ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

世間の話題

広告活動にいくらかかっていますか?

不動産屋さんの経費といえば

事務所の家賃、駐車場代

車両購入費、維持費、ガソリン代

人件費

広告宣伝費

主なところはこんなもんですが、その他にも文房具代や郵便代、印紙代、交通費、消耗品代、あげていけばキリがないのでこれくらいにしておいて。。。

この中で一番高いウェイトを占めるのは人件費もしくは広告宣伝費だと思います。

人件費の削減方法はさておき、広告宣伝費といえばまず何を思い浮かべますか?

ひと昔前は売買系の会社さんなら新聞折込、チラシ代が大きなウェイトを占めていました。

今みたいに一人一台スマホやPCを持っている時代ではありませんでしたし、広告媒体といえば雑誌、チラシなどの紙媒体が主流でした。

賃貸系の会社さんでも、賃貸雑誌の掲載料、手撒きチラシの印刷代が大きなウェイトを占めていました。

新聞折込なら毎週10万部、20万部配布という会社さんもありましたから毎週100万円単位の広告宣伝費を使うイメージですよね。

賃貸雑誌でも雑誌によっては、掲載料で毎週10万、20万円かかっていたりした時代です。

それが今ではゴッソリとその需要がインターネット広告に変わっています。

ホームページ作成から、SEO対策、リスティング広告、そして大きな集客のツールはポータルサイトへと変化しました。

ポータルサイトの掲載料も何万円単位で使っている会社さんから、何十万単位、何百万円単位で使っている会社さんもあります。

当然うちみたいな弱小零細企業ではそんなに広告宣伝費を使えるわけもなく、自社ホームページやそしてこのブログなどできるだけ費用の掛からない媒体で宣伝活動を行っていくことになります。

まずそのホームページですが、うちの会社のホームページ、WIXという無料ホームページ作成サービスを使用して作っています。

基本、ホームページをUPするところまでは無料で利用できます。

独自ドメインを使用しようとすると有料にバージョンアップしないといけませんから、さすがに会社のホームページなので有料プランに変更していますがそれでもこんな料金です。

wix

当社のサイトはこんな感じなので少し時間をかければこの程度のホームページは自身で作れますので一度やってみてください。

以前の不動産会社のホームページといえば作成代で数十万から百万円単位、毎月の維持管理費が数万円からというのもザラでしたから、そこから比較すると経費削減は容易くできます。

次に私が手掛けたのは紙媒体の経費削減です。

チラシやDMで使う印刷物といってもうちの場合は毎月数千枚、数万枚印刷するわけではありませんからカラーコピーや白黒印刷でやっていたのですがそれでも毎月数万円かかっていました。

チラシや折込広告をしている会社さんなら1枚当たりのコストが1円変わっても10万枚で10万円変わりますから大きいですよね?

うちの場合はそこまで大量に印刷物はないのですが、それでも毎月の出費が大きいのでどうしようか悩んでいた時に見つけましたよ。

ネット印刷です。

自分でデータを作成しネット上でUPロードすることにより大幅に経費削減を計れます。

難点は文章や文字の更正を自分でしないといけない事くらいです。

誤字や脱字があればそのまま印刷されてしまいます。(笑)

でもこのネット印刷を利用することにより、1万枚A4両面カラー印刷、1枚当たり紙代込みで2円程度までコストを削減できました。

当社からのDMが届くお客様はご覧になったこともあるかもしれませんが、1枚2円で作ったものとは思えない出来栄えです。(自画自賛)

カラーチラシ

これはWordで作ったものをPDFに変換し印刷してもらっています。

illustratorでつくったものならもっときれいな印刷物が作成可能です。

小さな会社では無限に広告宣伝費はかけられませんから、少しでも節約できるものは節約し、自分でできることはできるだけ自分で行うことが必要です。

ちなみに経理も私は自分でやっています。

私が使っているのは弥生会計のソフトですが、入力自体は簡単なので誰にでもできますよ。



こんなにするのという方には1年間無料のこんなプランもあります。




次年度以降は年間8,640円かかるそうですが、サラリーマン大家さんで税理士さんと顧問契約するほどではないしなという方にはお勧めです。

自分で入力しているとキャッシュフローのことも税金のこともある程度理解できてくるので、今後も不動産投資を継続していこうという方には必須だと思います。

ちなみに初年度はこの会計ソフトだけで会社決算を行いました。

これだけで、毎月の税理士の先生の顧問料2~3万、決算料10万円程度は浮いたことになります。

小さな会社でも戦えるやり方はいくらでもあるものです。

業務に集中するために全部外注、それはそれでアリだとは思いますが、ホームページも自分でも作れるが外注した方がよりいいものが作れるから発注する、チラシも自分でも作れるがより効果を挙げるために外注する、経理も自分でも出来るが業務に集中したいから外注する、こうでなければ零細企業は成り立ちません。

よく友人の不動産屋さんと話をしていて、

『おれパソコン苦手だからアナログでいいねん。』

『写真撮るの苦手やから、反響で大手に勝てないねん。』

じゃあどうして勝負するつもりなの??

営業力でしょうか?

今の時代、営業力だけで勝負できるほどお客さまは甘くないのに・・・



大西くんは何でもできるし、いろいろ考えているよね。

こんなこともよく言われますが、そりゃそうでしょ。

考えていなければ生き残ってもいけないし、自分で何でもできないと人を雇わないと戦えません。

自分と同じスキルを持った人など雇えるわけもありませんから、同じサービスがお客さまに提供できなくなります。

それがイヤで今の会社を起業したので、このコンセプトがブレるわけにはいきません。

それなら、同じようなスキルを持っている小さな会社の経営者の方々と共同事業をしていきたい。

そう思っている今日この頃です。


来年には何かそういったプロジェクトを立ち上げれればいいなと思っています。

共感するお仲間たち集まれー♪

最近同業者と飲みに行ったらそんな話ばかりしています。

クラウドファンディングで不動産特定共同事業っていうのもありかな。


来年もまた、ワクワクする一年にしたいと思います。

お楽しみに。




お年寄りと子どもが共存する世界

私が小さい頃、家におばあちゃんがいる家庭って世間ではまだ一般的でした。

うちの家もおばあちゃんが毎日留守番していて、学校から帰ってくる私たち兄妹を迎えてくれていました。

共働きの両親の下で育った私たち兄妹が鍵っ子にならなかったのは、そんな家庭環境だったからです。
下町で育った私の実家の近くにはお年寄りがたくさん住んでいました。

illust1635


おばあちゃんの友だちが家に遊びにきたり、近所で遊んでいても声を掛けてくれたり。

そんな環境で育ったせいか今でもおばあさんを見るとほっこりしてしまいます。

最近子どもを連れて遊びに行っているとよくお年寄りの方に話しかけられます。

おばぁさんは子どもが大好きです。

子どももまたおばあさんが大好きです。
話しかけてくれるとき、みんなしゃがんで同じ目線で話しかけてくれます。

男の人ってそれができる人って結構少ないんですよね。

これが子育てを経験した女性と男性の違いでしょうか。

今の時代三世代で同居っていうのはなかなか見かけなくなりました。

家が買いやすい時代になったこと、賃貸の家賃も安くなったこと、そして家族の繋がりが希薄になっていることにも起因しますが、これだけ世帯数が増えていてもまだ住宅が余っているというのはおかしな話です。

若年層の年収は200万円時代と言われています。

それでも親や祖父母との同居ではなく独立した世帯を持ちたがります。

無理して住宅ローンを組んだ結果、自宅は競売にかけられ、自分は自己破産という方も後を絶ちません。
とてもじゃないけど年収200万円じゃ家庭も持てませんし、子どもを育てることはできません。
でも、親と同居(子どもがおばぁちゃんと同居)すれば自宅のローンの支払いからは逃れることができ、保育所に預けて毎月支払う保育料も必要なくなります。
また、独居老人の社会問題も解決できるかもしれません。

まぁ、悠々自適な老後生活を楽しんでいる方にとって、また老後も孫の面倒を見るなんてまっぴらだと言われてしまうかもしれませんが・・・

昔の、古い時代は子も孫も同居というのが当たり前のような時代でしたから、当然のことのようにそういった選択肢になったのでしょうが、今の時代いろいろな選択肢を持てるようになっています。

でもこれが、若者は都会に集まり、ご年配の方は地方部に固まり過疎化していく要因にもなってきています。

年老いていけば老人ホームに入るのが当たり前、子どもは保育所に入るのが当たり前、本当にそうなのでしょうか?

こんなことを言いながら私は自分の親とも奥さんの親とも同居しているわけではありません。

今のスタイルが正しいとも、今前述したことが正しいとも思っていません。

ただ、今の私が普通だと思っていたことが、昔は普通じゃなかったなと思い返しているところです。

私が小さいときそんな環境で育ちましたから、中学生、高校生になっても近所の人たちが目を光らせてくれていました。

『○○ちゃん、駅前で友だちとしゃべってたよ。』

『○○ちゃん、昨日女の人と歩いていたよ。』

夕食時親と喋ると、どこで見てたのと驚くほど自分の居場所がバレていました。

家族の繋がりだけでなく、近所の繋がりもあった時代の話です。

今はどうでしょう?

マンションならお隣に住んでいる人さえどんな人か分からない、そんなことありませんか?

エレベーターですれ違った小学生が何階の子どもか知らない、そんなもんじゃありませんか?

でも、自分たちが小さい頃近所のお年寄りはみんなどの子がどこの子か知ってくれていたような気がします。
これはうちの近所の話だけなんですか?

他の街で育ってないのでその辺りが少しどうなのかと・・・


ニュースを見ていると子どもの虐待とか、連れ去られたというニュースや、老人の孤独死、老人ホームでの職員による暴行・・・

昔からあったのかもしれませんが、今だから起こる事件も少なくないように思います。


お年寄りと子どもが一緒に暮らせる家創り、二世帯住宅でも三世帯住宅でもいいじゃない、極端な話をすれば親子じゃなくてもいいんじゃないとか思っています。

孤独な老人の無駄に余った部屋に子育て世帯が間借りする。

シェアハウスとして他人に貸出し、余った部屋や住宅を有効活用する。

何かできないもんでしょうか?


若い子育て世帯は待機児童問題で保育所に入所できず、また入所できても奥さんのパート代は保育料に消え手元にほとんど残らない。

かたや独り暮らしのご老人はオレオレ詐欺や還付金詐欺、リフォーム詐欺など悪い奴らに常に狙われています。

お年寄りには小さい子どもと触れ合い毎日の楽しみができ、子育て世帯には住宅費と保育料の軽減に繋がる。

こんなことを実現できれば楽しいだろうなと思いながら、独り暮らしをしている自分の親のこともそろそろきちんと考えないといけないなと思うようになりました。


子どもとお年寄りが共存する世の中、ごくごく当たり前の話のような気はするのですが、今の日本では実現できていないように思います。

子育て世帯は老人の年金や医療費をカットして保育料無償を求め、親の介護をしている世帯はもっと介護費の援助をしてほしいと望みます。

でも自分もいずれは老人になり介護が必要になるでしょう。

また、自分を育ててくれた親たちは教育費無償ではない中、自分の生活を切り詰め育ててくれていました。

そう考えると今の時代何だかおかしいなと。

うちの子どももまだ小さく、教育費無償化はとてもありがたい話ですが、それを何とか捻出しようと仕事に励んでいます。

昔の時代は旦那さんが奥さん、子ども、自分の親を養い、奥さんは子どもの世話と親の世話。

子育てが終わったらお年寄りの介護、こんな生活をずっと繰り返してきていました。

自分たちが親になった時には、親の世話は嫌だ、自分たちの稼ぎだけでは生活がままならないから、親の世代は60歳を超えても、70歳になっても働かなくてはいけません。


仕事しているから子育ても無理だから保育所に。

保育所に行かせると毎月たくさんのお金が必要だから教育費は無償にしてほしい。

うーん。

誰が悪いのでしょう?

モノに溢れ、平和な国に生まれた私たち、少しいろいろな欲が増えてしまっているような気がします。


景気がよくなり、どんどんお給料が上がり株価も上がり、物価も上がり消費も上がり、そんなことを気にしなくても財源はたっぷり有り余ってる。

こんな日本に戻らないものでしょうか。

公共事業が広がり、余っている土地や建物も国が収用し空き家問題も解決。

こんな政策を考えてくれる政治家さんいないものでしょうか?


トランプ大統領が今回日本や韓国に訪問し、何千億円の武器の購入を約束させたといいます。


日本が景気が良かった時代、輸出で外貨をたくさん稼いでいました。

海外の企業を買収し、名画を買い漁り、今同じことを外国人にされてしまっています。

日本の名門企業が外資に買収され、日本の土地や不動産は外国人にどんどん買われていき・・・


どうなるのでしょ、日本は。


そんなことを言いながらもコツコツと仕事を頑張っていくしかないので、今日も物件の仕入れのために走り回っています。

国や税金の使い道のことは政治家さんに任せるとして、私たちができることはせっせせっせと働いてコツコツと税金を納めることです。


きちんと納税をした上で文句を言わなくちゃいけませんもんね。


というわけで、今年も残りわずかとなりましたが、あと1契約でも2契約でも上積みできるように頑張りたいと思います。


みなさまのご協力もよろしくお願いいたしますね。(笑)


それでは。


人気ブログランキング

他人と違う考え方

大衆心理で計り知れないことは世の中にたくさんあります。

先日起こったアパートの部屋から9人もの死体が出てきた事件。
『何でこんなことをしたのか?』
私たちが考えても答えは導き出せません。
『お金目的?』
『性欲を満たすため?』
『人を殺すことに快感を覚えた?』
私たちが導き出す答えって多分こんなとこだと思います。
理由、動機がこのいずれか、または全てが動機だったとしても、私には理解できません。
『お金が欲しいなら、汗水垂らして働けよ。』
『性欲を満たしたいなら彼女を作れば?モテる努力をしたら?』
と思いますし、人を殺すことに快感・・・
とてもじゃないけど想像がつきません。
いずれにせよ自制心が保てなかったということなのかなとは思うのですが、日本の犯罪史に残るような事件ですから凡人の私には理解できません。

今回の事件は自殺希望の人たちを集めて起こした事件のようなので、その人たちの心の隙間に入り込んだということなのでしょうかね?
被害者の知人や友人にとっては、自分が話を聞いてあげれていればとか、何とか助けれたかもしれないのにと後悔するような事件です。
殺人事件って事件にあった被害者だけでなく、その友人、知人、家族、そして犯人の家族さえも被害者にしてしまいます。

『人に迷惑をかけるようなことをしてはダメだよ。』
『人を傷つけるようなことはしてはいけません。』
『動物にだって、虫にだって命はあるんだよ。』
小さい頃からこう教えられて育ちませんでした?
人間の命どころか動物の命だって、奪おうと思ったことなどありませんし、大概の人はそうでしょ?
こう教えらた記憶があるだけでも、踏みとどまれないものなんでしょうか?

そう思う私たちにこの事件の犯人の気持ちなど一生かかっても分かるわけなどないのかなと思ったりします。
そして、被害者の家族や友人の気持ちも・・・


この話に関連付けて考えるのもおかしい話ですが、ソフトバンクの孫社長の総資産が2兆円とか、zozotownの前澤社長の総資産が2000億円とか言われていますが、この人たちが考えていることなども想像できることがありません。
毎年100万づつ貯金しても1億円になるためには100年かかります。
普通にできることを普通にしていても叶うことのない世界です。
発想の原点も行動力も、そして自分の頭の中のイメージを形に変えていく力も凡人には持ち合わせることのできないものです。
なので、私がどんなに頑張ってもこんな成功者になり得るわけはありません。

サイコパスな考えは持っていませんから、大犯罪者になることはなさそうです。
でも大成功者になることもないのですよね・・・
他人と違う発想ができる、他人と違う観点から物事を見ることができる。
これはもちろん才能です。
でも歯車が正しい方向に向いていればという話です。
根本が違うのでしょうが、起業家ってお金儲けだけのためにやっているわけではありませんよね。
もちろん自分が考えたアイデアが形になれば大金持ちになれるかなとか、成功者になれるかなという気持ちはあるでしょう。
ただ自分が考えたアイデアや商品がみんなの役に立つとか、世の中を変えるその気持ちがきっとあるはずです。
それがあるからこそ、他人の共感を得ることもできますし、必要とされているわけですよね。
誰にも必要とされないサービスには何の値打ちもありません。
誰の役にも立たないものに対価は生じません。
犯罪でお金を得るというのは、誰にも必要とされていない、そして誰かを犠牲にするということです。
その道を選択するしか方法がなかったということが残念な話ですし、そういう選択肢を持たずに生活していくことが大切なような気がします。

今の日本は格差社会だという人もいますが、誰にもチャンスがある社会だということを忘れていませんか?
成功者の中には0から築き上げた人も多くいます。
『自分にはチャンスがなかった?』
そういう人もいますが、本当にそうなのでしょうか?
『同じような環境なら自分もそうなれた。』
そういう人はどの環境でも成功していないでしょう。
環境は自分で作るものです。
チャンスは自分で生み出すものです。
そして、誰にでも何歳からでも変えることはできます。
諦めなければ。

なので、もし自殺を考えるほど悩んでいるなら死んだつもりでもう一度頑張ってみたらダメなんでしょうか?

実は私、15年前離婚して子どもと離れ離れになり一人暮らしを始めた頃何度か自殺を考えました。
何もかも無くした感覚になり、人生の目的を失っていた時でした。
でも自殺をする勇気もなかったですし、結果お酒に溺れました。
毎日仕事から帰ったら自宅で焼酎のボトルを一人で空ける毎日でした。
でもそんな時に友人が飲みに誘ってくれ、外に連れ出してくれたたおかげで今があります。
『家で飲まん方がいいよ。一人で飲んだら病むから。飲みたい時は付き合うから、』
そこから家で飲むことをやめ、仕事に没頭しました。

それが今の私の原点です。
離婚して子どもと離れ離れになって、自暴自棄になって・・・
でも、今は幸せな再婚をし、また子宝に恵まれました。
自分で会社を興し、自分の好きな仕事をしています。
そして、生活に不便することなく日々充実しています。
今ではあの時自分で命を絶つ勇気がなくてよかったと思っています。

死ぬ勇気より、やり直す勇気の方が簡単に持つことはできます。
死んでリセット。
ゲームじゃないからリセットなんてできません。
少なくとも自分の周りの人たちはリセットすることができません。
自分に声を掛けてくれる人が一人でもいてるなら、きっとやり直すきっかけになるはずです。

先日からこのニュースを見て、どんよりした気持ちになっていたので切り替えるために書いてみました。

生きてるだけで幸せですよ。
生きている限り誰にでも未来はありますから。

でもせっかくなら、明るい未来にしましょうね。
そんな未来を少しでも手助けするため、競売にかかる前のお客様にDMを送り始めました。
やり直すことができない人は、やり直す方法を知らないだけです。
相談する相手がいないだけです。
そんな人のお役に一人でも立てたら・・・

住宅ローンの支払いに窮して自殺を考えている方がもしいればお電話くださいね。
絶対に死ななくてもやり直すお手伝いはできますので。

あー。
やっぱり書けば書くほど気持ちがダウンします。

この世の中から嫌な事件なんかなくなればいいのにね。



物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ