ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

子ども

奨学金を借りてまで進学しないといけないの?

最近のニュースで奨学金が払えずに破産するケースが増えているという報道がありました。

FullSizeRender

過去5年間で1.5万人が自己破産し、約半数が連帯保証人の親族となっていますが、そりゃそうですよね。

連帯保証人ですから。

連帯保証人は本人に対して催告するように言う抗弁権がありません。

つまり債権者は本人、連帯保証人どちらに催告してもいいことになっています。

元々子どもが大学に進学する際に学費を調達できなかったため、子どもたちが奨学金を借りることになったのではないですか?

高校までは親の役務、大学進学は自らの意思?

その辺りの感性が私にはもう一つ理解できていなくて。

私は大学に行かせてもらいました。
でも親が全ての学費を出してくれていました。

こういったニュースが出ることによって初めて、自分は恵まれていたのだと実感しています。

うちの場合妹も大学に進学しましたから、親の負担は大変なものだったと思います。

でももしこの学費を、奨学金という形で借り、自分が働き出してから給料の中から返済していくと聞いていたら大学進学の道は選ばなかったと思います。

うちの親は
『みんな大学に進む時代だから。』
そんな理由だけでその学費を工面してくれました。

そこに感謝の気持ちはその当時持てていませんでしたから、学校にもほとんど行かずフラフラと遊び歩いていました。

今の大学生がその当時の私と同じだと思っているわけではありませんがもし、

『その学費が奨学金という借金で支払われていること。』

『その借金を卒業後毎月給料の中から支払っていかなければならないこと。』

『この借金を滞納した場合、個人情報として登録され、その後のローン借入の際に影響を及ぼすこと。』

このことを知らされていたとしたら、もっと一生懸命勉学に励むでしょうし、そもそも進学という道を選んだでしょうか?

奨学金で大学進学したために、その借金が残っているため結婚を諦めたという女性の話も聞きます。

少ない手取りの中から毎月奨学金を返済しているため、いつまでも実家暮らしで独り暮らしや車の購入なんか考えられない、そんな若者たちもたくさんいます。

『みんな大学に進むから私も。』

この考え方自体がマスメディアの影響であり、今の高校教育の影響です。

『まだ社会に出るのが不安だから進学。』
『進むべき道がまだ見つからないから大学に進学して探す。』

問題を先延ばししているだけの話です。

『もっと学びたい。』
『進みたい道に進むためには大学進学が必須だから。』

こんな理由で大学に通いたい、でも学費がないから進めない。
そういう人のために奨学金制度はあるはずで、学力が伴っているけど家庭の事情で進学ができない人なら企業や政府が後押しすればいい。

今は就職したら奨学金を肩代わりするという企業も出てきました。

きちんとした目標を持った人なら入学前から企業が入学金、授業料、通学費など負担することもアリではないでしょうか?

でも学力が伴っておらず、何となく進学する人が奨学金を借りてしまえば
『ただ大学に進み借金を背負っただけのこと。』
になってしまいます。
というより、なってしまっています。

車の免許取得もローン、大学の学費もローン、車購入もローン、そして家族を持って住宅購入でローン。

ローン地獄です。

今は資格取得のためのローンもあったりします。
クレジットカードで海外旅行に行けたり、仮想通貨まで買えるようになった時代です。

『一括で払えないから分割に。』
『毎月の支払額を抑えたいからリボ払いで。』

どんどん深みにハマっていきます。

そもそもその時に払えなかったものが、いくら分割とはいえ払いきれるとも思いません。

他に欲しいものができればまたローンで。

日本政策金融公庫の教育ローンという制度があります。

これは親御さんが借主で最長15年、世帯年収200万円以内または3人以上の子どもがいる家庭は500万円以内で最長18年返済。

固定金利で今なら1.76%の金利で借りることができます。

返済義務者は親御さん(保護者)です。

子どもを大学に進めさせてあげたいのなら親が負担するべきです。

子どもが返済義務のこと、返済できなかった場合のリスクを理解した上で自らの意思で進学したいと言うなら別でしょうが、その説明もせずに子どもに借金を背負わす親に問題があると思います。

返せなくなったら、
『こんな制度があるからだ。』
『そんな話聞いていない。』

もう無茶苦茶です。

親なら子どもに借金を背負わすくらいなら、自分が背負う。

自分が背負えないなら、子どもに現状を説明して理解してもらう。

『ごめん。あなたの大学のために私は借金を背負いたくないんだ。』

こうはっきり言えばいいんです。

金利が安いからという理由だけで奨学金を選ぶ親の神経が私には分かりません。

『子どもが選んだことだから。』
そう思うなら、自分名義で教育ローンを借入し、就職してから子どもから毎月少しづつ返済してもらえばいいんじゃないですか?

それならこのニュースのように
『奨学金で自己破産』
なんてことにはなりません。

少なくとも自分が自己破産するだけで、子どもの人生は守れます。

それが親の役目では?

そんなことを思いながらこのニュースを見ていました。

Twitterにも書き込みましたが、とても140字では伝えきれなかったのでブログに書きました。

いろんなご意見もあるとは思いますが、これは私見です。

独り言です。

子どもがかわいそう





歩く速度で見える景色が違う

子どもと歩いて出かけることがあります。
近所まで買い物に行ったり、公園に遊びに行ったり。

IMG_7960


3歳の子どもの歩くスピードに合わせて歩いてみると普段と違い周りの景色がよく見えます。
いつもは早足で歩いているので、周りの風景などほとんど気にすることなく歩いてしまっていますが、ゆっくりと歩いていると毎日通っている道にこんな店があったんだ、この人が店主さんなんだといろいろな発見があります。
そしてゆっくりと歩いていると、いろんな人と目が合います。
子どもに向かって話しかけてくれる人、私に話しかけてきてくれる人、新しい出会いが生まれます。
もちろんそこからいきなり仕事に発展したり、そんなことはありませんが、急ぎ足で歩いているといろいろなものを失っているのではないか、そんな気になりました。
仕事でも同じです。
前に前に向いて突き進んでいると、足元の大事なことを見失いがちです。
先日の仮想通貨、コインチェックの話もそうなのかもしれません。
TV CMでガンガン新規顧客を集め、事業は潤っていたのかもしれませんが、セキリュティという大事な足元が疎かになっていたのですよね。
これについては、コインチェックが紛失したNEMの代わりに480億円分の日本円を補償するという発表がなされています。
そんなに損失補填できるほど儲かってたんだ。
まずここに驚きでしたが、記者会見で社長がほとんど口を開かなかったのも、
『いやいや、ちゃんと弁償しますよ。すれば問題ないでしょ。それくらいの体力は会社にはありますから。』
そんな余裕もあったんでしょうか?
真相は分かりませんが、私のお金が全額消えてなくなるということはなくなりそうで少し安心しているところです。
仮想通貨バブルが一気に弾けてしまいそうなニュースでしたが、この発表を受けまた相場が復活してきています。
投資は自己責任で。
こう思い知らされる出来事でしたね。

どうしても起業した当初は前しか向かず進んでいく傾向に陥ってしまいます。
リスク管理より売上重視、まず会社の基盤を作ってから守りを固めていく、このスタイルが正しいと思ってやってきましたが、今回のようなニュースを受けて、リスク管理も大事だな。
いつ何時何があるか分からないから、会社の体力も付けておかないとダメだな。
こういう教訓に至りました。

もうすぐ会社の決算3期目が終了します。
早いものです。
3期目の今期は売上高、利益ともに前年並みで終わりそうです。
数字だけで見ると何も進歩のなかった一年になってしまいます。
でも中身、スキルは格段に上がりました。
今は数字より中身です。
前期と今期の違い、それは商品物件の仕込みができていることです。
そうなんです。
今期やっと金融機関から融資を受けれるようになり、事業展開が広がりました。
来期はどんどん新規プロジェクトを立ち上げ、ライフコンサルティングの未来を創る一年にしたいと思っています。
でも早いですよね。
3年なんてあっという間でした。
気がつけば50歳、60歳になっているような気がします。
子どもの成長に負けないように自分も成長しよう。
こう心掛けてはいるものの、子どもの成長スピードにはなかなか追いつけません。
言葉もどんどん覚えていきますし、お手伝いもできるようになってきました。
会話もだんだん成立するようになり、成長のスピードに驚かされます。
『大西さんは何屋さんなの?』
『不動産屋です。でも不動産に関わるものなら賃貸でも管理でもリフォームでも何でもやりますよ。』
このスタイルを変えないと儲からないよ。
そうなんでしょうね。
でも、やれないこと、やらないことを作りたくないんですよね。
せっかく相談いただいたのに、
『すいません。最近それやってなくて。』
こんな野暮なことを言いたくないのです。
ワンルームの部屋探しから、10億、20億のホテルの案件まで何でもお手伝いいたします。
ということで、今年は益々頑張っていきますので、じゃんじゃんお声がけください。

相談お待ちしております。

コミニュケーション能力の話の続き。子どもって。

コミニュケーション能力の話を前回しました。
今日はその話の続きになりますが、ふと思ったのですが、子どもって相手の機嫌や場の空気は読めませんよね?
親が不機嫌な時も、忙しい時もお構いなしで『かまってちゃん』になります。
『ねぇねぇ、パパ。見て見てー。』
昨日も今日も、そしてきっと明日も明後日も。
前の日に怒られたこともすっかり忘れたかのようにニコニコしながら近寄ってきます。
幼児、乳児にとっては親の存在はかけがいのない存在であり、時には最高の友だちにもなります。
その唯一無二の存在に対して取ってくれるコミニュケーションは『かわいさ』以外の何物でもありません。
少々イタズラされても、携帯電話を隠されても、家や事務所の鍵を隠されても、財布の中身を散らかされても、こちらはただ笑って許すしかありません。
外出してもニコニコと笑顔を周りに振り撒きます。
目が合った大人たちもニコやかに笑顔で接してくれます。
これって、コミニュケーションを取るということにおいては最高のキッカケですよね。
飲食店に行っても、接客してくれる方がニコニコしてメニューを持ってオーダーを取ってくれればこちらもその時点から居心地のいい空間に変わりますし、その逆でぶっきらぼうな感じの接客態度ならこちらも何かイヤな気分になります。
笑顔ってコミニュケーションにおいて、とても大事なウェイトを占めることになります。
それって、基本誰にでも出来ていたはずのことなんですよね。
それが出来ない人は、大人に成長する過程で大事なものを失ってしまったということになります。
第一印象。
清潔感があり、安心感のある・・・
そりゃそうなんですが、その前に大切な笑顔がなければそんなものは何の役にも立ちません。
笑顔は最高のコミニュケーションツールです。

大人になれば、自然と笑顔になれる時間ってだんだんと少なくなります。
自分から笑顔を振り撒かないと、その時間はもっと少なくなります。
笑顔が笑顔を呼び、さらなる笑顔へと結びついていきます。

そして、も笑顔が大好きです。
不思議と毎日笑えている時って、幸運が舞い込みます。
でも、笑顔がなくなるとどんどん幸運は逃げていきます。
運と笑顔は比例関係
『いいことが最近ないから笑えない。』
そういう人も少なくないかもしれません。
でも、何かをしてくれたからこっちが返す。
こういう理屈では誰もあなたのために動いてはくれません。
お返しは自分から催促しなくても、そのうち向こう側からやってくるものです。
ご褒美は頑張った人にしかやってきません。
子どもが
『頑張って勉強するから、このおもちゃ買って。』
という話と同じです。
あなたは
『頑張って勉強してから買ってあげる。』
そう言いませんか?
ご褒美もお返しも同じです。
まず自分から。
笑顔も他人に話しかけるのも自分からです。

それさえしっかり心がけていれば、自然と笑顔で人に近づくことができますし、勝手に運も近寄ってきてくれます。

笑う門には福来る
昔の人はよく言ったもんです。
そうなんですよね。
大人になればなるほど、諺とか四字熟語の意味が身に染みて分かるようになってきます。

今と昔、時代は変化しようとも変わらないものはたくさんあります。
子どもへの愛情、お年寄りを敬う気持ち、そして親や友を想う気持ち。
これさえあればどんな世の中でも渡っていけそうな気になります。

来年は戌年で、私は年男になります。
もう四周回って、ついに五周目に突入します。
これから自分の人生を集大成していくにおいて、ここからの2、3年が最後の自分の歴史に何かを刻める時期ではないかと思っています。
なので、来年、再来年はもう一度ギアを入れ直してがむしゃらに頑張りたいと思います。
幸せな老後を暮らせるように。
そして子どもたちが幸せな生活を営んでいけるように。

物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ