ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

仮想通貨

民泊って3年後どうなっているの?

民泊関係の話を業者さんとしているときによく言われる言葉があります。


『それって今だけでしょ?』
『3年くらいしたらあかんようになるんじゃないの?』

そういう声を聞いたら私なりの見解をいろいろと説明はしていくのですが、返ってくる答えは
『だってホテルもいっぱい建ってきてるし。』
『こないだも民泊の部屋で事件もあったし。』
『そもそも外国人旅行者ってそのうち来なくなるんじゃない?』
否定的な意見ばかりです。

そりゃそうです。

不動産業者さんって革新的なことにいつも反応が悪い。
でも別にみんなに参入してもらおうとしているわけでも、巻き込もうとしているわけでもないのでどっちでもいいのですけど。

20数年前私がパソコンで物件看板作成していたら、
『不動産広告はやっぱり手書きじゃなきゃ。味が出ないよ。』
インターネット広告に変化していったタイミングでも、
問い合わせが入っても
『メールじゃなくて電話してこいよ。』
『ネットじゃ物件の良さは伝えられないぞ。』

10


売買広告に関しても未だに物件資料に広告不可の文字をたくさん見かけます。
時代遅れなんでしょう。

今の時代の流れのスピードに気付いてさえいない。
時はずっと同じ流れで刻まれていると思っている。

加速度というものを考慮していないのですよね。

車でもアクセルを踏み込んだ瞬間に時速100kmは出ませんよね。
徐々にスピードアップして、そのスピードに到達する。

時代の変化も今は加速度が付き目で追いきれないくらいのスピードで進化しています。

3年後?

何やっていても安泰した未来なんか描けてませんよ。

仮想通貨をやっていた人も、数ヶ月前までは
『もうおれの未来は安泰。』
こう思っていたはず。

昨年末までは株をやってるだけで、
『もう仕事しなくてもこれだけで生活できるんじゃ?』

そう思っていたはず。

でもどうですか?

仮想通貨は大暴落。

日経平均も25,000円、30,000円って言われだしたら22,000円を割り込んでいます。

そんな状況の中、3年後までの未来が見える話に興味を示さないことが不思議で仕方がありません。

『やったことないから。』
『分からないから。』

そりゃそうでしょ。

あなたがやったことがあって成功しているなら、私に話など聞きに来ないでしょうし、分からないから聞きにきているわけですよね?

不動産業を開業したときに
『やったことないから。』
と言って不動産取引を断ったんでしょうかね?

その点お客さんの方が反応が早い。

『それ、面白そうですね。』
『これくらいしか資金用意できないのですけど、何とかなりませんかね?』

『いくらくらいあればできそうですか?』

やる前提で話を聞きにきている人と、やらない前提で話を聞きにきている人の差は歴然としています。

やらない前提の人はやらない理由を探していて、やる前提の人はやらない理由があるのかを確認しにきている。

それは話を聞く姿勢にも態度にも現れていますよ。

やると決めた人でも、私から物件を借りたり買ったりするかどうかなんか分かりません。

別に何かを売りつけようとしているわけでもありません。

買うって言ってくれたって、全額融資でお願いしますって言われるとまだ今の私にはそのスキームがありませんし。

かぼちゃの馬車と同じことをしようとしているわけではありませんし、私は自分で運営管理をしてみたい。

今のままの不動産取引をしていても見えない未来があり、その未来を明確な明るい未来に変えたい、その一心で取り組んでいます。

そのためなら情報収集に割く時間は惜しくはありません。

普通の賃貸経営に比べると格段の手間はかかります。
管理を任せると言っても、そのノウハウを持っている会社はそんなに多くはありません。

なので不安な気持ちはよく分かります。

ですから、無理強いすることもありません。

やりたい人だけやればいいし、分からないと思うならやらなきゃいい。
それだけの話です。

でも、何かにチャレンジしていなくて不安じゃないのかな?

来年も再来年も不動産バブルが続き、買い手数多だと思っているのでしょうか?

先日心斎橋の地価が梅田の地価を抜いたというニュースが出ていました。

坪5,200万円ですよ。

バブル絶頂期より高いかもしれません。


そちらのバブルの方が早く弾けそうだと思っているのは私だけでしょうか?

収益マンションバブルもどうなるのでしょう?

スルガスキームも一旦休憩でしょうか?

東京の三為業者さんからの電話も、スルガ銀行一辺倒から
『地元の信用金庫、信用組合さんで融資付けますので大丈夫です。』
少しテイストが変わってきました。

大阪厚生信用金庫、大阪協栄信用組合。
2、3年前に戻っちゃいましたね。

もう完全に容積率オーバー、耐用年数超過物件のバブルは弾けちゃいました。

かと言って、築浅のマンション、RCのマンションなどはまだ低利回りで売れています。

銀行も貸し出す先を見つけるのに躍起になっています。
貸したくない先には、
『最近本部の評価が辛いのでそこまで伸びないかもしれませんね。』
貸したい先には、
『全額融資出しますから物件探してください。』
あっ。
これって金利1%前後で借りれる人の話です。

3%、4%の金利なら創業間もないうちの会社でも
『融資付けますから何か物件ありませんか?』
そんな話はありましたよ。

あなたはどちら側ですか?
1%前後の金融機関に
『借りてください。』
と言われる側か、
3%、4%の金融機関に
『貸してください。』
と言う側か。

後者なら自分からアクション起こさないと何のムーブメントも起こせません。

『民泊?どうせ何年か経ったらダメになるんでしょ?』

あなたはどう思いますか?







仮想通貨とクレジットカード、そしてシンギュラリティ到来?

コインチェック問題、その後の仮想通貨の暴落。

また切り返してはきていますが一時期のような勢いはなくなっています。


そもそも仮想通貨という呼び方がいけないのではないですかね?

ブロックチェーン、暗号通貨。

この呼び方の方がしっくりくるのですが、仮想と呼んでいる自体で何か騙されるのではというイメージが沸くのは私だけでしょうか?

世間では仮想通貨で浸透していますが、何か呼び名はないもんですかねー。

他の呼び名で書くと少々ややこしくなるので仮想通貨で通しますが、この仮想通貨の取引にはクレジットカードが使えていました。


証拠金を振り込まずともクレジットカードで購入ができますので、中にはついつい勢いで購入しちゃった人もいるかもしれません。

クレジットカードで購入すると翌月もしくは翌々月に請求がやってきますが、そのタイミングまでに売却して現金化してしまえば支払いに間に合う。

こんな考え方で購入していた方も中にはいるでしょう。

この人たちは価格の暴落でカードの支払いができないなんて目にあってないのですかね?

一時期メルカリでカード決済で現金を販売していたというニュースがありましたが、多重債務者にとってはカードのが現金に変わる、この需要があることは確かです。


カードの枠で現金化でき、なおかつ儲かるかもという幻想を抱かせる、このスキームは誰が思いついたのでしょうか、弱者を食い物にするすごいスキームです。

そもそも株式投資でもFXでもクレジットカードでは購入できませんし、クレジットカードで購入した原資でレバレッジもかけれる、こんなことを黙認していた金融庁にも問題があるような気もするのですがどう思いますか?

しかもこれで損した分は確定申告で税金分が戻ってくるわけでもなく、儲けた分は雑所得として累進課税で徴収すると、これまたエゲツない話です。

損した部分はあなたの自己責任、得した分はきっちりと税金を納めてね。

ヤ◯ザ並みにエゲツないやり方です。

入り口と出口の整理をきちんとしないとなかなか参入しにくい市場になってしまいます。

仮想通貨、ブロックチェーンの仕組みはとても良くできていると思いますし、今後は日本も現金を持ち歩かなくてもいい世の中に変化していくかもしれません。

Suicaやnanaco、クレジットカードにキャッシュカード、種類も多く入金管理するのも大変です。

財布もいろいろなカードでパンパンです。

全てを一元管理できる仕組みができればありがたいのに。


そんな淡い期待を寄せて仮想通貨の未来に少しだけ投資してみました。


今回の株式市場の暴落の連鎖は今ある経済市場の崩壊への一歩かもしれません。

株式投資、仮想通貨の暴落、この市場の資金はいったいどこに向かうのですか?

預金?

そんなわけないですよね。

タンス預金?

物騒な世の中にそんな選択肢も持てません。

金?

今のタイミングで金の価格が大きく上昇しているわけではありません。

一昔前に比べると大きく上昇してはいますが。

でも、やっぱり金が一番みたいな話になればいつの時代の話なんだということになってしまいます。

江戸時代と変わらない経済の価値観になってしまいます。

今何かが大きく変わろうとしている節目なのかもしれませんね。

シンギュラリティなんでしょうか?

今回のニューヨーク市場の株価暴落はコンピュータの自動売買システムが発動したからだという話もあります。


AIが今の経済の仕組みを壊そうとしているのかな?

625925


少しSFチックになりましたが、AIが自らシステムを開発していけば世の中は格段に進歩するかもしれませんが、その裏で人間が作り出したものを否定することもあり得るかもしれませんものね。


私たちの多くの仕事がAIに取り変わられるとも言われています。

『でも人間味があっていいよね。』

こんな仕事もたくさんあります。

食事に行って店員さんがニコッってしてくれるこの温かみはコンピューターには出せないですよね。

あれ?

出せるようになるのかな?


でもご飯は目の前で料理人が作ってくれるから味わい深く美味しく感じますよね。

これも選りすぐりのシェフの味を再現できれば考え方も変わってしまうのですかね?


そう考えると人間が必要なことって本来は働くことではなく、人とのコミニケーション、家族であったり恋人であったり、友人であったりと触れ合うこと。

一番大事なことはお金ではなく大切な人と過ごす時間なのでは?

そういうことを思い出させてもらえる時代に変化していくのかもしれませんね。


でも、そうなるとどうやって生活、生計を立てていけばいいのかな?

誰もが稼げなくなれば税金を納める人もいなくなり、社会のインフラ整備もままならなくなります。

食料だって誰が作り、その対価は何になるの?

便利な世の中になれば、必要のないものはただ飯を食い、ただ環境を壊す人間だけ。

そんな選択肢をAIが持たないとは限りませんよね。

だから、自動のシステムなんて作らない方がいいのです。

自分の手で行うからいいのであって、工場の流れ作業でもコンピューターがする部分と人間の手作業が必要な部分、ここで分かれているからこそ住み分けができます。

全てコンピューターで賄えるなら、そこには雇用も生まれません。

雇用が生まれなければ社会は機能しません。

私たちの仕事は人手でないとできない仕事でしょうか?

自分でないとできない仕事、オンリーワンになることがこれからの時代を生き抜く唯一の術になるのではないでしょうか?

そんなことを考えながら、自分でしかできないことを考えています。

でも思いつきませーん。

そりゃそうですよね。

ただの一般人ですから。

あっ。

でも不動産のことなら人並み以上には知識があり、人並み以上の経験を積んでいます。

やっぱ、これを売りにするしかないな。

これが今日の結論でした。


不動産の仕事が全てAIに取り変わられませんように。。。

クレジットカード、仮想通貨の話からだいぶジャンプしてしまいまして申し訳ありませんでした。(笑)




にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


仮想通貨の大暴落、株価の大暴落、景気はどうなるの?

今日昨日のニューヨーク株式の大暴落を受け、日経平均も大きく下げています。

昨日も592円45銭下げており、今日は午前の終値で前日の終値より1194円21銭(5・26%)安い2万1487円87銭となりました。

FullSizeRender

昨日と今日で1786円66銭と大幅な下落となっています。

一体どうなるんですか?

Bitcoinも年始から比べると1/3に
FullSizeRender

rippleに至っては1/5まで下落しています。

FullSizeRender

まぁ資産家の人たちに比べると買ってる金額も知れていますから、ダメージは少ないのですが。。。

頭を抱えている人も少なくはないのではないでしょうか?

んー。

不動産投資をしている人は株や仮想通貨にも手を出している人が多いはずです。

不動産価格がここまで一気に下落することは今まで見たことがありません。

あっ。
バブル崩壊の時はこんな感じだったのかな?

その頃は不動産を買える資力も、高額な不動産をどんどん販売する営業力もなかったですから、マイホーム価格が徐々に安くなってきてるなという柔らかな実感でした。

みなさん大丈夫ですか?

資産家の方の中には、
『逆に今が買い増しのチャンス』
と捉えてる方もいますし、大暴落で撤退という人も見受けられます。

一般の方は損切りで撤退している人も続出していますし、そう考えるとやはり余裕資金で投資を行うことの重要性がよく分かります。

資産の何分の一かで投資を行なっている人は買い増しのチャンスと捉えることができ、資産のほとんどで投資している人は撤退を余儀なくされます。

これは不動産投資でも同じことです。

余裕がさらなる資産を作る。

お金がお金を生み、お金がない時に欲を出すと資産を失ってしまいます。

でも資産がないから増やしたくなるのですよね。
レバレッジをかけて大きく儲けたくなります。

ダメですよね。

今回の暴落が今日で終わり反発するのか、まだ明日も引き続き下落するのか。

日本の景気のためにも、ぜひとも午後から反発することを祈ってます・・・

って書いてる間にまた下げ幅が拡大してます・・・

大丈夫ですかね?
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ