ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

就職

不動産屋になったきっかけ

私が不動産業界に入ってもう25年になります。
早いもんですね。

四半世紀です。
今日産まれた赤ちゃんでも25年経てば結婚して子供も出産しているかもしれません。
そんな長い年月この仕事に従事していると考えると頑張ってきたのかなと少し感慨深くなります。

今日はなぜ、私がこの仕事を選んだのかというところまで遡ってお話ししますね。
うちの実家はおじいちゃんの代からゴムの加工業をしていました。
自営業です。
私が小さい頃は自宅の下が工場でした。
木造二階建ての借家。
店舗付き住宅ですね。
私が小学校に上がるくらいまでは自宅にお風呂もなく銭湯通いしていました。
そんな生活が普通だったのですが、小学校に上がり友達ができると友達の自宅に遊びに行くこともしょっちゅうで、そんな友達の家は立派な家で、工場から出る削りカスにまみれた家ではありませんでした。
そりゃそうですよね。
友達のお父さんは工場を経営しているわけでもなくサラリーマンですし、その当時はお母さんはほとんど専業主婦です。
家もきれいし、おやつまで出してくれる。
まだ小さな子供でしたから世間のことなど何も分からず、ただただ羨ましいだけでした。
ある日学校で父親参観があって、珍しく父親が来てくれたのですが、作業服のまま参観に来ました。
他のお父さんはと言えばスーツ姿か私服姿です。
そんな父親を見て私が言った言葉は
『作業服で来んといて。恥ずかしいから。』
今考えると何て言葉を言ってしまったのでしょ。
父親にとってその仕事は家族を養う大切な仕事であって、一生懸命誇りを持ってやっていた仕事です。
その仕事の合間にバカな息子の授業参観に参加してくれたのに・・・

そこから何年か経ちまた授業参観の機会がやってきました。
次に父親が来てくれた時はスーツ姿でした。
ただそのスーツが黒のストライプのスーツで先の尖った革靴を履いて・・
またそこでバカな息子は
『ヤ◯ザみたいな格好で来て恥ずかしい。もう来んといて。』
前回のことがあるので父親は頑張ってくれたんでしょう。
ただその当時の人からすると、身長も180cmあってガタイもよかった父親がそんな格好をするともうそちらの本職の人にしか見えませんでしたから・・・

内気で自分に自信が持てなかった少年は何かと他人のせいにするダメな少年でした。
古い借家の家と家業が劣等感でした。
なので家業を継ぐつもりは一切なく、大人になったらスーツを着る仕事をしようと決めていました。
スーツ姿のお父さんが格好良く見えていたのですよね。
家業を継ぐのが嫌で何となく高校に進学し、そこでも家業を継ぐのが嫌で大学に進みました。
勉強ができた方でもなく、ただ就職が嫌だったから進んだ大学です。
今から考えるとクソ息子です。
何の意義も意思もなく通っていた大学生活、そこで学んだことなど1ミリもありません。
そんな息子の学費を、一生懸命家業を頑張って通わせてくれた両親に今さらながら感謝します。
自分が父親になり逆の立場にならないと気づけなかったバカ息子に大学生活の終わりが近づきます。
就活です。
就職と言っても、スーツ姿の仕事しかイメージがないのでどんな会社に就職すればいいのかも分かりません。
会社案内をいろいろ取り寄せますが全くイメージが湧きません。
見るのは給料がいくらなの?
本社、勤務地はどこなの?
どんな仕事をするの?
このくらいしか見ていませんでした。
大学の時の友人は金融機関に応募を出したり、アパレルメーカーに応募を出したり、自分のイメージする就職像に沿った就活を始めます。
『うちの会社の志望動機は?』
こんな質問に対して明確な回答すら出せません。
『大学も卒業するので働かなくてはいけないでしょ?』
これが本音であり、これがその時の私の全てでした。
今で言うエントリーシートに記入する言葉にも窮する状態でしたから・・・
そんな状態でも世の中は就職天国、友人も2つ、3つ内定をもらって来ます。
私はまず志望動機を見つけるところからです。
そこで閃いたのが家に対する劣等感でした。
これ使える!
『うちの会社の志望動機は?』
『はい。私は小さい頃から生まれ育った自宅が古くてボロくて。それがとても恥ずかしくて常に劣等感を抱いていました。大人になったら、頑張って働いて立派な家を建てよう。25歳までに自分の家を建てたい。そう思っていました。これからの自分がどうしていくのが一番いいのかと考えた時に、自分が欲しい家を建てている(売っている)会社に入社するのがいいんじゃないかと考え、御社に応募しました。』
スラスラと言葉が出てきました。
この調子で面接に挑み数社の内定をいただきました。
で、選んだのが最初に就職した不動産会社です。
その会社は業歴もまだ浅く、若い社員が多い会社でした。
従業員数も30名ほどの就活で探すには小さな部類の会社でした。
神戸に生まれ育った私に縁もゆかりもない門真市の会社でした。
決め手は私が二次面接に行った時にたまたま面接官がいなく社長直々に面接してくれたこと。
そしてその社長が言ってくれた一言です。
『君は笑顔がとっても素敵だ。お客様にとってもその笑顔はとても感じがいい。それだけで十分自信を持っていい。だからうちに来なさい。』
社長と呼ばれる人とほとんど接点のなかった私はその言葉に感動し、すぐに
『はい。お世話になります。』
と即答し、その会社にお世話になることを決めました。
それが不動産業界の始まりです。
動機、きっかけはつまらないものでしたが、そんな世界にもう25年、どっぷりと浸かっています。
途中からこの業界で成功するまで絶対に不動産屋はやめないと誓って、こんなに長くなりました。
いつ成功するのでしょ?(笑)

ところで、25歳で家を建てるという話どうなったか気になります?
25歳では無理でしたが30歳の時に家を購入しました。
その家は離婚した時に手放しましたが・・

その時の私って今のような知識も経験もなく不動産で儲けるどころか大損をこいて手放しました。
でもその後また、今度はマンションを購入して今また売却しようとしています。
今度は知識も経験もしっかり積んだ後なのでしっかりと前の分も取り返したいと思っていますが。(笑)
実は、その売却で浮いたお金で次は3回目のマイホームを目論んでいます。
家は3軒目でようやく納得いく家が建てれると言います。
次でマイホームは3軒目なので、今度が集大成です。
店舗付き住宅にし、自宅に居ながら仕事をできる環境を整えようと思っています。
またうまくその話が進みそうになれば逐一報告しますね。

よく天職とか言いますが、私にとって今やっとこの仕事が天職なんだなと実感できています。
まだまだ勉強することもたくさんありますが、誰が見ても成功したと言わせるまでやめれませんから。

そこでふと。
何が成功なんだろ?
会社を大きくすること?
お金をたくさん持っていること?
名誉?
んー。
基準がないので多分いつまでもこの仕事を続けてるのでしょうね。
上には上がいますし。

やっぱりそれなりでいいです。
美味しいものを食べたい時に食べれて、住むところに困らず、愛する家族と一緒にいれれば。
それならば今できているので、後は継続させていくことですよね。

あと20年こんな暮らしができれば安らかに永眠できるので、それまではみなさん仕事を発注してくださいね。(笑)

それではあと20年、よろしくお願いします。


不動産屋さんにプライベートはありません

事務所移転してから何かずっとバタバタしています。
ありがたい話です。
お客様から電話がありご相談のご予約や、ご案内のご予約をいただきます。
ご予約をいただくとスケジュール帳に書き込むのですが、
『この日大丈夫ですよ。どの時間帯でも今なら合わせれます。』
といつもの調子で手帳に書き込みます。
ふと気がつくと
『あれ?来週ずっと予定が入ってるや。』
そういえば先週も忙しかったよなと手帳を見返すと何かずっとちょこまかちょこまかと予定が入ってました。
『そういえば最近休んでないよなー。』
こんな感じがしばらく続いています。
『でもこないだ旅行に行ってゆっくりできたからなー。』
と手帳を見返すともう2ヶ月も前の話です。
その間にゆっくり休んだ日は家族でバーベキューに行った1日だけでした。
『あれ?のんびりとした時間を過ごすために始めた会社がいつの間にか前よりも忙しくなってるぞ』
不思議な感覚に陥っています。
でも大変ありがたい話です。
忙しいといっても他の不動産会社さんの忙しさとは少し違うような気がします。
最近の不動産仲介の会社では集客のためにポータルサイトへ一心不乱に物件入力をします。
営業マン自らが物件入力する会社さんでは、朝から晩までひたすらパソコンの前で入力作業をしていることがあります。
そこまでしないと他社に集客で勝てないので社員総出で物件入力をしたりしているのですが、はたしてこれでいいのでしょうか?
いいわけがありませんよね。
物件はナマモノです。
放ったらかしにしていると腐ってしまいます。
これはどういうことかというと、換気や水回りのチェック、玄関周りや物件周辺のチェックが常に必要ということです。
お客様を案内した時に排水管から嫌な匂いがすることがあります。
今みたいな真夏の日には玄関ドアを開けた瞬間にもわっーとした暖かい空気が流れてきます。
本来なら案内前にキチンとチェックしておくべきことなのですよね。
昔は不動産屋は足で稼げと言われました。
どういうことかと言うと、自分の足で駆けずり回って物件を集めろということです。
現場を歩いて回ったり、ついでにチラシをポスティングしたり。
業者さんを回って物件情報をもらいに行ったり。
今ではそういう動きをする不動産業者さんは見かけなくなりました。
社内での雑務が多すぎるのですよね。
これでは物件の良し悪しを判断することも新しい物件情報の収集もままなりません。
せめて案内が決まってる物件の下見くらいはする営業マンでないと、お客様にベストなアドバイスをすることさえ出来ません。
私は今でも物件の提案をする際には事前に物件を見るようにはしています。
もちろんお客様のご要望で初めてご紹介する物件もあったりしますので、その場合は別ですが。
忙しくなるとこうした動きができなくなるのですよね。
これがストレスです。
知らない物件、見たことのない物件を提案していると恥ずかしくなります。
『あれ?何か違うぞ。』
こういう時は仕切り直しをしてもらうようにしています。
『少しお時間下さい。今ご提案できるオススメな物件が思いつかないので、改めてご提案させていただきます。』
この言葉を聞いた時には
『あれ?何か適当に扱われたな。』
と思わないでください。(笑)
『今日話をした内容でキチンとした提案を改めてしてくれるんだ。』
と期待してお待ちください。
賃貸のお部屋を探してる場合は急を要する場合もございますから別ですが、購入する場合は焦って今すぐ購入する必要はありません。
その日に適当な物件を見に行くくらいなら、仕切り直してお客様の要望に合う物件を見に行く方が、いい買い物をできる確率が上がります。
『せっかく今日は休みだから物件を何でもいいから見たかった。』
と言われるお客様もおられます。
でもせっかくの休みに適当な物件を見に行くくらいなら、奥さまやお子さまと美味しいご飯でも食べに行ってください。
その間にご提案物件を吟味させていただきます。
でもやはり下見にも行っておきたいですから、できれば再来店していただくのは翌週の方がいいですけどね。

昔先輩というか、店長に言われた一言ががあります。
『この物件がいいと思うのです。』
とご来店いただいたお客様にそのまま貸したり、そのまま売却するのは
『パン屋さんの店員さんと同じだよ。』
と。
『営業っていうのは、お客様の潜在的要望を組み取って提案するのが営業だ。』
と。
昔賃貸の営業をしていた頃に3LDKを借りに来たお客様に1Roomのお部屋を借りていただいたことがあります。
家賃5万円の予算で部屋探しをしに来たお客様に2万円の風呂なしアパートを借りていただいたことがあります。
少し横暴な話のようにも聞こえますが、お客様のニーズを感じ取り提案していくことがこの営業の仕事の醍醐味なのですよね。
最近ではこれをコンサルティングと呼んでいます。
お客様にどんどん提案していく。
より良いアドバイスができるように、お客様のことを細かくお聞きする必要があります。
お客様のことだけをどんどん聞き出すだけでは不公平です。
なので、私は個人的な情報もFacebookやTwitterで公開しています。
不動産の営業マンはお客様のお仕事内容、勤務先、家族構成、そして年収まで知り得てしまいます。
それなのに聞く側の立場の人間はプライベートの携帯電話の番号すら教えない。
これで何をさらけ出せというのでしょう。
不動産会社の営業マンにはプライバシーなどありません。
飲みに行っていてもお客様からの電話一つで素に戻ります。
飲み屋さんでもどこでお客様が見ているか分からないのでハメを外しません。
たまに楽しすぎて少し忘れることもありますが。(笑)

その覚悟があるのなら不動産業に入ることをお勧めします。
だってこんなに楽しい仕事はないですよ。
お客様の人生を左右するお手伝いができる仕事です。
なのでこれから不動産会社に就職しようと思っている方がいるならその覚悟を持って入社してください。
そういう方が増えればこの業界ももっともっと良くなっていくでしょう。
『不動産会社に勤めているんだ。』
『へぇー。すごいねー。大変なお仕事だね。』
と言われるような業界になれればいいなといつも思っています。
いつかそういう時代が来ますように。


物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
Amazon
  • ライブドアブログ