ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

不動産投資

昔と今の賃貸事情の違い

私が若い時賃貸仲介の仕事をしていた時と今の賃貸事情は大きく異なっています。
今と昔とでは賃貸のお部屋を探しているお客様の数が圧倒的に違います。
人口がその当時の半分になっているわけではないのに、部屋探しをするお客様の数は半分以下になっています。
なぜそのような変化があったのでしょう?
私が賃貸仲介の会社に入社したのは23歳の時でしたから今から24年前の話です。
その当時の集客と言えば、インターネットも普及していませんでしたから紙媒体による集客がほとんどでした。
賃貸雑誌全盛の時期で主な集客はその雑誌、ポスティング、電ビラでした。
電ビラ??
聞き覚えのない言葉ですよね?
今はほとんど絶滅していますが、電柱とかにチラシをノリで貼り付けたり、両面テープで貼り付けたり。
街の美観を大きく損なっていたこともあり、またその内容も誇大広告がほとんどでしたから近隣の方やまともな内容で集客していた業者さんからも猛反発を受けてはいながら、たくさんの新規来店を呼び込んでいました。
一つの店舗で新規来店が200組というような時代でしたから、土日にはお客様の行列ができていました。
今同じようなことをしても、そのチラシの信憑性のなさに気づくお客様も多いでしょうし、そんなものに釣られて来店する方も少ないでしょう。
でもその当時はその広告に飛びつくほど引越する動機があったのです。
どういうことかというと、その当時の賃貸借契約書には家賃上昇に関しての取り決めが記載されていました。
契約期間更新の際、1年後には賃料の3%値上げしますとか、2年後の契約更新の際には5%の賃料上昇がありますとかです。
また契約更新時の更新手数料を取っていたマンションも数多くではありませんがありました。
つまり、契約更新の際に引越しを考える動機が発生していたのです。
今はこんな契約内容見かけることありませんよね?
また、大阪では敷金、礼金ではなく保証金という独自の仕組みでワンルームマンションでも保証金30万円、敷引き25万円という契約が一般的でした。
敷引きというのは、今で言う礼金の部分であり、契約した時点で無条件で家主が取得できるお金です。
ワンルームで25万円の礼金って高いでしょ?
これなら原状回復のリフォームをして、不動産業者に手数料を支払っても十分残るでしょ?
つまり不動産屋も儲かったし、家主も儲かった時代です。
ウィンウィンって思った方も中にはいるかもしれませんが、お気付きの方も多いとは思います。
入居者、借主に全てしわ寄せが行っていた時代です。
賃貸が高くて家賃も上がるなら購入したらいいんじゃないの?
そうなんですが、その頃は不動産バブルが弾けた直後です。
不動産価格は値下がりの一方で、金利もまだまだ高い時代でした。
購入という選択肢が消えれば自然と選択肢は賃貸になります。
引越しを考えた時に、次もまた賃貸という時代なのでお客様が次々と現れてきたわけです。
その当時の大阪の賃貸相場といえば、15平米のワンルームで5.5万〜6.0万くらい。
ファミリータイプのお部屋は新婚さんでも3DK、3LDKが人気でした。
住み替えに必要な初期費用が高額な時代でしたから、子どもが産まれて大きくなり部屋が必要になった時のためにと最初から広めのお部屋を借りていく方が多くいました。
家賃でいうと10万円〜が一般的でした。
その当時は大阪市内の賃貸物件には新婚補助という家賃補助の制度があり、月額2.5万円を上限として補助金が交付されていました。
この制度を活用してワンランク、ツーランク上の部屋に住むことができたわけです。
賃貸業界は家主も業者さんも潤っていた時代です。
今はどうでしょう?
15平米ほどのワンルームの価格相場は3.5万円〜4.0万円、その当時10万円ほどしていたファミリータイプのお部屋の賃料は7万円を切る家賃帯まで下がってきています。
また、賃貸住宅を借りる際の入居者側の仲介手数料もその当時は家賃の一ヶ月分が相場でしたが、今は入居者から仲介手数料を取らない業者さんも増えました。
家主さんからもらう手数料、広告宣伝費などといろいろな名目は付いてはいますが、これもその当時単身用で家賃の一ヶ月分、物件によっては二ヶ月分、ファミリータイプのマンションは家賃の半月分、一ヶ月分というお部屋も多かった時代です。
それも今は家主さんは単身用なら三ヶ月分、四ヶ月分という物件もありますし、ファミリータイプでも二ヶ月分、それ以上という物件もあったりします。
不動産業者さんはこの分で収益確保はできていますが、家主さんは負担が増大しています。
今度は逆に家主さんにとって受難の時代です。
借り手市場、貸し手市場でいうと、まさにその当時は貸し手市場、今は借り手市場です。
その借り手市場の今、この賃貸業界に飛び込むには知識戦略が必要です。
左団扇であったオーナー業は今や競争相手に勝ち抜かないといけない時代になっています。
でも悪いことばかりではありません。
昔の閉鎖的なこの業界が、今はいろいろな情報を自宅にいながらでも手に入れることができます。
賃貸相場はもちろん、成功しているオーナーの体験談や成功例などもネットで見ることができます。
他人の成功例を簡単に共有できる時代です。
成功するかしないかは家主さん次第、オーナーさん次第になってきているわけです。
なのに未だに、不動産業者さんに任せっきりで安定収入をのぞむために賃貸物件を取得する方が後を絶ちません。
これって、いいカモですよ。
ただでさえ薄くなった利益を、がっつりと自分の収益を確保しようとする不動産業者さんに丸ぶりして利益が残るわけがありません。
銀行さんも同じです。
がっつりと高金利で貸し出して、自社のリスクに対しての保全を図って貸し出している物件で利益が出るわけがありません。
どうしたら儲かるの??

お答えしましょう。
借入するなら、2%台の金利が上限です。
そしてフルローンで借りるくらいなら不動産投資はやめるべきです。
次に内装工事等の見積りは見れるようになること。
単価や施工面積、部材の単価くらいは自分で調べることはできます。
最後に不動産管理を任せることは本業の兼ね合いで仕方ないのですが、内装工事、募集条件等には関与しておくこと。
言いなりにならないということですね。
密に話し合いができる担当者がいる不動産管理会社に任せるということです。
話し合いですよ。
くれぐれも間違わないでくださいね。
一方的に相手の話を聞くだけでなく、自分の意見も交わせるようになっておくということが必要です。

賃貸オーナーにとっては楽な時代ではありません。
でも、どんな商売でも今の時代楽な商売などありません。
新規参入するには容易い業界です。
入りやすいということはライバルが多いということを知っておきましょう。
そしてライバルに勝つためには戦略が必要です。
知識も身につける必要があります。
その覚悟だけ持って参入してください。
悩んだ時にはライフコンサルティングがご相談に応じます。
当社でご購入いただいたお客様はもちろん、他社でご購入した物件のご相談にも応じています。
ご相談料は有料ですが、ぜひご活用ください。

お待たせしました。セミナー開催決定しました


みなさま長らくお待たせしました。

3月以来半年振りにセミナーを開催いたします。

お待ちしていただいていたお客さま、そうでないお客さま、全く興味ないよというお客さま、それぞれご意見は分かれるとは思いますが少数のご期待していただいていたお客さまのために開催いたします。(笑)

今回も2本立ての構成となっております。

一部の競売セミナーは無料セミナー。

二部の不動産投資のセミナーは有料セミナーとさせていただきます。

セミナー日程は平成29年10月7日(土)14:00~となっております。

それではここからはセミナーの告知です。
『競売物件の入札をしてみよう』
『出口があれば失敗はない。新しい形の不動産投資』
競売が初めての方、これから不動産投資を始める方向けセミナーを開催します!

7セミナー
今回は
「競売物件の入札をしてみよう」と
「出口があれば失敗はない。新しい形の不動産投資」 
という2つのテーマで不動産セミナーを開催します。

第一部は無料。第二部は参加費3,500円必要です。

第一部無料セミナーだけ、第二部セミナーだけのご参加もOKです。

第一部 
「競売物件の入札をしてみよう」

14:00~15:30 参加費無料

こちらでは競売物件の魅力と注意点、入札の仕方までわかりやすく
ご説明いたします。

「競売不動産に興味はあるけど、やったことないし」
「競売ってややこしいから敬遠していたけど、どんなものなの?」
「友達もやっているんだけど、そもそも競売って何なの?」

こんな、競売不動産に関する疑問にお答えします。
今回も以前ご参加いただいたお客様のために、さらに掘り下げた内容で入札する物件の選び方から、実際の物件を題材に入札金額の算出の仕方までレクチャーいたします。
これを機会に競売物件の入札にご参加いただければと思っておりますのでぜひご参加ください。

第二部
「出口があれば失敗はない。新しい形の不動産投資」

16:00~17:30 参加費3,500円(税込)

こちらでは大家さんになりたい方。いずれ大家さんになりたい方向けに、不動産投資の危険性についても教えちゃいます。
「これだけ不動産投資が過熱しているけど大丈夫なの?」
「どんどん近所にアパートやマンションが建っているけどまだいけるの?」
「融資の引き締めが始まっているという話も聞くけど・・・」

不動産投資って最初にかかる金額も大きいので不安はいっぱいですよね。
失敗してしまえば、家族全員路頭に迷うのでは?
こういう心配を持つのも当然です。
不動産投資で失敗してしまえば自宅も手放す羽目になったり、一家離散という燦燦たる結果が待ち受けているかもしれません。
フルローン、オーバーローンで購入しているサラリーマンさんたちの中には不動産投資をやめたくてもやめれない、売却したくても売却先がない。
こういうお客さまも増えています。
そりゃそうです。出口のない物件を不動産屋さんが売りつけているのですから。

今のこの低金利の時代に4%前後の金利で融資あっせんしてフルローンで買わせる。超長期の融資期間だから何とかキャッシュフローが残っているようには見えます。でもそこには補修費や大規模修繕の費用など一切見込んでいません。
金融機関も保全を図るためそういったお客さまには次の融資が付きません。
売ったあとは知らない。
こんなやり方にまんまと乗っかってはいけません。

不動産投資は失敗のリスクの少ない商品です。
でもプロが手を出さない物件に素人が手を出しても勝ち目がないのは明らかです。
当社のコンセプトは初めは小さい物件からスタートして、最終的には新築1棟のアパート、マンションのオーナー様になっていただく。そのお手伝いをする。こういう位置づけです。初めの不動産投資で失敗してしまえば次のステップは踏めません。
失敗するような不動産を購入しない。
出口のしっかり見える物件を購入する。
甘い言葉に誘惑されない確かな視点を養っていただくためのセミナーです。
初めての方でも、お気軽にご参加ください。

参加費は第一部の『競売物件の入札をしてみよう』は無料です。

第二部の『出口があれば失敗はない。新しい形の不動産投資』は参加費3,500円です。

セミナー終了後、懇親会も予定していますので、お時間のある方は懇親会の方にも是非ご参加ください。(参加費4,000円)

※第二部セミナー参加費3,500円とは別に必要です。

第一部だけの参加、第二部だけの参加、懇親会だけの参加、いずれもOKです。
ただし、途中での入退室はお断りいたします。

※参加費はクレジットカードでもお支払いいただけます。セミナー受講票とともにご請求書を発行いたしますのでセミナー開催日までにお支払いください。

以前は無料セミナーという形で行っておりましたが、自社物件を売り抜くためのセミナーを開催している他社と一線を画すために有料制にしております。
今回のセミナーも物件を売り込むためのものでなく、勉強会という認識で開催させていただきます。
そのため、参加費を徴収し会場費、資料代に充てさせていただきます。
今回半年ぶりのゼミナー開催になります。
みなさまにお伝えしたい有効的な不動産投資の方法を打ち出せずにこんなに時間を要してしまいました・・・
でも今回ようやくやっとみなさまに披露させていただけます。
その内容はご期待に沿うものかどうかは分かりませんが、ご納得のいく内容には仕上げたいと思います。
それでは、みなさまのご参加お待ちしております。

<セミナー概要>
日時:平成29年10月7日(土)14:00~17:30
場所:大阪府大阪市北区梅田1-3-1
大阪駅前第一ビル5階4-1号室
アクセス:
•大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5分
•大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5分
•大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約1分
•JR東西線「北新地駅」より徒歩約1分
•JR各線「大阪駅」より徒歩約4分
•阪神各線「梅田駅」より徒歩約3分
•阪急各線「梅田駅」より徒歩約8分
参加費用:第一部 無料 第二部 3,500円

講師:株式会社ライフコンサルティング
   代表取締役 大西 征昭
競売不動産取扱主任者・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター・賃貸不動産経営管理士・住宅ローンアドバイザー

profile

<セミナー内容>
第1部 14:00~15:30
「競売物件を入札してみよう」

1.競売不動産とは?
2.競売不動産のメリットとデメリット
3.裁判所資料3点セット(物件明細書)の見方
4.裁判所資料3点セット(現況調査報告書)の見方
5.裁判所資料3点セット(評価書)の見方
6.落札物件の事例
7.入札書類の書き方
8.実際の物件を元にシュミレーション

第2部 16:00~17:30
「出口があれば失敗はない。新しい形の不動産投資」

1.不動産投資でなぜ失敗をするのか?
2.今の賃貸不動産市況
3.空室のリスク以外のリスクとは?
4.購入した物件の売却のタイミングって?
​5.新しい形の不動産投資
6.そのメリット、デメリット

セミナー参加には事前予約が必要です。

登録フォームから必要事項を入力して、メールもしくはFAXでお申し込みください。確認後、「セミナーお申込み受付完了通知」を送らせていただきます。

セミナー内で質疑応答を受け付ける時間を設けられない可能性がございます。

話にご興味持っていただいたお客さまは懇親会の席でご質問いただくか、後日個別面談のご予約をお願いいたします。

今回のセミナーは物件紹介を目的にしているものではありません。物件紹介ご希望の方は別途メール等で情報提供いたしますのでメルマガ登録をお願いいたします。

※今回の無料セミナーは不動産業者様のご参加はご遠慮しております。不動産業者様:セミナー開催についてのアドバイス、競売物件についてのご相談は個別にお受けいたしますのでお申し出ください。

セミナーの詳しい情報とお申し込みはこちらからお願いします。

それではみなさまのご参加お待ちしております。

夢って叶えるもの?失うもの?

みなさんってお持ちですか?
その夢はまだ追いかけていますか?
それとも諦めてしまいましたか?

子どもの頃見てた夢、それはプロ野球選手であったりサッカー選手であったり、お医者さんや弁護士の先生だったかもしれません。
大人になるにつれ、自分と現実のギャップに気付き、その夢は諦めて平凡に生きていく道を選んだ方も多いのではないでしょうか?

そう考えると子どもの頃の夢を実現できた方って周りにもなかなか存在しません。
現実社会が分かっていない状況で抱く夢、それは理想ですらなくただの夢です。
ただの夢を実現するためには計り知れない努力が必要です。
友だちと遊ぶ時間を削って練習に打ち込んだり勉強に打ち込んだり、夏休み、冬休みも全てその夢のためにつぎ込まないと叶えれない夢です。
でもみなさんその子どもの頃に見た夢以外他の夢を抱いたことはありませんか?
マイホームを持ちたいとか、結婚して子どもを作り幸せな家庭生活を過ごしたいとか。
また起業してお店を持ちたいとか社長になりたいとか。
人それぞれ抱いた夢は違うにしろ、何らかの違う夢を見つけている人が多いのではないでしょうか?
その夢は叶いましたか?
大人になって現実社会に揉まれてから見る夢って、儚い夢ではなく手の届く夢になります。
その夢を叶えるには血の滲むような努力は必要でなく、ただ一歩踏み出すことで実現に大きく近づきます。

でもその一歩が踏み出せないまま終わってしまう人も少なくはありません。
私がそこそこ大人になってから思っていた夢、マイホームを持ち家族を持ちかわいい子どもに囲まれて生活する姿、それはもう叶いました。
自宅の下で喫茶店をし、二階で麻雀屋さんをしたい。
麻雀が三度の飯より好きだった時代の話です。(笑)
もし今も同じ夢を抱いていたら実現することは難しいことではありません。生活していけるくらいの収入が得れるかどうかは別にして。(笑)
今やマイホームという夢はほとんどの人が叶えれる夢になりました。
頭金なし、諸費用まで住宅ローンで借りれる時代です。
それより結婚することの方が難しい時代になっているのかもしれません。
未婚率も増加しています。
婚期が遅くなり女性も社会に出て自らの手で稼ぐようになっています。
正社員なら手取り15万円ほど。
実家暮らしなら毎月10万円以上自分のために使うことのできるお金ができます。
でも結婚したら旦那さんの手取り、仮に毎月30万円としましょう。ボーナス除いてですよ。
これでも年収でいうと500万円くらいですよね。
平均所得より少し高い水準です。
それでもその中から家賃(住宅ローン)払って生活費、生命保険、旦那さんのお小遣い、将来のための貯金って考えると独身時代の生活の方が明らかにいいわけです。
生活を落としてまで結婚したいとはなかなか思わないのかもしれません。
もちろん女性だけでなく男性も同じです。
独身時代なら自由に使えたお金が、お小遣い制になり毎月3万・・
『結婚しない方がいいんじゃないの?』
こう思ってしまう気持ちも分からなくはありませんよね。
結婚する動機、これが今の時代に欠如しているのかもしれません。
結婚しなければ引越しもしない、引越しをしなければ賃貸も売買も動かない。
子どもが生まれなければどんどん高齢化社会になり、将来もらえるはずの年金も危うい。
年金がもらえないかもと思えば今あるお金は残したくなる。
お金がない人はお金を使わなくなる。
お金を使わなければモノは売れなくなりデフレに。
『風が吹けば桶屋が儲かる』
的な。
私たち不動産屋さんに取って引越しの需要が少なくなることは死活問題です。
でもそこに救世主が現れます。
投資用不動産バブルです。
外国人投資家が日本の不動産を買い漁り、サラリーマン大家さんたちが増えました。
でも思い出してくださいね。
賃貸需要って弱ってるんです。
でも投資用不動産の価格は上がってます。
景気も良くなっていません。
消費も向上しているわけではありません。
ということは家賃が上がっていくことはありません。
なのに不動産価格は上がっています。
『風が吹いてないのに桶屋が儲かっている。』
やっぱりバブルですよね。
バブルってことはいつか弾けてなくなります。
弾けたときにどうするか?
大損をこいて撤退するか、逆に買い場と思い買い進めるか?
いずれにせよ強制的に市場から退場させられるより自らタイミングは計りたいですよね。
そのためには誰かに踊らされないということが必要です。
不動産屋さんに相談すれば、
『買いましょう。買いましょう。』
の一辺倒です。
中には
『今が買い時ですよ。』
くらいに煽ってくる方もいるかもしれません。
でも今は買い時ではありませんよ。
ただフルに融資を利用して買える時期は今しかないかもしれません。
今はまだ不動産に対して積極的な金融機関も多く融資を受けるためのハードルは決して高くはありません。
でももしこの先マンション経営で破綻者が続出し社会問題になるようですと、金融機関は一気に引き締めに走ります。
そうなると今までみたいに物件価格の満額の融資などはあり得なくなってきます。
絶好の買い場が訪れても、結局指を咥えて見ているだけという状況も容易に想像がつきます。
そう考えると何が正解なのでしょうか?
ただ株と違って自分の力でその価値を向上することができるのが不動産です。
私の場合、これが本業ですからいくら逆風が吹いていようとも購入し売却し利益を出すという仕事をしていかなければなりません。
だから勉強して少しでも失敗する確率を減らそうとしているわけです。
でもみなさまは違いますよね。
不動産投資をやってもいい、やらなくてもいい立場です。
なので無理して満額融資を受けてまでするべきものではありません。
お金が使える状況で、寝かしていても仕方がないと思っている人だけ参入するべきで、買ってもいい、買わなくてもいい状況で判断しないと不動産屋さんの格好の餌食になってしまいます。
このブログをご覧いただいているみなさまの当座の夢は不動産投資で成功し安定収入を確保すること、資産を増やすことだと思います。
安定収入を確保できたと思ってもその収入がだけだったとしたら意味がないですよね。
また資産を増やしたと思っていても、増えたと思っているのは自分だけで周りから見たら不良債権だらけだったとしたら?
将来のためだと思っていることが逆に将来自分の首を絞めることになるかもしれません。
そうならないためにも定期的に自分の資産の入れ替え、見直しをする必要があります。
そのためにはいつでも気軽に相談できる専門家を持っておく必要があるのではないでしょうか?
物件購入から賃貸管理から全てその専門家に任せるというわけではなく、税理士さんのような立場で冷静に判断してくれるような立場の不動産屋さんが。
私によくご相談いただくお客さまのほとんどは私が一元管理しているわけではありません。
購入の窓口も私一人より門戸を開いた方がより良い物件に出会えるでしょうし、物件の管理も物件に近い不動産会社さんの方がフットワークも軽いでしょう。
なのであえてうちでやりますよというお話はしていません。
これがいいのか悪いのか賛否両論はありますが、万全のパフォーマンスができない仕事はお断りするようにしています。
『管理はいいよ。安定収入になるから。』
こういうお話ももちろんいただきますし、それに意を唱えるつもりもありません。
『購入窓口を絞らさないとお客さんが逃げちゃうよ。』
こんな話も同業者からしていただきます。
自分のことだけ考えていたらもちろんそうでしょう。
自分からしか買わない。
そんなお客さまを何人か抱えていればそれだけで裕福な生活をすることも可能です。
でもそれが本当にお客さまのためなのかと考えたときにやっぱり躊躇してしまいます。
今は何とかお客さまが途絶えず、生活するのに困ってはいません。
なので、きれいごとを言っていても何とか生活は成り立っています。
でもこの先は分かりませんよね・・・
なので、逆に多くの人のアドバイザーになり相談料という形で還元していただければ、その方がみなさまのお役に立ちつつうちの家計も成り立って行くのかなと思ったり。
不動産に関わりながら従来の不動産屋とは一線を画した形でライフコンサルティングが存続できればいいなとをいだいています。

話は戻りますが、みなさまはどんな夢をお持ちですか?

その夢のお手伝いをできればいいなと考えています。
不安を抱える未来ではなく、安心できる未来を創るために。

これからも夢を叶えるためのご相談お待ちしております。

物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ