ほんとうに大丈夫?不動産投資

このブログは不動産投資を始めようとしている人、もう実際に不動産投資を始めている人向けに開いた不動産情報サイトです。物件情報はあまり載せませんが、不動産の裏話、裏情報などをどんどん掲載していきたいと思っています。 不動産は怖い、不動産は騙される、こういった人たちの心配を払しょくします。 世界で一番お客さまのことを考えている不動産屋と自負している私が全部教えちゃいますよ。

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

Instagram

不動産とSNSの相性って?

多くの不動産会社さんは自社ホームページにお金をかけたり、ポータルサイトに多額の広告費を投入しています。
大手企業になればテレビCM、中小でもラジオCM。
企業イメージを向上させるため、そして集客のために。

ただ、会社のイメージがいいから、担当者もイメージ通りの社員さんが登場するかといえば、そうでないケースも。

不動産屋さんの営業マンは千差万別です。
ハキハキとしゃべり、テキパキと仕事をし、きめ細やかな配慮があり、お客様に寄り添った考えを持ち・・
理想を言えばキリがないですが、そんな営業マンに出会えることは皆無です。

まぁ、中にはもちろん良くできた営業マンもいるのですが、みんながみんなそうではないのですよね。
一層のこと営業マンを指名できればいいのに。
こんなこと考えたことないですか?

独身の男性が部屋を借りるなら、若い女性の営業さんに担当してほしいとか、家を買うならベテランの営業マンにお願いしたいとか。

以前の会社で一度そんな提案を社員にしたことがあったのですが、自信のある営業マンは
『それ、面白いですね。』
逆に自信のない営業マンは
『それってどうなんですかね?不平等じゃないですか?』
女の子の営業さんもいたので
『うーん。それは危なくないですかね?変なやつに万一襲われたら・・』
最後の意見には納得したので取りやめましたが、指名制で一番困るのは当然アピールポイントがない社員さんということになります。

その時私が言った言葉は
『自信がないなら、僕が担当になれば手数料半額でいいですよ。ってアピールすればいいんじゃないの?』
今度はさっき面白いですねって言ってた営業マンが、
『それはちょっと・・』
何なんだよ、お前たち。。。

『私は手数料、法定上限額しっかりといただきますけど、その分以上の仕事をします。』
『私は新人ですが、その分◯◯さんのために一生懸命がむしゃらに頑張ります。』
そんな気の利いた一言も言えないのかと。。。

自分が足りないことは何かで補わないと不公平。
お客様に対して不平等。
ひいては、お客様に迷惑のかかることになる。
そう考えたのですが、なかなか実現できませんでした。
それは社長と社員の関係性だったから。

社長という立場だったので、お客様の不公平より社員の不公平を直すことを考えてしまいました。
そういえば、ある社長にこんなことを言われたことがあります。
『私はお客さんに気を遣う以上に社員に気を遣っています。お客さんはそのタイミングだけ、でも社員は居る限りずっと稼いでくれますから。』
今でもこのことについて悩みます。
社員重視?
お客様重視?

この話にようやく自分の中で決着がつけれそうです。

Everybody wins

よくWin Winって言いますけど、win-winは相互間の利益関係です。
お互いに良好な関係、互いに利益のある関係っていう意味で使います。
でも、私たち不動産仲介業って売主と買主をつなぐ仕事です。
賃貸なら貸主と借主をつなぐ関係。
これって二者間の話ではないので、みんながハッピーになる取引、つまりAll Happyな関係を築こうと常日頃頑張っているのですが、All Happyって何か能天気な感じがしてしっくりきていませんでした。
でもこのEverybody wins

同じ意味ですよね。
直訳すると誰もが勝利者、みんなで勝利しよう。

これってRE/MAXの創業者が言った言葉だそうです。
長い月日を経て、自分が探していた大切なものを見つけた気分です。

まさに私が目指していたものがそこにあります。
みんながWinnerでいれる世界。

売主も買主も、貸主も借主も、そして私たちも。
誰かを泣かせるのではなく、誰かを喜ばせて報酬を得る。
これがサービス業です。

昨今、不動産業界の哀しいニュースが相次いでいます。
誰かを泣かせて利益を得る。
そこまでしないと成り立たないのか?
それならもう、私たち不動産屋さんが世の中に存在する意味さえありません。
CtoCで売り手と買い手が簡単につながる時代です。
今話題の民泊なんて、世界中のゲストと日本でロクに英語も喋れないホストを簡単にマッチングすることができます。
そんな世の中において、日本人と日本人、ご近所さんの売主さんとご近所さんの買主さんが直で繋がれないっておかしくないですか?

不動産取引にもCtoCの流れは必然的にやってきます。
その時に必要なのは、お客さんに寄り添ったアドバイスができるエキスパートだけ。
自らが発見した情報を精査してくれる専門家が求められる時代になると思っています。

そんな専門家を探すのにもっとも適しているのがSNSです。

どんな仕事をしていてどんな人と繋がっているのかをチェックできるのがFacebook



どんなプライベートを満喫しているのかをチェックできるのがInstagram

そして、どんなことに感心を持ち、どんなことに反応しているのかをチェックできるのがTwitter



自分の生涯の中でも1,2を争う高額なお買い物をしようとするときに、自分を守ってくれる立場の担当者(私はエージェントと呼んでいます)がどんな人物なのかを知るには絶好の場です。

これらのSNSを匿名でやっている人のことを私は信用していません。

不動産の営業マンからすれば、自分がどんな人っていうのを理解してもらえる絶好の場所です。

これからの時代はポータルサイトに掲載された物件からお客さまが問い合わせてくる時代ではなく、自分が頼りにしたい人へ問い合わせる時代へと変化していきます。

お客さんももう懲りたでしょ?

『誰を頼りにすればいいの?』
『誰を信じればいいの?』

このままじゃ、嘘をつかないAIに不動産営業マンは淘汰されてしまうかもしれません。

そうならないようにしなければいけません。


不動産取引には宅建業の免許が必要?
契約の際には宅建士の免許が必要?

みなさんが勘違いしている情報です。
自らが借主になるのに、自らが買主になるのに不動産業者を介入する必要はありません。
第三者の取引を仲介するために、これらの資格、免許が存在するのです。

不動産業者が持っている情報は不動産業者でしか見ることができない。
だから、不動産業者を介しなくてはいけない。

じゃあ、そんな垣根を撤廃しちゃいましょう。

そんな時代がもう目の前に迫ってきています。

その時に必要なのは、お客さんに寄り添ったアドバイスができるエキスパート
生き残れるのは、自らが発見した情報を精査してくれる専門家だけ。

自分で判断するより、自分のために動いてくれるという信頼が持てるエージェントだけです。

お客さまの信頼を勝ち取るためにできること、それがSNSや自らのブログで自分の信念、考え方を伝えることです。

その瞬間瞬間できれいごとを並べるのは誰にでもできますが、ブログやSNSって積み重ねていくものですからね。

不動産屋さん選びで悩んだ際にはぜひSNSで検索してみてください。

きっとお役に立てるはずです。

10

SNSの新しい使い方

Facebook、Instagram、Twitterそしてこのブログを日々更新していますが、私なりに使い分けしています。



その使い方が合っているのか間違えているのかは知りませんし、
『この使い方間違えてるよ。』
と教えてくれる人が周りにいてないので、自分なりの解釈にはなってしまいますが。

具体的にどういう使い分けをしてるかと言うと、
Facebook仕事関係の繋がりを増やすために。



Twitter140文字以内で、しかも文字数をできる限り140文字に近づけて自分の言いたいこと、発信したいことをツイートしています。



ブログはTwitterで書ききれないこと、もっともっとたくさん伝えたいことがあるときにニュース記事を取り上げたり、ご存知のように不動産ネタを書いて仕事に繋げたりですよね。

そしてInstagramは写真、動画がメインなので言葉で伝えるというより映像、画像で伝えるものです。

なのでほとんど何も投稿するネタがなかったのですが、最近自分のこどもたちの写真を投稿するようにしました。

その投稿にリアクションしてくれる方や、コメントをくれる方もいます。

その記録がどんどん積み上げられていくのがSNSです。
ブログもそうですが、積み重ねた履歴は消えません。


なので、アルバム替わりに使おうかなと。


写真はスマホやPCに保存はできますが、そのときの心情や感情は記録できません。

でもInstagramなら写真や動画と一緒にその時の感情や気持ちまで一緒に保存することができます。

これってすごくないですか?


小さい頃の自分のアルバムをめくっていると、たまに母親が書き記した一言が添えられていたりはします。

でも、ほんと一言ですよね。

みんなはどうなのかは知りませんが、私の周りはそうでした。

デジカメになり、プリントした写真ではなくデータとして保存できるようになった今、より多くの写真や動画まで保存できるようにはなりました。

でも、編集して一言添えて保存するということまでなかなかしませんよね?

Facebookでたまに4年前の思い出、6年前の思い出みたいなものが表示されたりしませんか?

その時投稿した写真と一緒に、書いた文章までが表示されます。

一瞬にしてその当時の感情が思い出されるのです。

よく事件を起こした人がFacebookをやっていてとかTwitterをやっていて、事件当時の投稿を掘り起こされていますが、過去の記録が残っていっているのですよね。

自分の過去の投稿をチェックしてみると

『懐かしいな。』
とか
『そういえば、その当時こんなこと考えていたんだ。』
と思い返すことができます。

こどもに対しての感情であったりとか、コメントしてくれた人への返しコメントまで全て振り返ることができます。

これって、こどもが大きくなった時に見せたい

そういう感情になってしまいました。

パパはこんなにお前たちのことがこんなに好きだったんだよって。

Instagramはそんな感じですが、ブログやFacebookは仕事でも活用しているので、パパがどんな仕事をしてきたか、どんなことを考えながら仕事していたのか、その軌跡を振り返ることができます。

パパはこうやって頑張ってお前たちを育ててきたんだよ。

残してあげたいというより、分かってもらいたい。

そんな感情なのでしょうね。

こどもたちが結婚して、自分たちも親になるときに自分たち夫婦の歩んできた道のりを見せて、同じようにこどもを愛し、その仕事の原動力子育ての原動力に変えてもらいたいなと。

それは20年後になるのか、25年後になるのかは分かりませんが、自分が死ぬ前には奥さんにIDとパスワードを渡し、アカウントを閉鎖しないように管理してもらい、こどもたちに見てもらおっと。

これが私の相続財産です。

お金は残せなかったけど愛だけは残せたよって。



格好いい感じで言ってみたけど、逆に恰好悪いなこれ。

お金と愛情、両方残せるように頑張ろう。

ちなみにnoteってのも始めました。

こちらには不動産ごとではないネタを書き込もうと始めたのですが、長文の両立はなかなか難しく更新頻度はかなり少なめです。

パパはいろいろ試行錯誤しているのです。

そちらも機会があればぜひご覧ください。

それでは、これからも応援よろしくお願いいたします。

IMG_9905


物件をPRする時代から自分をPRする時代へ

SNSの重要性が加速しています。

FacebookTwitterInstagram、そして連絡を取り合うのは今や携帯のメールではなくLineに代わっています。

FullSizeRender

FullSizeRender

使ったことないけどインストールしているViber(バイバー)ってのも出ていますよね。

無料で通話出来たりファイルも送れるということなのですが、LineでもPDFファイルを転送したり、ビデオ通話もできますし登録者数が多いのでまだLineの方が使い勝手がいいですよね。

そのうち、また新しいものはどんどん出てくるでしょう。

お客さまとのやり取りもLineを通じてすることが多くなっています。

物件のご紹介をする際にも写真をそのまま送れたり、リアルタイムでやり取りができますのでとても便利です。

このように業務のやり方も時代に取り残された不動産業界でも大きく変わってきているのですが、お客さまの取り込み方も変わりつつあります。

以前なら飛び込み客をたくさん集めれる駅前の店舗というのが主流でしたが、ネット全盛の時代になり

『部屋探ししてるんですけどー。』

って感じで飛び込んでくるお客さまより、

『ネットで物件見たんですけど・・・』

と来店するお客さまが大きなウェイトを占めるようになりました。

そこでネットで集客するためにポータルサイトに莫大な広告宣伝費をつぎ込まざるを得なくなったわけですが、また流れが変わりつつあります。

当社の場合、もともとポータルサイトに多大な広告費を計上するほどたくさんの集客を必要としていません。

かといって、全くお客さまが来なければ商売にはならない訳で、どうしているかというとブログからの集客、口コミ、紹介からの集客がメインとなっています。

これってほとんどといっていいほど広告宣伝費はかかりません。

ドメイン取得に関わる費用、問い合わせ用に使っているお問い合わせ用フォームくらいのものですが、ブログのTopに付けているGoogleのアフィリエイトの収入分で賄えきれる程度です。

前回の記事でも書きましたが、まだ私のFacebookの友人は700人、Twitterのフォローワー数も700人弱です。



そしてこのブログのアクセス数が月間8,000ほどなので、たったそれだけの拡散で一応ご飯が食べれるほどの集客があります。

ブログやホームページでの集客のやり方は千差万別でしょうが、ホームページも今や自分で作れる時代です。

一昔前なら会社のホームページを作るのに100万円~数千万円という時代もありました。

こういう時代はホームページからの集客は大手企業しかできませんでしたが、今の時代は小さな不動産会社でも、個人の大家さんでも集客できる土壌へと変化しています。

個人で集客ってどうすればいいの?

そうなりますよね?

SNSもブログも同じですが、

『何をやっている人なの?』

『何をやっている会社なの?』

これにつきます。

分かりやすいコンセプトがあればあるほど、ニッチな層が集まります。

『古家再生専門の不動産屋』

『再建築不可の住宅専門で買い取ります。』

みたいなやつですね。

ブロガーでもニッチな層を取り込んで人気ブロガーになっている人たちは多くいます。

これからはそういう時代なんですよね。

『総合不動産業』

なんて流行りません。

それと同じで、大家さんも自分の不動産を差別化させ

『〇〇のアパート』

『〇〇が集まる家』

みたいなコンセプトハウスへの変化は求められてきています。

竹を割ったような同じような間取り、設備、他の部屋と差別化しようとすると家賃や礼金などの条件面しかない。

これが今の原状です。

部屋で差別化しなくても、外国人が集まるパーティスペースを設けて

『英会話が自然に学べるマンション〇〇』

とか、

毎月、共用部分でバーベキュー大会や入居者の交流会が開かれるイベントマンションとか、ありそうでない企画を考えちゃうとか、そんなこと考えているとワクワクしませんか?

何を売りにするか?

ただスペースを提供するというマンション経営ではこの先の経営が少し心配です。

月極(つきぎめ)駐車場も建物を建築するでもなく、入れ替わり時に内装工事をする必要もなく、楽な不動産経営だと思われていましたが、今月極の駐車場を契約するお客さんは激減しました。

多くがマンションに建て替わり、建売住宅に建て替わりコインパーキングに取って代わられました。

何もしなければマンション経営も同じです。

同じ業態で継続できる業種って、何かに特化した事業ぐらいのものではないですか?

江戸時代から続くうなぎ屋さん、豊臣秀吉の時代からある包丁屋さん・・・

逆に今の時代にマッチングしてきていますよね。

今のお客さんが求めているのは、

『分かりやすい何か』

なのです。

そう言いながらも、私は何屋なの?

って話ですが、最近は不動産の専門家として身近なアドバイザーのつもりで活動しています。

コンサルティングというのは敷居が高いので、アドバイザーという立場でお客さんと一緒に知恵を出し合いながら考えていくスタイル、これが楽しそうだなと勝手に考え出しました。

気軽に相談できる相手。

その対価は相談料であったり、仲介手数料であったりという形で。

私が絡まない方がスムーズな場合は、ご相談料だけいただいて。

私が間に入った方がお客さまにメリットがある場合は、仲介者として。

会社名をライフコンサルティングからアドバイザーに変更するのは手続きが大変ですので、

住まいのアドバイザー、株式会社ライフコンサルティング

こんなキャッチフレーズにしましょうかね。(笑)

先ほども書きましたが、お客さまは分かりやすいフレーズを求めています。

自分が求めているものに合致する相談者、部屋、家主さんを求めています。

今までは幅広い客層に受け入れられるような内装、一般的に見て可もなく不可もない間取り、家賃設定が主流でした。

その結果どうなったかというと、こっちでもあっちでもいいやという部屋であふれました。

60㎡あれば3LDK。

この賃貸需要がめっきり減ったら、1部屋をリビングと一緒にして2LDK。

和室のニーズがなくなったら、和室から洋室に改装工事。

やることみんな一緒です。

結果的に同じような部屋が街にあふれます。

それならば、需要は多くはないですが60㎡の1Room。

部屋の真ん中にどかーんと浴槽を配置とかね。

そんな面白い部屋を求めている人もいるわけです。

『じゃあお前がやりなよ。』

はいはい。そうなりますよね。

私が手広く賃貸住宅経営をやっているなら宣伝活動の一環としてやっているかもしれません。

でも、そのニーズを拾ったところで1部屋しかなければ意味がなくなってしまいます・・・

どうプロデュースするかって、そういうことなんだと思います。

どかーんとした1Roomを作ったけど、そこの周りはファミリータイプの住民だらけ。

そんな中で作っても全く意味を成さないような気がします。。。

『うち(私)はこんな面白いことをやっている会社(家主)なんだよ。』

こういうことですね。

SNSは会社ではなく、どんな人物なのだということをアピールする場です。

私たち世代には少し抵抗があることですが、今の時代に対応していくためには必要なことなのではないでしょうか。

本名をさらすのがイヤなら匿名でやることはできますし、写真を公開するのがイヤならイラストでも似顔絵でもOKです。

契約ごとは匿名ではできませんが・・・

今まではポータルサイトに掲載していた物件から問い合わせが入って契約に結び付く。

これからは、この人に頼みたいと依頼が入って仕事に結びつく。

また、その人が持っている情報を知りたくて時間を買いに来る。

そんな時代に今まさになってきています。

Timebankというアプリがあります。


芸能人、専門家の時間と10秒単位で取引するというアプリです。

それが相談であったり、一緒に食事であったり。

求められている存在がお金に代わる時代になっています。

You tuberであったり、Instagrammerであったりもそうですよね。

年収何億という人たちも数多く存在します。

ただ、直接そうしたSNSから直接収入が入ってくる人たちはまだ一握りです。

でも、そこから普段の収入に結び付くことへのハードルはそう難しくはありません。

そこへの第一歩を踏み出すことが、ポータルサイトへ頼らない営業活動であったり、不動産業者に頼らない賃貸経営になるのではないでしょうか。

あなたもぜひ実践してみてください。

あっ。

タイムバンク登録するなら、私も登録していますのでぜひこちらから1票投票してくださいね。

よろしくお願いしまーす。




にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ