ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

人生訓

知識のインプットとアウトプット

知識っていくら学んでも使わないと何の意味も持ちません。
学校で習ったことって全て覚えていますか?

最近テレビでクイズ番組をたくさんやっていますが、
『あれ?これ、何か聞いたことある。何だっけ?』
こんな経験ありませんか?

『絶対習ってるんだけどな。』
なぜ覚えてないかと言うと、しばらくその話題もしてないし、そもそも誰かとその話をする機会がないからです。

中学の時に習った英語の単語が肝心な時に出てこないのも、英会話のフレーズが思い出せないのも同じ理由です。

いくら知識を詰め込んでもアウトプットしないと知識は身につきません。

514780


学校の先生がなぜ自分が教えている教科の質問にいつもスラスラ答えれるか?

毎日毎日、毎年毎年同じ内容のことを繰り返し教えているからです。

もちろん授業の内容は年々進化するでしょうし、その時代時代にあった教え方、生徒にあった教え方には変わるでしょうがその道のプロフェッショナルです。

質問の内容も、聞かれている内容にも長けていますし、毎日アウトプットしていますから自然に知識が身に付いていきます。

身に付くというのは、新しく覚えるという意味ではなく身体に染み付くという表現の方が正しいかもしれません。

知識を学ぶことはインプットするということです。
でも知識はインプットするだけでは役には立ちません。

みなさんも受験勉強をするときに、英単語を口に出して何度も何度も復唱しませんでしたか?

掛け算、九九も繰り返し繰り返し何度も復唱して覚えませんでしたか?

自分が学んだことを頭に、身体に染み込ませるには自分の口から発信することが必要です。

それは一人でいるときに繰り返してもいいのですが、より身体に浸透させるには他人に話をすること、これが一番です。

自分が話をすることで、聞いている人がどんな反応をするか、またどんな質問が返ってくるか、それに対応することにより知識はより進化します。

教えられたことって、教えられたこと以上には知ることができません。

自分が疑問に思ったことは教えてくれた人に質問すると聞くことはできます。
でも自分が思いつかなかった疑問は解決することができません。

でもアウトプットすることにより、新たな疑問が生まれ、更なる知識へと進化します。

私がこのブログで書いているように、セミナーでみなさんの前でお話しするようにアウトプットしていけば知識の幅はどんどん広がっていきます。

新しいことを学ぶ際、人生で聞いたことのなかった言葉、単語を耳にすることがあります。

そういう言葉は何度も何度も口に出さないと覚えることができません。

その日は覚えていても2、3日経ったら
『あれ?何だっけ?何っていう単語だっけ?』
こうなってしまいますから、覚えたい言葉や覚えておきたいフレーズは日々の会話の中に織り交ぜしゃべるようにしています。

私とお話ししたことがある方は、
『あー。あの時のあの話そういうことだったのか。』
と思い出す節があるかもしれませんね。

一生懸命頭の中に擦り込みしようと、何度も何度も口に出します。
そのことについて話を広げて自分なりの解釈を織り交ぜて話をします。

そうすることにより、覚えた言葉は自分のものになっていきます。

そうやって必死で身に付けた知識も、またしばらく使わなくなると消え去ってしまいます。
頭のいい人なら別なのでしょうが、私のような一般人は記憶はどんどん新しい情報に上書きされていきます。

昔友だちに言われた言葉があります。
『頭の悪い子ってどうでもいいことよく覚えてるよね。』

そうなんですよ。
『お前小学校の時先生にあんなことして怒られてたよなー。』
どうでもいいことです。

本人でさえ忘れているようなことを他人が覚えているのですから。

そういう頭の使い方をしていると記憶を詰め込むスペースがなくなり、新しい知識を詰め込むことができません。

その隙間を空けるためにいつの頃からか先月見たドラマや映画、少し前に読んだ小説の内容がポッカリと穴が開いたように忘れてしまうようになりました。

記憶障害なのかなと少し心配になることがあるくらいです。。。

頭の悪い人、記憶の容量に限りのある人(私も含めて)は、不必要な情報をシャットアウトする癖をつけないといけないかもしれませんね。

昔の学校教育は詰め込み教育と言われましたが、詰め込み教育の時代にきちんと詰め込める癖をつけなかったツケが回ってきたようです。

因果応報と思って、過去の贖罪を償わなければいけません。

ところで贖罪っていう漢字は難しい漢字ですね。
貝、つまり金品で償うというという漢字と罪ですから、罪を金品で償う、民事裁判みたいなものですね。(笑)

どうでもいい話ですが。

多分明日にはまた書けなくなってそうな漢字です。

あまり使わなそうなのでこのことは記憶から消し去ることにします。(笑)

みなさんもどんどん知識をアウトプットしてくださいね。
これは自分のためでもあり、友だちや仲間にも知識を分け与えることができるwin-winの作業ですから。

そういえば最近セミナーしてないな。

そろそろ計画しようかな。





人気ブログランキング

ミレニアル世代

ミレニアル世代ってご存知ですか?

969051


もちろん知っている人もいれば、何それ?
という人も中にはいてるかもしれません。

2000年初頭に成人を迎えた世代、1980年から2000年に生まれた世代のことを言うそうです。

この世代はデジタルネイティブ世代であり、幼少期から携帯電話、パソコンが身近にあった世代です。

ちなみに私は最後のバブル世代。
私は1970年生まれですが、1965年から1969年生まれの人をバブル世代というそうです。
就職も超売り手市場でしたし、社会全体が活気付いている時代でした。

その他私たちの親の世代団塊世代や、私たちの少し下の世代団塊ジュニア世代、そしてミレニアル世代と重複はしますがゆとり世代、世代世代で呼び名は違いますが、育ってきた環境が違うので一まとめにして
『これが常識なんだ。』
というのは無理があります。

私たちが子どもの時テレビゲームが登場しました。
ゲームセンター、ファミコンが登場した時代です。
私たちの親の世代からすると
『ゲームなんてしてる時間あれば勉強しなさい。』
『うちでゲームしてるなら外で遊びなさい。』
そんなことどこの家庭でも言われたのではないでしょうか?

ミレニアル世代の親からすると、
『食事の時くらい携帯電話触るな。』
『なんで小学生から携帯持たせないといけないの?』
こう思ったはずです。

でも今ではテレビゲームも携帯電話もスマホもSNSも極々当たり前に社会に浸透しました。

私たちの世代って、大人になってもまだ漫画を読む、ゲームをする初めての世代かもしれません。

携帯電話を私が初めて持ったのは22歳の時でした。
その前はポケベル。
『ピー、ピー』
と呼び出されて電話番号が表示されていて、なった瞬間に公衆電話を探す、これが習慣でした。

携帯電話の料金も今では考えられないくらい高い時代で、初めて自分で払った携帯電話の通話料金は8万円くらいしました。
次の月からは掛かってくる電話を受け取る専用に変えたのは言うまでもありません。(笑)

今のミレニアル世代は小さい頃から携帯電話を持ち、PC、スマホを自由に使いこなします。
おじさんたちと違い生き方も仕事に対しての考え方もスマートです。

モノが有り余っている時代に生まれ、何不自由なく生活ができてきた世代です。

私たちの親の世代団塊世代は終戦後まもない時代を生き抜き、モノがない時代に育ちました。
何もないところから作り出してきた、とてもエネルギーが必要な時代だったと思います。

朝から晩まで働き、休日も仕事、24時間365日会社に貢献してきた世代です。

そんな世代からすると私たちの世代の人間は
『今どきの若いものは我慢が足りない。』
『今どきの若いものは頼りない。』
こう写っていたはずです。

でもまだ景気のいい時代でしたから、お金を稼ぐ土壌は十分にありました。

団塊の世代は地位や名誉欲、バブル世代は物欲や金銭欲のため、そしてミレニアル世代はなんでしょう?

終身雇用?
なにそれ?

縛られて生活するくらいなら自由に生きたい。
お金?
生活できるだけ稼げれば十分。

個人一人一人に部屋が与えられ、テレビも一家に数台、外食することも特別なことではなく日常的なことで、SNSで簡単に人と繋がれるために孤独感、孤立感も感じず。

そんな世代に向かって
『金を稼ぎたかったらもっと頑張れ。』
『おれの若い時はもっとがむしゃらに頑張ってきたぞ。』
こんなことを言っても通用しませんよね。

地位も名誉も物欲も金銭欲も上の世代のように持ち合わせていませんし、必要としていません。

何を目的に生活し、何を目指しているのか、私たち違う世代の人間には理解できないのかもしれません。

でも明らかに今の時代を引っ張っているのも、これからの時代を導いていくのもこの世代です。

Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグは1984年生まれ、Airbnbの創始者ブライアン・チェスキーは1981年生まれ、Instagramの創始者ケビィン・シストロムとマイク・クリーガーはそれぞれ1983年生まれと1986年生まれ。

まさにミレニアル世代です。

おじさん世代、バブル世代や団塊の世代には想像もつかないようなことを仕掛け大成功を成し遂げています。

彼らが仕掛けたこと、それは人と人との繋がりです。

彼ら世代が求めているものは何なのでしょう?
達成感?
自己顕示欲?

フォローワーの数が多ければ多いほど賞賛され、それが直接の対価としても返ってくる仕組みが出来上がりました。

インスタグラマー、ユーチューバー、上位になれば億単位の収入を上げるようになり、プロゲーマーという職業も出来上がりました。

ひと昔前なら想像もできなかった世界です。
『ゲームばっかりやってないで勉強しなさい?』
『携帯ばっかりいじってないで、ちゃんと食事しなさい?』
こんなこと言ってたよね。
そんな人たちはみんな時代に取り残され、デジタルネイティブの世代が楽しみながら資産を増やしていく時代に変化しました。

今ある業態もこれからはどんどん変化していくでしょう。

Amazonが小売業の業態を変化させたように、これからは人と人とが直接繋がる時代になっています。

国境を超え、人種を超え、世代を超え繋がっていきます。

その中で自分の立ち位置を考えた時に、このままではいけないなとヒシヒシと危機感を感じています。

Airbnbが日本に登場したとき、民泊という括りだけではなく賃貸業界、売買業界の現在の流通に危機感を覚えました。
借主と貸主、買主と売主が直接繋がれば仲介という立場は必要ないではないか。
そう思い、今後は仲介という立場では飯を食えないなと、必ずそういう時代がくるということは想定しています。

世の中で必要とされない職業は今後どんどん淘汰されていくでしょう。
私たちの仕事はお客様のお役に立っているのでしょうか?
少なくともお客様に不利益になるような物件を勧めたり、リスクの説明なしに物件を売りつけたり、そんなことをしていては論外です。

不動産という仕事は住宅のプロであり、税金に対しても法律についても融資についてもプロなりの知識を持ち合わせているべきで、ただ物件を売るだけの存在だと淘汰されても仕方がありません。

身につけた知識や経験を切り売りして対価に変えていく、それだけでは生きていけなくなるかもしれません。

信用と信頼、ネットワークで積み重ねてきた実績が評価される時代に変化しつつあります。
もうすでにそうなってるのかも。

私のFacebookの友人が700人を超えました。
Twitterのフォローワーもやっと600人を超えました。
この繋がりから仕事もいただけるようになってきました。

上には上がたくさんいます。
もっともっと多くの方と繋がることができれば、もっと違う視野が広がるのでは?

そう思い最近Twitterのつぶやきも増やしました。

ブログの更新もマメにするようになりました。

もっと違う世界を見たい。
変わっていく時代の中でも必要とされる人間でありたい。
私の一番強い欲はこの好奇心と自己顕示欲なのかもしれません。

時代に取り残されないように。
そして新しい時代の隅っこではなく真ん中にいれるように。





1日1クリックお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

女遊びは男の甲斐性というけれど

女遊びは男の甲斐性
こんなセリフを言いながら日々飲み歩いている友人がいます。

女好きなのは間違いないのでしょうが、そんな彼でも浮気をしない時もあります。

いい女が隣にいてる時?

いい女が隣にいても浮気するやつは浮気します。

お金がないとき?

残念ながらお金がなければお金がないで、お金がかからない女性と浮気します。


私自身の話だと勘違いされると困るので、先に弁解しておきますね。(笑)

私の場合、奥さんも子どもも大好きです。

今の生活が人生の中でも指折りに充実しているので、その生活を脅かす可能性がある浮気というものにとても怖くて手が出せません。

『浮気願望はあるんじゃん。』

はいはい。
ない訳じゃありませんよ。

でもそれは誰だって持ち合わせているものでしょ?

聖人じゃないですから。

でも、万一浮気がバレたらどうなるの?

ひょっとして離婚?

子どもとも離れ離れ?

そんなこと考えると女性と二人で食事に出かけることさえ躊躇します。

『それが当たり前でしょ。』

はい。
そう言ってくれる人はまともな神経の持ち主です。(笑)

そんな人たちに囲まれて生きてきたなら、そもそもそんな考え方にさえならなかったかもしれませんね。


で、話は友人の話に戻ります。

仕事が充実していて、何とかこのプロジェクトを成功させようとしている時、会社を設立してがむしゃらに頑張っている時、私生活が充実している時ってそんな気にならないもんなんですよね。

余分な労力を使うくらいなら仕事に集中しよう、浮気する時間があるくらいなら少しでも自分を磨きたい、会社経営している方なら今は会社を大きくすることに尽力したいとか。

何かまた私の話のような感じになってきましたが、そんなもんなんですよね。

夢を追いかけてる人って浮気しないでしょ?

受験勉強している最中に浮気しないでしょ?

がむしゃらに何かに夢中になっている時って、そんなこと考えないでしょ?

『浮気されるのは自分に魅力がないんだ。』

こんなこと思っちゃダメですよ。

浮気されるのは夢を追いかけることができない男を好きになってしまっただけのことです。

芸能人でも政治家でも不倫スキャンダルがたくさん出てきますが、あの人たちはもうすでに夢を叶えてしまっている人たちです。

ある意味、そこを超越してしまった人たちですから浮気するのも仕方ないじゃん。

個人的にはそう思ってしまいます。

もしその超越してしまった人を好きになって、浮気させないようにしようと思ったら新しい夢を見せればいいんですよ。

政治家なら
『あなたなら大臣になれるよ、応援してるから。』

芸能人なら
『この世界でTOPまで昇りつめようよ。』

なのかな?
夢を追いかけている男の人は魅力的です。

男の目からみてもとても魅力的に写ります。

そしてそんな男性が、奥さんや彼女を大切にしている姿を見ると余計に格好良く見えてきます。

いろんな女性を連れ歩いていた友人がカッコいいなと思っていた時代がありましたが、今は長年連れ添った奥さんを大事にしている男性がカッコいいと思うようになりました。

そんな男性になりたいなといつも思っています。

私の場合、まだ夢の途中なので、それを実現するまでは浮気しません。


あっ、また誤解があると困るので弁解すると、夢を実現しても浮気はしませんよ。。。

叶えれる頃には還暦くらいの年齢になっているでしょうから、どっちにしても今度はしようと思ってもできない年齢になっているかもしれませんね。



最近契約ごとが一通り落ち着いてしまい、少々時間があります。

なので、毎日コツコツとブログを書いています。

不思議なもので、毎日書くとコツコツとアクセス数が増え、仕事に追われて書く時間がないときはアクセス数が激減します。

12月は忘年会続きでお昼間くらいまでくたばっている日々が続き、アクセス数も激減しました。

aku2

このブログを始めて2~3ヶ月目の数値まで落ち込みました。

そこで少し発奮してブログを更新するようになりました。

今年に入り、今書いてる記事が20本目なので3日に2本はブログ記事を書いていることになります。

最近は現場待機、一個前のブログでも書きましたが、新築建売現場でお客様のお出迎えもしていまして、そこでは仕事を持ち込みせっせせっせとできませんので、こうやってブログを書いたり、本を読んだり自己研鑽の日々を過ごしています。

そのおかげもあり、アクセス数も昨年11月当時くらいまでは戻ってきました。

akusesu


ありがとうございます。
みなさまがこうやってご覧いただいているおかげです。

2月は28日までしかありませんが、投稿本数30本、昨年からの目標である月間1万PVを目指したいと思います。

超えれそうでなかなか超えれない壁なんで、ちょっと悔しいんですよね。

今回みたいなどうでもいい感じの記事から、みなさまのお役に立つ実践的な記事まで幅広く取り揃えている

『ほんとうに大丈夫?不動産投資』 

をこれからもよろしくお願いいたします。。。



人気ブログランキング
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ