ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

雇用

理想の働き方って?

以前自営業者さんの時給って話を書いたことがあります。

土日も祝日も関係なしに、朝から晩まで飛び回っていても赤字の月もあります。

逆にほとんど会社に顔を出さなくてもそれなりの給料(報酬)を得てる人もいます。

これって不公平?

いえいえ。
自分がいなくても仕事が成り立つように作り上げた経営者がすごいだけです。

多くの自営業者さんは私のように朝から晩まで忙しなく動き回っています。
そして、そんなに多いとは言えない給料(報酬)でも頑張っていたりします。

この違いって、まさに経営者の器、素質の話だと思います。

日頃からお世話になってる社長がいて、その会社はすでに息子さんに経営を任せているのですが、私が知り合った頃からでもものすごく急成長しています。

そこでいつもすごいなぁと思ってその秘訣を聞いてみると
『思い切って息子に全部任せてみたらいいやん。』
こんなこと言われました。

『えっ。そんなの無理です。どうなるか心配で心配で。すぐ会社潰れちゃいますよ。』

その社長が言うには
『ネットのことにしても何にしても自分がやるより若い人がやった方が飲み込みが早い。それなら全部任せた方が早いだろ?』

なるほどー。

たしかにできの悪いうちの息子でもPCの作業は私より早い。

完全に任せてしまうことができればまた違う進化の姿が見れるかもしれない。

そうなんでしょうね。

でも、私にはその勇気がない。
思い切ることもできない。

これが経営者の器なのでしょう。

私はどちらかと言うと今流行りのフリーランスタイプ。

514780


誰かに使われるのも誰かを使うのもあまり得意ではないのかな。
なので自分がした仕事が売上になり報酬に変わる今の仕事がお似合いです。

そこでふと自分の時給っていくらになるのだろ?
そんなことを考えてみました。

ただ問題になるのが自営業をしているということは経費がそれなりにかかるということ。
稼ぎ=報酬とはならないということ。

状況によると
稼ぎ<経費
ということも十分あり得ます。

朝から晩まで走り回っても時給0どころかマイナスもあるのが自営業です。

じゃあ年収を労働時間で割ったらどうなの?
と考えても、会社(お店)が赤字なら経営者自らその赤字を補填するのも自営業です。

年収600万円、会社が年間200万円の赤字となれば、差し引くと400万円。
でも、年収をベースに所得税、住民税は引かれちゃいますよね。

実質年収でいうともっと少なくなってしまいます。

しかも経営者なら残業手当もなければ休日手当もありません。

つまり私みたいなタイプは経営者という選択肢ではなく、フリーランスという立場で固定経費なし、報酬は取り決めた契約方式で受け取る、この形が本来ならベストなのです。

不動産会社で働き出してもう26年になりますが、会社勤めしていたときからずっと歩合給で働いてきました。
これは自分にとってとても都合のいいシステムでした。

ただ一つしんどかったのが、自分のタイムスケジュールで動けなかったこと。
社員として働いていますから、会社に在籍しているので、休日も労働時間も拘束されてしまいます。

今みたいな労働環境ではありませんでしたので、月4回の休み、朝9時から夜8時過ぎまで仕事。
これが当たり前でした。

時間を拘束するくせに、決まった固定給がない。
今から考えると労基に違反しまくりの話ですが、その当時はそんなことを知る社員も少なく、ほとんど問題視されていなく、
『辞めたきゃいつでも辞めていいよ。そんなに稼げる場所他にないから。』

こういうスタンスですよね。

流石に今では、不動産業界も週休2日制、残業禁止、休日出勤禁止など大手不動産会社なんかで導入され、一般的になってきました。

不動産会社の働き方も変わってきたということです。

不動産営業で何時から何時まで必ず会社にいないとダメ。
これってとてもナンセンスな話です。

お客様がオフの時に商談に行くことが多い仕事ですし、土日祝は関係なし。
不動産物件の調査するのは平日、金融機関と話するのも平日。
『じゃあいつ休むの?』
ですから、平日の1日水曜日が定休日と定めるのが好都合なんですよね。

でもその水曜日に決済や商談が入ったりすると、
『今週休みないや。』
よくある話でした。

それなのに朝から晩まで会社に出勤して、時間を拘束される。
その上お客様の仕事終わりに商談。

そりゃ若い子は長続きしないし、結婚した女性は辞めざるを得ない職場環境ですよね。

働く時間は短くし、それでも稼げる環境作り。
こうならないと不動産業界に優秀な人材を引き留めておくことは難しくなります。

これは前の会社でマネージングしている時からのテーマでした。
女性が働きやすい環境。

結婚して子育てしながらでも継続して働ける職場作り。

私は不動産という仕事は女性向きの仕事だと思っています。

仕入れや融資、トラブル対応などは男性向きの仕事だと思いますが、接客やリフォーム、初期の相談などは男性よりも女性の目線の方がお客様に受け入れられやすいと思っています。

ただ正社員の固定給という給与体系ではフレキシブルな勤務体系を取ることが難しく、断念していました。

それが今のように様々な雇用体系が確立されてくると実現可能なようにも思えてきます。

自分の空いた時間をうまくコントロールしてもらい、不動産を斡旋することにより報酬を得ることができる。
時給800円とかのパートで週3、4日働くのではなく、週2、3日(提案する物件を精査する時間を含めて)働いて、月に1本、2本の売買契約をこなすことができれば、旦那さんの収入なんて軽くオーバーすることもあるかもしれません。

ママ友同士の会話から引越しの話をゲットしたり、近所の噂話から相続の相談をゲットしたり。

今までなら頭の上を通り過ぎていたただの会話が仕事に変わるかもしれません。

そんな場所を提供できれば面白いんじゃないかなと。

もちろん部屋探しのノウハウから、売買契約の調査まで全てフォローできる環境は整っています。
後は今の事務所では狭すぎるので引越しを済まして受け入れ準備を整えていこうかなと。

まぁ、これは自分がそんな環境で働きたいと思っていた環境を作ったらどうなるんだろ?
というただそれを実現したいだけの話なんですけどね。
週3日だけ働いて月収50万。
理想の働き方です。(笑)

働きたいときだけ働いて、でも働いた分の報酬はしっかりと欲しい。
そんな夢みたいな働き方を実現させてみたいなと。

会社側は働いてくれた分の報酬はしっかりと支払い、時間の拘束もしない。
その代わり、報酬の対価はあくまで労働時間ではなく成功報酬のみ。

それなら実現できそうでしょ?

まずはそんな目先の目標から一つ一つこなしていき、夢の実現へ向けてラストスパートです。


969051




仮想通貨とクレジットカード、そしてシンギュラリティ到来?

コインチェック問題、その後の仮想通貨の暴落。

また切り返してはきていますが一時期のような勢いはなくなっています。


そもそも仮想通貨という呼び方がいけないのではないですかね?

ブロックチェーン、暗号通貨。

この呼び方の方がしっくりくるのですが、仮想と呼んでいる自体で何か騙されるのではというイメージが沸くのは私だけでしょうか?

世間では仮想通貨で浸透していますが、何か呼び名はないもんですかねー。

他の呼び名で書くと少々ややこしくなるので仮想通貨で通しますが、この仮想通貨の取引にはクレジットカードが使えていました。


証拠金を振り込まずともクレジットカードで購入ができますので、中にはついつい勢いで購入しちゃった人もいるかもしれません。

クレジットカードで購入すると翌月もしくは翌々月に請求がやってきますが、そのタイミングまでに売却して現金化してしまえば支払いに間に合う。

こんな考え方で購入していた方も中にはいるでしょう。

この人たちは価格の暴落でカードの支払いができないなんて目にあってないのですかね?

一時期メルカリでカード決済で現金を販売していたというニュースがありましたが、多重債務者にとってはカードのが現金に変わる、この需要があることは確かです。


カードの枠で現金化でき、なおかつ儲かるかもという幻想を抱かせる、このスキームは誰が思いついたのでしょうか、弱者を食い物にするすごいスキームです。

そもそも株式投資でもFXでもクレジットカードでは購入できませんし、クレジットカードで購入した原資でレバレッジもかけれる、こんなことを黙認していた金融庁にも問題があるような気もするのですがどう思いますか?

しかもこれで損した分は確定申告で税金分が戻ってくるわけでもなく、儲けた分は雑所得として累進課税で徴収すると、これまたエゲツない話です。

損した部分はあなたの自己責任、得した分はきっちりと税金を納めてね。

ヤ◯ザ並みにエゲツないやり方です。

入り口と出口の整理をきちんとしないとなかなか参入しにくい市場になってしまいます。

仮想通貨、ブロックチェーンの仕組みはとても良くできていると思いますし、今後は日本も現金を持ち歩かなくてもいい世の中に変化していくかもしれません。

Suicaやnanaco、クレジットカードにキャッシュカード、種類も多く入金管理するのも大変です。

財布もいろいろなカードでパンパンです。

全てを一元管理できる仕組みができればありがたいのに。


そんな淡い期待を寄せて仮想通貨の未来に少しだけ投資してみました。


今回の株式市場の暴落の連鎖は今ある経済市場の崩壊への一歩かもしれません。

株式投資、仮想通貨の暴落、この市場の資金はいったいどこに向かうのですか?

預金?

そんなわけないですよね。

タンス預金?

物騒な世の中にそんな選択肢も持てません。

金?

今のタイミングで金の価格が大きく上昇しているわけではありません。

一昔前に比べると大きく上昇してはいますが。

でも、やっぱり金が一番みたいな話になればいつの時代の話なんだということになってしまいます。

江戸時代と変わらない経済の価値観になってしまいます。

今何かが大きく変わろうとしている節目なのかもしれませんね。

シンギュラリティなんでしょうか?

今回のニューヨーク市場の株価暴落はコンピュータの自動売買システムが発動したからだという話もあります。


AIが今の経済の仕組みを壊そうとしているのかな?

625925


少しSFチックになりましたが、AIが自らシステムを開発していけば世の中は格段に進歩するかもしれませんが、その裏で人間が作り出したものを否定することもあり得るかもしれませんものね。


私たちの多くの仕事がAIに取り変わられるとも言われています。

『でも人間味があっていいよね。』

こんな仕事もたくさんあります。

食事に行って店員さんがニコッってしてくれるこの温かみはコンピューターには出せないですよね。

あれ?

出せるようになるのかな?


でもご飯は目の前で料理人が作ってくれるから味わい深く美味しく感じますよね。

これも選りすぐりのシェフの味を再現できれば考え方も変わってしまうのですかね?


そう考えると人間が必要なことって本来は働くことではなく、人とのコミニケーション、家族であったり恋人であったり、友人であったりと触れ合うこと。

一番大事なことはお金ではなく大切な人と過ごす時間なのでは?

そういうことを思い出させてもらえる時代に変化していくのかもしれませんね。


でも、そうなるとどうやって生活、生計を立てていけばいいのかな?

誰もが稼げなくなれば税金を納める人もいなくなり、社会のインフラ整備もままならなくなります。

食料だって誰が作り、その対価は何になるの?

便利な世の中になれば、必要のないものはただ飯を食い、ただ環境を壊す人間だけ。

そんな選択肢をAIが持たないとは限りませんよね。

だから、自動のシステムなんて作らない方がいいのです。

自分の手で行うからいいのであって、工場の流れ作業でもコンピューターがする部分と人間の手作業が必要な部分、ここで分かれているからこそ住み分けができます。

全てコンピューターで賄えるなら、そこには雇用も生まれません。

雇用が生まれなければ社会は機能しません。

私たちの仕事は人手でないとできない仕事でしょうか?

自分でないとできない仕事、オンリーワンになることがこれからの時代を生き抜く唯一の術になるのではないでしょうか?

そんなことを考えながら、自分でしかできないことを考えています。

でも思いつきませーん。

そりゃそうですよね。

ただの一般人ですから。

あっ。

でも不動産のことなら人並み以上には知識があり、人並み以上の経験を積んでいます。

やっぱ、これを売りにするしかないな。

これが今日の結論でした。


不動産の仕事が全てAIに取り変わられませんように。。。

クレジットカード、仮想通貨の話からだいぶジャンプしてしまいまして申し訳ありませんでした。(笑)




にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


Airbnbの経済効果2,219億9000万円

image

先日Airbnbが日本の経済波及効果に関して発表した内容によると、総額2,219億9000万円2万1,791人の雇用を生んだということです。

ホストの平均年齢は37歳で、定年後のシニア層が5%を占めていて、最も伸び率が顕著だった年齢層は60歳超ということだそうです。

1億総活躍を掲げている政府にとっては、定年したシニア層だけでなく、主婦層の雇用にも活躍しうるのがAirbnbだと思います。

最近では、子育てをしながらでもできる仕事として多くの主婦に注目されています。

ホストとして自分で運営する方はもちろん、ホストのお手伝いとしてメール代行の仕事や、清掃の仕事など主婦の活躍の場を提供できます。

自分の空いた時間にできるというのは最大の魅力ですよね。

定年退職した方の中にも、自宅の空き部屋に外国人を迎え入れおもてなしをしたい。

外国人の若い方たちと交流したいと思っている人たちも多く見受けられます。

賃貸の無断転貸でまわりの入居者に迷惑をかけるやる方は非難されて当然だとは思うのですが、ホテル、旅館では味わえない日本人との触れ合いを期待して来日される外国人旅行客も多くいるのも事実です。

ホテル、旅館と異なる宿泊者を受け入れるシステムとしてAirbnbを活用するのは、日本の魅力を世界に広げる意味ではプラスなんじゃないかと思っています。

今は乱立してしまっている民泊のやり方を整備する意味での法改正は必要だと思います。

ただ、ホテルや旅館と差別化してビジネスにつなげよう。交流の場にしようと思っている方がいらっしゃるのも事実です。

そこを規制ではじき出してしまうのはどうなんでしょう?

せっかく、雇用が生まれるチャンスなのです。

定年後も会社にすがりつく生き方でなく、自分で道を切り開くチャンスなのです。

でも、民泊条例の内容によってはそうしたチャンスの芽が摘まれる可能性だってあるんですよね・・・

規定概念にとらわれないルール作りに期待したいです。

半年1年だけ儲かればいいやと思っている方を除いて、情報共有ができればいいなと思っております。


旅館業法との兼ね合いだけで議論してしまえばアウトなんでしょう。

ただ、少子高齢化している日本の世の中で、住宅問題、空き家問題なども関連して考えれば絶対に必要なものだと思います。

ご年配の方が外国人旅行者に囲まれて生活する。

日本の文化に触れ合ってもらい、日本の良さを伝えていく。

いいじゃないですか。

伝統工芸の体験とかも織り交ぜながら民泊を運営していく。

お店で食べる日本料理ではなく、日本の家庭料理を提供する。

そんな宿泊所もあってもいいじゃないでしょうか。

1億2千万人。それこそ総活躍して、それぞれの形でおもてなしをする。

オリンピックのプレゼン、滝川クリステルさんのスピーチどおりです。

景気の良かった時代は日本人が海外でお金を落としていました。

これからの時代は外国人に日本でお金を落としてもらう時代になったのかもしれません。

国内消費だけでは国民の生活を賄いきれない時代になっているような気がします。

そういったことを不動産屋さんである私が考えなくてはいけないほど、国内消費は落ち込んでいる気がします。

国内消費という表現は間違っているかもしれませんね。

中国人の爆買いなんかも国内消費ですもんね・・・

日本人の消費です。



いずれにせよ、日本国民の将来が明るい未来になるように。

子どもたちが不安なく暮らせる社会保障を確立できるように。

私たち世代は、恩恵を受けることなく人生を終わりそうですが、自分たちの子どもたちの世代に何かを残さなくてはいけないと思っています。

そのためには、何とか民泊を締め出すという形以外での規制を期待したいですね。





人気ブログランキングへ
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ