ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

世間の話題

今どきの若いやつらは

『今どきの若いものは・・』

『おれらが若い頃は・・』


飲み屋の席でよく耳にする言葉ではないでしょうか?

私も何回かそんなようなことを口走った記憶もありますし、もちろん先輩方に自分が言われたこともあります。

自分たち世代と下の年代を比べて、

『おれらは頑張ってきた。』

『おれらの時代はそんな甘くなかった。』

そういうことを言いたいのだと思います。

でも、今の時代の若い人たちも同じなんです。

時代を生き抜くのは甘くはないし、みんな頑張っていないわけではありません。

頑張り方など人それぞれですし、ただそれが自分と違うだけなのじゃないでしょうか?

そう考えてふと思い出すと、

成功者の人ってあまり

『おれ頑張ったよ。』

とは言わないな。

『たまたま◯◯がよかったから。』

それが運であったり、時代であったり、仲間であったり。

自分は頑張ってきた、頑張ってるよとアピールすることは

『だれか褒めて。』

『だれか認めて。』

という心の声の裏返しなのかもしれません。

こどもがお絵かきをして親に
『見て見てー。これ◯◯ちゃんが描いたの。』

自分で着替えができるようになって
『◯◯ちゃんが自分でしたの。』

これと何も変わらないような気がします。

こどもは褒められて成長することはあります。

もっと褒めてもらおう。

もっといろんなことができるようになろう。

でもさっきの話はいいおっさんの話です。

褒めても伸びしろはほとんど残ってません。

それどころか衰退の一方です。

聞くに耐えないですよね。

だから、決して自分より年下にそんなこと言っちゃダメです。

それよりも頑張らなくてはいけないのは、オヤジたちかもしれません。

『おれパソコン苦手なんだ。』 

『SNSやると顔バレして飲み歩けなくなるやん。』

たぶんもう論外です。

うちの娘一歳になったばかりですが、先日スマホ持ってSiriに話しかけてました。

IMG_9905


『うー。あぁー。』

まだ言葉をしゃべれないので、Siriに

『よく分かりません。』

と言われてましたが。(笑)

携帯電話が幼少期からあったデジタルネイティブの世代から、幼児の頃からスマホでYouTubeなどの動画を見たり、ビデオ通話で話しかける今の乳児・幼児世代はまた違う世代になりそうです。

どんどん時代は変化しています。

自動運転が現実化してきた今、運送会社の運転手、タクシー運転手はこのままでは失業してしまうかもしれません。

区役所や市役所の職員も激減するかもしれません。

AI化は大失業時代になるかもしれません。

誰でも代わりができる仕事はAIに取って代わられることになります。

だってAIは残業代や昇給、待遇改善も要求しませんものね。

それと、自動運転が一般にも普及し出すと不動産にも大きな影響をもたらすことになるかもしれません。

『車の運転と不動産って全然関係ないでしょ?』

直接は関係ないように思いますが、実際には大きく影響を及ぼすと考えています。

なぜ仕事場の近くにみんな住みたがるのか?

通勤時間がもったいないから、交通費がかさむからじゃないですか?

通勤が快適なものになり、交通費が電気自動車で安く済むようになればどうでしょう?

自宅のリビングのような車内で読書しながら、または熟睡したまま通勤できるなら通勤時間は気にならなくなります。

帰りの車内ではビールやワインを飲みながら、サッカー観戦、野球観戦をしながら帰宅する。

自己研鑽のため本を読みながら、勉強しながら通勤する。

そもそも、会社に出勤するという形式がなくなるかもしれません。

会議はSkypeやビデオ通話で行い、命令系統も全てPCやスマホから。

そうなってくると都心には住むのではなく、休日にお出かけする場になるかもしれません。

自宅でAmazonから日用品の配送を受け、自宅で仕事が完結する。

地価の高い都心に住むメリットがなくなります。

郊外の住宅地なら敷地もゆったりしており、地価も安い。

かつての別荘地のように、郊外の避暑地、リゾート地には富裕層が、出勤が義務付けられる庶民は都心の狭いアパートで。

こんな時代が訪れるかもしれません。

地方都市でも魅力ある街づくりをすれば、そこに人がどんどん集まってくる時代になるかもしれません。

この街に住めば住民税が安くなる。

高校まで教育費無償。 

街ぐるみで自家発電設備を導入して、電気自動車の充電電気代無料とか。 


面白いアイデアで地方活性化ができるかもしれません。

二極化とよく言われますが、いつの時代も同じです。

権力者と被支配者層、資産家と庶民。

これからは情報弱者と情報提供者。

世界の富82%1%富裕層に集中しているそうです。

そしてたった5〜60人の大富豪が世界の富の半分を占めているそうです。

上層階級はAI化によりコストダウンを図れ、業務の効率化を図れます。

より大きな富をもたらします。

逆に私たち庶民は、AI化により失業の危機を迎えています。

『だからその中でどうしていくの?』

どうしていきましょうかね。。。

お金を使わないライフスタイルを実践する。
自給自足ですか。

もしくは、お金を生み出すサイクルを作り出すか。
起業家、投資家ですよね。

それが不動産投資なのか、若者たちのビジネスに投資するのかは分かりませんが。

仮に今資産がなくても、世の中の人が必要としている情報ノウハウを提供できるようなものがあれば、これからの時代の勝者になれるかもしれません。

学者や研究者のレベルの話でなくてもちろん大丈夫です。

こども向けの英会話を教えていたり、ピアノ教室の先生、釣りやサッカーをこどもに教えたり。

習字の先生、折り紙の先生。
こういうのもこれからどんどん外国人旅行者が増えてくると立派なビジネスチャンスです。



『わたしには何もない。』

そんなことはきっとないはず。 

『ラーメン屋のことは誰よりも美味しい店を知ってる。』 

『自分の作るカレーはとびっきり美味しい。』

お店の情報やあなたしか知らない料理のレシピが、あなたのこれからの人生を救ってくれるかもしれません。

誰かに必要とされている

何でもいいんです。

誰かに必要とされること、誰かがあなたの話を聞きたいと思うこと。

それがこれからの時代に生き残る道なのかもしれません。

『最近のおじさんたちは・・』

こう言われないようにしましょうね。






奨学金を借りてまで進学しないといけないの?

最近のニュースで奨学金が払えずに破産するケースが増えているという報道がありました。

FullSizeRender

過去5年間で1.5万人が自己破産し、約半数が連帯保証人の親族となっていますが、そりゃそうですよね。

連帯保証人ですから。

連帯保証人は本人に対して催告するように言う抗弁権がありません。

つまり債権者は本人、連帯保証人どちらに催告してもいいことになっています。

元々子どもが大学に進学する際に学費を調達できなかったため、子どもたちが奨学金を借りることになったのではないですか?

高校までは親の役務、大学進学は自らの意思?

その辺りの感性が私にはもう一つ理解できていなくて。

私は大学に行かせてもらいました。
でも親が全ての学費を出してくれていました。

こういったニュースが出ることによって初めて、自分は恵まれていたのだと実感しています。

うちの場合妹も大学に進学しましたから、親の負担は大変なものだったと思います。

でももしこの学費を、奨学金という形で借り、自分が働き出してから給料の中から返済していくと聞いていたら大学進学の道は選ばなかったと思います。

うちの親は
『みんな大学に進む時代だから。』
そんな理由だけでその学費を工面してくれました。

そこに感謝の気持ちはその当時持てていませんでしたから、学校にもほとんど行かずフラフラと遊び歩いていました。

今の大学生がその当時の私と同じだと思っているわけではありませんがもし、

『その学費が奨学金という借金で支払われていること。』

『その借金を卒業後毎月給料の中から支払っていかなければならないこと。』

『この借金を滞納した場合、個人情報として登録され、その後のローン借入の際に影響を及ぼすこと。』

このことを知らされていたとしたら、もっと一生懸命勉学に励むでしょうし、そもそも進学という道を選んだでしょうか?

奨学金で大学進学したために、その借金が残っているため結婚を諦めたという女性の話も聞きます。

少ない手取りの中から毎月奨学金を返済しているため、いつまでも実家暮らしで独り暮らしや車の購入なんか考えられない、そんな若者たちもたくさんいます。

『みんな大学に進むから私も。』

この考え方自体がマスメディアの影響であり、今の高校教育の影響です。

『まだ社会に出るのが不安だから進学。』
『進むべき道がまだ見つからないから大学に進学して探す。』

問題を先延ばししているだけの話です。

『もっと学びたい。』
『進みたい道に進むためには大学進学が必須だから。』

こんな理由で大学に通いたい、でも学費がないから進めない。
そういう人のために奨学金制度はあるはずで、学力が伴っているけど家庭の事情で進学ができない人なら企業や政府が後押しすればいい。

今は就職したら奨学金を肩代わりするという企業も出てきました。

きちんとした目標を持った人なら入学前から企業が入学金、授業料、通学費など負担することもアリではないでしょうか?

でも学力が伴っておらず、何となく進学する人が奨学金を借りてしまえば
『ただ大学に進み借金を背負っただけのこと。』
になってしまいます。
というより、なってしまっています。

車の免許取得もローン、大学の学費もローン、車購入もローン、そして家族を持って住宅購入でローン。

ローン地獄です。

今は資格取得のためのローンもあったりします。
クレジットカードで海外旅行に行けたり、仮想通貨まで買えるようになった時代です。

『一括で払えないから分割に。』
『毎月の支払額を抑えたいからリボ払いで。』

どんどん深みにハマっていきます。

そもそもその時に払えなかったものが、いくら分割とはいえ払いきれるとも思いません。

他に欲しいものができればまたローンで。

日本政策金融公庫の教育ローンという制度があります。

これは親御さんが借主で最長15年、世帯年収200万円以内または3人以上の子どもがいる家庭は500万円以内で最長18年返済。

固定金利で今なら1.76%の金利で借りることができます。

返済義務者は親御さん(保護者)です。

子どもを大学に進めさせてあげたいのなら親が負担するべきです。

子どもが返済義務のこと、返済できなかった場合のリスクを理解した上で自らの意思で進学したいと言うなら別でしょうが、その説明もせずに子どもに借金を背負わす親に問題があると思います。

返せなくなったら、
『こんな制度があるからだ。』
『そんな話聞いていない。』

もう無茶苦茶です。

親なら子どもに借金を背負わすくらいなら、自分が背負う。

自分が背負えないなら、子どもに現状を説明して理解してもらう。

『ごめん。あなたの大学のために私は借金を背負いたくないんだ。』

こうはっきり言えばいいんです。

金利が安いからという理由だけで奨学金を選ぶ親の神経が私には分かりません。

『子どもが選んだことだから。』
そう思うなら、自分名義で教育ローンを借入し、就職してから子どもから毎月少しづつ返済してもらえばいいんじゃないですか?

それならこのニュースのように
『奨学金で自己破産』
なんてことにはなりません。

少なくとも自分が自己破産するだけで、子どもの人生は守れます。

それが親の役目では?

そんなことを思いながらこのニュースを見ていました。

Twitterにも書き込みましたが、とても140字では伝えきれなかったのでブログに書きました。

いろんなご意見もあるとは思いますが、これは私見です。

独り言です。

子どもがかわいそう





物件をPRする時代から自分をPRする時代へ

SNSの重要性が加速しています。

FacebookTwitterInstagram、そして連絡を取り合うのは今や携帯のメールではなくLineに代わっています。

FullSizeRender

FullSizeRender

使ったことないけどインストールしているViber(バイバー)ってのも出ていますよね。

無料で通話出来たりファイルも送れるということなのですが、LineでもPDFファイルを転送したり、ビデオ通話もできますし登録者数が多いのでまだLineの方が使い勝手がいいですよね。

そのうち、また新しいものはどんどん出てくるでしょう。

お客さまとのやり取りもLineを通じてすることが多くなっています。

物件のご紹介をする際にも写真をそのまま送れたり、リアルタイムでやり取りができますのでとても便利です。

このように業務のやり方も時代に取り残された不動産業界でも大きく変わってきているのですが、お客さまの取り込み方も変わりつつあります。

以前なら飛び込み客をたくさん集めれる駅前の店舗というのが主流でしたが、ネット全盛の時代になり

『部屋探ししてるんですけどー。』

って感じで飛び込んでくるお客さまより、

『ネットで物件見たんですけど・・・』

と来店するお客さまが大きなウェイトを占めるようになりました。

そこでネットで集客するためにポータルサイトに莫大な広告宣伝費をつぎ込まざるを得なくなったわけですが、また流れが変わりつつあります。

当社の場合、もともとポータルサイトに多大な広告費を計上するほどたくさんの集客を必要としていません。

かといって、全くお客さまが来なければ商売にはならない訳で、どうしているかというとブログからの集客、口コミ、紹介からの集客がメインとなっています。

これってほとんどといっていいほど広告宣伝費はかかりません。

ドメイン取得に関わる費用、問い合わせ用に使っているお問い合わせ用フォームくらいのものですが、ブログのTopに付けているGoogleのアフィリエイトの収入分で賄えきれる程度です。

前回の記事でも書きましたが、まだ私のFacebookの友人は700人、Twitterのフォローワー数も700人弱です。



そしてこのブログのアクセス数が月間8,000ほどなので、たったそれだけの拡散で一応ご飯が食べれるほどの集客があります。

ブログやホームページでの集客のやり方は千差万別でしょうが、ホームページも今や自分で作れる時代です。

一昔前なら会社のホームページを作るのに100万円~数千万円という時代もありました。

こういう時代はホームページからの集客は大手企業しかできませんでしたが、今の時代は小さな不動産会社でも、個人の大家さんでも集客できる土壌へと変化しています。

個人で集客ってどうすればいいの?

そうなりますよね?

SNSもブログも同じですが、

『何をやっている人なの?』

『何をやっている会社なの?』

これにつきます。

分かりやすいコンセプトがあればあるほど、ニッチな層が集まります。

『古家再生専門の不動産屋』

『再建築不可の住宅専門で買い取ります。』

みたいなやつですね。

ブロガーでもニッチな層を取り込んで人気ブロガーになっている人たちは多くいます。

これからはそういう時代なんですよね。

『総合不動産業』

なんて流行りません。

それと同じで、大家さんも自分の不動産を差別化させ

『〇〇のアパート』

『〇〇が集まる家』

みたいなコンセプトハウスへの変化は求められてきています。

竹を割ったような同じような間取り、設備、他の部屋と差別化しようとすると家賃や礼金などの条件面しかない。

これが今の原状です。

部屋で差別化しなくても、外国人が集まるパーティスペースを設けて

『英会話が自然に学べるマンション〇〇』

とか、

毎月、共用部分でバーベキュー大会や入居者の交流会が開かれるイベントマンションとか、ありそうでない企画を考えちゃうとか、そんなこと考えているとワクワクしませんか?

何を売りにするか?

ただスペースを提供するというマンション経営ではこの先の経営が少し心配です。

月極(つきぎめ)駐車場も建物を建築するでもなく、入れ替わり時に内装工事をする必要もなく、楽な不動産経営だと思われていましたが、今月極の駐車場を契約するお客さんは激減しました。

多くがマンションに建て替わり、建売住宅に建て替わりコインパーキングに取って代わられました。

何もしなければマンション経営も同じです。

同じ業態で継続できる業種って、何かに特化した事業ぐらいのものではないですか?

江戸時代から続くうなぎ屋さん、豊臣秀吉の時代からある包丁屋さん・・・

逆に今の時代にマッチングしてきていますよね。

今のお客さんが求めているのは、

『分かりやすい何か』

なのです。

そう言いながらも、私は何屋なの?

って話ですが、最近は不動産の専門家として身近なアドバイザーのつもりで活動しています。

コンサルティングというのは敷居が高いので、アドバイザーという立場でお客さんと一緒に知恵を出し合いながら考えていくスタイル、これが楽しそうだなと勝手に考え出しました。

気軽に相談できる相手。

その対価は相談料であったり、仲介手数料であったりという形で。

私が絡まない方がスムーズな場合は、ご相談料だけいただいて。

私が間に入った方がお客さまにメリットがある場合は、仲介者として。

会社名をライフコンサルティングからアドバイザーに変更するのは手続きが大変ですので、

住まいのアドバイザー、株式会社ライフコンサルティング

こんなキャッチフレーズにしましょうかね。(笑)

先ほども書きましたが、お客さまは分かりやすいフレーズを求めています。

自分が求めているものに合致する相談者、部屋、家主さんを求めています。

今までは幅広い客層に受け入れられるような内装、一般的に見て可もなく不可もない間取り、家賃設定が主流でした。

その結果どうなったかというと、こっちでもあっちでもいいやという部屋であふれました。

60㎡あれば3LDK。

この賃貸需要がめっきり減ったら、1部屋をリビングと一緒にして2LDK。

和室のニーズがなくなったら、和室から洋室に改装工事。

やることみんな一緒です。

結果的に同じような部屋が街にあふれます。

それならば、需要は多くはないですが60㎡の1Room。

部屋の真ん中にどかーんと浴槽を配置とかね。

そんな面白い部屋を求めている人もいるわけです。

『じゃあお前がやりなよ。』

はいはい。そうなりますよね。

私が手広く賃貸住宅経営をやっているなら宣伝活動の一環としてやっているかもしれません。

でも、そのニーズを拾ったところで1部屋しかなければ意味がなくなってしまいます・・・

どうプロデュースするかって、そういうことなんだと思います。

どかーんとした1Roomを作ったけど、そこの周りはファミリータイプの住民だらけ。

そんな中で作っても全く意味を成さないような気がします。。。

『うち(私)はこんな面白いことをやっている会社(家主)なんだよ。』

こういうことですね。

SNSは会社ではなく、どんな人物なのだということをアピールする場です。

私たち世代には少し抵抗があることですが、今の時代に対応していくためには必要なことなのではないでしょうか。

本名をさらすのがイヤなら匿名でやることはできますし、写真を公開するのがイヤならイラストでも似顔絵でもOKです。

契約ごとは匿名ではできませんが・・・

今まではポータルサイトに掲載していた物件から問い合わせが入って契約に結び付く。

これからは、この人に頼みたいと依頼が入って仕事に結びつく。

また、その人が持っている情報を知りたくて時間を買いに来る。

そんな時代に今まさになってきています。

Timebankというアプリがあります。


芸能人、専門家の時間と10秒単位で取引するというアプリです。

それが相談であったり、一緒に食事であったり。

求められている存在がお金に代わる時代になっています。

You tuberであったり、Instagrammerであったりもそうですよね。

年収何億という人たちも数多く存在します。

ただ、直接そうしたSNSから直接収入が入ってくる人たちはまだ一握りです。

でも、そこから普段の収入に結び付くことへのハードルはそう難しくはありません。

そこへの第一歩を踏み出すことが、ポータルサイトへ頼らない営業活動であったり、不動産業者に頼らない賃貸経営になるのではないでしょうか。

あなたもぜひ実践してみてください。

あっ。

タイムバンク登録するなら、私も登録していますのでぜひこちらから1票投票してくださいね。

よろしくお願いしまーす。




にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ