ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

リターン

あなたは高利回りでローリスクの物件を探していませんか?

高利回りローリスク

こんな物件あればいいですよね。

不動産投資をしている方全てがこんな物件を求めています。

成功する人と成功できない人との違いは、こういう物件だけ追い求めている方と、こういう物件があればいいよねと思っている方の違いです。

どっちが成功する方かお分かりになりますか?

高利回りローリスクの物件だけを追い求めている方ではありませんよ。
そんな物件ほとんどお目にかかることなどありませんし、一見のお客さんにそんな物件が回ってくることなどありません。
成功している方は、そういった物件になかなか巡りあえないことを知っています。
万一巡り合った時には誰よりも先に手に入れる準備をしつつ、自分なりのきっちりとした目線で利回りが高くなくても安定した収入が望める物件、高利回りだけどリスクの高い物件などを購入していきます。

そうやって物件購入を続けて行くうちに物件情報がどんどん流れてくるようになったり、他のお客様に優先して声掛けしてもらえるようになっていきます。

自ら売主を見つけて物件を購入していくことは容易くありません。
ほとんどの情報を不動産業者やポータルサイトから入手していくわけですが、不動産業者から有益な物件情報を流してもらうためには
『このお客さんに買ってもらいたい
こう思わせることが大切です。

では、不動産業者はどういうお客さんに買ってもらいたいと思うのでしょうか?

融資付けで苦労しないお客様』
せっかく買付をもらっても融資が通らなければ決済まで結びつきませんし、決済まで至らなければ仲介手数料も貰うことができません。
つまり買うという意思表示をしてもらっても取引が完了しなければ無駄骨になりますので、ここはウェイトの高いポイントです。

次に
『意思決定、契約の進行が早いお客様』
せっかくいい物件を紹介してもすぐに返事をくれなければ次のお客様に物件情報は流します。
逆にいうと意思表示の早いお客様が自分の顧客の中にいれば、そのお客さんに声掛けして返事・感触を聞いてから他のお客様に声掛けする可能性があるということです。
もらった情報に対してはスピーディな意思表示をするということも重要です。

最後に決め手になるのは
『取り組みやすいお客様』
これはどういうことかというと、細かい注文や無理難題、クレームを言ってくるお客様より、ある程度容認してくれたり、自分の中で吸収してくれるお客様ということです。
不動産業者にとってとても都合のいい話ですが、言い方を変えると
『文句を言わず気持ちよくお金を払ってくれるお客さん』
です。
リスクについて理解していてそのリスクに対して自ら対処、対応してくれるお客さん。
つまり同じ不動産業者さんやセミプロの方の方が楽なお客さんということです。 

ここに至るにはある程度の不動産の知識がないとリスクの把握をできませんから、勉強していく必要はありますよね。

以前買取再販の仕事をメインにしていた時期がありました。
その中で多くの物件を仕入れるためのルート確保のため、買ってもらいたがっている物件を利益が薄くても購入したりもしました。
あと、リスクがあって処分しにくい物件とかですね。
その恩を返してくれるつもりでいい物件情報をくれたりしましたので、不動産投資はトータルで物事を捉えることが必要です。

大手企業のバルク案件なんかもそうですよね。
いい物件もあればどうしようもない物件も混じっていたりします。
一つの物件で損をしても、別の物件でその分利益確保できればいいじゃないの。
そういう考え方ができるようになってくれば確実に儲かるようになります。

でもこれは資金力があって、処理能力があって初めて成せる業です。
なのでここは上級編ということで先の楽しみに取っておきましょう。(笑)

確実に儲けれる話は誰もが欲しい話です。
でも、確実に儲かるならまず自分で購入しますよね?

私たちが洋服を仕入れ値で仕入れれないのと同じで不動産も仕入れ値で一般の方が手に入れることはできません。
ここを頭に入れておけば、
『高利回りはハイリスク
『ローリスクの物件で高利回りの物件はない』
ということが分かるのではないでしょうか。

そんな夢みたいな物件を手に入れなくても利益を出せるのが不動産投資です。

なので、利回りだけに踊らされず確実に少しづつでも利益を生み出す物件を手に入れましょうね。

それでも諦めきれないという方には競売物件がオススメです。

毎月のように公示される物件の中にはたまにお宝的な物件に巡り合うことはあります。
表面利回り15%とか視野に入れれる物件も眠っていたりしますので、ぜひチェックして見てください。
競売物件情報はこちらからご覧いただけます。


それではお問い合わせ、ご相談お待ちしております。


国会議員が育休宣言して不倫?


またもや週刊文春のスクープ記事ということで、国会議員の不倫騒動が取り上げられていますが、そもそも男性議員の育休ってどうなんでしょ?

というのは育休前にも議論されていましたが、その育休中に不倫ってこれがもし真実ならどうしようもないですよね?

女性の育休っていうのは当然の権利だと思いますし、実際に子育てするっていうのは本当に大変だなと思います。

今私は自宅で仕事をしていますが、子どもと向き合う時間も多く毎日の家事をやりながら小さい子どもを育てていくことって本当に大変だなと実感します。

自分一人で子守している間にもいろんなことが起こります。
ちょっと目を離してしまうとあっという間にはぐれてしまいます。

買い物に連れて行くと勝手にお菓子を取って口に入れてるってことも‥

24時間目を離せない、気を許せない。
子育てって仕事をしているよりも大変かもしれません。

特に出産前、出産後っていうのも身体のことを考えるとゆっくり休ませることは必要ですし、子どもが側にいてるならゆっくりすることすらできません。

その手助けをするために育休っていうのなら分からなくもないですが、そもそも育休できる環境にあるっていうのはとても恵まれている環境なのですよね。
自営業者には無理な話です。

本来なら実家に帰って、お母さんに手助けしてもらいながら子育てするっていうのが本来の形なんだと思いますが、今は核家族化になっていますのでそういう繋がりも薄くなっているということでしょうか?

育休っていうことには反対はしているわけではないのですが、子育てで大変な時期って生まれた直後だけではないと思うのです。
一歳になればなったで歩き出したり、二歳になればダダをこね出したり、三歳になれば1人であちこちに歩き回ったりとどこまでも続きます。

小学生になればイジメの問題や、中学生になれば不登校になったりとか子育ての問題に終わりはないですものね。

そもそも育休はあって、親の介護休暇ってないのでしょうか?

たまにテレビのニュースでも親の介護に疲れて自殺っていう話や、介護に疲れて親を殺してしまったという話もよく報道されています。

こちらこそ一定の休暇を与えてあげなければいけないような気がします。

今回の国会議員の育休は一般企業の見本になるように、一般企業に男性の育休も推進させるように始めたものじゃなかったでしたっけ?

そこで事実はともかくとして誤解されるようなことをしてはいけませんよね。

最近不倫騒動が他にもありましたが、不倫はダメでしょ。
昔は不倫のことを浮気といいました。
今でも一緒ですが、浮気は浮ついた気持ちですから一瞬の気の緩みですよね。
男の浮気は仕方ないよという風潮も昔はありましたが、今の男の人は遊び方が下手になったのでしょうかね?

不倫って字の通り、倫理から外れたこと。人の道に外れたことって意味です。

そういう意味では今回の話はまさに不倫ってことですよね。

相手を本気にさせてしまえば人の道に外れていますから不倫。
お酒の勢いで間違いをおかしちゃったのは浮気。
そんな解釈でいるのですが、それが正しいかどうかは置いておいて。

私は不倫も浮気もしませんよ。

奥さんを愛していますから。

しようとも思っていませんし、する時間もありませんので。

不動産投資の話をするときにリスクとリターンの話をします。

不動産投資をする場合でも多くのリターンを得ようとするとリスクを取らなければいけませんし、リスクを回避するとリターンは少なくなります。

通常はローリスクハイリターンはあり得ないのです。
ある程度リターンを望もうと思うとそれなりのリスクを取る必要がありますという話です。

私にとっての浮気というのはリターンよりもリスクの方が大きすぎるのでしようと思わないだけの話です。

万一浮気がバレてしまえば、奥さんとも別れなければいけないことになるかもしれません。そうすれば子どもと一緒に過ごす時間さえも失うことになります。

今の生活全てがかわってしまうリスクをおかしたいと思わないだけなのです。

今回のこの騒動の議員さんはこういったリスクを考えれなかったということなのでしょうね。

みなさんも浮気だけは謹んで。
そしてリスク管理だけはきっちりとしましょうね。

物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
Amazon
  • ライブドアブログ