ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

影響力

本日誕生日を迎えました

今日3月18日誕生日を迎え、48歳になってしまいました。
年齢詐称していませんし、SNSでも公開してるので
『えーっ。』
って声は全く上がっていませんが、いろいろな方からお祝いのメッセージをいただく。

これってすごいありがたい話ですね。



『おめでとう』
『ありがとう』
こういう言葉って、言われて嬉しくないことなないですもんね。

とうとう50歳という大台が近づいてきました。

もう人生のラストステージに近づいています。

そろそろ仕上げに入らないとという年代ですが、まだ何かを成し遂げていない自分がまだラストステージに突入するわけにはいきません。

ただ、もう残された時間は僅かしかない。

そう思うと少し焦ってきているのも事実です。

先日オウム真理教の死刑囚が全国の拘置所に散りばめて収容するため、何人かの死刑囚が移動されたというニュースがありました。

そこで気になって調べてみたのですが、あの逮捕当時の麻原彰晃の年齢が40歳。

起こした事件については、当然みなさまもご存知の通りですし、事件について議論するつもりもありません。

でも、40歳であれだけの多くの人間に人生を左右するようなカリスマ性を発揮したということに驚きました。

最大信者数は1.5万人もいたと言われています。

あの当時は私はまだ25、6歳でしたから、そんなことは微塵も感じませんでしたが、この歳になると自分の不甲斐なさに失望しています。

もちろん自分にカリスマ性がないことはよく承知しておりますが、48歳になった今、自分の発信する言葉にどれだけの影響力があって、どれだけの人生を左右する力があるのだろうって考えた時に、そこには大きな差があることに気付きました。

自分が人生を生きた意味、後世に何かを伝えることができるようなことをしてきたのか?

あっ。
私の場合はこどもたちにですよ。

未来への礎を築くことがあと数年でできるのか?

そんなことを考えるような年齢になってきました。

このブログを立ち上げて2年半、更新を楽しみにしてくれているお客様も数は少ないですがいらっしゃいます。

ブログを読んで訪ねて来てくれる方や、ご相談のお電話をいただく方も増えました。

少しは世の中のお役には立てているのかな?

不動産は金額も大きい投資なので、騙されてしまうと人生を大きく左右します。

『騙さなくても儲かるのに。』

そう思ってずっと仕事をしてきていますが、中には一攫千金を夢見てお客様をハメることだけ考えている不動産屋さんがいるのも事実です。

ie34


何億の不動産仲介をするだけで、1千万、2千万円もの手数料を手にすることがある業界ですから、その魅惑に取り憑かれてしまうのでしょうかね。

そんな人を少しでも減らしたい。
自分が長く関わった業界をクリーンな業界に変えていきたい。

そう思って生きてきているつもりですが、何しろ先ほどの影響力が少なすぎます。

購入する前の予備診断的な相談でもしてくれれば、こんなことにならなかったのに。

そう思うことが沢山あります。

一人でも多くの方と繋がって、
『不動産は怖い。騙される。』

そういうイメージを払拭できればなと思っています。

これからも地道にコツコツと発信していきますので応援よろしくお願いします。



影響力がないと何も発信できない。インフルエンサーになりたい

インフルエンサーinfluencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。
その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。

Wikipediaから。



SNSを利用していると他の人の『いいね』の数とか、コメントの数、フォローワーの数がとても気になります。

よく芸能人がTwitterで炎上したとか話をしていますが、逆に炎上するのが羨ましいと思ったりも。

illust3496


どんな人にもファンとアンチファンがいて、同じことを発信していても受け止め方は様々です。

『そうじゃない。』
と思う人は自分の反対意見を書き込み、
『うんうん。同じ気持ちー。』
って人は肯定の意見を書き込みます。

書き込みがどんな内容であろうが、こういう反応ってやっぱり嬉しいものです。

一番辛いのは世の中の人に相手にされていないということ。

プロ野球元監督の野村克也さんの選手の育成方法で
無視・賞賛・非難
というやり方を取り入れていました。

初段回は無視
取るに足らない存在ということです。

次に賞賛
褒めて褒めて上機嫌にさせてその気にさせる。

『いいね』はここでいう賞賛ですよね。

最後に非難
これが炎上ってわけです。

つまり、上級者しか炎上しない。

炎上するのは一流の証ということになります。

私のツイートにはいつもポツンポツンといいねがつくくらい。

たまにリツイートしてくれたり、コメントくれる方もいますが、ごく少数です。

Twitterとか見てると一流芸能人や有名人は一つのツイートにいいねが何万って付いてます・・・

影響力でいうと、何万分の一にしかなりません。

これが今の現実です。

ブログのアクセス数も最近更新頻度を上げたのでようやく元どおりに戻ってきました。
それでも平均すると一日300PV辺りをウロウロしています。

このうち1/3は固定の方なので、一生懸命書いても一日100人弱にしか届いていないことになります。

まぁそれでもありがたい話なんですけどね。

遠い国から連絡をいただいたり(海外居住の日本人の方ですが。)、関東圏や沖縄などからもご連絡いただくことがあります。

でも、人間の欲って深いなぁと思うのが、
もっと多くの人に声を届けたい
こんなことを思ってしまうのです。

それで最近Facebookの友だち申請を自らしてみたり、Instagramを再開してみたり、情報発信のツールを広げています。

『遠くの方からご連絡をいただいてもお金にならないのでは?』
『ビジネスに繋がるの?』

こういうことを同業者の方にはよく聞かれます。

答えは

今すぐビジネスに繋がったり、お金に変わったりはしません。

お金が欲しかったら物件を探したり、お客さんを追客したりしていた方がお金になります。

じゃあ何でこんなことに時間を割いてるのかって?

不動産の仕事、特に仲介の仕事って毎月0からの始まりです。
一つの仕事が終わったら、また次の契約、次の契約。

今月はいいけど来月は大丈夫かな?

今年は良かったけど来年はどうなるのかな?

いつまで経っても考えることは同じです。

なので収益物件を保有してみたり、売主になって、いつ売れても利益を確保できるように仕込んでみたり。

おかげさまで先日3期目の決算が終了しました。

収益物件の融資も下りるようになり、プロジェクト融資で転売用物件の仕入れもできるようにはなりました。

やっと、仲介以外でメシを食う土壌が整いました。
だからと言って安泰かというと全くそうではありません。

私たち不動産業界って、天災一つで、また税制改正一つで流れは激変します。

天災もいつ、どこで起こるか分かりませんし、不動産への税制優遇もいつなくなるか分かりません。

そんな不安定の中で家族を守っていくことに、すごく不安を覚えます。
 
不動産業って不動産を売っているから物品販売業の一種と思われている方もいるかもしれませんが、仲介業の場合売っているのは情報です。

多くの情報を仕入れ、いち早くお客様に届けることにより契約に結びつけます。

情報勝負で戦うと常に新鮮な情報を仕入れる必要がありますから、毎日の積み重ねではなく毎日が勝負です。

これに少し疲れたのと、限界を感じてきたというのが正直なところです。
ITが格段に進歩した今の世の中、情報をクローズするというやり方は時代に逆行しています。

これからはどんどんオープンになっていくでしょう。

仲介業者の囲い込み、水面下での取引、これも少なくなっていくことと思われます。

新築建売業者が昔価格をオープンにしなかったのは、ローンの書き上げができなくなるから。

そんな理由でした。

でも、この度のスルガ銀行の通帳改ざん、売買金額の書き上げというのも一般の方にも知れ渡ってしまいましたから、今後同じやり方は通用しなくなるでしょう。

そうなると、収益物件なども情報をクローズする意味がなくなります。

フルオープンにした方が、成約スピードが格段にUPするのは目に見えていますから。

そんな未来を想像していくと、自分の立ち位置を今のうちに確立する必要があるのではと思っているわけです。

それがどういう立ち位置になるか、何をしていけばいいのかということはまだ手探り段階です。

でも何か違うことをやろうとしたときに、今の自分のままでは圧倒的にスピード感が足りない。。。


なので、新しいことを始めたときに少しでも発言力、影響力のある自分になっておきたい。

他人を巻き込む力を蓄積しなければと。

目標2020年までにTwitterかInstagramのフォローワー数1万人です。   

ちなみに今日現在でTwitter715人、Instagram153人。(笑)

少し風呂敷広げすぎてしまいましたので、Facebookの友だちも入れて3つで1万人にしましょうかね。

それなら今の6倍くらいかな?

よし。
これで行こう。

とりあえずそのためには、ブログを活用して自分がどんな考え方をしていているのかを伝えていく。
不動産投資を始めるときにどんなことを考えていけば失敗しないかということをいろいろ書き記し、読者のお役に立っていく。

そうすることにより、少しでも多くの人に知ってもらうことができ、少しでも世間に影響を与えれるような人間になれるのではないかなと。

物件を売るだけ、情報を売るだけの不動産屋さんは淘汰されると思っています。

そうではなく知識を売る。
エージェントとしての魅力に惹かれて仕事を依頼する。
そんな選択肢になってくるのでは。
そうならないと生き抜いていけないのではと考えています。

ダメなところはたくさんありますが、全てを晒して
『この人に依頼をしたい。』
そう思えるような自分を作っていくこと。
自分を知ってもらうこと。  

そのための作業が今やっていることです。
全ては未来を創るため。

そんな私を応援してください。
まず、Twitterのフォローからお願いします。


スマホ一つで何でもできる時代で

スマホがあればメールや電話はもちろん、株も買える、振込もできる、音楽も聴け、買い物もできる。
分からないことがあれば検索すれば何でも調べられ、外国語の翻訳までできる。



逆にできないことは何?

というくらい便利な世の中になりました。

現代社会で生きていくためには必要不可欠なものにまで携帯電話は進化していますよね。

最近デジカメを買いに行ったのですが、
『画像重視なら一眼レフですよ。そうでないならiPhone Xと今のデジカメ変わらないですよ。』
って言われました。

もうデジカメさえも必要のない時代なんですね・・

音楽もスマホに取り込み部屋の中からCDラックが不要になり、写真も携帯とPCに保存しアルバムが不要になり、本や漫画さえもKindleで読むようになれば本棚さえ消失してしまいます。

こんな世の中になるって想像できていた人ってどのくらいいるのでしょう?

便利になった反面、スマホなしでは生きていけない身体になってしまっています。

ニュースもTVではなくスマホのニュースアプリから見るようになったし、FacebookやTwitterでも目新しい情報がないかチェックします。

こっちからの情報の方が自分が必要としている情報が入手しやすいからです。

このブログをご覧いただいている方も6割がスマホからです。

そう考えると、ブログの最後に自分が誘導したいページへの導線を作らないといけないのですよね。

こんなことを考えていると、やらなければいけないことがどんどん増えます。

今日堀江貴文さんの『多動力』という本を読みました。

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
2017-05-26


この中に書かれていたことは、自分一人で全てをやろうとしても無理だし効率が悪い。

自分でやらなきゃいけないことと他人で補えることを整理して、自分がやらなきゃいけないことだけやればいい。

漫画だって映画だって一人で作らず分業制でしょ、だから本を執筆するのだって自分でやらなくてもいいって。

考え方の発想がすごいっていうか、あれだけ多くのことを考え実践してるとそうならざるを得ないし、そうでないと何も実現できないってことがよく分かりました。

自分に足りないもの。

それは他人を巻き込む能力。
自分一人で何もかもやろうとして、結局何も実現できなかった。
自分のこんな未来が容易に想像できちゃいました。

最近読んだキングコングの西野さんの『革命のファンファーレ』でも同じようなことが書いてありました。

この本でも多くの人を巻き込み、自分が描いた絵を実現していくさまが書かれています。

何かを成し遂げる人って、やっぱり行動力と求心力に長けている。

まず行動してそこから考える。

考えているうちに誰かが賛同してその波が大きくなる。

知名度があるからできることだという人といますが、じゃああなたは同じような知名度を作ろうとしたのか?

そしてその知名度を作ることができたのか?

若いうちに努力して、誰もが知ってる自分を作り上げた彼の勝利です。

自分というブランドを確立させ、それに共感する人たちが集まる。
もちろん��賛否両論�はありますよね。
有名人�ですから。

否定する人もいれば絶賛する人もいる。

二人に共通しているのは、二人というより同じような生き方をしている方はみんなそうだと思いますが、自分を否定する人の声をノイズとしてしか捉えていません。

誰にも興味を示してもらえないというのが、一番さみしいわけで、このノイズは影響力の副作用というわけですよね。

私もTwitterをやってますがツイートに誰も反応してくれないと、とてもとてもさみしい気持ちになります。
なので、こちらからフォローお願いします。



で、話は戻りますがこれだけスマホが生活と密接な関係になってくると、スマホで全てが完結するビジネスモデルでないと通用しなくなってくるということです。

その観点から言うと、私たち不動産業が一番ほど遠い世界にいることになります。

部屋の内覧をするのに、わざわざ不動産業者にアポを取り時間を割いて出向かなくてはなりません。

申込みも契約も鍵渡しも。

これって、今の生活リズムからかなり逸脱しています。

不動産投資をされている方でも、仕事の合間をぬって物件探しに奔走しています。

マイホーム探しなら、毎週末物件探し。
家族の恒例行事のように毎週、毎週。

賃貸の部屋探し、一人暮らしをしようという方が減ってきているのは至極当然です。

引越しする理由が特にないのに、面倒な部屋探しなどするわけがない。

せめて、賃貸くらいはスマホ上で内覧、契約が完了するくらいの法整備が必要じゃないかなと。
今でもIT重説は導入されていますが、書類の事前交付の後映像による重要事項説明が義務付けられています。

結局時間が取られるのは一緒のことですよね。

証券会社のように自ら確認して確認ボタンを押して、事前確認終了、事前収録した重要事項説明を自分の好きな時間帯に見て確認、ここまで行かないと、不動産業界だけ今の世間の流れに置いていかれそうです。

こんなこと私一人が言ったところで何も変わらないのですよね。

先ほどのような発言力、影響力のある人が発信すれば一気に景色が変わります。

なので、少しでも多くの人にこの発言が届き、業界が変わっていけばいいなという想いを持っています。

まだまだ道のりは遠いなー。

せめてTwitterのフォローワー数3,000人くらいを目指そっと。

今700人。

遠いなー
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ