ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

無償

タダほど怖くて無責任なものはない

無料セミナー
相談無料
仲介手数料無料

不動産の世界では『無料(タダ)』という文字がよく登場してきます。
『無料ならいいや、参加(相談)してみよ』
そう思う人も多いかもしれませんね。

私自身も、人の話を聞くのが好きなので、いろいろなセミナーに参加します。
無料のものもあったり、参加費が必要なものもあったり、それはセミナー内容によって変わってきます。
基本、セミナーの場合、無料のものは
自社の商品、サービスを宣伝』したいがためのもの
顧客を増やしたい』ためにするもの
もう一つは、会費を払っている会員向けに講師を雇い開催するもの
このいずれかですよね?

最後の会員向けってのは、宅建協会の勉強会であったり、不動産コンサルティング協会の勉強会であったり、すでに会費を集めている団体が、その会費から負担して開催しているものです。
なので、たまにとてもいい内容のセミナーがあったりします。

でも、その他の無料セミナーのほとんどは、顧客の誘導のためであり、自社の利益のために行われているものです。
セミナーの内容、セミナー内で使われている統計も、自社商品、自社サービスに適した内容ばかりをチョイスしています。
節税目的の不動産投資セミナーなど、中層所得者にはほとんど恩恵があるものでない(ふるさと納税で十分じゃない?)にも関わらず、あたかもやらなきゃ損という内容に落とし込んでいます。
つまり、何が言いたいかというと、
タダでは誰も自分のために何かをしてくれないということです。

697109

誰かが、他人のために無償で動いてくれる理由、多くの場合はその人のことが大好き、もしくはその人が自分にとって利益があるからしてくれるものです。
自分が何かしらの有益なものを提供できるなら、その有益なコンテンツを利用するために人は集まってき、お互いにWIN-WINの関係が保てるかもしれません。
もしくは対価を払うことにより、人からサービスの提供を受けることができます。
でも、相手に何もしてあげれない、対価(お金)も払わない人に対しても、有益なサービスを提供してくれることはありません。
お金目的で行動する人ばかりでないのは当然です。
でも、人に教えてくれるというその行為だけではなく、その人の時間も浪費してしまうということに気付かなくてはなりません。
人に与えられた時間は共通で1日24時間と決まっています。
それは、生まれたばかりの赤ちゃんでも、世界の大富豪でも同じです。

時間の浪費こそが、自らのお金を稼ぐチャンスを奪ってしまっていることに気付きさえすれば、無償のものに魅力を感じることがなくなるかもしれませんね。

時間をお金で買う
これは、成功者みんなが行なっていることです。
他人の時間を無駄に奪うことは悪であり、無償で提供する情報に価値がないことを知っているからです。

他人を動かせば、そこにフィーは発生し、フィーの発生しない仕事は、
『うまくいけばいいや』
『何かに繋がればいいや』
その程度の覚悟です。
そこにプロとしての責任と責務は発生しません。

プロ野球選手に
『うちの草野球に参加してよ』
とは言わないですよね?

でも、例え5千円でも1万円でもフィーが発生すれば別です。
1円でもお金を受け取る以上、責任のある仕事をしなくてはいけません。

私たちが今行なっている仕事、これはプロの仕事です。
ですが、成功報酬で動いています。
一生懸命動いてもフィーが発生しないこともあります。
調査や宣伝広告で先に出費が伴うこともあります。
でも、その先に繋がる報酬が見えているからこそできる話であって、先に繋がらない話なら誰も一生懸命動いてなんてくれません。

これって実は私たちの仕事の話だけではないんですよね。
よく、
『◯◯行くならついでに◯◯買ってきて』
『◯◯の仕事頼むなら、ついでにオレのもお願いしてきて』
えっ?
って話。
買ってくるのはいいけど、それを届けに行かないといけないやん。
こっちは仕事なんでお金払ってるけど、何でタダ乗りしようとしてるの?
『◯◯行ったから、お土産で買ってきたよ』
『自分の仕事頼んだから、ついでに一緒にやってもらうように声かけたら、タダでやってくれるって』
結果は一緒でも、相手の心象は大きく変わってきます。

タダのものに期待しない。
何かを得れればラッキー、何もなくても当然。
タダで人に頼む時には、これくらいの心構えでいましょうね。



熊本の被災地の方に宿泊施設提供。いいニュースです。



今回の熊本県での震災を受けて被災者の受入体制として、熊本県内の旅館、ホテル5千室の部屋を準備したそうです。
宿泊料約5,000円は国が全額負担するそうです。これはいいニュースですよね。
神戸の震災ではお風呂に入れず、市役所などの避難所でざこ寝状態だったようなので、被災者にとってはうれしいニュースではないでしょうか?

またAirbnbでも被災者向けに無料の宿泊施設を提供するようです。

ここにも無料で提供してもらえる部屋がいくつか掲載されています。

日本国内からも支援物資がどんどん送られているようですが、こういう救援体制が確立していくのはいいことだと思います。
阪神大震災から始まって東北の大震災、そして今回の熊本の大地震。
北から南までどこでいつ起こるか分からない震災。

今回は日本の名城である熊本城も震災にあいました。
私の持論、勝手に思い込んでいただけですが、古くから存在している街やお城が現存している地域は震災に強い。
というのが覆されました。
何百年も震災に合わない、震災に強い地域だから今でも歴史的建物が現存しているのだと言ってきましたが、そうでもないかもしれません。

まさに震災はいつ、どこで起こるか分からないということです。

そして、いつ自分の身に降りかかるかもしれないということを知っておかないといけません。

先日も台湾で大きな地震がありましたし、日本だけではなく震災って各地で起きているわけです。

海外の不動産投資家は震災等のリスクに備えて資産を分散するといいます。
もちろんこの場合は震災リスクだけではなく、経済リスクや政局不安などのいろいろなリスクが絡んでの話ですが。

私は不動産屋ですが、あまり不動産だけに資産を集中するということに実は否定的です。
それは物件の選び方、運営の仕方をいくら研究したとしてもこういった天災リスクや、事故や事件などのリスクを全て回避することが出来ないからです。

ただ一件、二件所有しているだけではこのリスクに当たるという可能性は極めて低い確率だとは思います。
でも、昨日のニュースでも流れていましたが、自分の家が倒壊していくのをただ眺めているしかないというのは涙しか出ない出来事です。
自宅の中には大切な思い出や写真、もちろん預金通帳なども残っていますから建物内に入りたい。
でも入れない。倒壊の危険があるからです。せっかく助かった命をいつまた来るか分からない余震で失ってしまうかもしれないからです。

私は実家が阪神大震災で倒壊しました。
その時に一般の人はそう考えて建物内には入らない。
でもよそから来る人はお構いなく進入し、預金通帳や現金をあさっていく。
そういう話をよく聞きました。
今回の熊本の地震でも同じようなことが行われていると聞きます。
恐いのは天災ではなく、この二次被害の人災かもしれません。
ボランティアのフリをして熊本に窃盗を働くため、詐欺を働くために入ってくる人たちもいます。
ただでさえ物資が足らなく、交通網も万全ではない状態なのにです。

こういった行動を制限する方法ってないのですかね?
自ら進んでボランティアをする人と、真逆の行動をする人。
同じ国民としてとても残念に思います。
でも今日のニュースは少しほっとしました。
避難所ではなく暖かい室内で、ゆっくりとシャワーを浴びれる環境をどれだけ早く作ってあげれるか。これが本来の福祉だと思います。
税金も消費税も上がっていいので、こういった費用にどんどん税金を回して欲しいです。
今年のふるさと納税は熊本県にしましょう。
これが本来の選択肢ですよね。

高額所得者ではないので、寄付もふるさと納税もそんなに出来ないですが、少しでも助けになればいいなと思います。

みなさまも是非。

物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ