ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

大田区

大阪府の民泊認定第一号


今日大阪での民泊が認可第一号が出たというニュースが出ました。
またしても『とまれる株式会社』でした。
東京都大田区の民泊申請でも取り上げられていましたが、今回もメディアに登場してきました。
宣伝効果は抜群ですよね。
今回申請して許可された物件は大東市のワンルームマンションということでした。
実際に需要がある地域かどうかは別にして申請、許可が出たということは一歩前進したというとこでしょう。
でも先にスタートした東京都大田区では未だ六件しか認定されていないみたいですし、大阪府でも今のところはこの一件だけというとこですから、やはり宿泊日数の規定の問題は大きいですよね。
大阪府の松井知事もこの宿泊日数の規定が申請を難しくしていると明言していますし、政府に改めるようにと進言していました。
3日以上とかまでには下げないとなかなか申請件数は伸びないような気はします。

大阪府の条例では、その他に近隣住民への周知という項目も定められていますし、対面式の鍵の受け渡し、滞在中のチェックという項目も求めています。
今後何件の申請が行われて何件の認定がされるのかは分かりませんが、このままでは一桁台には留まってしまいそうです。

民泊を認可する流れになっているのは大阪、京都、首都圏などで宿泊施設が不足しているからですよね。
観光客誘致を政府が後押ししているわけですし、インバウンド需要で量販店や飲食店、薬局なども恩恵を受けています。
本来なら国の助成を受けれる事業なはずなのですよね。
20年ほど前、市営住宅、県営住宅が不足した時に賃貸住宅建設に助成が受けられました。
住宅金融公庫が低金利で融資付けした賃貸マンションや特定賃貸住宅というのも多く建てられました。
今でも残っている特定優良賃貸住宅もそのうちの一つです。
そういった助成が多くの賃貸マンション建設の後押しをしました。
有休土地を持った地主さんに対しての政策でした。
今回は同じように不足しているものを補うのですが、助成制度のようなものは見当たりません。
例えば簡易宿泊施設を新規で建設するにあたり一部資金を補助するとか、すでに運営している施設に対して補助金を出すとかがあってもいいとは思うのですが、そういった施策が出る前に先行して闇でというか、内緒で多くの部屋が民泊運営されてしまいましたからこういう流れになってしまっているのですよね。

これから認可を推進して行くなら認可を受けた運営者に対して、何かのメリットが必要でしょうし、今の制度では逆に規制されるだけでデメリットしか感じられません。
税制優遇とかでもいいでしょうし、補助金などが分かりやすくていいかもしれないですよね。
逆にもう規制などせずにオリンピックまでは仕方ないよねという流れで行ってしまうか(笑)

でも申請しやすい内容で許可制度にすれば、認可物件も自然と増加するでしょうし、そうなれば金融機関も民泊物件に対しての融資も積極的に行うかもしれません。
必然的に宿泊施設の数は増加しますし、観光客を受け入れる態勢は整いそうですが。

もちろん私がとやかく言うべきことではありませんので、大阪市の条例や政府の方針発表を待って動向を決めていきたいとは思います。

また、新しい方針発表や条例の動きがあればここでお知らせしますね。

東京都大田区の民泊条例施行


東京都大田区で民泊条例が施行されました。
いよいよ申請を受付開始しましたね。

初日に申請2件というのは少しさみしい数字ですが、これにより合法的に運営が可能になったということです。

まだまだ様子見の運営者は多いでしょうが、法人での参入も活性化しそうです。

大田区に続いて大阪府の方でも条例は可決していますが、いつからというのはまだ発表されていませんのでどうなるのでしょうか?
これも大田区の動向を見守っているということなのでしょうかね?

ちなみに大田区の発表したガイドラインはこちら

内容としては
1)苦情に対する窓口を設ける。担当者、連絡先を明記する。
2)滞在者名簿を保管する。パスポート等の身分証のコピー。
3)対面式で滞在者の確認を取る。滞在者と使用者が同一人かどうかの確認。
これについては映像でも確認可能とのことです。


物件の概要については上記の表の通り。
1)6泊7日以上の滞在。
2)壁芯25平米以上
などが織り込まれています。

あと7日間以内の解約不可の賃貸借契約の締結というのも書かれています。

この項目が引っかかってくるのでしょうね。

大阪府のガイドラインの方が早く発表されるかなと思っていたのですが、大田区の民泊条例のガイドラインの方が先に出来上がってきました。

今Airbnbの利用者の大半は一週間以内の滞在です。

ニーズに合っていない条例施行により申請者が足踏みしているというのも要因の一つに挙げられると思います。

さて、大阪府の条例はどうなるのでしょう?

また大阪府の条例が施行されたとしても、大阪市には適用になりませんので、大阪市の民泊申請には大阪市議会の審議、可決が必要になります。

一番需要の高い大阪市は他の自治体の動向を見ながらということになるかもしれませんね。

現在運営している人たちがスムーズに申請できる内容になれば、観光立国というのも現実性を帯びてくるでしょう。

そうならないと悪質な運営者とかの取り締まりもできません。

そもそも今回の民泊条例には罰則規定が織り込まれていませんので、まだまだ手探りということなのでしょう。

今後の動向についてはますます注目です。

東京都大田区でも民泊に対しての条例提案

東京都大田区でマンションなどの空き部屋をホテルとして活用できるようにする条例案を12月議会に提案するというニュースが出てました。
個人宅に寝泊まりする「民泊」を制度化することで、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、外国人観光客の増加による羽田空港周辺のホテル不足の緩和を狙う。
とのことです。

こういった条例の制定は今後日本各地で進んでいくことが予想されます。
特区では床面積25平方メートル以上の部屋に台所やトイレを備えるなど一定の条件を満たせば空き部屋を貸すことが認めらるということなので、今後25平米以上のゲストハウス可という物件の需要が高まりそうです。



昨日ブログで紹介したairbnb可能の物件に対しても数件お問い合わせいただきました^ ^

airbnbを始めたい、数を増やしたいといったお客様の多さに驚いています(・・;)

今お話している多くのお客様はすでにもうairbnbを開始しているお客様です。
これから始めたいといったお客様ももちろん多くおられます。

家主に内緒ですることはオススメしません。強制退去される可能性が非常に高くなるからです。
いつも違う方が出入りするので、近隣からするとすぐばれてしまいます。

時間の問題ですよね。
なので、必ず許可を取ってから始めることをオススメします。
これからも頑張って利用可の物件を探しますね^ ^






人気ブログランキングへ
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ