ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

人生訓

最近の若いものはって言ってはいけない言葉

『最近の若いものは・・・』

この後に続く言葉で思いつくのは『ダメ』とか『やる気がない』とかネガティブな言葉が多いのではないでしょうか?

この最近の若いものはというセリフ、今に始まった話ではないですよね?
私たちが若い時と先輩たちに言われてきた言葉です。
私たちにそう言っていた先輩たちもその先輩たちに言われてきたセリフではなかったでしょうか?

新しい時代を作ってきたのは、常に若者です。
既成概念に捉われない若者の斬新な発想があったからこそ、新しい文化、新しい歴史が作られていったものだと考えています。

逆に最近の若者の意見を重要視しない年長者の方がタチが悪いかもしれません。
それは既得権益を守りたいからであり、自らの保身を考えての発言かもしれません。
もちろん自分だけでなく、家族や同僚を守るため保守的な考えになっていることもあるでしょう。

でももう今の日本は既得権益にしがみついて生き残れるほど甘い社会ではなくなっているかもしれません。
小学生、中学生のなりたい職業ランキングにユーチューバーがランク入りする時代です。
パソコン一つ、スマホ一つで起業しようと思えばできる時代です。

そんな時代に取り残されているのは、社会にしがみついている年長者かもしれません。
うちの2歳半の娘が毎日私の携帯電話を奪い取ってYouTubeを見ています。
これはこれで親としてどうなのという意見も出そうですが、ともかくテレビと違いいつでもどこでも簡単に自分のみたいチャンネル、番組が見れるというのがYouTubeです。
これに限らず、ネット社会になった今では自分の欲しいものがあればamazonや楽天で簡単に手に入ります。
また、自分が調べたいこと。
料理のレシピや、言葉の意味、飲食店の評判、気になるアーティストの情報などもネットですぐに手に入ります。

つまり自宅にいながら、どんなものもどんな情報も手に入るということです。
先日メルカリで領収書や現金も買える。
これはどうなのというニュースがありましたが、逆にスマホやPCで手に入れれないものの方が少なくなっています。
そんな時代なのですよね。

これはもうあなたたちが知っていた時代ではなくなっているのです。
自分が分からない時代のことをより多く知っているのは若者です。

その若者の意見を尊重できない人が、これからの社会で生き残っていけるわけがありません。
『昔はよかった。』
『おれらの時代はこうだった。』
これはもう死語にしなければいけません。

それにしても子どもの成長ってすごい早いですよね。
恐ろしいスピードで進化します。
昨日まで出来なかったことが、今日出来るようになり、新しい歌や新しい言葉をどんどん覚えていきます。
未来を作っていくのは若者たちです。

でもかといって、年長者を軽んじた扱いをしたり、老人を敬わないということには賛同できません。
自分が歩んできた道を先に歩んできた先人に対して敬意を示すべきです。
老人と若者がうまく融合できればそれが一番理想的な形です。
野球でいうと、今の阪神タイガースですよね。
絶好調です。
去年の広島カープも同様でした。
ベテランと若手がうまく融合したチームがペナントレースを制します。

これ以上書くと完全に野球の話になっちゃうのでこの辺にしておいて。(笑)

不動産業界でも、若者だけをターゲットにしている賃貸業、高齢者だけをターゲットにしている相続ビジネス。
どこかにターゲットを絞り込むのはビジネスとしてとても有効的な手段です。
でもその代わり何かをないがしろにしてしまえば、そのしっぺ返しは必ずやってきます。

若者だけでなく高齢者もターゲットにした賃貸住宅作り。
被相続人の相続税を軽減するためだけの相続対策ではなく、相続人のこれからの生活、資産形成のための相続対策。
こういうことが大切になってきますよね。

私は若者と高齢者のちょうど中間の年齢になってしまいました。
だからこそ、若者の発想と年配者の経験、知識を併せ持ち両方の立場からアドバイスできるようにならねばいけないのかなと思っています。

最近の若いものはとか、おっさんは頭固いからなーとか言われないように。

人生のやり直しスイッチがあったら押しますか?

『カルテット』というドラマが放映されています。

松たか子、満島ひかり、松田龍平さんなどが出演しているドラマです。

名称未設定-1


毎週観ているうちにだんだんと惹かれて、今は一番楽しみにしているドラマになっています。

その中でこんなセリフが

『人生のやり直しスイッチがあったら押しますか?』

もしあなたならどうしますか?

もう一度やり直せるスイッチがあったとしたら?

絶対に押さないと思っている人と、押したいなと思っている人に分かれますよね。

これは性格の問題ではなく、今自分の置かれている状況によっても異なってくると思います。

少しネガティブな精神状態だと、今の自分を打ち消したくなりボタンを押したくなります。

今の自分に満足していればボタンは押したくはなくなります。

人生のこの部分だけやり直せるとか、他の状況はそのままでもう一回チャンスがもらえるというなら別なんでしょうが、今までの人生の選択肢で他の選択を選んでいたら今の自分が全く存在しないということになればどこまで遡ってもやり直しスイッチを押すことはないかな。

これが私の選択です。

今の自分は過去の自分の積み重ねです。

良いことも悪いことも全て。

私の事を良く思っていない人たちもいるのは確かですし、逆に私の事を好いてくれている人がいるのも事実です。

それをリセットするなんてもったいない。

『人の上に立つには清濁併せ持たないといけない。』

以前こう言われたことがありました。

そう思い、ずっと心掛けていました。

いいことばかりではなく、悪いことも受け入れなくてはいけないよという意味ですが、改めて調べてみると

『清濁併せ持つ』ではなく『清濁併せ呑む』でした。(笑)

いいことも悪いこともすべて受け入れて懐広く受け入れなさいということですね。

うちは子どもがまだ小さくギャーギャー泣き叫びます。

駄々をこねて言うことを聞かないこともしばしばあります。

でも、可愛さ、愛おしさが勝るのです。

可愛さ、愛おしさが勝っているから我慢できるだけなので、これがそうでなかったらと・・・

人って心が病んでいるときは、イヤなことばかりに目が行きます。

余裕ができると他人の良い面も見れるようになります。

でも、それではダメなんですよね。

余裕を持って生活を送ることが重要です。

お金の面でも仕事の面でも。

今、一生懸命仕事をしようとしすぎていて時間に余裕がなくなってしまっていることに気付きました。

家族と向き合う時間を大切にするために始めた今の会社のはずなのに、本末転倒です。

仕事の依頼が増え、やるべきことが増えたのは大変ありがたい話です。

でもね・・・

ということで、精神的余裕を生み出すために5月に休暇を取ることにしました。

バカンスです。

まだ行先は決めていませんが、GW明けに旅行に行ってきます。

下の子がまだ小さいのであまり遠くには行けませんが。

久々に旅行に行くと決めたらなんだか楽しくなってきました。(笑)

ご褒美って大切ですよね。

人生のやり直しボタンは一生押しません。

その代わり、人生をより良いものに更新していきます。

さあ、47歳になった今年もいい年にしますか。




子は親の鏡

『子は親の鏡』
と言います。

いいことも悪いことも親の姿を見て育ちます。
自分の子どもが
『行儀の悪い子』
『口の悪い子』
『暴力的な子』
『落ち着きのない子』
とかでも決して悲観してはいけません。

たぶん自分も同じなんです。
今の自分と同じかもしれませんし、幼少期の自分と同じかもしれません。

昨日うちの2歳半の女の子に怒られました。
『ダメでしょ。ネンネしてるからダメ。あっち行って』
寝ていた生後1ヶ月の娘に近づいた時のことです。
怒り方も仕草も喋り口調もママそっくりです。
あまりに似ていて笑ってしまったくらいです。
起こっている時の眉間のシワまでも。

自分が母親に怒られた時と同じことをここぞとばかりに私にぶつけてきたのだと思います。(笑)

よく見ていますね。
小さい子どもにとっては、私たち親が唯一無二の見本です。
立っちするのも歩くのも言葉を覚えるのも。
悪戯したり友だちにいけずしたり、友だちにおもちゃを貸してあげたりやさしくしていたり。

うちの2歳半の娘は毎日姿鏡で服装と髪型をチェックします。
おもちゃのドライヤーで髪の毛を乾かす真似をします。
これもママの真似です。
お外に出かける時には赤ちゃんの人形をおもちゃのベビーカーに乗せて出かけます。
抱っこ紐で赤ちゃんの人形をあやしている時もあります。
よく喋りよく笑うのもママ譲りなのでしょう。

世間では幼児虐待のニュースが絶えません。
もちろん自分に余裕のない時は子どもの行動にイライラすることもあります。
言うこと聞かなくて怒ってしまうこともあります。
食べ物をこぼしたり迷子になって怒ってしまうこともあります。
でも多分自分も同じように母親に迷惑をかけていたでしょうし、もっと言うことを聞かない子どもだったかもしれません。

虐待する親って自分も虐待されていたから子どもにも同じことをしてしまうのでしょうか?
それとも自分は甘く育てられて、そのことに気づかず育ったため虐待してしまうのでしょうか?
殺人者の気持ちが分からない、犯罪者の気持ちが分からないのと同じで、虐待する気持ちが分からない私が語るのは間違えているのかもしれません。

でも自分がされたから他人に同じことをすることは人としてどうなんでしょう。
自分がされた嫌なことを他人に同じようにしてしまうことが、その時に抱いた自分の嫌悪感すら否定することになることに気づかないのでしょうか?

自分が甘やかされて育ったことに感謝することすらできなかった自分に嫌悪感を抱かないのでしょうか?

何か悲しいですよね。

私にはそういったことを感じさせてくれる家族がいて、気づかせてくれる友人がいました。
恵まれていたのでしょうね。

自分の親って自分に対して無償の愛をくれる唯一無二の存在です。
その親にすら愛してもらえなかった子どもの気持ちは計り知れない絶望感だと思います。

自分の子どもにすら愛情を注げない人間が、他人に愛されたいと思うことは罪ではないのですか?

何か宗教的?哲学的?
になってきましたね・・

あらためて
思うようにならないからこそ人生って面白いのではないでしょうかね?
何もかも自分の思うように人生が動いてしまうと、それはクリアしたゲームを何回も何回も繰り返すのと同じで。
何度も読み終わった漫画を毎日読み続けるのと同じで。
面白くなくないですか?
子どもって自分の思うようにならなくて当たり前。
自分の真似をしてくる自分の子どもが愛らしく感じないのでしょうかね。

悪態をつくのも集中力が散漫なのも、テレビにかじりついて見ているのも、ゲームばっかりして勉強しないのも、ひょっとして自分のせいかもしれません。
自分が家の中で携帯ばっかりいじってるとゲームばっかりしている子どもに成長したり、家庭でお母さんがお父さんの悪口ばっかり言っていると子どももお父さんのことを好きになれないでしょうし、
『パパ嫌い』
って言われちゃいます。

『子どもに自分の背中を見せて生きていく。』
すごく大切なことです。
愛情に溢れた家庭に育った子は愛情に溢れた子どもに成長します。
規則正しい生活を送る家庭に生まれた子は規則正しい生活を送れる子どもに成長します。
悪口を言わない家庭に育った子は他人の悪口を言わない子どもに育ちます。

子どもの将来を左右するのはいつもそばに居てるお母さん、お父さんです。

この歳になってやっと。
母親に感謝します。
今更ながら僕に無償の愛をくれていたことを感じ取れています。
でも恥ずかしくてそんなことは母親に言うことはないでしょうが。(笑)

父親は自分に生き方というものを示してくれました。
今でも自分が死ぬまでに父親を超えたいと思って頑張っています。

こんな愛情を与えてくれていた両親に感謝するとともに、自分が自分の両親のように子どもたちに道を示してあげれる生き方をしたいなとあらためて思いました。

死ぬまでにできるかな?

まだあと20年くらいは死なないだろうからそれまでにはできるかな?

自分の死に際を考えるようになったということはもういいおっさんですね。

いつまでもまだ若いと思っていた自分がもうすぐ48歳です。

あと20年なのか30年なのか、はたまた10年なのか分かりませんが、自分が死んだときに子どもに泣いてもらえるような人生でありたいですよね。
自分の友人や知り合いに泣いてもらえるような人生を全うしたいですよね。

男は生き様ではなく死に様です。

自分が死んだ時に流してもらった涙の数が自分の人生の履歴書です。

かっこいい履歴書で終わりたいですよね。

今までの人生、たくさんのことを勉強させてもらいました。
人から何かを学ぶだけの人生でした。
折り返した自分の人生、これからは誰かに何かを与えれるような人生にできればいいなと思います。

さぁもう一度ギアを入れ替えて頑張りますか。


人気ブログランキングへ
物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
Amazon
  • ライブドアブログ