ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

子ども

最近懐メロとかが好きなんです

最近テレビやFMで懐かしい歌が流れたりしていると聴き入ってしまいます。

少年時代、中学生、高校生の時によく聴いた歌、幼少期に流れていた歌までも全て懐かしく感じ聴き入ってしまいます。


自分が小さい頃おばあちゃんが見ていたテレビって歌謡曲がほとんどでした。

演歌、昭和歌謡。

『何でこんなんばっかり見てるんだろ?この歌手もう何年もこの歌ばっかり歌ってない?』

いつもそんなテレビ番組を見て子ども心に感じていました。


illust2204

子どものうちや若いうちは流行りの歌が好きですし、どんなに好きな歌でもずっと聴いていると聞き飽きてしまいます。

でも小さい子どもとお年寄りって、何度でも何度でも同じ歌を聴いていても同じように楽しめますよね?

何故若い時ってそうじゃないんでしょ?



最近お笑い番組にもハマっています。

おばあちゃんもお笑い番組をよく見ていました。

笑点とかですよね。(笑)

同じ芸人さん、同じようなネタでもいつも楽しそうに見ていました。

これもまた、小さい子ども番組も同じです。

何度でも何度でも見て、その度に最大限楽しんでいます。

うちの子どもはトイストーリーの映画をもう100回は観ています。



若い時は一度見た映画はストーリーが分かってしまうので見たくありませんでした。

でも最近、昔見た映画でも、最近観た映画でも楽しんで見れるようになりました。

最初に観た時と同じように感動し、何なら最初観た時と違う箇所でも感動し、何度でも何度でも楽しめるようになりました。

一度観た記憶を失ってしまっているからなのか、それとも一度観て面白かったから確実にもう一度楽しめると思っているからなのかはわかりません。


うちでそんな感じでテレビ番組を見ていると奥さんに言われます。

『同じような番組ばっかり見て面白いの?』

『あれ?これ、こないだ借りて観てなかった?』

そんなことが増えてきました。

確実に年齢と共に自分の中で何かが昔と変わってきています。

新しい刺激より懐かしい思い出の方が居心地が良くなってきているのです。




大人になると笑えることが少なくなります。

私の場合まだ恵まれてるのが、友人と飲みに行き楽しく話をしているので、普通の人より笑ってることは多いかもしれません。

でも、もっともっと笑いを欲しているのでしょうか?

昔の歌を聴いて、しんみりと心を震わせたいのでしょうか?

洋楽も今でも聴きますが割合的に懐メロを聞くことが増えました。 

その辺りの心理状況がよく分かりませんが、とにかく今懐メロとお笑いが最近大好きです。




若い時に好きだったジェットコースターやホラー映画が最近好きじゃなくなりました。 

好みが変わったと言っても、もういい年齢ですから、好みの問題というより性格が攻撃的から平和安定型になったのかもしれません。

好戦的、挑戦的なものより、平和な、そして昔から変わらないものを愛するようになってきています。

仕事ではいつまでも新しいものに挑戦し続けていきたいと思っていますが、仕事と私生活は別です。

そう考えると、実は私は本来保守的で安定志向なのかもしれません。

何を言ってるの?

全く逆じゃない?

という声も聞こえてきそうですが


『古いものをぶっ壊す。』

『既定概念を失くしてしまおう。』

たしかに、そう思って今までやってきましたが、これは逆に、古き良きものを失くしたくなかったからかもしれません。

昔からあるものを守りたいから、違う形に変換してでも継続したい。

今までやってきたことを無にしたくないから、より良くして継続したい。

そんな気持ちだったのかな、なんて思ったりもします。

最近めっきり怒ることも少なくなり、少々のことでは腹を立てなくなりました。

今のままの平和な日本でいつまでもいれたらいいな、みんなピリピリせずにのんびり行こうよ。

そんな気持ちです。


よく考えたら日本人ですもんね。

狩猟民族でなく農耕民族です。

しかもうちのご先祖さんは農家ですし。

収穫時期が来るまでコツコツと種植えをし、寒い時期はひたすら耐え、余裕があれば新しい土地を開墾し、質素倹約で贅沢をせず、争い事は苦手。

それでいいじゃないですかね。

何か無理して生きてきたかなー。

最近、毎日笑っていられる生活を望んでいます。

その中で少しだけゆとりを持って生活するため、仕事をしています。

それが、少々無理しすぎてきているのか、ほっこりとする時間を大切にするようになってしまいました。

家族がいて、仲間がいて、仕事があって。

住むところもあって、日常生活に苦労することもなく生きれています。

本来なら、それだけで感謝ですよね。

改めて、そう感じた一年でした。

来年はどんな一年になるのでしょ?

楽しい一年、今度は自分だけでなく仲間と一緒に笑える楽しい一年にしたいなと思っています。


明日から、1年を振り返るイベントで東京に行ってきます。

と言っても、1泊2日ですからすぐ帰ってくるのですが。(笑)

みなさまにとって、来年もまたいい一年になりますように。




子どもは1日400回、大人は一日15回なんの数?

  子どもは一日400回、大人になると一日15回になるそうです。

これ何の数字か分かりますか?

 


笑顔の数だそうです。

グリコのCMからのパクリですが。(笑)



このCMいいですよね。

赤ちゃんの笑顔が最高です。

うちにも今11ヶ月の赤ちゃんがいます。

毎日、いつでも笑顔です。

一人で何かを見つけ笑顔。

ご飯を食べて笑顔。

おっぱいを飲んでお母さんの顔を見て笑顔。

パパが近づいて来ただけで笑顔。

それを見て、こっちも笑顔になります。

子どもが生まれるまでこんなに自分も笑っていなかったなと思うことがあります。

子どもだけでなく、笑顔の人の傍にいると自分もついつい笑顔になれます。

誰かといると30倍笑顔になれるそうです。

人が何かに悩んでいたり、つらい時に誰かと一緒に過ごしたいのは、きっと笑顔になりたいからなんですね。

私の好きな言葉に

『笑顔が人を変える』

という言葉があります。

誰が言ったのか知らないですが、昔買った色紙に書いていました。(笑)

笑顔でいると自然に周りの人も笑顔になります。

イヤなことがあってつらい顔をしていると、周りの人も辛くなります。

いという漢字はせという漢字に一本線が足りないだけなんですよね。

なので、誰かがその一本になってあげれば、その辛い人はきっと幸せになれるはずなんです。

私は友人に恵まれているせいか、いつでも辛い時を幸せに変えてもらえています。

なのでいつも笑っていられます。

今もかわいい子どもたちに囲まれて笑顔で毎日が過ごせています。

『辛い時ほど笑っていよう。』

これも私が日ごろから心掛けていることです。

私は身体も大柄なので笑っていないとどうも恐いそうで・・・

悩んでいる時は特にそうです。

しかめっ面で大柄で、腕を組んで・・・

もう想像しただけでも近寄りたくないですよね。

辛い時一人では乗り越えられないがあります。

でも、その壁は決して一人で乗り越えないといけない壁ではないはずなので。

私は勝手にそう理解しています。(笑)

なので、誰かに助けてもらうためにニコニコして近づいていきます。

赤ちゃんもそうですよね。

自分一人では何もできない。

だからみんなが近寄りたくなるかわいい笑顔を振り撒きます。

大人になると、自分で何もかもやらないと、そんなプレッシャーがのしかかります。

そうするとだんだん笑顔を失っていきます。

笑顔を失うと同時に友だちも、そして大切な人も失っているのかもしれません。

誰かが周りにいるから笑顔でいれるのか、逆に自分が笑顔でいれるから周りに人がいるのか。

そんなのどっちでもいいです。

考える前に笑っていましょ。

最近飲み会が続いています。

仕事関係、来年から新しいことに取り組もうよといってとりあえず集まる会、昔の同僚でこの先どうなるんだろって心配しながらなんとかなるさと笑って飲む会、定期的に異業種の人たちも交えてただただバカな話をして飲む会、そして今日は昔の同級生と30年前を振り返って楽しく飲む会。

この飲み会に愚痴はありません。

ただただいつも笑顔で楽しいお酒ばかりです。

なのでいつも酔っぱらっています。

飲みすぎてトイレで吐くこともしばしばあります。

たぶんその時に、悪い運、ドロドロした塊みたいなやつ(想像ですが)も一緒に出て行っているのでしょうね。

なので愚痴を言わずに毎日過ごせています。(笑)



こないだこんな素敵な話がありました。

一緒に飲みに行っていた社長(30代後半のイケメン社長)、このメンバーで飲んでいるといっつも一見の怪しい店に飛び込みます。(怪しい店でイヤらしい店じゃないですよ)

雑居ビルやスナックビルの中でも変な感じの店を探して飛び込みます。

その日もそんな感じで飲んでいました。

その初めて行ったBar(スナック風な感じでママさんが一人でカウンターに入っている店)で、常連のお客さんがママさんの誕生日プレゼントを持ってきたリ、誕生日おめでとーなんて言葉が聞こえてきたリ。

他のメンバーからすると、

『なんだ今日誕生日なの?すごい偶然ー。』

でも何だか、こっちだけ誕生日プレゼントもなければ、初めて入った店でシャンパン空けるのも意味が分からないし・・・

こんな感じで思っていたら、そのイケメン社長の姿が突然見えなくなりました。

トイレは店内にあるし、電話かな?

ひょっとして仕事のトラブルかな??

お店で大便したくないから、コンビニにトイレ借りに行ったのかな?

こんな勝手な憶測をしていたら、ケーキの代わりに近所の店を捜し歩いてプリンを買って帰ってきました。

『ママ、これ。誕生日おめでとう。』

『誕生日って知らなかったから、こんなものしか渡せないけど。』

えっ??

ちなみに、その社長の女の子の好みもだいたい分かりますけど、タイプだからじゃないです。

聞いてしまったから、何もせずにはいれないでしょ。

こういうことなのでしょ。

私たちは声をそろえて

『恰好いい―。』

『オンナなら惚れてまうわ。』

『やること男前すぎー。』

こんな素敵なメンバーと仕事終わりを過ごさせていただいています。

そりゃいつも笑顔でいれますよね。(笑)

素敵な仲間と、素敵な家族に囲まれて日々生活しています。

なので、私はたぶん一日100回くらい笑っています。

子どもの笑顔の数には勝てませんけどね。


一昔前はダンディーなおじさん。

格好いいおじさまを目指していましたが、今の目標は、

笑顔が素敵なおじいちゃん。

笑いジワが顔に刻まれているおじいちゃん。

そんな素敵なおじいちゃんを目指しています。

15年後くらいかな。



※ちなみに、この社長は既婚者なので、紹介してとかはダメですよ。

子どもの成長と老化現象

今うちの2人の娘は3歳半ともうすぐ1歳になります。

小さい頃の子どもの成長するスピードは速くて自分の感覚がたまについていけないことがあります。

母親と同じ口癖、しぐさを見せる3歳の娘、自分が母親に怒られたセリフをそっくりそのまま私に投げかけてきます。


『あっ、これ今日のお昼間に怒られたやつだな。』

すぐにピーンときます。

ただただ寝っ転がっていただけの下の娘も猛スピードで成長しています。

毎日私が仕事から帰宅すると、まず上の娘が

『あっ。パパ帰ってきた。おかえりー。』

と玄関まで走って迎えに来てくれます。

最近は下の娘も超ハイスピードのハイハイで玄関まできて、お出迎えしてくれます。

この2人の行動を見ているだけで一日の仕事の疲れが吹っ飛びます。

先日TVで若年性認知症を取り上げていました。

40代で若年性認知症にかかった方は、その症状と向き合いながら仕事に就いています。

毎日の通勤コースが覚えられず、奥さんが手作りしたファイルを手に会社に向かいます。

仕事をしていても脳が疲れるので休憩が必要になります。

これって幼少期の子どもの行動と全く同じじゃないのかなと思ってTVを見ていました。

子どもは一緒に遊びに行っても目を離すとすぐにはぐれます。

自分がどっちから来たのか、またどっちに向かっていたのか見失います。

遊び疲れてお昼寝をします。

昨日あった出来事も忘れ、毎日新鮮なことと日々向き合っています。

昨日怒られたことも、『パパきらいっ』って言ったことも忘れています。

毎日同じことで怒られます。

毎日同じことで遊びます。

同じ遊びを繰り返しても喜んでくれます。

テーマパークにわざわざ行かなくても、近所の公園で一緒に遊んでいるだけで喜びます。

誰かを恨んだり、誰かを憎んだり、誰かを騙そうと思ったり、贅沢をしたいと思ったり、おいしいものを食べたいと思ったりそんなもありません。

いろんなことを覚えたり、何でも自分でできるようになったりする代わりに、そんな純粋無垢な心は失われていきます。

歳を取るというのは、逆に子ども、幼少期に戻っていっているような気もします。

何か一つのものに固執したり、目的もなく徘徊したり。

小さい子どもは親の顔が見えなくなると、必死で親を探します。

家にいないと、外に探しに出ます。

それと同じなのでしょうか?

認知症の介護をしたことのない私がそんな話を語るのもおかしな話ですが、うちの母親ももういい歳なのでついそんなことも考えてしまいます。

超高齢化社会に今の日本は向かって行っています。

親が子育てだけをしていればよかった時代は終わりました。

親が自分の子どもを育て、自分の親を最期まで看取る時代になりました。

奥さんはダブルの負担になり、旦那さんは3世代を養う力が必要になってきています。

でも、今まで自分がしてきてもらったことのお返しですし、今後自分がしてもらわなければいけなくなることの前倒しです。

人生因果応報ですよね。

良いことも悪いことも、自分の人生で返ってくる。

自分のやったことだけ結果が付いてくる。

そう思うと、今の苦労やこれからの苦労も乗り越えていけそうです。


男親にとっては、子育てって大変なことではなく、ただただ幸せなことだけですが、その分子どもが大きくなれば

『パパきらいー。』

とか

『パパくさいー。』

とか言われちゃうんですよね。

三つ子の魂百まで

と言いますが、今のこの幼少期に人格形成、性格が出来上がってしまうと言われています。

なので今は精一杯頑張って

『パパ大好き』

という感情を植え付けてしまおうと考えています。(笑)

大人になってから、何か分からないけどお父さん好きだわ。

こう言ってもらうために。(笑)

IMG_8706

ちなみにこの写真はうちの下の娘です。

笑顔だけは超一級品です。

この笑顔を失わなければ人生きっといいものにできるはずです。

私も毎日娘の素敵な笑顔を引き出せるように、そして自分自身も毎日素敵な笑顔でいられるよう、あと20年頑張って働きたいと思います。

本音は早くリタイアして南の島に永住したいのですが、しばらく無理そうなので。。。(笑)

※最近不動産事のネタに困っています。なのでこんな感じのブログが多くなってしまい申し訳ございません・・・
頑張ってもっとみなさんに興味ある記事をネタにしていきますね。
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ