ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

仕事

タダほど怖くて無責任なものはない

無料セミナー
相談無料
仲介手数料無料

不動産の世界では『無料(タダ)』という文字がよく登場してきます。
『無料ならいいや、参加(相談)してみよ』
そう思う人も多いかもしれませんね。

私自身も、人の話を聞くのが好きなので、いろいろなセミナーに参加します。
無料のものもあったり、参加費が必要なものもあったり、それはセミナー内容によって変わってきます。
基本、セミナーの場合、無料のものは
自社の商品、サービスを宣伝』したいがためのもの
顧客を増やしたい』ためにするもの
もう一つは、会費を払っている会員向けに講師を雇い開催するもの
このいずれかですよね?

最後の会員向けってのは、宅建協会の勉強会であったり、不動産コンサルティング協会の勉強会であったり、すでに会費を集めている団体が、その会費から負担して開催しているものです。
なので、たまにとてもいい内容のセミナーがあったりします。

でも、その他の無料セミナーのほとんどは、顧客の誘導のためであり、自社の利益のために行われているものです。
セミナーの内容、セミナー内で使われている統計も、自社商品、自社サービスに適した内容ばかりをチョイスしています。
節税目的の不動産投資セミナーなど、中層所得者にはほとんど恩恵があるものでない(ふるさと納税で十分じゃない?)にも関わらず、あたかもやらなきゃ損という内容に落とし込んでいます。
つまり、何が言いたいかというと、
タダでは誰も自分のために何かをしてくれないということです。

697109

誰かが、他人のために無償で動いてくれる理由、多くの場合はその人のことが大好き、もしくはその人が自分にとって利益があるからしてくれるものです。
自分が何かしらの有益なものを提供できるなら、その有益なコンテンツを利用するために人は集まってき、お互いにWIN-WINの関係が保てるかもしれません。
もしくは対価を払うことにより、人からサービスの提供を受けることができます。
でも、相手に何もしてあげれない、対価(お金)も払わない人に対しても、有益なサービスを提供してくれることはありません。
お金目的で行動する人ばかりでないのは当然です。
でも、人に教えてくれるというその行為だけではなく、その人の時間も浪費してしまうということに気付かなくてはなりません。
人に与えられた時間は共通で1日24時間と決まっています。
それは、生まれたばかりの赤ちゃんでも、世界の大富豪でも同じです。

時間の浪費こそが、自らのお金を稼ぐチャンスを奪ってしまっていることに気付きさえすれば、無償のものに魅力を感じることがなくなるかもしれませんね。

時間をお金で買う
これは、成功者みんなが行なっていることです。
他人の時間を無駄に奪うことは悪であり、無償で提供する情報に価値がないことを知っているからです。

他人を動かせば、そこにフィーは発生し、フィーの発生しない仕事は、
『うまくいけばいいや』
『何かに繋がればいいや』
その程度の覚悟です。
そこにプロとしての責任と責務は発生しません。

プロ野球選手に
『うちの草野球に参加してよ』
とは言わないですよね?

でも、例え5千円でも1万円でもフィーが発生すれば別です。
1円でもお金を受け取る以上、責任のある仕事をしなくてはいけません。

私たちが今行なっている仕事、これはプロの仕事です。
ですが、成功報酬で動いています。
一生懸命動いてもフィーが発生しないこともあります。
調査や宣伝広告で先に出費が伴うこともあります。
でも、その先に繋がる報酬が見えているからこそできる話であって、先に繋がらない話なら誰も一生懸命動いてなんてくれません。

これって実は私たちの仕事の話だけではないんですよね。
よく、
『◯◯行くならついでに◯◯買ってきて』
『◯◯の仕事頼むなら、ついでにオレのもお願いしてきて』
えっ?
って話。
買ってくるのはいいけど、それを届けに行かないといけないやん。
こっちは仕事なんでお金払ってるけど、何でタダ乗りしようとしてるの?
『◯◯行ったから、お土産で買ってきたよ』
『自分の仕事頼んだから、ついでに一緒にやってもらうように声かけたら、タダでやってくれるって』
結果は一緒でも、相手の心象は大きく変わってきます。

タダのものに期待しない。
何かを得れればラッキー、何もなくても当然。
タダで人に頼む時には、これくらいの心構えでいましょうね。



いくら稼いでどんな生活がしたいの?

『年収いくら欲しいですか?』
『えーっと、そうですねー。1千万円くらいでしょうか?』
『何で1千万円必要なんですか?』
『なんかそのくらいが成功者の一つの目安かなと思いまして。。。』

『ちなみに今はどのくらい貰ってるんですか?』
『えーっと、400万円くらいでしょうか。。。』
たぶん、400万円も貰ってないですよね(笑)

これ、よくあるパターンのやつですけど、明確な目的・目標がなければ、そこに達することはありません。

年収300万円の人が年収1千万円になるには、3倍以上の収入を得る必要があります。
フルタイムで働いている社員さんなら、労働時間は月何時間ですか?
週40時間として月で160時間。
1ヶ月って30日換算すると、720時間。
労働基準法を無視して、3倍の労働時間にすると480時間なので、まだ240時間も残ってる。
毎日8時間寝れるやん。
ほんとに?(笑)

通勤時間もあるし、お風呂入る時間、歯を磨く時間もいるし、不可能ですよね?
ってことは、必然的に仕事の質を上げないと無理。
労働単価を上げなければ無理です。
かといって、
『◯◯くん、来月からきみの給料3倍ね』
こんな話が降って湧いてくることないですよね?
プロスポーツ選手でもあるまいし。

同じ仕事をしていきなり3倍の給料を貰えるわけもないので、労働環境を変えるという選択肢に至るわけです。
転職サイトを見て応募してみたはいいけど、結局しばらくすると同じ不満が。
『なんかここにいると人生浪費してるような気がする』
この繰り返し。
こういう人たちを多く見ます。
『あなたはそんな生活でいいんですか?』


何だかこんな書き出しで始まると、変な勧誘とか、
『私は◯◯で成功しました』
って、フェラーリや札束の写真が登場し出して、って感じのような話になるやつよく見ます。
そんな話をするつもりも、これをやれば儲かるって話でも全然ありません。

だって、稼げる人は勝手に稼いでるし、稼げない人は一生稼げないままです。
誰もが、普通にしていて、年収1千万円稼ぎ出せるはずがないじゃないですか?
そんなに世の中甘くありません。
今の日本で年収1千万円を稼ぎ出している人は全体の約4%しかいません。
比率でいうと25人に1人。
つまり、高校のクラスでいうとクラスで一番かわいい女子・男子の比率と同じですね。
例えば足が速い、野球が一番うまい、喋りが一番面白いなど、自分の特技では一番になれたかもしれませんが、社会に出ると同じ特技を持った人間に多く出くわします。
総合的に1/25になるのは、容易くないかもしれませんよね。
ただ、そのハードルをくぐり抜けて1/25にならないとそうはなれないということです。
どうです?
自信をなくしましたか?(笑)

でもね。
社会で必要とされることは、決して総合的なものでもないのです。
ラーメン屋さんに求められるのは、美味しいラーメンを作ること。
コーヒー専門店に求められるのは美味しいコーヒーを入れること。
経理に求められるのは正確な記帳。
自分が一番輝ける場所を見つける。
それが仕事探しです。
ニーズを把握するということです。

他人と同じ仕事、考え方しかできない。
でも、周りと同じことはできる。
これって学校生活では求められたことですが、今の社会では存在意義がなくなってしまいました。
就活では有効ですよ。
飛び抜けた優秀な人材だけでは会社は成り立ちません。
その他大勢の普通の人もいるから、業務が成り立ちます。
みんなが年収1千万円のコンビニだったらどうします?
百貨店並みの商品揃えて、バカ売れしていかないと存続できませんよね?
ラーメン屋さんの一店舗ならどうでしょう?
そのラーメン屋さん、ラーメン一杯いくらするんでしょ?

個人の収入の裏には会社の利益があり、その利益を確保していかないと個人に還元はされません。
サラリーマンの場合、
『いくらやっても給料が上がらない。ボーナスにちょびっと還元されるくらい』
と愚痴を言う人もいます。
でも、私たち起業している側からすると、毎月安定した給料を支給されていることが、羨ましく感じることがあります。
自分で飲食店を経営していたとして、お客様がゼロでも家賃がかかり、食材の仕入れ代がかかり、アルバイトスタッフの給料がかかってきます。
つまり、ゼロはゼロではなくマイナスなのです。
起業するということは、そのリスクを取るということです。
私も開業当初から順調に進んだわけではなく、赤字続き、貯蓄がどんどん減っていくということを経験しています。
そのリスクの先に見えるリターンを求めて頑張るわけです。

自分らしい働き方
自由な働き方
これを手に入れるためには、お金なんか関係ない

もちろんそういう素晴らしい考え方を持っている人もいるでしょう。
でも、家族がいる場合はそうもいきませんよね?

であれば、少なくとも考えられるリスクを軽減し、リターンの多い仕事を選ぶことをお勧めします。

『そんな仕事あるの?』
なかなかないですよね?
私もそう思います。(笑)

でも、先ほども言ったでしょ?
自分が輝ける場所を見つけること。
自分が必要とされる環境に飛び込むこと。
これが大事です。

自分に一体何ができるのか?
自分には他人にないどういったモノ(知識・経験・情報・人脈)が備わっているのか?
その適正を見極めることです。
何か一つでもあればその武器を活かすことはできるはずです。

環境を自分で見つけることができない人は、ぜひうちのエージェントとして活動してみませんか
きっと輝ける場所を提供できると思っています。

なんか最後はうちの宣伝になっちゃったなぁ。(笑)

でも、うちのエージェントにならなくていいので、自分の輝く場所を探してみてください。
自分を必要としてくれている空間で仕事するって気持ちいいですよ。
それが自分の生活の糧となるならなおさらいいじゃないですか?

どんな人にも輝ける場所は必ずあります。
見つけれるかどうかは別にして。

そこがどこかを決めるのはあなた自身ですからね。
諦めず自分探しの旅に出ましょう。
284921

仕事ってなに?

フリーランス
働き方改革

今流行りの言葉です

いずれも働く時間を集約し、プライベートの時間を持つ
自分のライフスタイルに仕事を合わせる

こういうことなのでしょうか?

仕事というものは本来どういうものなのでしょう?
原始時代に遡れば、仕事、狩り、獣を狩りに行ったり魚を取りに行ったり、果物を集めたり、これらは食べるため、生きるために行っていたはずです。
そこで自分たちでは食べきれないほど獲物や食料が取れたとしたらどうしたでしょう?
お金という概念がなければ、他人に分け与えたり、また貸しという形で恩を売る形で配布したかもしれません。
食糧難に備えて、腐らないよう保管する技術も身につけていったはずです。
狩猟が上手い人に教えてもらったり、雑用を引き受ける代わりに狩猟の方法を教えてもらったりもしたかもしれません。

そうやって技術というものが伝えられていったのでしょう。

ここでまず、誰よりも上手く狩りをするという人が現れるわけですが、その人は最初から達人なわけではなく、獲物の動きを分析し、投げ槍や弓矢の技術を磨いていったか、より遠くに飛ぶ槍、より早く獲物に刺さる弓矢を改良、開発してきた人なのでしょう。

この技術を他人に教える、道具を開発して普及させる、これは現代にもある仕事です。
需要があり、世の中の人が必要としているものです。
先ほどの保管するという技術、これも保管する環境を管理することだけでなく、より長く保管できる器を開発、改良していった人もいるわけですよね。

ただ狩りをするという話だけではなく、そこからビジネスは始まっていたといっても過言ではありません。
調理の仕方も一様ではなかったでしょう。
あの人は調理するのが上手い。
獲物を半分分ける代わりに美味しい調理方法でこの獲物を食べようじゃないか。
こんな話もあったかもしれません。

寝起きする家、洞窟なのか、藁葺き屋根なのか分かりませんが、古くなったりボロボロになったりすると、直す人も必要だったでしょう。
また、誰かの家と交換する、こんな話をあっせんする役割を担った人もいるいるかもしれません。
仕事って『誰かのニーズ』に合わせて生まれていくものです。

私たち不動産屋の仕事も
『家を買いたい』
『家を売りたい』
『部屋を貸したい』
『部屋を借りたい』
というニーズにより発生します。

今までの不動産業界と言えば、
『家を買いたい』
じゃあ『買いましょう。いい家探しますよ』
『家を売りたい』
じゃあ『売りましょう。いいお客さん見つけてきますよ』
『部屋を貸したい』
じゃあ『貸しましょう。すぐに入居者見つけてきますよ』
『部屋を借りたい』
じゃあ『いい部屋探します』
だったんですよね。

つまり、物件ありき
問い合わせも物件に紐付いて入り、自分が気に入った物件を掲載している業者に問い合わせる。

その物件を掲載している業者がどんな業者で、連絡をくれてる担当者がどんな担当者なのかは蓋を開けてみるまで分からない。
担当さんは気に入らないけど物件は気に入ったので仕方なく契約した。
こんな声を聞くと悲しくなります。

物件に直接問い合わせできれば。
管理会社や家主に直接問い合わせできれば。
こんなストレスも解消されます。

うちの会社の近所に老舗の不動産会社があります。
そこは賃貸契約でも立会い契約。
重要事項説明まで他社が部屋付したお客様まで、その会社でします。
手付金の支払いもその会社に。
決済金の入金もその会社に。
それは、自社の管理物件に入居するお客様への配慮、家主さんに対してのプロ意識なのだと思います。
でも、近所の業者の営業マンは、
『面倒くさい』
『雑収入(消毒代や鍵交換代)が取れない』
などと、訳の分からない自分の都合で紹介するのを敬遠します。

これが今の賃貸仲介の世界。
分かりやすく言うと、同じ物件を借りるのでも、どこの会社を窓口にするかで費用が変わることがあるってことです。

だからといって、
『うちは仲介手数料無料です。』
『他社で内見した物件でもオッケーです。』
こんなことを言ってる業者を選んではいけません。

だって、普通に考えたらモラルに反しているでしょ?
他人が行った仕事を横取りしていくだけのただのハイエナです。
この言い方だと逆にハイエナに申し訳ないかな?
ハイエナは狩りをした猛獣に気を使い、食事が終わるのを待ったり残り物しか食べなかったり。。。

モラルに反する営業内容を行う不動産屋さんをそもそも信用なんてできませんよね?
というより、できないって言ってほしい。

そんな業者さんが最近横行しているような気もするので、注意喚起です。
業界のルール、人としてのルールを守らない人たちがお客さまのためを思って仕事しているとは思えないから。
これは車屋さん、引越し屋さんでも同様のことが行われています。
『◯社さんの見積書見せてもらっていいですか?』
『あっ。これよりも安くなります。』
ではなくて、最初から良心的な金額で提示しようよ。
安くできるなら最初から安くしようよ。

これって結局、自分のやってる仕事にプライドがないから、お金だけ、金額だけの勝負しかできなくなるんです。
今後、不動産屋さんの仕事も二極化していくような気がしています。
『手数料が高いから、安い業者に』
『プロに頼みたいから手数料払ってでもお任せしたい』
中途半端はなくなるんじゃないかな?

でもね。
手数料払うのがイヤなら、基本自分で全てやってしまえばいい。
賃貸の部屋を借りるのも、自宅を購入するのも。
自分で貸主を見つけて交渉したり、自分で売主を見つけて交渉すればいいだけの話です。
自分でやろうと思えばできるんですから。

そういう流れが今後は出てくるのかなと。
売主・貸主が自ら募集活動をし、買主・借主が直接問い合わせをする。
契約業務の補助として不動産エージェント、調査員が手助けをする。
住宅ローンなど、融資が必要ならローンのエキスパートが介入し、お客様に最適なローンを紹介する。

その手数料は、今の不動産業者が取得している手数料に比べて極めて低い水準になるかもしれない。
『儲からないならやーめた』
廃業する不動産屋さんも増えるかもしれません。
そうなると、『儲かるから』という理由だけで不動産業を開業している業者はいなくなります。

『儲かる』からではなく、『必要とされているから』存在している不動産業になった時、私たちの仕事は輝きを増すような気がします。

やっぱり、『世の中に必要とされる』人でありたいですよね。
そのためには、日々勉強です。
そして、同じ志を持つ人たちを集めるための普及活動です。
その一つが今のRE/MAX加盟であり、うちのオフィスに在籍するエージェントさんたちを集める活動です。

FullSizeRender

RE/MAX L-styleでは、こんな売却活動を開始しています。
より高く、より早く売却するための提案です。
こんなアイデアを出し合いながら、これからも頑張っていきますので、ぜひご相談ください。
これからもよろしくお願いいたします。




物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ