ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

若者

最近の若いものはって言ってはいけない言葉

『最近の若いものは・・・』

この後に続く言葉で思いつくのは『ダメ』とか『やる気がない』とかネガティブな言葉が多いのではないでしょうか?

この最近の若いものはというセリフ、今に始まった話ではないですよね?
私たちが若い時と先輩たちに言われてきた言葉です。
私たちにそう言っていた先輩たちもその先輩たちに言われてきたセリフではなかったでしょうか?

新しい時代を作ってきたのは、常に若者です。
既成概念に捉われない若者の斬新な発想があったからこそ、新しい文化、新しい歴史が作られていったものだと考えています。

逆に最近の若者の意見を重要視しない年長者の方がタチが悪いかもしれません。
それは既得権益を守りたいからであり、自らの保身を考えての発言かもしれません。
もちろん自分だけでなく、家族や同僚を守るため保守的な考えになっていることもあるでしょう。

でももう今の日本は既得権益にしがみついて生き残れるほど甘い社会ではなくなっているかもしれません。
小学生、中学生のなりたい職業ランキングにユーチューバーがランク入りする時代です。
パソコン一つ、スマホ一つで起業しようと思えばできる時代です。

そんな時代に取り残されているのは、社会にしがみついている年長者かもしれません。
うちの2歳半の娘が毎日私の携帯電話を奪い取ってYouTubeを見ています。
これはこれで親としてどうなのという意見も出そうですが、ともかくテレビと違いいつでもどこでも簡単に自分のみたいチャンネル、番組が見れるというのがYouTubeです。
これに限らず、ネット社会になった今では自分の欲しいものがあればamazonや楽天で簡単に手に入ります。
また、自分が調べたいこと。
料理のレシピや、言葉の意味、飲食店の評判、気になるアーティストの情報などもネットですぐに手に入ります。

つまり自宅にいながら、どんなものもどんな情報も手に入るということです。
先日メルカリで領収書や現金も買える。
これはどうなのというニュースがありましたが、逆にスマホやPCで手に入れれないものの方が少なくなっています。
そんな時代なのですよね。

これはもうあなたたちが知っていた時代ではなくなっているのです。
自分が分からない時代のことをより多く知っているのは若者です。

その若者の意見を尊重できない人が、これからの社会で生き残っていけるわけがありません。
『昔はよかった。』
『おれらの時代はこうだった。』
これはもう死語にしなければいけません。

それにしても子どもの成長ってすごい早いですよね。
恐ろしいスピードで進化します。
昨日まで出来なかったことが、今日出来るようになり、新しい歌や新しい言葉をどんどん覚えていきます。
未来を作っていくのは若者たちです。

でもかといって、年長者を軽んじた扱いをしたり、老人を敬わないということには賛同できません。
自分が歩んできた道を先に歩んできた先人に対して敬意を示すべきです。
老人と若者がうまく融合できればそれが一番理想的な形です。
野球でいうと、今の阪神タイガースですよね。
絶好調です。
去年の広島カープも同様でした。
ベテランと若手がうまく融合したチームがペナントレースを制します。

これ以上書くと完全に野球の話になっちゃうのでこの辺にしておいて。(笑)

不動産業界でも、若者だけをターゲットにしている賃貸業、高齢者だけをターゲットにしている相続ビジネス。
どこかにターゲットを絞り込むのはビジネスとしてとても有効的な手段です。
でもその代わり何かをないがしろにしてしまえば、そのしっぺ返しは必ずやってきます。

若者だけでなく高齢者もターゲットにした賃貸住宅作り。
被相続人の相続税を軽減するためだけの相続対策ではなく、相続人のこれからの生活、資産形成のための相続対策。
こういうことが大切になってきますよね。

私は若者と高齢者のちょうど中間の年齢になってしまいました。
だからこそ、若者の発想と年配者の経験、知識を併せ持ち両方の立場からアドバイスできるようにならねばいけないのかなと思っています。

最近の若いものはとか、おっさんは頭固いからなーとか言われないように。

何かイラっとしてしまった出来事

今日奥さんと子どもとランチを食べに『サイゼリア』に行ってきました。

メニューを開いてビックリ。
その値段の安いこと。

注文して出てきた料理も普通においしいし、やるね日本の外食産業はと感心していました。

ペペロンチーノなんて299円、グラスワインはなんと100円ですよ。
価格破壊ですよ。
デフレの象徴ですね。

1000円あればそこそこつまみながらベロンベロンになれちゃうかもしれません(笑)

値段が安くてうれしかったのと、出てくる料理が普通に美味しくてついつい食べすぎてしまい、お会計は2751円ですと。

安いっ。

私は一万円札とポケットから小銭51円を払いました。

ここで事件が起きます。

レジに一万円札と51円を入れる際に1円がレジの隙間に入ったみたいで、
『お客様、レジの隙間に1円が入ってしまったので、いいですか?』
と言われました。

私は何がいいのかも分からず、『はい。』と答えてしまいましたが、そうすると、『はい。お釣りの7299円になります。』とお釣りを渡されました。

いいですかの意味は、『1円はなかったことでいいですか?』の意味だったんですね・・

私は少しこの行動に驚いてしまい、『お釣りは7300円じゃないんだ?』と聞くと、
『えっ?』
といい、上司?社員さんを呼びレジを開けて、1円を取り出し、
『はい。お釣りあと1円です。』

この行動にこっちがまた『えっ?』です。

小銭が増えるがイヤなので、51円渡しお釣りを受け取ろうとしたのに、受け取った小銭はこれで、
百円玉2枚、五十円玉1枚、十円玉4枚、五円玉1枚、一円玉5枚です。
しかもこの中には私が渡した五十円玉1枚、一円玉1枚あったわけですよ。

何か納得がいかなかったので、この小銭たちは300円に両替してもらいました。

たかが1円なんですよ。
別にこの1円が惜しくて言っているわけじゃないのです。

最初はお客様を待たすのが申し訳ないので、このまま処理しますね、後で探しておきますので気にしなくていいですよという気遣いかと思っていました。

これが1円だったからこんな処理だったのか?
100円でも同じ処理をしたのか?
若者よ、君にとっては1円というお金は捨ててしまっても気にならないお金なのかもしれません。
でも、会社、お店のレジが1円合わないって大変なことなのです。

後でレジに戻せばいいやとか、多いのなら抜いておけばいいや。
こういう考え方をしているから、こういう行動になるのですよね。

私たちはサービス業です。
お客様を相手にするわけですから、ある意味彼と同じです。
サービス業にとってのサービスとは『お客様の期待を裏切ること』です。
ある意味これは期待を裏切ったわけですが、もちろんそういう意味ではありません。
お客様が期待していることを普通にこなしている。これもサービスではありません。

お客様が期待している以上のオモテナシがあるから、お客様はそれをサービスと受け取るのですよね。
今回の対応は少し残念な対応でしたが、仕方ないですよね。
コストを極限まで落とすと、若いアルバイトか外国人しか雇用できないでしょうし、そこにプロとしての仕事を求めるのは無理がありますものね・・

最近不動産の物確でも外国人からよくかかってきます。
各社とも外国人スタッフを雇用していっているのでしょうが、いきなり急激に増えたような気はします。

投資用不動産を扱っていると、特にその比率が高いような気はしています。

カタコトの外国人と、日本語をマトモに使えない日本人、あなたならどちらを雇用しますか?

まだまだ人手の足らない業界はたくさんあります。
介護や看護、保育などの現場では明らかに人の不足が生じています。

ここの職場って、何ちゃってで許される現場じゃないですよね?
誰でもいいわけでもないですよね?
最近では老人介護施設で残念な事故?事件がたくさん起きています。

本来なら、志がない人が立ってはいけない職場なような気がします。

聖職だと思うのですが・・

介護報酬が下がったので、介護業界から撤退する会社さんも出てきています。

給料が安くても、労働条件が過酷でも、老人介護の仕事や保育の仕事をしたいという若者はたくさんいます。
これが、給料を伴うとしたらどうなのでしょう?
少なくとも離職率は下がるかもしれません。
これらの業界で働く人はもっともっと必要ですし、仕事に対し真摯に取り組んでいる方たちに対してはマスコミも含め、もっと賞賛してもいいと思うのですよね。
保育士の給料が月40万円とか、介護の給料で月収50万円とか、あげてもいいと思う仕事だと思います。
こういうところで働いている人が夢を持てないと、子どもが大きく明るく育ちませんし、私たちも安心して老後に施設に入ることもできませんよね。

私たちの将来にわたって必要な分野の整備と人材確保をしてほしいと思います。

外国人の力を借りなければとても人材、量的にも不足は明らかですから、あとはそういった人たちにどうやって教育していけるかですよね。



 

異世代ホームシェア。これからの日本の住宅を考えてみる

illust667

日本は超高齢化社会へ突入しています。

その中でも問題になっていくのが、独居老人の増加です。

内閣府が発表している情報によると、

平成22(2010)年のデータで男性約139万人、女性約341万人、高齢者人口に占める割合は男性11.1%、女性20.3%となっている。

ちょうど今国税調査の時期ですが、将来的にはもっともっと増加することが予測されます。

独居老人

これが、空家問題につながっていくわけですが、今日のニュースで老人と若者をマッチングする異世代シェアハウスを紹介していました。

孤独化している老人と、家賃を浮かせたい若者が同居するというものです。

若者は家賃を支払わない代わりに、電気代や水道代など光熱費の一部を支払う。

ルールとして、週に○回は一緒にご飯を食べる。

友達は連れてこない。

など、複数のルールは存在するみたいですが、老人にとってはさみしさを補え、若者にとっては家賃を軽減できるいいアイデアだと思います。

若者、老人それぞれから会費みたいな形で徴収しているみたいです。若者は月額3,000円と言っていたかな??

うまいことマッチングしてお互いに快適に過ごすことができればベストです。

ただ、夫婦でも今まで一緒に暮らしていなかった2人が一緒に暮らしだすとうまくいかなくなることがあるんですよ。大丈夫でしょうか??(^_^;)

仮に口論とかになって追い出すほうはいいかもしれないけど、出ていかなくなって喧嘩や、若者が手を出したりしだすとどうなるのでしょ??

大変な事件に結び付くことも考えられます。。

管理者がきちんと週に何回か巡回するなどきちんとケアができていれば素晴らしいシステムのような気がします。

それか、もういっそのこと、それ用のシェハウスを作るのもいいかもしれないですね。

独居老人が自宅を売却、もしくは自宅を取り壊してシェアハウスを建築する。

そこに自分が居住する。若者たちに格安で住んでもらい、生活を共有する。

素敵な老後生活じゃないですか(^^)

自分の子どもや孫たちが一緒に住んでくれないなら、遺産相続させずにそういう選択肢もあるような気はします。

最近では、昨日もブログに書きましたが、生涯独身の若者が増加するようです。

そうなれば、老後は一人。

若いうちは、気も使わないし、自由にお金を使えるし、独身生活は満喫できるかもしれません。

でも、年が行くとさみしいですよ。

そういう老人も今後どんどん増えてくるでしょう。

やはり、いろんな選択肢を持とうと思うと、それなりに資産は残しておかないとダメですよね(^_^;)

みなさん、コツコツと今のうちから考えて、計画的に資産形成をしていきましょう(-_-;)




人気ブログランキングへ
物件情報
記事検索
楽天市場
google
会社概要
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市浪速区敷津東3-5-15
TEL06(6636)7422
FAX06(6636)7433
mail:oonishi@life-consulting.net
livedoor プロフィール
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ