ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

人生訓

子どもの成長と老化現象

今うちの2人の娘は3歳半ともうすぐ1歳になります。

小さい頃の子どもの成長するスピードは速くて自分の感覚がたまについていけないことがあります。

母親と同じ口癖、しぐさを見せる3歳の娘、自分が母親に怒られたセリフをそっくりそのまま私に投げかけてきます。


『あっ、これ今日のお昼間に怒られたやつだな。』

すぐにピーンときます。

ただただ寝っ転がっていただけの下の娘も猛スピードで成長しています。

毎日私が仕事から帰宅すると、まず上の娘が

『あっ。パパ帰ってきた。おかえりー。』

と玄関まで走って迎えに来てくれます。

最近は下の娘も超ハイスピードのハイハイで玄関まできて、お出迎えしてくれます。

この2人の行動を見ているだけで一日の仕事の疲れが吹っ飛びます。

先日TVで若年性認知症を取り上げていました。

40代で若年性認知症にかかった方は、その症状と向き合いながら仕事に就いています。

毎日の通勤コースが覚えられず、奥さんが手作りしたファイルを手に会社に向かいます。

仕事をしていても脳が疲れるので休憩が必要になります。

これって幼少期の子どもの行動と全く同じじゃないのかなと思ってTVを見ていました。

子どもは一緒に遊びに行っても目を離すとすぐにはぐれます。

自分がどっちから来たのか、またどっちに向かっていたのか見失います。

遊び疲れてお昼寝をします。

昨日あった出来事も忘れ、毎日新鮮なことと日々向き合っています。

昨日怒られたことも、『パパきらいっ』って言ったことも忘れています。

毎日同じことで怒られます。

毎日同じことで遊びます。

同じ遊びを繰り返しても喜んでくれます。

テーマパークにわざわざ行かなくても、近所の公園で一緒に遊んでいるだけで喜びます。

誰かを恨んだり、誰かを憎んだり、誰かを騙そうと思ったり、贅沢をしたいと思ったり、おいしいものを食べたいと思ったりそんなもありません。

いろんなことを覚えたり、何でも自分でできるようになったりする代わりに、そんな純粋無垢な心は失われていきます。

歳を取るというのは、逆に子ども、幼少期に戻っていっているような気もします。

何か一つのものに固執したり、目的もなく徘徊したり。

小さい子どもは親の顔が見えなくなると、必死で親を探します。

家にいないと、外に探しに出ます。

それと同じなのでしょうか?

認知症の介護をしたことのない私がそんな話を語るのもおかしな話ですが、うちの母親ももういい歳なのでついそんなことも考えてしまいます。

超高齢化社会に今の日本は向かって行っています。

親が子育てだけをしていればよかった時代は終わりました。

親が自分の子どもを育て、自分の親を最期まで看取る時代になりました。

奥さんはダブルの負担になり、旦那さんは3世代を養う力が必要になってきています。

でも、今まで自分がしてきてもらったことのお返しですし、今後自分がしてもらわなければいけなくなることの前倒しです。

人生因果応報ですよね。

良いことも悪いことも、自分の人生で返ってくる。

自分のやったことだけ結果が付いてくる。

そう思うと、今の苦労やこれからの苦労も乗り越えていけそうです。


男親にとっては、子育てって大変なことではなく、ただただ幸せなことだけですが、その分子どもが大きくなれば

『パパきらいー。』

とか

『パパくさいー。』

とか言われちゃうんですよね。

三つ子の魂百まで

と言いますが、今のこの幼少期に人格形成、性格が出来上がってしまうと言われています。

なので今は精一杯頑張って

『パパ大好き』

という感情を植え付けてしまおうと考えています。(笑)

大人になってから、何か分からないけどお父さん好きだわ。

こう言ってもらうために。(笑)

IMG_8706

ちなみにこの写真はうちの下の娘です。

笑顔だけは超一級品です。

この笑顔を失わなければ人生きっといいものにできるはずです。

私も毎日娘の素敵な笑顔を引き出せるように、そして自分自身も毎日素敵な笑顔でいられるよう、あと20年頑張って働きたいと思います。

本音は早くリタイアして南の島に永住したいのですが、しばらく無理そうなので。。。(笑)

※最近不動産事のネタに困っています。なのでこんな感じのブログが多くなってしまい申し訳ございません・・・
頑張ってもっとみなさんに興味ある記事をネタにしていきますね。

お年寄りと子どもが共存する世界

私が小さい頃、家におばあちゃんがいる家庭って世間ではまだ一般的でした。

うちの家もおばあちゃんが毎日留守番していて、学校から帰ってくる私たち兄妹を迎えてくれていました。

共働きの両親の下で育った私たち兄妹が鍵っ子にならなかったのは、そんな家庭環境だったからです。
下町で育った私の実家の近くにはお年寄りがたくさん住んでいました。

illust1635


おばあちゃんの友だちが家に遊びにきたり、近所で遊んでいても声を掛けてくれたり。

そんな環境で育ったせいか今でもおばあさんを見るとほっこりしてしまいます。

最近子どもを連れて遊びに行っているとよくお年寄りの方に話しかけられます。

おばぁさんは子どもが大好きです。

子どももまたおばあさんが大好きです。
話しかけてくれるとき、みんなしゃがんで同じ目線で話しかけてくれます。

男の人ってそれができる人って結構少ないんですよね。

これが子育てを経験した女性と男性の違いでしょうか。

今の時代三世代で同居っていうのはなかなか見かけなくなりました。

家が買いやすい時代になったこと、賃貸の家賃も安くなったこと、そして家族の繋がりが希薄になっていることにも起因しますが、これだけ世帯数が増えていてもまだ住宅が余っているというのはおかしな話です。

若年層の年収は200万円時代と言われています。

それでも親や祖父母との同居ではなく独立した世帯を持ちたがります。

無理して住宅ローンを組んだ結果、自宅は競売にかけられ、自分は自己破産という方も後を絶ちません。
とてもじゃないけど年収200万円じゃ家庭も持てませんし、子どもを育てることはできません。
でも、親と同居(子どもがおばぁちゃんと同居)すれば自宅のローンの支払いからは逃れることができ、保育所に預けて毎月支払う保育料も必要なくなります。
また、独居老人の社会問題も解決できるかもしれません。

まぁ、悠々自適な老後生活を楽しんでいる方にとって、また老後も孫の面倒を見るなんてまっぴらだと言われてしまうかもしれませんが・・・

昔の、古い時代は子も孫も同居というのが当たり前のような時代でしたから、当然のことのようにそういった選択肢になったのでしょうが、今の時代いろいろな選択肢を持てるようになっています。

でもこれが、若者は都会に集まり、ご年配の方は地方部に固まり過疎化していく要因にもなってきています。

年老いていけば老人ホームに入るのが当たり前、子どもは保育所に入るのが当たり前、本当にそうなのでしょうか?

こんなことを言いながら私は自分の親とも奥さんの親とも同居しているわけではありません。

今のスタイルが正しいとも、今前述したことが正しいとも思っていません。

ただ、今の私が普通だと思っていたことが、昔は普通じゃなかったなと思い返しているところです。

私が小さいときそんな環境で育ちましたから、中学生、高校生になっても近所の人たちが目を光らせてくれていました。

『○○ちゃん、駅前で友だちとしゃべってたよ。』

『○○ちゃん、昨日女の人と歩いていたよ。』

夕食時親と喋ると、どこで見てたのと驚くほど自分の居場所がバレていました。

家族の繋がりだけでなく、近所の繋がりもあった時代の話です。

今はどうでしょう?

マンションならお隣に住んでいる人さえどんな人か分からない、そんなことありませんか?

エレベーターですれ違った小学生が何階の子どもか知らない、そんなもんじゃありませんか?

でも、自分たちが小さい頃近所のお年寄りはみんなどの子がどこの子か知ってくれていたような気がします。
これはうちの近所の話だけなんですか?

他の街で育ってないのでその辺りが少しどうなのかと・・・


ニュースを見ていると子どもの虐待とか、連れ去られたというニュースや、老人の孤独死、老人ホームでの職員による暴行・・・

昔からあったのかもしれませんが、今だから起こる事件も少なくないように思います。


お年寄りと子どもが一緒に暮らせる家創り、二世帯住宅でも三世帯住宅でもいいじゃない、極端な話をすれば親子じゃなくてもいいんじゃないとか思っています。

孤独な老人の無駄に余った部屋に子育て世帯が間借りする。

シェアハウスとして他人に貸出し、余った部屋や住宅を有効活用する。

何かできないもんでしょうか?


若い子育て世帯は待機児童問題で保育所に入所できず、また入所できても奥さんのパート代は保育料に消え手元にほとんど残らない。

かたや独り暮らしのご老人はオレオレ詐欺や還付金詐欺、リフォーム詐欺など悪い奴らに常に狙われています。

お年寄りには小さい子どもと触れ合い毎日の楽しみができ、子育て世帯には住宅費と保育料の軽減に繋がる。

こんなことを実現できれば楽しいだろうなと思いながら、独り暮らしをしている自分の親のこともそろそろきちんと考えないといけないなと思うようになりました。


子どもとお年寄りが共存する世の中、ごくごく当たり前の話のような気はするのですが、今の日本では実現できていないように思います。

子育て世帯は老人の年金や医療費をカットして保育料無償を求め、親の介護をしている世帯はもっと介護費の援助をしてほしいと望みます。

でも自分もいずれは老人になり介護が必要になるでしょう。

また、自分を育ててくれた親たちは教育費無償ではない中、自分の生活を切り詰め育ててくれていました。

そう考えると今の時代何だかおかしいなと。

うちの子どももまだ小さく、教育費無償化はとてもありがたい話ですが、それを何とか捻出しようと仕事に励んでいます。

昔の時代は旦那さんが奥さん、子ども、自分の親を養い、奥さんは子どもの世話と親の世話。

子育てが終わったらお年寄りの介護、こんな生活をずっと繰り返してきていました。

自分たちが親になった時には、親の世話は嫌だ、自分たちの稼ぎだけでは生活がままならないから、親の世代は60歳を超えても、70歳になっても働かなくてはいけません。


仕事しているから子育ても無理だから保育所に。

保育所に行かせると毎月たくさんのお金が必要だから教育費は無償にしてほしい。

うーん。

誰が悪いのでしょう?

モノに溢れ、平和な国に生まれた私たち、少しいろいろな欲が増えてしまっているような気がします。


景気がよくなり、どんどんお給料が上がり株価も上がり、物価も上がり消費も上がり、そんなことを気にしなくても財源はたっぷり有り余ってる。

こんな日本に戻らないものでしょうか。

公共事業が広がり、余っている土地や建物も国が収用し空き家問題も解決。

こんな政策を考えてくれる政治家さんいないものでしょうか?


トランプ大統領が今回日本や韓国に訪問し、何千億円の武器の購入を約束させたといいます。


日本が景気が良かった時代、輸出で外貨をたくさん稼いでいました。

海外の企業を買収し、名画を買い漁り、今同じことを外国人にされてしまっています。

日本の名門企業が外資に買収され、日本の土地や不動産は外国人にどんどん買われていき・・・


どうなるのでしょ、日本は。


そんなことを言いながらもコツコツと仕事を頑張っていくしかないので、今日も物件の仕入れのために走り回っています。

国や税金の使い道のことは政治家さんに任せるとして、私たちができることはせっせせっせと働いてコツコツと税金を納めることです。


きちんと納税をした上で文句を言わなくちゃいけませんもんね。


というわけで、今年も残りわずかとなりましたが、あと1契約でも2契約でも上積みできるように頑張りたいと思います。


みなさまのご協力もよろしくお願いいたしますね。(笑)


それでは。


人気ブログランキング

時間の流れが早い『ジャネーの法則』

年々時が経つのが早くなっています。

あっという間に一年。
あっという間に1ヶ月。
あっという間に1週間が過ぎ去ります。
こないだ見たばっかりのドラマがまた今日もやっていたり。

izu15


今は日曜日を定休日にしていますが、それ以外も定期的に休日を取ったりしています。
ただその曜日は不定なので、曜日を気にしているのは自分の休みの日曜日と、物件確認で電話をするので業者さんが休んでいる水曜日が主になっています。
そうなると
『あっ。もう日曜日だ。』
とか
『あー。今日水曜日だった・・・』
となるわけです。

生まれたばっかりだと思っていた下の女の子がもう10ヶ月。
上の女の子はもう3歳4ヶ月。
その分時は流れているということなんです。
私に残された時間はあとどのくらいあるのでしょう?
もう折り返し地点を超えていることは明らかですが、あと20年はあるのでしょうか?
そう考えるとより一層時間が足りないことを痛感します。
時間が早く感じるのは忙しい時と充実している時。
時間が長く感じるのは暇な時と、退屈な時。
そう考えると充実して忙しい時を過ごしているのかなと感じることができます。
でも本当にそうなのでしょうか?
昔あるテレビでこんなことを言っていました。
『同じ時間でも歳を取ると時間の流れが早くなる。』
『50歳の時の1年間は人生の中の50分の1に感じる。』
ちなみに5歳の時の1年間は人生の中の1/5に感じるそうです。
この感覚確かにそうだなと思うようになっていまして、少し調べてみました。
するとこれはジャネーの法則というそうで、19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネが発案し、心理学者ピエール・ジャネ(甥っ子だそうです)が自分の著書で紹介した法則だそうです。
生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する。
こういうことなんだそうですが、今私は47歳です。
今年一年の長さは人生の1/47に感じたということなので、何となく感覚的に同意してしまいます。
去年よりも一昨年よりも早く感じます。
それがこういった法則に当てはまっているとしたらある意味納得です。
でもここ2、3年私にとっては大きな変化があった時間です。
子どもも生まれ、新会社を設立し、新しいことにチャレンジしています。
そう振り返るとこの3年は
1/45+1/46+1/47ではなく、人生の中の1/3くらいのウェイトを占めるくらいの重要な3年間でした。
でもあっという間という感覚は先ほどの数字の通りです。
時間がいくらあっても足りない。
こう痛感し続けています。
しかも、これが年々早くなるということなので、時間はより大切にしないとダメですよね。

仕事もどんどんこなしていきたい。
でも、家族との時間も大切にしたい。
できれば友人と過ごす時間も大切にしたい。
『うーん。多分全部は無理なんでしょう。』
子どもの頃でさえ、遊ぶだけで時間は足りませんでしたもんね・・・

仕事ができる男は時間の使い方がうまい。
よく聞く言葉です。

私は自分では限られた時間を有効的に使ってはいるつもりですが、時間の使い方がうまい方ではありません。
みなさんは上手に時間を使いこなせていますか?

残された時間はどんどん短くなりますよ。
そして目的に達成することができていなければ、どんどん焦っていくことになります。
若いうちにもっとやっておけば。
若いうちから取り組んでいたら。
よく聞くセリフです。
そうならないためには、とりあえず一歩踏み込んで歩き出してみる。
これが大切です。
やってダメなら後戻りすればいいんです。
後戻りできるタイミングで新しいことにチャレンジするのです。
私が今の会社を始めるときに思ったことは、
『50歳になればもうチャレンジする意欲を失いそうだ。ならば、最後の挑戦として40代のうちにもう一度頑張ってみよう。』
今思うと、2年半前そう決意できたことが良かったのかなと。

これが10年後も20年後も言えるように、これからも新しい未来を創っていきたいと思います。

不動産投資に関することしかご相談には乗れませんが、それでもよければお気軽にお声掛けくださいませ。

みなさんの未来を少しでも明るく照らせるようにお手伝いさせていただきます。


物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ