ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

未来

これからの不動産営業

今世の中はとんでもないスピードで変化しています。
数十年前、いや数年前には想像できなかったことがどんどん実現していっています。
日本にカジノが建設されるかもって10年以上前に想像しました?
自動運転の車が発売されるってことを想像しました?
大阪ミナミの繁華街に外国人が溢れかえる姿を想像できましたか?

『そんなことは自分の予想通りだよ』
そう言える人ってどの程度の数いるもんなのでしょうか?
また、その今の未来を想像できていた人で、自分のビジネスに結びつけて成功している人はどれだけの数いるもんなのでしょうか?

どんなに優れた人であっても、今の世の中、これからの世の中を予測していくことは容易くありません。

先日、2025年大阪での万博開催が決定しました。
東京オリンピックに続いて、大阪万博、そしてカジノ建設に向けて、まず建築業界は大賑わいになりそうです。

その勢いに乗じて不動産業界も盛況になっていきそうな気もします。
旅行業界、インバウンド関係の業種はもちろん、飲食店、小売の販売業なんかも活気付くかもしれません。

なんだか、景気が良くなりそうな匂いはプンプンしますよね。
あとは、その流れにいかにして乗るか?
その需要をいかにして取り込むかが問題です。

よく、
『視野を広く持て』
『自分の枠にとらわれるな』
こういうことを言いますが、これからは本当の意味で視野を広く持つこと、一つのことにとらわれずいろいろなことにチャレンジすることが必要になってきます。

『おれは不動産屋だから、不動産のことしか分からない』
『これだけをやってればメシを食えるからこれだけでいいねん』
それじゃ厳しい時代が待っていそうです。

何かに特化したスペシャリストなら別ですよ。
でもごくごくありふれたただの不動産営業マンなら大変です。
不動産をただ紹介するだけの仕事、これが不動産の仕事だと思っているなら、転職することも視野に入れないと・・・

今の不動産業、ポータルサイトに集客を頼りきっている状態の会社さんがまだまだ多く存在します。
そういった会社さんの場合、業務のほとんどは物件入力、写真撮影、ここに時間が取られてしまいます。
もちろん売主さんのために、幅広くお客様を集める必要があるため仕方ない部分もあります。
反響のあったお客様を案内し、その物件を気にいるかどうか、これって誰にでもできてしまいます。
もちろん営業マンのクロージング能力、物件提案の仕方で成約率は変動することは間違いありません。
ただ、物件を見つけたのもお客様、現場で待ち合わせをして案内に立ち会うだけ、これで高額の手数料を請求するっていささかムシがよすぎやしませんか?

報酬に見合った仕事ができているかどうか?
そんなことを考えて仕事をしている人は、不動産業界の中でごくごく少数です。

仮に3千万円の取引だったとして、96万円(消費税別途)の手数料を支払う価値のある仕事ってどういうものでしょ?

ポータルサイトにかかってる経費が月額◯万円、そんなこと売主の知った話ではありませんよね?
住宅ローンの申請、手続きを代行しています。
そんなもの、今の時代自宅でネットからも申請できる時代です。
自分に合ったローンの提案をして、総支払額を200万円削減できた。
これならまだしも、そんな住宅ローンの知識を有している営業マンがどのくらいの数いるのでしょう?
じゃあ、あと何?

『うちが専任で預かった物件だから。』

専任で預かった物件だから、うちが売る権利がある。
よそは募集していない物件だから、うちにしか反響は入らない。
だから、手数料は一切オマケしない。

これって、高額の報酬を得る理由ではなく、高額の報酬を得る権利を手放したくない。
こういう話にしか聞こえません。

売主側の業者なら、少しでも高く売る努力を。
相場が3千万円というなら、3,100万円、3,200万円で売る努力を。
これって、気合いとか気持ちの問題じゃないですよ(笑)

ターゲットはどの顧客なのか?
現状のままで売り出した方がいいのか、軽くリフォームして売り出した方がいいのか?
また、ホームステージンクなどの一工夫手間をかけて売り出した方がいい、事前にインスペクションを施して付加価値をつける、こんな提案をできているかどうか?

買い側仲介の立場なら、税制優遇を受けれるかどうかのアドバイス、住宅ローンなどもFP的観点から生活費・教育資金等を含めてのアドバイス、リフォーム提案、物件の周辺環境、周辺施設なども引っくるめてその家庭にマッチした物件なのかどうかのアドバイス。
将来の資産価値の変動リスクなど、重要事項説明以外にも説明しておくべき内容は尽きません。
その上で、購入するに値する物件かどうかのアドバイス。
買ってほしいという物件を売るのではなく、お客様が買うべき物件を提案できるかどうか、つまりライフプランを含めたコンサル的な業務ですよね。

『◯◯不動産に依頼したら、高く売る提案をいろいろしてくれるよ。それなのに△△不動産と仲介手数料一緒なんでしょ?』
『◯◯不動産に相談したら、ライフプランニングから親身になって提案してくれる、△△不動産はローン組んだら毎月◯◯円って話しかしてくれなかった。』

今まではネットなどの掲載物件から反響を取り
物件が気に入った=購入
その後急ぎ足で契約→ローン→引渡し
こういう流れでした。
だから、お客様は無理した住宅ローンの組み方にも気付かず多くのローン破綻者を生み出していました。
『どこの不動産屋も一緒』
こうお客様が思ってしまうから、
『大手で聞いたことのある会社なら安心』
こう考えてしまうから、多くの住宅被害者を生み出しています。
そうではなく、住宅購入の前から不動産屋さんに相談に行くのが当たり前。
その相談の内容によって、不動産会社を選別する。
そう変えていかなければなりません。

SNS全盛の今の時代、自社の取り組みを発信することは決して難しくありません。
正しい取り組みをしていれば、多くの人にその仕事を評価してもらえる機会は増えていくはずです。
そんな仕事を続けていければと。
今までは、口頭で説明していただけだったので、今後は書面等で自分のアピールポイントとして発信していければなと考えています。
そのための資料作り、インスペクションやホームステージンク、住宅ローンの専門業者などともタイアップ(RE/MAX 本部と提携してくれたので)して、自社ならではの売却方法をどんどん提案していきたいと思っています。
もちろん、購入時もFP(当社には1級、2級、3級と3人のFPがいます)ならではの提案をしていければと、その提案の仕方を模索中です。
2019年のRE/MAX L-styleは進化しますよ。

L-style_logo_balloon

他社に負けない圧倒的な提案力を武器に。
これからの不動産業界はこうじゃなきゃダメなんだという指標になるためにも。

みんなが切磋琢磨して、業界のスタイルを変えていければ、また業界のイメージ、未来を変えていけるような気がします。

まぁ、近未来の不動産営業のスタイルですけどね。
もっと未来の不動産営業のスタイルは近未来をまず確立させてから考えることにします。
ということで、今日はここまで。

仮想通貨とクレジットカード、そしてシンギュラリティ到来?

コインチェック問題、その後の仮想通貨の暴落。

また切り返してはきていますが一時期のような勢いはなくなっています。


そもそも仮想通貨という呼び方がいけないのではないですかね?

ブロックチェーン、暗号通貨。

この呼び方の方がしっくりくるのですが、仮想と呼んでいる自体で何か騙されるのではというイメージが沸くのは私だけでしょうか?

世間では仮想通貨で浸透していますが、何か呼び名はないもんですかねー。

他の呼び名で書くと少々ややこしくなるので仮想通貨で通しますが、この仮想通貨の取引にはクレジットカードが使えていました。


証拠金を振り込まずともクレジットカードで購入ができますので、中にはついつい勢いで購入しちゃった人もいるかもしれません。

クレジットカードで購入すると翌月もしくは翌々月に請求がやってきますが、そのタイミングまでに売却して現金化してしまえば支払いに間に合う。

こんな考え方で購入していた方も中にはいるでしょう。

この人たちは価格の暴落でカードの支払いができないなんて目にあってないのですかね?

一時期メルカリでカード決済で現金を販売していたというニュースがありましたが、多重債務者にとってはカードのが現金に変わる、この需要があることは確かです。


カードの枠で現金化でき、なおかつ儲かるかもという幻想を抱かせる、このスキームは誰が思いついたのでしょうか、弱者を食い物にするすごいスキームです。

そもそも株式投資でもFXでもクレジットカードでは購入できませんし、クレジットカードで購入した原資でレバレッジもかけれる、こんなことを黙認していた金融庁にも問題があるような気もするのですがどう思いますか?

しかもこれで損した分は確定申告で税金分が戻ってくるわけでもなく、儲けた分は雑所得として累進課税で徴収すると、これまたエゲツない話です。

損した部分はあなたの自己責任、得した分はきっちりと税金を納めてね。

ヤ◯ザ並みにエゲツないやり方です。

入り口と出口の整理をきちんとしないとなかなか参入しにくい市場になってしまいます。

仮想通貨、ブロックチェーンの仕組みはとても良くできていると思いますし、今後は日本も現金を持ち歩かなくてもいい世の中に変化していくかもしれません。

Suicaやnanaco、クレジットカードにキャッシュカード、種類も多く入金管理するのも大変です。

財布もいろいろなカードでパンパンです。

全てを一元管理できる仕組みができればありがたいのに。


そんな淡い期待を寄せて仮想通貨の未来に少しだけ投資してみました。


今回の株式市場の暴落の連鎖は今ある経済市場の崩壊への一歩かもしれません。

株式投資、仮想通貨の暴落、この市場の資金はいったいどこに向かうのですか?

預金?

そんなわけないですよね。

タンス預金?

物騒な世の中にそんな選択肢も持てません。

金?

今のタイミングで金の価格が大きく上昇しているわけではありません。

一昔前に比べると大きく上昇してはいますが。

でも、やっぱり金が一番みたいな話になればいつの時代の話なんだということになってしまいます。

江戸時代と変わらない経済の価値観になってしまいます。

今何かが大きく変わろうとしている節目なのかもしれませんね。

シンギュラリティなんでしょうか?

今回のニューヨーク市場の株価暴落はコンピュータの自動売買システムが発動したからだという話もあります。


AIが今の経済の仕組みを壊そうとしているのかな?

625925


少しSFチックになりましたが、AIが自らシステムを開発していけば世の中は格段に進歩するかもしれませんが、その裏で人間が作り出したものを否定することもあり得るかもしれませんものね。


私たちの多くの仕事がAIに取り変わられるとも言われています。

『でも人間味があっていいよね。』

こんな仕事もたくさんあります。

食事に行って店員さんがニコッってしてくれるこの温かみはコンピューターには出せないですよね。

あれ?

出せるようになるのかな?


でもご飯は目の前で料理人が作ってくれるから味わい深く美味しく感じますよね。

これも選りすぐりのシェフの味を再現できれば考え方も変わってしまうのですかね?


そう考えると人間が必要なことって本来は働くことではなく、人とのコミニケーション、家族であったり恋人であったり、友人であったりと触れ合うこと。

一番大事なことはお金ではなく大切な人と過ごす時間なのでは?

そういうことを思い出させてもらえる時代に変化していくのかもしれませんね。


でも、そうなるとどうやって生活、生計を立てていけばいいのかな?

誰もが稼げなくなれば税金を納める人もいなくなり、社会のインフラ整備もままならなくなります。

食料だって誰が作り、その対価は何になるの?

便利な世の中になれば、必要のないものはただ飯を食い、ただ環境を壊す人間だけ。

そんな選択肢をAIが持たないとは限りませんよね。

だから、自動のシステムなんて作らない方がいいのです。

自分の手で行うからいいのであって、工場の流れ作業でもコンピューターがする部分と人間の手作業が必要な部分、ここで分かれているからこそ住み分けができます。

全てコンピューターで賄えるなら、そこには雇用も生まれません。

雇用が生まれなければ社会は機能しません。

私たちの仕事は人手でないとできない仕事でしょうか?

自分でないとできない仕事、オンリーワンになることがこれからの時代を生き抜く唯一の術になるのではないでしょうか?

そんなことを考えながら、自分でしかできないことを考えています。

でも思いつきませーん。

そりゃそうですよね。

ただの一般人ですから。

あっ。

でも不動産のことなら人並み以上には知識があり、人並み以上の経験を積んでいます。

やっぱ、これを売りにするしかないな。

これが今日の結論でした。


不動産の仕事が全てAIに取り変わられませんように。。。

クレジットカード、仮想通貨の話からだいぶジャンプしてしまいまして申し訳ありませんでした。(笑)




にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


必要とされること、そして必要とされていること

必要とされること。

これは仕事で常日頃心掛けていることです。

でも、なかなか毎日困っている人がいるわけでもなく相談のお電話がじゃんじゃん掛かってくるわけではありません。

掛かってくる電話のほとんどが営業電話(セールス)と物確(レインズ掲載物件の空き状況の確認)の電話です。

でも、毎日自分を必要としてくれている人はいます。

それは・・・

子どもたちです。

まだ小さいうちの子どもは帰宅するとにこやかな笑顔で出迎えてくれます。

IMG_9858

IMG_98571


3歳の女の子は毎日嵐のように話しかけてきます。

9か月の下の女の子は満面の笑みで笑いかけてくれます。

子どもたちはもちろん私より母親であるうちの奥さんの方が大好きなのですが、それでも帰ってきたのがうれしいという表現を最大限見せてくれます。

たぶんこれはうちの話だけでなく、小さな子どもがいる家庭ならどの家庭でも見られる光景だとは思います。

私は家の手伝いをあまりできていませんので、家に私がいなくてもあまり変わりないかもしれません。

でもそれでも喜んでくれるということは居てくれてうれしいということ??

そう勘違いして仕事の原動力に変えています。

自分一人の力ではなかなか何かを変えようという気になれないものです。

親の期待に応えようと一生懸命勉強したり、スポーツに打ち込んだり。

仕事でも彼女や奥さんの期待に応えようと歯を食いしばって頑張ったり。

そういう存在ってやはり大切なんだと思います。

大好きな人に期待されるから頑張れるのであって、大好きでない人に期待されても困りますよね。

最近そんなことが分かってくるようになりました。

自分が親のことをそんなに好きでなくても、自分の親は自分のことを大好きでいてくれています。

いつも気にかけてくれています。

そんな親心を47歳にしてやっと気づいた大人がここにいます。

最近でも親による幼児虐待のニュースが後を絶ちません。

悲しいニュースです。

そういう親たちは自分の子どもが、自分にだけ向けてくれる可愛い笑顔に気付いているのでしょうか?

自分に振りまいてくれる最良の笑顔。

赤ちゃんの時から2歳、3歳までは友だちや恋人がいるわけでもなく、自分の親が遊び相手です。

話し相手も親や兄弟しかいません。

そんな子どもが楽しみにしていることは、おもちゃやお菓子を買い与えてくれることではなく一緒に遊んでくれることなんですよね。

親が一緒に遊んであげているのか、実は一緒に遊んでくれているのか?

子どもが大きくなれば、親とはなかなか遊んでくれなくなります。

一緒に出掛けたり一緒に旅行に行ったりも少なくなるでしょう。

子どもが小さいときは自分にだけ向き合ってくれる数少ない時間です。

そんな貴重な時間を大切にしたいと今のスタイルで仕事をしているのですが、なかなか・・・



親鳥が持ってくる餌を心待ちにしている小鳥の気持ち。

子どもを守るというのは動物の本能です。

その親心は父親より母親の方が強いと思います。

死に物狂いで出産した我が子ですから。

今の子どもたちの出産に立ち会いました。

そこで見た光景は想像を絶するものでした。

『こんなに大変なんだ。』

こんな大変な思いをして自分の子どもを生んでくれた奥さんに感謝することと、こんなに苦労して生まれてきてくれた子どもを大切にしよう。

こう本心から思えたきっかけでした。

もし私に子どもがいなかったら?

多分仕事していません。

それなりには仕事はしているでしょうが、こんなに一生懸命働いていません。

将来のことを考えて一生懸命知恵を絞るようなこともしていないかもしれません。

親が自分の面倒を大人になっても見てくれていたら?

仕事に就いてもすぐに辞めてしまっていたかもしれません。

今一生懸命働いている理由、一生懸命未来を築こうと思っている理由。

それは自分の元に生まれてきてくれた子どもを幸せにしたい。

そして自分の子どもを産んでくれた奥さんを一生大切にしたいという気持ち、たったそれだけの理由です

幸せって何?

分かりません。

子どもたちにとって、奥さんにとって何が幸せかは分かりません。

でも、一生懸命頑張らなきゃいけないことに変わりはありません。

自分が変わらなきゃと思えたきっかけ。

そのために残りの人生は生きたいな。

そんなことを考えながら日々闘っています。

自分が必要とされていると実感できることってなかなかないかもしれません。

でも実はあるのに気が付いていないだけかもしれません。

自分から感謝の気持ちで接してみると、その気持ちに案外簡単に気付くことができるかもしれません。

『今の生活で満足だから、これでいいんだ。』

こう思っている貴方、自分は満足でも周りの家族はこれで十分満足なのでしょうか?

『俺にはこれくらいでちょうどいいよ。』

あなたについてきてくれた奥さまは、今のあなたに満足してくれていますか?

私はよく自分にこう問いかけ、自分でこう質問します。

考えた答えが、

『もっともっといけるよ。まだまだ余力はあるから頑張りな。』

こんな一人芝居をしながら奮闘しています。

『あなたのは何ですか?』

『私の夢は子どもたちを幸せにすることです。』

『子どもたちに未来を創ることです。』

私は不器用で今さら新しい仕事をすることができません。

25年も過ごしてしまったこの業界で頑張るしかありません。

なので、この業界を良くしていかないと自分たちも成長できません。

お客さまも一緒に成長しないと、業界自体も成長できません。

ということで、このブログでいろいろな情報を発信していこうとしているわけです。

みなさまが少しでもこのブログで何かを学び、そして失敗しないように導ければいいなと。

でもさすがに不特定多数の方が見ているブログで全てをさらけ出すことはできません。

会員限定のブログでも開設できれば別ですが、このブログ以外にもう一つサイトを開設することなど身体がいくつあっても足りなくなります。

なので、セミナーや、できれば懇親会にもご参加ください。

お酒を飲むとベラベラといろんなことを話してしまいますので。(笑)

次回セミナー開催予定は12月か1月です。

忘年会兼セミナーか新年会兼セミナーにしますので、日程が合いましたらぜひご参加ください。

また近日中に日程発表します。

すでにお会いしたお客さまには、またもう一度お目にかかれる日が来ますように。

そして、まだお会いしていないお客さまにはいつかお会いできる日が来るように期待しています。

それでは。




物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ