ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

福祉

日本の幸福度って世界53位なんですって

国連が発表している2016年世界幸福度報告書で日本は53位だったそうです。

昨年の46位から順位を落としています。

1位はデンマーク、2位はわずかな差でスイス。

以下アイスランド、ノルウェー、フィンランドと北欧の国が続きます。

何かイメージ的には南国の方が幸せなイメージがあるのですが、国民になるとそうでもないのでしょうか?

日本はアジアの国の中でも上位ではありません。

中国の83位、韓国の58位よりは何とか上位にはきていますが、アジアのトップはシンガポールの22位です。

以下タイ33位、台湾35位、マレーシア47位。
これに続いて日本はアジア5位という結果です。


デンマークの幸福度が高い理由としては、労働時間が短い。社会保障がしっかりしている。

社会保障の話は有名ですよね。

ゆりかごから墓場までというやつです。
出産や教育、失業保険から介護、葬式代も無料だそうです。

それに何と夏休みは三週間くらいとるそうですよ。

これを聞いていたらいいことづくめですが、消費税は25%、所得税も40%から60%も取られるそうです。

そりゃそうですよね。
それなりのものを払わないとそれなりの保証を受ける原資すらないわけですよ。

北欧の国ではスウェーデンも同じような福祉大国です。

セーフティネット、最低限の生活ができる保障というものは当然あったほうがいいですし、教育費の無料というのは将来の国力に関わってきますからとても大事な施策だと思います。

でも何もかもできるわけがないのですよね。

今日本は未曾有の高齢化社会に突入しています。

老人の数が増えるだけでなく、長寿化しています。

ここに膨大な費用がかかっていますし、今後も増え続けるでしょう。

ただこうした保障を受けることを知らない人たちもいます。

苦しい生活をしながらも誰にも相談できない。

どこに相談に行けばいいか分からない。

老老介護の上に生活苦で自ら命を絶ったり、小さい子どもが虐待されて助けを求める術がない。

毎日残念なニュースがテレビで報道されます。

本当に困っている人を助けられないのは、困っていない人をたくさん助けているから?

大阪市内の生活保護率の高さは有名ですが、どう考えても働けるでしょって思う若い人たちが生活保護を受けていたり、生活保護を受けながらパチンコ屋さんに通い続けている人たちも見かけます。

そんなことしていたら、社会保障も何もないですよ。

権利と義務の問題です。

国民には三大義務があります。

納税、勤労、教育です。

この教育も今の義務教育は中学校までです。

その中学校も引きこもりで通わない。
働かない。
当然納税もしない。

国民の義務を放棄した人に対して国は義務を背負わないといけないのかな?

マイナンバーで国民は管理される。

貯蓄額も所得額も全て把握されてしまう。

これって悪いことなんでしょうか?

確かに税金をごまかしたり、働けるのに生活保護を受給していたりしている人には不利益な話です。

でも、まじめに働き、まじめに納税している人にとっては何か影響はあるのでしょうか?

あっと。脱税じゃなくて節税している人には不利益でしたね(笑)

個人的意見ですが、消費税25%は行き過ぎなような気はしますが、増税しないと無理ですよね。

その分所得税、住民税を下げてほしいです。

あと、厚生年金保険も。

自分の代で年金がもらえないかもと思うと、そりゃみんな節税しますよね。

年金代わりの老後資金を得るために不動産投資を始めようとしますよね。

お金を持っている人は老後の不安を抱え、お金がない人は格差を感じて不満を抱え、この国に生まれて幸せだと思う人が少なくなってしまっています。

でもいい国ですよね。

職業の選択も自由だし、努力次第でお金を稼ぐこともできる。
徴兵制度もなく、紛争などの心配もない。
治安も良い。
食べ物は美味しく、物価も安い。

しかも働けなくなれば生活保護も受けれる。

医療も充実していて、長生きできる。

こんないい国ないですよね。

あとは老後の心配をなくすだけです。

それは自分の力で何とかするしかないのかな。

ということで、老後も自立して暮らしていけるように頑張りましょうね。


最後に私の幸福度のバロメーターです。(笑)

大阪都構想再び

昨日の大阪市長、大阪府長W選挙大阪維新の会が圧勝したことで前回住民投票で否決された大阪都構想の話が再燃していますね。
前回は大阪市民、私も含めてですがはっきりとわからないまま時期尚早な住民投票だったような気がします。

反対はしていないけども、賛成して大阪市がなくなるのもどうなるのだろ?
という意見も多かったような気がします。
反対派は大阪市がなくなっていいのですかという主張。
維新は都構想で改革を進めましょうという主張。
中身についてはよくわからないまま投票を迫られたという形だったのではないでしょうか?

これから大阪市を支えていかなくてはいけない若い世代にも分かるように、自分たちの未来がこの政策によってどう変わっていくのかを説明する必要があると思うんですよね。
近所の集会所で説明会を開いても若い世代は集まりませんよ。

SNSを使って拡散するとか、YouTubeを使って面白おかしく説明するとか。
もっともっと若い世代に興味を持ってもらうことから始めた方が革新は早いと思うのですが‥

これからどうなるかは別にして、都構想で今の24区が5区になる。
これが激しすぎるような気がするのは私だけでしょうか?

ちなみに5区の場合の区分け案はこんな感じです
各区の人口バランスは以下の通り

人口分布にだけバランスを置いているような気がするんですが。

ちなみに7区のときの案はこちら
人口分布はこちら
これも人口分布を中心に考えられているような気がします。

そもそも北区と中央区は住民は少ないけど、働いている人たちの数は圧倒的に多い地域です。

行政のことだから、住民人口を中心に考えなくてはいけないのかな?

各区に特色を持たそうと思うと、観光客が訪れる地域には観光特区
ベットタウンというか、生活起点となっている住居系の地域には子育てを中心とした特区。
生活保護者、高齢者の多い西成区は福祉を中心とした特区。
湾岸エリアはまたその特色を活かしてとか、各区の特色を活かした区分けができるとそれぞれの地域の活性化ができるのでは?
と思ったりもするんですが、そういった何種類かの案の中から選べるような住民投票ってできないもんですかね?

アンケートでも何種類かの中から選びますし、議員を選ぶ時にも候補者は何人かいますよね。
なんでこんなに大きな議論、大阪都構想はイエスかノーかの2択なんでしょう?

今の若い世代はイエスかノーかの2択を絞れるほど決断力がありません。
それは選択肢の多い世の中で育ってからだと思います。

でもこれから日本を、大阪を支えていくのは年寄り世代ではなく、私たちの世代でもなく、より若い世代です。

その若い世代に政治に参加してもらえるような仕組みづくりが必要なのではないでしょうかね。

どちらにしてもより良い日本に、より良い大阪にしてもらいたいです。


人気ブログランキングへ

生活保護世帯過去最高を更新

生活保護世帯数推移

厚生労働省は7日、7月に生活保護を受給した世帯が前月より2964増えて162万8905世帯になり、3カ月連続で過去最多を更新したと発表した。


 受給者は2150人増の216万5278人

同省は「失業者のいる世帯などは景気回復で保護から脱却する一方、高齢独居世帯の受給が大きく増えている」と分析している。 

というニュースが出ていました。

このグラフを見て思ったんだけど、生活保護がすごい増えたってイメージだったんですが、昭和26年も200万円以上の保護世帯があったんですね。

その頃は保護を受けているということが恥ずかしいことでなかなか公にできなかったのでしょうが、最近では当たり前のように申請に行きますから、時代の違いはあるんでしょうが、意外と昔と変わらない数字に驚きました(^_^;)

でも最も少なかった平成7年は今の数字の1/3くらいなので、その位まで減らすほど景気が良くなればいいんですが、なかなか回復はしないですね(^_^;)

もう一つ気になるのが高齢者の生活保護世帯が増加しているという話ですね。

ただこの場合、年金をもらって、不足している分だけの保護になるので、これはきちんと保護してあげたいところですよね。

でも、医療費がかさむのか・・・

私はほとんど病院にかかりませんが、病院に行って薬をもらうとき、ジェネリックを使っています。

せめて、生活保護を受給している方は自ら進んでジェネリックを使用してほしいですよね。

破たんしそうなほど借金を抱えている国に守ってもらっているんですから、そこは少し謙虚にお願いします(-_-;)


生活保護費が引き下げになった話は以前ここでしましたが、いくら金額が下がっても受給者が増えれば意味ないですよね(-_-;)

このブログを見ていただいている方は、投資家の方や起業しようとしている元気、意欲のある方がほとんどだと思います。

みんなで日本の景気を良くしましょう!!

そのために、ちょっと仕事します。。。

物件探します。。。。

ではでは。


人気ブログランキングへ
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ