ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

世間の話題

不動産会社の社員が客の資産家に恐喝って・・・



こんなことがあるんだっていうニュース。
二世帯住宅を建てたいと相談に来たお客さまを『800万円用意しないと孫を誘拐するぞ』とポストに脅迫状を入れたとして不動産会社の社員が恐喝未遂で逮捕されたそうです。

お金がないところからお金を増やそうとするのはとても大変です。
借金がある状態から0の状態に戻し、そこから資産を築くのはもっと大変です。
今回の容疑者も38歳で借金があったということなので、ここで何とかしなければという気持ちがこういった行動に走らせたのでしょうか?

借金=悪いことという考えはありませんが、計画のない借金をしてしまうと人生で詰んでしまうかもしれません。
生活費のために借入れする。
遊興費のために借金をする。
これは最悪です。
若い時によくありがちな行動ですし、今の金融機関のカードローンなどはこの行動を煽る商品です。
返せるあてのない人に貸し出す、だから高い金利を取るわけでしょうが、今の世の中これだけ低金利の世の中なのに年利15%とか、どうやっても返せる金利ではありません。
普通預金の金利が年利0.01%ですよ。
その1500倍の金利です。
定期預金の金利が0.1%くらいでしょ。
その金利と比べても150倍。
アパートローンを借りる場合でも高い人で4%前後です。
その金利と比べても4倍以上。
つまり借りたらダメ。
借りたら終わりという金利です。
私はこのブログでよくお話していることですが、4%の金利でしか借りれないなら不動産は購入してはダメ。
その金利でしか調達できない方は足を踏み入れてはいけない世界です。
だって、1%前後で資金調達できる人がいる状態で4%前後でしか資金調達できなければその差だけで年間3%の差が生まれます。
一億なら年間300万円。
若いサラリーマンの年収です。
物件一つで人一人雇えるほど不動産投資って儲かると思っていますか?
仮にそれだけ儲かったとしても±0です。
融資を受けて物件を購入する場合、大事なことはどれだけ利回りが回っているかどうかではなく、どのくらいの金利で資金調達できるかです。
逆に現金をたくさん持っている方なら利息の支払いもありませんので年利5%以上の収支を得るのは容易くなります。
つまり、持っているものは強く、持たざるものは弱い、弱肉強食の世界です。
その世界で勝ち抜くには最初にそこそこの自己資金を用意している方が圧倒的優位に立ちます。
かといって、カードローンとかを利用して無理くり現金を作っても全く意味はありませんのでご注意を。

日本はアメリカと違ってノンリコースローンではありません。
一つの失敗がすべての資産に及びます。
だから属性の高いお客さまにはどんどんアパートローンで貸し出し、属性の弱いお客さまにはカードローンで金利を荒稼ぎします。
これもそれも全て金融機関の営利目的だということを忘れてはいけません。
融資を利用するならその仕組みをきちんと理解し、有効利用しなければいけません。
銀行は晴れてる日にしか傘を貸しません。
ならば、自分の周りは晴れているように見てもらわなければなりません。
お金のあるところに貸し、お金に困っている人にはお金を貸しません。
ならば、お金があることを見せなければなりません。
物件を一気にたくさん所有しようとすればそれなりに自己資金はショートしていきます。
フルローンやフルローンに近い金額を融資受けれるなら多少金利が上がってもいいや、こう思う気持ちは分かります。
でも借入額が増えてくるとたった0.1%の金利の差が年間で何百万円の差になって現れてくるということを覚えておいてください。
0.1%でそれだけの差ですから、カードローンの15%や、クレジットカードのキャッシング、リボ払いも同じですよ。
資産を増やそうとする人がそのくらいの計算はできないと、たとえ不動産を所有したところで結果は目に見えて分かります。
不動産投資を志している方はくれぐれもカードローンとリボ払いは利用しないようにしてくださいね。

というお話でした。

それでは。

ご相談料、セミナー参加費のお支払いが楽になりました

この度、ご相談料、セミナー参加費などのお支払いが簡単にできるようPayPal(ペイパルを導入しました。

今まで遠方の方からの電話でのご相談などは事前にご相談料をお振込みいただいていたため、銀行振込など時間も手間もかかる作業をお願いしていました。

それを何とか改善できないかと考えていましたが、ペイパルという便利なサービスがあったので利用することになりました。

これにより、スピーディーに決済処理ができるようになり、ご相談の即時対応が可能になりましたのでお知らせいたします。

多少の手数料は必要ですが、決済機能を兼ね備えるということは他地域のお客様を取り入れるためには必須ですよね。



その他のオプション

最近海外居住のお客様と不動産取引のご依頼を受けるケースが増えました。

当然このブログが英語で配信しているわけでも、中国語で配信しているわけでもありませんのでお客様は日本人の方です。

海外でたまたまこのブログを見ていただきご相談いただいているのですが、海外の銀行から日本の銀行に振込するのは簡単ではありません。

決済金などの高額の振込の場合はお手間がかかっても銀行からのご送金をいただかなくてはいけないのですが、今回のような相談料や物件の調査費用など少額のお振込みに関してはペイパルを通じてカード決済で行えるようになりましたので、お気軽にご相談いただければと思います。

合法民泊物件の決済機能の一つとして準備していたペイパルですが、違った形で有効活用できそうです。

相談料は1時間5,000円。

以後30分毎に2,500円のご相談料追加で不動産に関するあらゆるご相談に乗らせていただきます。

ただし、税務の相談、法律のご相談は有資格者ではありませんので一般的なお話しかできませんのでご了承ください。

詳しくはホームページをご覧ください。






自分が生きてきた軌跡って死んだときに分かるのかも

先日小林麻央さんが亡くなりました。

まだ34歳だったので、世間では惜しまれる声が続々と寄せられています。
その中で『天使のような人だった。』
観音様のような人。』
こういうコメントも寄せられているようですが、他人に『天使』のような、『観音様』のようなと言わせる人間性って凄いな、素晴らしいなと感じます。

『いい人だったよ。』
『優しい人だったよ。』
『親切な人だったよ。』
こう言われることはあるかもしれませんが、『天使』ですからね。

美貌だけでなく、人を思いやる気持ちとか、周りに与えることが多かった人なのでしょうね。

ギブアンドテイクという言葉はあまり好きではありませんが、このくらいはこっちがやったから最低このくらいは返してよ。
人間性が小さい私はついついこう思ってしまいます。
でもそんなこと思っているやつは決して『天使のような人』と言われることはないでしょうね。

私のいる業界では情報だけ欲しがる人たちがたくさんいます。
情報だけでも商売につながりますから欲しがるのは当然ですが、情報提供したいと相手に思わせる相手じゃなければ上から下に当たり前のように水が流れ落ちるように情報は落ちてはきません。
ギブアンドテイクすらできない人が多いのですよね。
なので、このギブアンドテイクができているだけで、何かいい人なような気がするこの業界から考えるとまさに天使であり、神です。

人に何かを与え続けることができる人って俗物を超越していないとなれないような気がします。

私も精神状態が極めて健やかなときには、『誰かに何かを与えたい。』と考えることができます。
私の場合は、知識であり経験に培った経験談や情報であったりなので、社会貢献とはほど遠いものであったりします。

それでも少し仕事がうまくいってないときや、私生活で少しストレスを感じているときには『何で他人にいろいろ教えてあげなきゃダメなの?』
と悪魔の顔が覗きます。

こんな調子なら自分が死んだときに
『天使のような人』
とか
『観音様のような人』
どころか
『とてもいい人』
こう思ってもらえることさえ困難なような気がします。

今回のこの悲報を受けて改めて感じたこと。
それは
『自分が死んだときに少しでも多くの方に悲しいともらえるような人生を全うしよう。』
です。

今までも、そしてこれからも多くの方に出会うでしょう。
そして不動産という仕事に関わっている以上、少なからずその関わった人たちの人生に大きな影響を及ぼすものと思っています。
私と関わったことで人生が楽しいものになったとか、子どもたちに計画通り資産を残してあげることができたとか、そんな話を棺桶の中で聞ければうれしいですね。

そうなるために今日も頑張って働いています。
そして明日も来月も来年も。

株式会社ライフコンサルティングは、みなさまのお役に立てるため日々研鑽していきます。
こう誓った最近の出来事でした。
小林麻央さんのご冥福をお祈り申し上げます。


物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
Amazon
  • ライブドアブログ