ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

仕事

真似って学ぶの語源らしい

モノマネ

マネする

真似する

真に似せると書いて真似

もともとこれは真似ぶという言葉だったらしい

テレビで林先生が言ってた

そのことについて裏を取って書いてるわけではないが、妙に納得してしまった。

仕事は見て覚えるものだ。』
『他人に教えてもらうものではない、見て覚えろ

514780


そう言われて育った世代なので妙に納得してしまう。
ほんと先輩には仕事を教えてもらった記憶がない。
放ったらかし。
でも物件は出してくれたかな?
さすがにお客さんもいることだし、全くの放置ってわけにもいかないだろって。

でもそのおかげで仕事を覚えるというか、自分で考えるということは身についた。

だって目を皿のようにして見ていたから。
先輩の仕事ぶり、お客さんとの会話、話の間を。
そうしておかないと何をしていいのかさえ分からなくなってしまうから。

最初は先輩の真似、そこから。 
というより、それしかできなかった。
先輩の運転手になって車の中の会話を聞いているのだが、会話の中の言葉の意味が分からない。
ん?何言ってるんだ?
分からないことがあったら調べる。
本屋さんや図書館に行って調べる。
だって今みたいに携帯やパソコンで調べるということができなかったから。
おかげでとても多くの専門書を読むことになった。
言葉の意味が分かったところで次のステップ。
覚えた言葉を使って会話を成立させる。
するとまた難しい言葉が登場する。
また調べる。
この繰り返し。

とにかく右も左も分からなかったので営業スタイル、喋り口調は先輩の真似。
話し方も話すトーンも。
ゴリゴリとした強引な営業スタイルじゃない、今のスタイルを確立できたのはその先輩のおかげかもしれない。
私の接客はそうやって培ってきたものです。

こどもも親の真似をして言葉を覚えていきます。
言葉だけじゃなく普段の行動もそうです。
うちの下の子(1歳半の娘)がカバンを腕に引っ掛け、両手で人形を2つ抱えながらリビングをトコトコ歩いてる(お買い物のマネ)のも、オモチャの容器を逆さまに振って両手で顔をペタペタと触ってる(お化粧のマネ)のも、全て母親の真似してるだけのことです。

そうやっていろいろなことを学んでいくのです。
歳を取り、仕事でベテランと呼ばれるようになってくると、誰かの仕事ぶりを見て真似る、学ぶということが少なくなります。
だからこの歳になっても、セミナーとか勉強会に参加していつも学んでいるんです。
もうタダで仕事を盗ませてくれる先輩はいません。
お金を払って学びに行っています。

無料で情報を提供する。
いつもこうありたいとは思っています。
でもね、世の中にはいろんな方がいるのです。
うちのセミナーにも不動産業者さんであることを隠して参加してくる方がいます。
(言ってくれれば気持ちよく参加させてあげるのに)
今後どこでお会いするか分からないのに身分を隠して何をどうしたいの?

電話で相談はしてくるけど自分の身分は明かさない。
で、相談料かかるなら結構です。
いいんですよ。
別に。
ひまな時なら全然相談に乗ります。
でもそう言った人って長くなりそうな相談の時でも
『今少しお時間大丈夫ですか?』
そんな一言もなかったり。

あー、愚痴になってしまった。。。

生き方、人との接し方。
これこそ他人に教えられるものではなく他人の姿を見て学んでいくものです。
真似するということですよね。

『あー。この人距離の縮め方が上手いな。』
コミニケーション能力高いな。』
こんな分かりやすい話ではなくても、
『腰が低いな。』
『偉そうにモノを言わないなー。』
これってうちの業界だけなのか分かりませんが、下手に出たらこれ見よがしに上からモノを言ってくる人とかもいて、初対面の私に丁寧に話をしてくれるだけで
『この人いい人ー。』
って勘違いしてしまうこともあります。

いい意味で相手に勘違いさせること、これってとても重要なことだと思っています。

この学びは多くの人と出会い、多くの方とお話しさせてもらう機会があったからこそ少しづつ身についたものです。

英語の授業で学校の先生に
Repeat after me
私の後に復唱して
って言われませんでした?

真似することこそが初めの教育なんです。

誰もが知らないことを学ぶことはできません。
誰もが知らないことを探すことは発見、発明と言います。

私たちはエジソンでもレオナルドダビンチでもありません。
誰かがやってることを真似し
私たちは自分がやってることを教え、成功者がやってることを教える。
ただそれだけのことでいいのかなと。

そんな場を作ること、それが理想でした。
やっとその場所が完成します。

ちょっとワクワク、ちょっとドキドキ。

学校の勉強はできる方じゃなかったけど、他人に物事を教えれるようになった。
これは業界で培った経験があったからです。

自分が足りない知識は他のお仲間の先生たちに補ってもらいます。(笑)

みんなで一緒に学びましょ。
まずは真似するところから

不動産屋さんの働き方改革

不動産のお仕事
どんなイメージをお持ちですか?

ダークなイメージ
休みが少ない
土日休めないし友だちと遊ぶ時間もない
夜も遅くまで働いていて拘束時間が長い
働いている人も胡散臭い人ばっかり

こんなネガティブなイメージが多いかと。

逆にいいイメージで言うと、
やったらやっただけお金が稼げる
学歴とか経験に関係なくチャンスがある

そんなイメージでしょうかね? 
ここに書いたことは今までの不動産業界そのままです。

ネガティブなイメージもいいイメージもそのまま、労働時間は長く休みも少ないけど稼ぐチャンスはある。
だからこの業界に飛び込んできた人も少なくはありませんでした。
でも今の若い子って、私たちの若い頃のようにお金を稼ぐことに対してガツガツしている人が少なくなりました。

デフレでモノ余りの時代ですから、そんなにたくさんのお金を稼がなくてもそれなりの生活を楽しむことができます。
しかも実家暮らし、車もカーシェアとなるとお金を稼ぐ意味さえ失われてきています。

それなのに労働時間が長く、土日祝が休めない職業となると、職業選択の中に組み込まれる可能性はとても低くなります。
不動産業界で今、人材確保に苦労している所以です。

エージェント募集-20


大手不動産仲介会社さんなんかでは、最近では週休2日が義務付けられていたり、残業禁止という命令も出るようになりました。
でもやることは同じです。

自宅に持ち帰って資料作成したり、こっそり休日出勤をして残務を補ったりという話も聞きます。

小さな会社では完全フルコミッション(完全歩合制)という給与体制も目につくようになりました。
でも、出勤は強いられるところが多いのが実情です。

労働時間が長い=よく頑張っている
こう評価する人がこの業界に多いのも一つの要因です。

かといって、
『営業マンは成績を残さないと何の意味もない』
こんなことを言う上司もいたりします。
結局は、長い労働時間を奉仕し、かつ成績を残すものが偉い。
こういう風潮になってしまうのです。

でも私から言わすと、中身のない長時間労働って何の意味もないよって話です。

それならば、早めに仕事を切り上げて友人と食事に出かけたり、家に帰って本を読んだりする方がよっぽど仕事の役に立ちます。
誰かと接点を持ち話をすることで仕事のヒントになることもあるし、ならなくても気分転換で翌日は清々しい気分で仕事に向かうこともできるかもしれません。

一時間本を読むことで読解力がついたり、話のネタにすることもできるかもしれません。

稼ぐチャンスがあり、かつ自由なワークスタイル、そんな働き方を提供できる場でないと人は集まらなくなってくるかもしれません。

不動産会社に来られるお客様は多種多様です。
平日の日中がヒマな人、土日祝しか身動きが取れない人連絡が取れない人、夜10時以降なら対応できるよという人。
これだけ日本人のライフスタイルが多様化してきている今の世の中で、そのお客様に対応していこうとすると平日も土日祝も、朝も夜も対応可能な状況を作らなければいけません。
非効率ですよね?

しかも、社内でできる仕事などほんの一握りです。

現場で撮ってきた写真をネット上にUPするなら、Wi-Fi環境の整ったカフェからも行えます。
役所に不動産調査するのも、出勤してから向かうより自宅から直行する方が効率がいい場合もあります。

そもそも何のために会社に来るの?
それは、お客様が来店してくるという待ちの営業スタイルがこの業界に根付いているからです。

いつお客様から連絡が来るか分からない。
いつ来店しても対応できるようにしておかなくてはいけない。
だから常に会社には何人か待機しておかなくてはいけない?

その場で食事を提供するようなサービス業であれば、誰もいない状況って作ることはできません。
たこ焼きを買いにたこ焼き屋さんに行って、閉まってれば違うたこ焼き屋さんに行きますよね?

でも、私達の仕事も同じでしょうか?
『◯◯不動産が閉まってたから、隣の△△不動産に行こう』
誰でもいいと思われる仕事しかしていなければ、当然こういった選択肢になってしまいます。

私の友人もそうですし、私もそうですがお客様が来店する際には必ずアポイントを取ってくれます。
それは、じっくりと話を聞きたいから。
突然訪問してたまたま在席していたとしても、その後予定があり数分しか時間がない、こんな自体を避けるためです。

私にとっても、友人にとっても、そして訪ねてくださるお客様にとっても、時間はとても貴重なものだからです。

つまり、出社しなくてもいい状況を作ろうと思えば、仕事の質を変えればいいだけのことです。
オーダー型の仕事を受けれるように。

スーツを仕立てに行こうと思って、採寸から始めてその日に出来上がるってことはないですよね?

でもTシャツを買うのに、出来上がりは来週ですと言われると
『えっ?』
って驚いてしまいませんか?
完全オーダーのTシャツならもちろん別ですけどね。

ZOZOスーツが今話題になっていますが、最初に採寸しておけば、スーツだけでなくシャツなども簡単にオーダーできるそうです。
その採寸も従来のメジャーで測るという自分では測り間違いが起こりそうなものではなく、ZOZOスーツを着て写真を撮るだけで採寸ができるようになるという優れものです。

これは、逆の発想ですよね?
オーダースーツはネットで買うものではなく、足を運んで発注するもの。
シャツも既製のものを買うか、スーツ同様オーダーするか。
その従来の固定概念を完全に覆すものです。

今私たちが思い込んでいる固定概念って、未来の人からするととてもバカバカしいものなのかもしれません。
だって、車が空を飛ぶようになるかもしれない時代が目の前に迫ってきています。

不動産屋さんは、店舗に飛び込んで物件を探してもらうものという時代から、ネットで探して内覧をするために店舗に行くもの。
そしてVRが発達し、内覧すらもネット上で完結できるような時代になっています。
あとは契約、鍵渡しだけ。
その契約もIT重説が浸透すれば、非来店型のショップが出来上がります。
鍵もスマートキーならIDの発行で来店すらいらなくなります。
家賃滞納すればIDのロックをかけることさえ可能ですもんね。

時代は変化しています。
なのに、業態だけそのままっておかしいですもんね?

今のは賃貸の例ですが、賃貸業界では非来店型店舗はいつでも行うことが可能な状況下にあります。
売買もゆくゆくはそうなるでしょう。

そうなれば営業マンの仕事ってどうなりますか?

必要のない職業になってしまうかもしれません。

ではどうすればいいのか?

答えは簡単です。

必要とされる仕事に変えればいいだけです。

ただの部屋探しならより簡単に。

自分で探すより手軽に、かつ優良な物件を。

購入する場合は、物件の選択だけでなくローンを含め様々なアドバイスを必要とします。

アドバイスではお金にはなりませんが、コンサルティングならお金はもらえます。

『こちらのローンなら金利が0.2%安くなります。』

『この住宅ローンなら今加入している生命保険が必要なくなります。その分毎月の出費が抑えられます。』

金利が0.2%変わるだけで35年間の総支払額(金利が変動しなかった場合でも)は115.9万円も変わります。

生命保険を解約できれば、毎月の出費は1万円~2万円抑えられるかもしれません。

これは必要なアドバイスであって、お金を払ってでも聞きたい情報にはなりませんか?

これからの不動産屋さんにとって必要なこと、それはお客様に必要とされる人になることです。

必要とされた人になれば、お客さんを待つ必要がなくなります。

逆にお客さんが自分自身の身体が空くのを待ってくれるようになります。

例えば、私がだれかの話を聞きたいとします。

『この時間なら空いていますけどいかがですか?』

こんなアポの取り方しませんよね?

『いつならスケジュール空いていますか?その時間に合わせてお伺いさせていただきます。』

当然こうなりますよね?

なので、働き方改革で一番重要なのは、自分が他人に必要とされる人間になること。

これが一番手っ取り早いやり方です。

『いきなりそんな人間になれないよ。』

そう思う人は、他人にとって都合の良い人間をまず目指すべきです。

『この人なら自分のことを理解してくれているから相談しやすい。』
とか、

『この人には無理言いやすいからお願いしちゃおう』
これでいいのです。

私が目指しているところもまずはここです。

相談事があるときに、一番に頭に思い浮かぶ存在

ここにさえなっておけば、機会損失はありません。

勤務先が変わろうと、会社名が変わろうと、頼ってくるのは自分個人です。

これが、フリーランスな生き方。

以前の不動産業界では、どこかの会社に所属していなければ不動産屋を名乗ることさえできませんでした。

でも、私たちRE/MAX L-styleでは、自由な働き方を推奨しています。

平日は会社員、夜は不動産エージェント、夜はUberの運転手、昼間は不動産エージェント、そんな働き方があってもいいと思っています。

友人のお部屋探しの時だけ不動産エージェントに、こんな都合のいいパートタイムエージェントも歓迎します。

エージェント募集ページをホームページにUPしましたので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.remax-l-style.com/agent

お金儲けのための仕事ではなく、自分らしい生き方を実現するための仕事に。

お客様にとって一番身近な存在でありたいと共感してくださる方はぜひご参画ください。

自分がエージェントとして活動するのは自信がないけど、将来はそんな生き方をしてみたい。

そんな方にはL-styleClubから勉強してみてください。

https://www.remax-l-style.com/l-style-club

そちらも好評受付中ですので、お問い合わせお待ちしております。

あっ、まだほかのページはスカスカなのでその辺はご了承くださいね。(笑)

SNSの新しい使い方

Facebook、Instagram、Twitterそしてこのブログを日々更新していますが、私なりに使い分けしています。



その使い方が合っているのか間違えているのかは知りませんし、
『この使い方間違えてるよ。』
と教えてくれる人が周りにいてないので、自分なりの解釈にはなってしまいますが。

具体的にどういう使い分けをしてるかと言うと、
Facebook仕事関係の繋がりを増やすために。



Twitter140文字以内で、しかも文字数をできる限り140文字に近づけて自分の言いたいこと、発信したいことをツイートしています。



ブログはTwitterで書ききれないこと、もっともっとたくさん伝えたいことがあるときにニュース記事を取り上げたり、ご存知のように不動産ネタを書いて仕事に繋げたりですよね。

そしてInstagramは写真、動画がメインなので言葉で伝えるというより映像、画像で伝えるものです。

なのでほとんど何も投稿するネタがなかったのですが、最近自分のこどもたちの写真を投稿するようにしました。

その投稿にリアクションしてくれる方や、コメントをくれる方もいます。

その記録がどんどん積み上げられていくのがSNSです。
ブログもそうですが、積み重ねた履歴は消えません。


なので、アルバム替わりに使おうかなと。


写真はスマホやPCに保存はできますが、そのときの心情や感情は記録できません。

でもInstagramなら写真や動画と一緒にその時の感情や気持ちまで一緒に保存することができます。

これってすごくないですか?


小さい頃の自分のアルバムをめくっていると、たまに母親が書き記した一言が添えられていたりはします。

でも、ほんと一言ですよね。

みんなはどうなのかは知りませんが、私の周りはそうでした。

デジカメになり、プリントした写真ではなくデータとして保存できるようになった今、より多くの写真や動画まで保存できるようにはなりました。

でも、編集して一言添えて保存するということまでなかなかしませんよね?

Facebookでたまに4年前の思い出、6年前の思い出みたいなものが表示されたりしませんか?

その時投稿した写真と一緒に、書いた文章までが表示されます。

一瞬にしてその当時の感情が思い出されるのです。

よく事件を起こした人がFacebookをやっていてとかTwitterをやっていて、事件当時の投稿を掘り起こされていますが、過去の記録が残っていっているのですよね。

自分の過去の投稿をチェックしてみると

『懐かしいな。』
とか
『そういえば、その当時こんなこと考えていたんだ。』
と思い返すことができます。

こどもに対しての感情であったりとか、コメントしてくれた人への返しコメントまで全て振り返ることができます。

これって、こどもが大きくなった時に見せたい

そういう感情になってしまいました。

パパはこんなにお前たちのことがこんなに好きだったんだよって。

Instagramはそんな感じですが、ブログやFacebookは仕事でも活用しているので、パパがどんな仕事をしてきたか、どんなことを考えながら仕事していたのか、その軌跡を振り返ることができます。

パパはこうやって頑張ってお前たちを育ててきたんだよ。

残してあげたいというより、分かってもらいたい。

そんな感情なのでしょうね。

こどもたちが結婚して、自分たちも親になるときに自分たち夫婦の歩んできた道のりを見せて、同じようにこどもを愛し、その仕事の原動力子育ての原動力に変えてもらいたいなと。

それは20年後になるのか、25年後になるのかは分かりませんが、自分が死ぬ前には奥さんにIDとパスワードを渡し、アカウントを閉鎖しないように管理してもらい、こどもたちに見てもらおっと。

これが私の相続財産です。

お金は残せなかったけど愛だけは残せたよって。



格好いい感じで言ってみたけど、逆に恰好悪いなこれ。

お金と愛情、両方残せるように頑張ろう。

ちなみにnoteってのも始めました。

こちらには不動産ごとではないネタを書き込もうと始めたのですが、長文の両立はなかなか難しく更新頻度はかなり少なめです。

パパはいろいろ試行錯誤しているのです。

そちらも機会があればぜひご覧ください。

それでは、これからも応援よろしくお願いいたします。

IMG_9905


物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ