

モンスターペアレンツって言葉が一時期流行りましたが、それってどうなの?
ってずーっと思っていましたが、このようなニュースを見ていると、そちらの方が全然いいですよね。

私が新しいことに常にチャレンジして、未来を切り拓こうとしているのも、この娘たちのため。
せめて、成人するまでは苦労をかけたくないという気持ちからです。

子育てって本当に大変だと思います。
たまに休みの日にこどもを連れて出かけるだけでも普段の倍疲れます。
迷子にならないように目を配り、寝ちゃったら抱き抱えて移動です。

奥さんは毎日それをしながら、買い物に出かけます。
ご飯を食べさせていてもこぼして服はベトベトです。
その服を脱がして洗濯を回している間に、部屋は散らかりまくり。

イライラもするでしょう。

仕事から帰宅してイライラをぶつけられることもあります。
そんな時に、
『こっちも仕事で疲れてるんだから。』
こんなことを言おうものならもう大騒動です。

なので、虐待に至ってしまうまでの経緯は分からなくもないのですが。

ただ、それ以上に可愛らしい面が山のようにあるはずなのに。

先日も1歳5ヶ月の娘が寝言で、
『パパ・・・』
『ママ・・・』
『えへへっ。』
って言ったまま、微笑みながら再び眠りにつきました。

二人で、
『どんな夢見てたんだろ?』
『バカみたいに可愛いな。』
と幸せな気分になりました。

ある日上の子が眠っていていきなり、ウェーんと大声で泣きだして、
『パパー。ママー。』
と飛び起きたりします。
(えっ。どんな夢見たん?)

抱きしめたら、すぐ泣き止んで再び眠りにつきます。

夜中に叩き起こされたりもしますが、しんどいってこと以上に、自分が必要とされていることへの喜びを感じます。

こどもは3歳までに全ての親孝行を果たすと言います。
何をやっても可愛い時期なはずなんです。

それなのに、こどもにぶつけるしかない。
ここまで母親を追い込んでしまったのは、父親のせい以外の何者でもないような気がします。

私が父親として優れているとは、これっぽっちも思いませんが、こどものワガママを受け入れられない男が世の中で大成するわけなどあり得ません。

そういう意味では、母子家庭でこどもに愛情を注ぎながら育てている家庭ってすごいなと思ったり。

うちには奥さんがいてくれてるから、せめて仕事くらいはきっちりとしよう。
割り切れるから男って楽ですよね。

母親は父親の代わりができても、父親は母親の代わりはできないし、そもそもこどもを産むことさえできません。

そんな母親のためにも、愛するこどもたちのためにもまだまだ頑張らなくてはいけません。

目指しているものは何?
ゴールはどこ?

よく聞かれますが、私のゴールは私の愛する人たちが幸せと思ってくれること。

だって、私はもう十分幸せなので。

もちろん愛する人たちには、家族だけでなく友人やお客様も含まれます。

欲張りかもしれませんが、自分のことを大切だと思ってくれている人たちを幸せにしたい。
『お前が何者やねん』
っていう非難の声は置いといて・・・

いろいろ書いてきましたが、願うことはただ一つ。
世の中のこどもたちが両親に愛されて過ごせますように。

愛情の表現はいろいろあると思います。
お金はなくても愛情を注ぐことはいくらでもできます。

でも、男に出来ることはたった一つ。
生活の心配をさせないようにすること。

もちろん暴力を振るうのはもってのほかですが、仕事を頑張って余裕のある家計を作ってあげること。
これくらいしかないですよね。

なので、私は頑張って可愛い娘たちのため、愛する奥さんのために働きます。

みなさんもじゃんじゃん仕事を発注してくださいね。

よろしくお願いします。



本日誕生日を迎えました

今日3月18日誕生日を迎え、48歳になってしまいました。
年齢詐称していませんし、SNSでも公開してるので
『えーっ。』
って声は全く上がっていませんが、いろいろな方からお祝いのメッセージをいただく。

これってすごいありがたい話ですね。



『おめでとう』
『ありがとう』
こういう言葉って、言われて嬉しくないことなないですもんね。

とうとう50歳という大台が近づいてきました。

もう人生のラストステージに近づいています。

そろそろ仕上げに入らないとという年代ですが、まだ何かを成し遂げていない自分がまだラストステージに突入するわけにはいきません。

ただ、もう残された時間は僅かしかない。

そう思うと少し焦ってきているのも事実です。

先日オウム真理教の死刑囚が全国の拘置所に散りばめて収容するため、何人かの死刑囚が移動されたというニュースがありました。

そこで気になって調べてみたのですが、あの逮捕当時の麻原彰晃の年齢が40歳。

起こした事件については、当然みなさまもご存知の通りですし、事件について議論するつもりもありません。

でも、40歳であれだけの多くの人間に人生を左右するようなカリスマ性を発揮したということに驚きました。

最大信者数は1.5万人もいたと言われています。

あの当時は私はまだ25、6歳でしたから、そんなことは微塵も感じませんでしたが、この歳になると自分の不甲斐なさに失望しています。

もちろん自分にカリスマ性がないことはよく承知しておりますが、48歳になった今、自分の発信する言葉にどれだけの影響力があって、どれだけの人生を左右する力があるのだろうって考えた時に、そこには大きな差があることに気付きました。

自分が人生を生きた意味、後世に何かを伝えることができるようなことをしてきたのか?

あっ。
私の場合はこどもたちにですよ。

未来への礎を築くことがあと数年でできるのか?

そんなことを考えるような年齢になってきました。

このブログを立ち上げて2年半、更新を楽しみにしてくれているお客様も数は少ないですがいらっしゃいます。

ブログを読んで訪ねて来てくれる方や、ご相談のお電話をいただく方も増えました。

少しは世の中のお役には立てているのかな?

不動産は金額も大きい投資なので、騙されてしまうと人生を大きく左右します。

『騙さなくても儲かるのに。』

そう思ってずっと仕事をしてきていますが、中には一攫千金を夢見てお客様をハメることだけ考えている不動産屋さんがいるのも事実です。

ie34


何億の不動産仲介をするだけで、1千万、2千万円もの手数料を手にすることがある業界ですから、その魅惑に取り憑かれてしまうのでしょうかね。

そんな人を少しでも減らしたい。
自分が長く関わった業界をクリーンな業界に変えていきたい。

そう思って生きてきているつもりですが、何しろ先ほどの影響力が少なすぎます。

購入する前の予備診断的な相談でもしてくれれば、こんなことにならなかったのに。

そう思うことが沢山あります。

一人でも多くの方と繋がって、
『不動産は怖い。騙される。』

そういうイメージを払拭できればなと思っています。

これからも地道にコツコツと発信していきますので応援よろしくお願いします。



物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ