ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

働き方改革

RE/MAX のエージェント制度とは?

RE/MAX L-styleでは、エージェント制度を導入しています。
というより、うちのオフィスだけでなくRE/MAX の加盟店は全てこのエージェント制度により活動しております。

海外の不動産取引では、各エージェントが顧客に寄り添い、顧客の利益の最大化を図るため活動しています。
エージェントが担当するのは、売主買主双方ではなく、売主側のみ、または買主側のみです。
それは、双方仲介することにより、双方の利益を確保することが非常に難しくなるからです。
多くの取引では、買主の利益=売主の不利益、売主の利益=買主の不利益に繋がります。
分かりやすく言うと、
高く売りたい売主と、安く買いたい買主の利益が合致することが難しいからです。
このことは以前から不動産業界で取り沙汰されていました。

囲い込みという、売主側業者が自ら買主も見つけるために広範囲で募集をかけず、直接のお客様のみに物件を紹介する、こういったことが長年行われてきています。
それはもちろん何のためにするのか?
売主側のみの担当をする仲介業務を行う場合、仲介手数料は売主側からのみ取得します。
逆に、買主側のみの担当をする場合、仲介手数料は買主側からのみ取得します。
仲介手数料の上限は、売買金額の3%+6万円(400万円以上の物件の場合)になりますから、3千万円の取引をした場合、買主側業者は最大96万円(消費税別途)、売主側業者も最大96万円(消費税別途)受け取ることができます。
これを双方仲介した場合、192万円(消費税別途)受け取ることができるので、大手不動産会社などでは、営業マンにこういう取引を推奨してきたわけです。

でも、私たちRE/MAX エージェントはお金のためだけに業務を行なっていません。
自分に依頼した依頼人にとって、最も有意義な売却方法、最も有意義な購入方法を提案しています。
それは、RE/MAX の基本理念、Everybody Winsに基づいているからです。

REMAX_mastrBalloon_CMYK_R


続きはこちらから

今の働き方に満足していますか?

働き方改革
一億総活躍社会



こんなスローガンが今の日本では掲げられています。

一億総活躍社会って言っても働き場所、働く機会がない。
働き方改革って言っても、自分の会社では何も変わっていない。

こう思う方も多いかもしれません。

でも、世間ではインフルエンサーと呼ばれる人たち、YouTuberやInstagramer、ブロガーの人たちは自分のライフスタイルを確立していますし、ゲーマーなど新しい職業も育ってきています。



結局、社会の歯車として一部品としての人生を歩むか、一個人として個性で戦っていくか、そういう選択を強いられている今の世の中ではないでしょうか?

個性が強い
この言葉はひと昔前は、人を形容する悪い代名詞でした。

個性を押し殺して会社のために、社会のために生活する、これが美徳だと。

でも、その生き方を実践してきた人にとっては厳しい時代になっています。
誰にでも取って代われる仕事はどんどんAIに奪い取られ、何年後か先には自分の働き場所さえ存在するのか?
そんな心配をしなくてはいけないようになってきています。
働き方改革?
在宅勤務、フレックスタイムって言っても、自分の今やってる仕事が在宅でも可能な仕事ではない限り、淘汰される立場の仕事であるという認識を持たなければなりません。

営業職でさえ、AIに取って代わられる心配がある世の中です。
すでに保険営業は対人式から、ネット販売へと大きく移り変わっています。
そのうちというか、近い将来車の営業や不動産の営業も取って変わられてしまうのではという心配も尽きません。

でも安心してください。
ネット販売が主流になった保険業界でも、以前にも増して第一線で活躍している保険代理店、外交員の方もいます。

何が違うのか?
お客様自身で選ぶより、お客様に有益な、そして生活設計にフィットする商品を提供できるかどうか。
ここに尽きるわけです。

手数料が高いからと言って、その商品を勧めるのではなく、仕事が欲しいからと言って、無理やり商品を勧めるのではなく、今の保険の方がメリットがあると思えば他社の保険であっても据え置くことを提案したり、加入しないという選択肢を提供できるお客様に寄り添ったアドバイス、コンサルタントができるプロです。
車の販売も、不動産の販売にも同じことが言えます。

車の購入を相談するとき、
『この車欲しいと思うんだけど。』
こういう相談をした時に、
『その値段で話ついてるなら、その車買った方がいいんじゃないかな?』
こんなことを言ってくれる営業マンがいれば信頼しますよね。
車屋さんの場合、たまにそんな営業マンに出会うのですが(なぜなんだろ?)、不動産の営業でそんな人を見ることは皆無です。

物件にケチをつけれなかったら、
『あの不動産屋さん評判悪いんですよね。』
こんな根も葉もない話をしてくることもあるくらいで…

お客様より自分の売上、自分の会社の利益を優先します。
それは不動産業が利益至上主義だから。

そんなアドバイス必要ですか?
要らないですよね?

必要ないということは必ずいつか淘汰されるということです。

お客様が求めているのは、不動産屋さんとしてのプロのアドバイスであって、自分(自社)の利益では当然ながらありません。
それが分かっている営業マンなら、将来を見据えて営業スタイルを変えていくべき。

目先の売上ではなく、目先の信用、将来の信頼を得るために。

それが数年後には必ず花が咲くはずです。

全てのお客様が自分のアドバイスに感謝してくれるわけでも、その感謝の気持ちを返してくれるわけでもありません。
でも、その信用・信頼が別の形で返ってくることもあるのです。

以前の会社で創業当初、自らも営業マンとしてお客様と向き合ってきました。
その時に考えていたことは、今の売上にならなくてもそのうちいつかの売上になるなら一緒だから、自分の気持ちを裏切らないでおこう。
そう考えて営業していました。
これも社員という立場でなかったのでできた話なんでしょうが。
その時は賃貸営業をしていました。
『うーん。今借りなくてもいいんじゃないですか?無理して引越しする理由がないでしょ?』
『お金をもう少し貯めてから探したら、もうちょっと理想に近い物件出てきますよ。ちょっとお金貯めるの頑張りましょう。』

このお客様が数ヶ月後お金を貯めて戻ってきてくれたり、他には別のお客様で他社で見てきた物件があり
『この物件良かったんですけど、何か他にもないかなと…』
こんなことを言われても
他の物件を探して、それでもやっぱりこの物件が一番となれば
『この物件いい物件ですよ。私もこの物件今勧めていた物件ですから。そのまま◯社さんで申し込んだらどうですか?』
こんな話をいつもしていました。
すると、そのお客様が友だちで部屋探ししているお客様を連れてきてくれたり、
『自分の時は別のところで借りたんだけど、一番親切だったから。』
こんなことを言われると嬉しいですよね。

今は売買中心なので、このスパンは少し長いスパンになってしまっていますが、それでも今でも紹介のお客様で仕事が成り立っているのはこのお陰かもしれません。

信頼は時間をかけて形となって戻ってきます。
自分が諦めなければ。
また、同じ仕事を続けている限りは。

個性と言ってもいろいろな個性があります。
自分が特別目立つタイプの人間じゃないから個性がない、そういうわけではありません。
おとなしいけど、堅実な仕事をこなす、これも個性です。
口数は少ないけど、いつも的確なことを言う、これも個性です。

たった一人でも自分のことを愛してくれる家族や友人がいる人は、自分の個性を認められた人だと思っています。
その1人を2人、3人に増やしていけばいいだけの話なので。

働き方改革の話に戻ります。

車屋さん、不動産屋さんの話は先ほどしましたが、まず車を買うとき、家を買うとき、借りるときは知り合いがいればまず声を掛けたくなるものです。

コンビニでおにぎりやジュースを買うのと違い、高額な買い物だからです。
少しでも安く買いたい、少しでも安心して買いたい、そう思うのは当然です。
でも、なぜみんなそうしないで知らない会社に電話したり、飛込みで見に行ったりするのでしょう?

それは、その人との人間関係が信頼すべきものではないから。
特に不動産業界には実直な営業マンが哀しいことながらとても少なく、人格を疑ってしまう人も多く存在します。

信頼できない知り合いより、赤の他人の方が信用できる、そう思われているのかもしれません。
これはとても哀しい話です。
であるなら・・・

その信用、信頼がある人が不動産の仲介をすれば良い、たったこれだけのことで業界が一変します。

賃貸仲介、売買仲介の基本などはいくらでも教えることはできます。
世の中の営業マンの大半は経験値の少ない営業マンです。
だって、経験を積めば独立開業したり、部長、支店長などの管理職に変わりますから。

不動産知識のサポート、実務のサポートを受けることができれば、お客様が一番求めている信用・信頼を持ち合わせている人なら簡単に成功する世界です。

そんな働き場所をRE/MAX L-Styleで提供します。

L-style_logo_balloon


不動産仲介の仕事は3千万円の取引で約100万円の仲介手数料を得ます。
そのうち35%〜50%を、経験値を積めば80%、90%の報酬をも得るチャンスを作りました。
毎週開催する勉強会で知識を身につけ、経験のあるエージェントの物件調査や取引に立会い、経験値のなさは補うことができます。

世の中に、知識や情報だけ持っているお客様に寄り添わない営業マンではなく、知識欲・向上心に溢れて、お客様に寄り添った物事の考え方ができる営業マン不動産エージェントをどんどん送り込みたいと思っています。

そんな私の野望を叶えてくれる仲間を今募集しています。
そのために、事務所の本店移転を行いRE/MAXに加盟しました。

REMAX_mastrBalloon_CMYK_R


週のうち1日、2日の勉強会参加から始める形でOKです。
主婦の方で、5時には保育所に迎えに行かないと、こんな人でも全然OKです。
定年退職を迎え、次何しようか悩んでいる、こんな人もぜひ不動産エージェントを目指してみてください。

買主さんと売主さんの笑顔が見られ、借主さんと貸主さんの笑顔が見れる、そしてその結果私たちも報酬を得ることができる、これが不動産業だと思っています。

今までの不動産営業の仕事=長時間労働、拘束時間が長い、ノルマが厳しい、休みが少ない
このイメージを払拭したいと思っています。

『不動産って面白そうだけど、飛び込むのが怖い』
なので、ハードルをドーンっと下げます。

ノルマもないですし、休みも自由労働時間ももちろん自由、そして報酬も高率還元
夢みたいな話でしょ?

そのかわり、みなさまのお仕事をお手伝いする、援助するため事務所に一定のフィーをおとしてもらいます。

そのフィーが教育のための機会の提供に利用され、みなさんの活動の場の維持費用として使われます。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。

不動産業を目指す場合、今までは、
雇用される
独立開業する
この2つの選択肢しかありませんでした。
RE/MAX L-Styleでは、第3の選択肢としてエージェントという働き方を提供します。

もちろん、エージェントとして活躍し、独立開業したいという方には最大限バックアップいたします。

独立前の腕試しで挑戦していただくことも、もちろんWelcomeです。

お問い合わせお待ちしております。

https://www.remax-l-style.com/agent

不動産屋さんの働き方改革

不動産のお仕事
どんなイメージをお持ちですか?

ダークなイメージ
休みが少ない
土日休めないし友だちと遊ぶ時間もない
夜も遅くまで働いていて拘束時間が長い
働いている人も胡散臭い人ばっかり

こんなネガティブなイメージが多いかと。

逆にいいイメージで言うと、
やったらやっただけお金が稼げる
学歴とか経験に関係なくチャンスがある

そんなイメージでしょうかね? 
ここに書いたことは今までの不動産業界そのままです。

ネガティブなイメージもいいイメージもそのまま、労働時間は長く休みも少ないけど稼ぐチャンスはある。
だからこの業界に飛び込んできた人も少なくはありませんでした。
でも今の若い子って、私たちの若い頃のようにお金を稼ぐことに対してガツガツしている人が少なくなりました。

デフレでモノ余りの時代ですから、そんなにたくさんのお金を稼がなくてもそれなりの生活を楽しむことができます。
しかも実家暮らし、車もカーシェアとなるとお金を稼ぐ意味さえ失われてきています。

それなのに労働時間が長く、土日祝が休めない職業となると、職業選択の中に組み込まれる可能性はとても低くなります。
不動産業界で今、人材確保に苦労している所以です。

エージェント募集-20


大手不動産仲介会社さんなんかでは、最近では週休2日が義務付けられていたり、残業禁止という命令も出るようになりました。
でもやることは同じです。

自宅に持ち帰って資料作成したり、こっそり休日出勤をして残務を補ったりという話も聞きます。

小さな会社では完全フルコミッション(完全歩合制)という給与体制も目につくようになりました。
でも、出勤は強いられるところが多いのが実情です。

労働時間が長い=よく頑張っている
こう評価する人がこの業界に多いのも一つの要因です。

かといって、
『営業マンは成績を残さないと何の意味もない』
こんなことを言う上司もいたりします。
結局は、長い労働時間を奉仕し、かつ成績を残すものが偉い。
こういう風潮になってしまうのです。

でも私から言わすと、中身のない長時間労働って何の意味もないよって話です。

それならば、早めに仕事を切り上げて友人と食事に出かけたり、家に帰って本を読んだりする方がよっぽど仕事の役に立ちます。
誰かと接点を持ち話をすることで仕事のヒントになることもあるし、ならなくても気分転換で翌日は清々しい気分で仕事に向かうこともできるかもしれません。

一時間本を読むことで読解力がついたり、話のネタにすることもできるかもしれません。

稼ぐチャンスがあり、かつ自由なワークスタイル、そんな働き方を提供できる場でないと人は集まらなくなってくるかもしれません。

不動産会社に来られるお客様は多種多様です。
平日の日中がヒマな人、土日祝しか身動きが取れない人連絡が取れない人、夜10時以降なら対応できるよという人。
これだけ日本人のライフスタイルが多様化してきている今の世の中で、そのお客様に対応していこうとすると平日も土日祝も、朝も夜も対応可能な状況を作らなければいけません。
非効率ですよね?

しかも、社内でできる仕事などほんの一握りです。

現場で撮ってきた写真をネット上にUPするなら、Wi-Fi環境の整ったカフェからも行えます。
役所に不動産調査するのも、出勤してから向かうより自宅から直行する方が効率がいい場合もあります。

そもそも何のために会社に来るの?
それは、お客様が来店してくるという待ちの営業スタイルがこの業界に根付いているからです。

いつお客様から連絡が来るか分からない。
いつ来店しても対応できるようにしておかなくてはいけない。
だから常に会社には何人か待機しておかなくてはいけない?

その場で食事を提供するようなサービス業であれば、誰もいない状況って作ることはできません。
たこ焼きを買いにたこ焼き屋さんに行って、閉まってれば違うたこ焼き屋さんに行きますよね?

でも、私達の仕事も同じでしょうか?
『◯◯不動産が閉まってたから、隣の△△不動産に行こう』
誰でもいいと思われる仕事しかしていなければ、当然こういった選択肢になってしまいます。

私の友人もそうですし、私もそうですがお客様が来店する際には必ずアポイントを取ってくれます。
それは、じっくりと話を聞きたいから。
突然訪問してたまたま在席していたとしても、その後予定があり数分しか時間がない、こんな自体を避けるためです。

私にとっても、友人にとっても、そして訪ねてくださるお客様にとっても、時間はとても貴重なものだからです。

つまり、出社しなくてもいい状況を作ろうと思えば、仕事の質を変えればいいだけのことです。
オーダー型の仕事を受けれるように。

スーツを仕立てに行こうと思って、採寸から始めてその日に出来上がるってことはないですよね?

でもTシャツを買うのに、出来上がりは来週ですと言われると
『えっ?』
って驚いてしまいませんか?
完全オーダーのTシャツならもちろん別ですけどね。

ZOZOスーツが今話題になっていますが、最初に採寸しておけば、スーツだけでなくシャツなども簡単にオーダーできるそうです。
その採寸も従来のメジャーで測るという自分では測り間違いが起こりそうなものではなく、ZOZOスーツを着て写真を撮るだけで採寸ができるようになるという優れものです。

これは、逆の発想ですよね?
オーダースーツはネットで買うものではなく、足を運んで発注するもの。
シャツも既製のものを買うか、スーツ同様オーダーするか。
その従来の固定概念を完全に覆すものです。

今私たちが思い込んでいる固定概念って、未来の人からするととてもバカバカしいものなのかもしれません。
だって、車が空を飛ぶようになるかもしれない時代が目の前に迫ってきています。

不動産屋さんは、店舗に飛び込んで物件を探してもらうものという時代から、ネットで探して内覧をするために店舗に行くもの。
そしてVRが発達し、内覧すらもネット上で完結できるような時代になっています。
あとは契約、鍵渡しだけ。
その契約もIT重説が浸透すれば、非来店型のショップが出来上がります。
鍵もスマートキーならIDの発行で来店すらいらなくなります。
家賃滞納すればIDのロックをかけることさえ可能ですもんね。

時代は変化しています。
なのに、業態だけそのままっておかしいですもんね?

今のは賃貸の例ですが、賃貸業界では非来店型店舗はいつでも行うことが可能な状況下にあります。
売買もゆくゆくはそうなるでしょう。

そうなれば営業マンの仕事ってどうなりますか?

必要のない職業になってしまうかもしれません。

ではどうすればいいのか?

答えは簡単です。

必要とされる仕事に変えればいいだけです。

ただの部屋探しならより簡単に。

自分で探すより手軽に、かつ優良な物件を。

購入する場合は、物件の選択だけでなくローンを含め様々なアドバイスを必要とします。

アドバイスではお金にはなりませんが、コンサルティングならお金はもらえます。

『こちらのローンなら金利が0.2%安くなります。』

『この住宅ローンなら今加入している生命保険が必要なくなります。その分毎月の出費が抑えられます。』

金利が0.2%変わるだけで35年間の総支払額(金利が変動しなかった場合でも)は115.9万円も変わります。

生命保険を解約できれば、毎月の出費は1万円~2万円抑えられるかもしれません。

これは必要なアドバイスであって、お金を払ってでも聞きたい情報にはなりませんか?

これからの不動産屋さんにとって必要なこと、それはお客様に必要とされる人になることです。

必要とされた人になれば、お客さんを待つ必要がなくなります。

逆にお客さんが自分自身の身体が空くのを待ってくれるようになります。

例えば、私がだれかの話を聞きたいとします。

『この時間なら空いていますけどいかがですか?』

こんなアポの取り方しませんよね?

『いつならスケジュール空いていますか?その時間に合わせてお伺いさせていただきます。』

当然こうなりますよね?

なので、働き方改革で一番重要なのは、自分が他人に必要とされる人間になること。

これが一番手っ取り早いやり方です。

『いきなりそんな人間になれないよ。』

そう思う人は、他人にとって都合の良い人間をまず目指すべきです。

『この人なら自分のことを理解してくれているから相談しやすい。』
とか、

『この人には無理言いやすいからお願いしちゃおう』
これでいいのです。

私が目指しているところもまずはここです。

相談事があるときに、一番に頭に思い浮かぶ存在

ここにさえなっておけば、機会損失はありません。

勤務先が変わろうと、会社名が変わろうと、頼ってくるのは自分個人です。

これが、フリーランスな生き方。

以前の不動産業界では、どこかの会社に所属していなければ不動産屋を名乗ることさえできませんでした。

でも、私たちRE/MAX L-styleでは、自由な働き方を推奨しています。

平日は会社員、夜は不動産エージェント、夜はUberの運転手、昼間は不動産エージェント、そんな働き方があってもいいと思っています。

友人のお部屋探しの時だけ不動産エージェントに、こんな都合のいいパートタイムエージェントも歓迎します。

エージェント募集ページをホームページにUPしましたので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.remax-l-style.com/agent

お金儲けのための仕事ではなく、自分らしい生き方を実現するための仕事に。

お客様にとって一番身近な存在でありたいと共感してくださる方はぜひご参画ください。

自分がエージェントとして活動するのは自信がないけど、将来はそんな生き方をしてみたい。

そんな方にはL-styleClubから勉強してみてください。

https://www.remax-l-style.com/l-style-club

そちらも好評受付中ですので、お問い合わせお待ちしております。

あっ、まだほかのページはスカスカなのでその辺はご了承くださいね。(笑)

物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ