ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

世間の話題

今日はFP3級の試験を受けてきました

今日はFP技能試験(ファイナンシャル・プランニング技能検定)の試験を受けてきました。

指定された学校に通ってもいないので、コツコツと3級からの受験です。

IMG_8942


FP3級の合格率は60%~80%くらいあると聞いていたので、そのくらいの確率なら落ちるわけないかと安心して受験しましたが、少しヒヤヒヤの結果でした。(笑)

やはりなめてかかるとダメですね。

でも、何とか答え合わせ上では合格基準を満たしているので大丈夫でしょ。

FPの仕事と言えば、私たち不動産業界にも大きく関わる仕事です。

不動産投資にとってはもちろん重要な要素です。

住宅購入にしても、投資用物件購入にしても自己資金は重要です。

その自己資金をどうやって貯めていくか?

また、今ある資金をどう活用していくか?

そうした提案をよりしやすくするためにもう一度勉強してみようと頑張っています。

合格発表は7月4日だそうです。

ちなみに合格ラインは6割の正解率で、受験者数に関係なく、合格率に関係なく受かります。

これは2級でも同じです。

学科実技の2種類あり、どちらも合格すれば3級に認定されます。

どちらか一方が残念ながら合格ラインに届かなかった場合でも、片方の合格は次回以降にも持ち越せます。

翌々年度末まで繰越されますので、気軽に受験してみてはいかがですか?

資格を持っているからと言ってコレで飯を食えるわけではありませんが、新しいことを学ぶということはとても重要な経験です。

知識はたくさん持っていて損をすることはありませんからね。

では、また明日から2級受験に向かって学習しますか。

次の試験は9月10日です。

あと4ヶ月もあるので、ゆっくりと勉強したいと思います。

久々のブログ更新でした。



Amazonプライムって結構便利

Amazonプライムって使っていますか?

これは年会費3,900円(税込)を支払えばいろいろなアマゾンでのサービスが受けれるというものですが、商品受け取りの際に日時指定やお急ぎ便が無料になったり、Kindleの本が毎月1冊無料で見れたりします。

私はKindleで本を読んでいた時にAmazonプライムの会員になっていたのですが、この2つのサービスくらいしか利用していませんでした。

しかも、年会費を支払っていたことをすっかり忘れて・・・

最近ではKindleで本を読むこともめっきりとなくなり、解約することも忘れてそのまま放置していました。

先日TVドラマを見ていて、
『見逃した方はAmazonプライムでいつでも見れます』
とか、
『Amazonプライムでは先行配信・・・』
みたいなことを言っていたので

気になったので調べてみると、今入っているAmazonプライムで無料でTVドラマとか映画とかを視聴できるらしいじゃないですか。

子どもの暇つぶしに毎月2、3回GEO(ゲオ)にアニメを借りに行っていた大西家には大変ありがたい情報です。

これだけで月に2,3千円はかかっていたお金が浮きます。

早速調べてみると、TVに接続する機械が必要ということです。
4,980円Fire TV Stick (New モデル)(税込、送料込)のものと





11,980円Amazon Fire TVのものがありました。



こちらは4Kにも対応しているタイプで画質の違いでしょうか?

画質にこだわらない私は迷わず上の4,980円のタイプを選びました。(笑)

早速翌日には自宅に届き接続してみると簡単なこと簡単なこと。

AmazonのIDも発注時点でインストールされているので、すぐに視聴できました。

そのおかげで今日は少し寝不足です・・・

これ、自宅のリビングだけでなく寝室にも持ち運びでき、旅行先や出張先でもWi-Fi環境さえあれば見れるそうです。

これは便利ですね。

スティックさえ買ってしまえば、あとは年会費3,900円だけですから、毎月に直すと325円です。

レンタルビデオ屋さんで月に1本借りること思えば延滞もないし重宝しそうです。

音楽も100万曲以上が無料で聞くことができるそうですので、そちらもぜひ試してみてください。

今日はAmazonの回し者みたいになってしました。(笑)

最近の若いものはって言ってはいけない言葉

『最近の若いものは・・・』

この後に続く言葉で思いつくのは『ダメ』とか『やる気がない』とかネガティブな言葉が多いのではないでしょうか?

この最近の若いものはというセリフ、今に始まった話ではないですよね?
私たちが若い時と先輩たちに言われてきた言葉です。
私たちにそう言っていた先輩たちもその先輩たちに言われてきたセリフではなかったでしょうか?

新しい時代を作ってきたのは、常に若者です。
既成概念に捉われない若者の斬新な発想があったからこそ、新しい文化、新しい歴史が作られていったものだと考えています。

逆に最近の若者の意見を重要視しない年長者の方がタチが悪いかもしれません。
それは既得権益を守りたいからであり、自らの保身を考えての発言かもしれません。
もちろん自分だけでなく、家族や同僚を守るため保守的な考えになっていることもあるでしょう。

でももう今の日本は既得権益にしがみついて生き残れるほど甘い社会ではなくなっているかもしれません。
小学生、中学生のなりたい職業ランキングにユーチューバーがランク入りする時代です。
パソコン一つ、スマホ一つで起業しようと思えばできる時代です。

そんな時代に取り残されているのは、社会にしがみついている年長者かもしれません。
うちの2歳半の娘が毎日私の携帯電話を奪い取ってYouTubeを見ています。
これはこれで親としてどうなのという意見も出そうですが、ともかくテレビと違いいつでもどこでも簡単に自分のみたいチャンネル、番組が見れるというのがYouTubeです。
これに限らず、ネット社会になった今では自分の欲しいものがあればamazonや楽天で簡単に手に入ります。
また、自分が調べたいこと。
料理のレシピや、言葉の意味、飲食店の評判、気になるアーティストの情報などもネットですぐに手に入ります。

つまり自宅にいながら、どんなものもどんな情報も手に入るということです。
先日メルカリで領収書や現金も買える。
これはどうなのというニュースがありましたが、逆にスマホやPCで手に入れれないものの方が少なくなっています。
そんな時代なのですよね。

これはもうあなたたちが知っていた時代ではなくなっているのです。
自分が分からない時代のことをより多く知っているのは若者です。

その若者の意見を尊重できない人が、これからの社会で生き残っていけるわけがありません。
『昔はよかった。』
『おれらの時代はこうだった。』
これはもう死語にしなければいけません。

それにしても子どもの成長ってすごい早いですよね。
恐ろしいスピードで進化します。
昨日まで出来なかったことが、今日出来るようになり、新しい歌や新しい言葉をどんどん覚えていきます。
未来を作っていくのは若者たちです。

でもかといって、年長者を軽んじた扱いをしたり、老人を敬わないということには賛同できません。
自分が歩んできた道を先に歩んできた先人に対して敬意を示すべきです。
老人と若者がうまく融合できればそれが一番理想的な形です。
野球でいうと、今の阪神タイガースですよね。
絶好調です。
去年の広島カープも同様でした。
ベテランと若手がうまく融合したチームがペナントレースを制します。

これ以上書くと完全に野球の話になっちゃうのでこの辺にしておいて。(笑)

不動産業界でも、若者だけをターゲットにしている賃貸業、高齢者だけをターゲットにしている相続ビジネス。
どこかにターゲットを絞り込むのはビジネスとしてとても有効的な手段です。
でもその代わり何かをないがしろにしてしまえば、そのしっぺ返しは必ずやってきます。

若者だけでなく高齢者もターゲットにした賃貸住宅作り。
被相続人の相続税を軽減するためだけの相続対策ではなく、相続人のこれからの生活、資産形成のための相続対策。
こういうことが大切になってきますよね。

私は若者と高齢者のちょうど中間の年齢になってしまいました。
だからこそ、若者の発想と年配者の経験、知識を併せ持ち両方の立場からアドバイスできるようにならねばいけないのかなと思っています。

最近の若いものはとか、おっさんは頭固いからなーとか言われないように。

物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
Amazon
  • ライブドアブログ