ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

Twitter

スマホ一つで何でもできる時代で

スマホがあればメールや電話はもちろん、株も買える、振込もできる、音楽も聴け、買い物もできる。
分からないことがあれば検索すれば何でも調べられ、外国語の翻訳までできる。



逆にできないことは何?

というくらい便利な世の中になりました。

現代社会で生きていくためには必要不可欠なものにまで携帯電話は進化していますよね。

最近デジカメを買いに行ったのですが、
『画像重視なら一眼レフですよ。そうでないならiPhone Xと今のデジカメ変わらないですよ。』
って言われました。

もうデジカメさえも必要のない時代なんですね・・

音楽もスマホに取り込み部屋の中からCDラックが不要になり、写真も携帯とPCに保存しアルバムが不要になり、本や漫画さえもKindleで読むようになれば本棚さえ消失してしまいます。

こんな世の中になるって想像できていた人ってどのくらいいるのでしょう?

便利になった反面、スマホなしでは生きていけない身体になってしまっています。

ニュースもTVではなくスマホのニュースアプリから見るようになったし、FacebookやTwitterでも目新しい情報がないかチェックします。

こっちからの情報の方が自分が必要としている情報が入手しやすいからです。

このブログをご覧いただいている方も6割がスマホからです。

そう考えると、ブログの最後に自分が誘導したいページへの導線を作らないといけないのですよね。

こんなことを考えていると、やらなければいけないことがどんどん増えます。

今日堀江貴文さんの『多動力』という本を読みました。

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
2017-05-26


この中に書かれていたことは、自分一人で全てをやろうとしても無理だし効率が悪い。

自分でやらなきゃいけないことと他人で補えることを整理して、自分がやらなきゃいけないことだけやればいい。

漫画だって映画だって一人で作らず分業制でしょ、だから本を執筆するのだって自分でやらなくてもいいって。

考え方の発想がすごいっていうか、あれだけ多くのことを考え実践してるとそうならざるを得ないし、そうでないと何も実現できないってことがよく分かりました。

自分に足りないもの。

それは他人を巻き込む能力。
自分一人で何もかもやろうとして、結局何も実現できなかった。
自分のこんな未来が容易に想像できちゃいました。

最近読んだキングコングの西野さんの『革命のファンファーレ』でも同じようなことが書いてありました。

この本でも多くの人を巻き込み、自分が描いた絵を実現していくさまが書かれています。

何かを成し遂げる人って、やっぱり行動力と求心力に長けている。

まず行動してそこから考える。

考えているうちに誰かが賛同してその波が大きくなる。

知名度があるからできることだという人といますが、じゃああなたは同じような知名度を作ろうとしたのか?

そしてその知名度を作ることができたのか?

若いうちに努力して、誰もが知ってる自分を作り上げた彼の勝利です。

自分というブランドを確立させ、それに共感する人たちが集まる。
もちろん��賛否両論�はありますよね。
有名人�ですから。

否定する人もいれば絶賛する人もいる。

二人に共通しているのは、二人というより同じような生き方をしている方はみんなそうだと思いますが、自分を否定する人の声をノイズとしてしか捉えていません。

誰にも興味を示してもらえないというのが、一番さみしいわけで、このノイズは影響力の副作用というわけですよね。

私もTwitterをやってますがツイートに誰も反応してくれないと、とてもとてもさみしい気持ちになります。
なので、こちらからフォローお願いします。



で、話は戻りますがこれだけスマホが生活と密接な関係になってくると、スマホで全てが完結するビジネスモデルでないと通用しなくなってくるということです。

その観点から言うと、私たち不動産業が一番ほど遠い世界にいることになります。

部屋の内覧をするのに、わざわざ不動産業者にアポを取り時間を割いて出向かなくてはなりません。

申込みも契約も鍵渡しも。

これって、今の生活リズムからかなり逸脱しています。

不動産投資をされている方でも、仕事の合間をぬって物件探しに奔走しています。

マイホーム探しなら、毎週末物件探し。
家族の恒例行事のように毎週、毎週。

賃貸の部屋探し、一人暮らしをしようという方が減ってきているのは至極当然です。

引越しする理由が特にないのに、面倒な部屋探しなどするわけがない。

せめて、賃貸くらいはスマホ上で内覧、契約が完了するくらいの法整備が必要じゃないかなと。
今でもIT重説は導入されていますが、書類の事前交付の後映像による重要事項説明が義務付けられています。

結局時間が取られるのは一緒のことですよね。

証券会社のように自ら確認して確認ボタンを押して、事前確認終了、事前収録した重要事項説明を自分の好きな時間帯に見て確認、ここまで行かないと、不動産業界だけ今の世間の流れに置いていかれそうです。

こんなこと私一人が言ったところで何も変わらないのですよね。

先ほどのような発言力、影響力のある人が発信すれば一気に景色が変わります。

なので、少しでも多くの人にこの発言が届き、業界が変わっていけばいいなという想いを持っています。

まだまだ道のりは遠いなー。

せめてTwitterのフォローワー数3,000人くらいを目指そっと。

今700人。

遠いなー

12月のアクセス数を超えそう

昨年12月、忘年会や年末年始の長期休暇気分でブログの更新をサボっていました。
するとブログ開始当初くらいまでアクセス数は激減。

FullSizeRender

努力は数字に現れるものですよね。


1日のアクセス数も100を下回る日さえありました。

そこで今年に入って正月ボケも収まった頃、一念発起してブログの再構築作業を開始しました。

するとどうでしょう?

IMG_0610

約半月で12月のアクセス数を近くまで叩き出しました。

『この数字が低い?』

はいはい。
分かっています。

有名ブロガーさんなんかは1日で数万アクセスありますもんね。

でも思い出してくださいよ。

私は素人です。

私の名前を知っている人もこの世の中に1万人もいないです。

これでも
『ブログを見た。』
という方からお仕事ももらっています。

なので、健闘してる方だとは思います。
→自画自賛

でもやはり物足りない数字だとは思っています。
もう2年以上も運営していて、毎月のアクセス数は平均して5〜6,000ほど。 
多いときで8,000アクセスくらいでした。

1日の最高アクセス数でも600いったことがありません。

この記事が今月19本目なので、1日1本以上のペースでブログ更新をしています。

そのおかげで安定したアクセス数は確保できているのですが、飛び抜けた数字を叩き出す記事が書けていません。

何が当たるかなんて書いてみないと分からないのですが、毎日書いてあまり結果が変わらないと心が挫けそうになりますよね。

その点Twitterは気になることに対してコメントを書き込むだけなので気分が楽です。

楽しみながらアクセス数もUP、これが一番の結果なんですよね。

数字の呪縛に少し囚われすぎていたような気がします。

仕事もブログもTwitterも楽しみながらやるのが一番。

その結果、仕事に結びつけば万々歳。

すっかりそんなことを忘れてしまっていました。

楽しくないと長続きしませんからね。

ということで、気軽に時間の空いた時にブログも更新することにします。

さすがに1月19本も書いたらネタもなくなってきましたし。(笑)

それではまた。




不動産屋のTwitter活用方法

ブログの記事を書くときに
まず題名を決めてから書く人

記事を書き切ってから題名を決める人

そんなこと考えたこともなかった

大きく分けるとこんなところなのでしょうか?

私の場合、最初適当な題名を付けて書き出して、内容が最初の題名からズレていったなと気付いたら題名を変える。

こんな感じでやっています。

でも最近気付いたのです。

TwitterやFacebookでブログを更新した情報がみなさまに流れます。

やはり気になった題名はクリックして見てくれ、気にならない題名はスルー、これが普通ですよね?

つまり、記事を読んでもらうためにはまず必要なのは題名

もちろん題名に釣られて読んだみたものの中身がスカスカだったり、思った内容ではなかったということは出てくるでしょうが、
読んでもらわないことには始まらない

これが全てのような気がします。

そういった意味で言うと、私には
ネーミングセンス
がないぞ。

最近Twitterで昔の記事へ誘導させようとあれこれ書いているのですが、読み返してみると
『あれ?これ題名こっちの方がよくない?』
とか
『書いてる内容からすると読みたい人はこの題名ではこの事が書いてあると分からないな。』
とか、いろいろな反省点が出てきます。

今使ってるlivedoor blogでは、後から題名を変えても新着通知みたいなことをしてくれません。

もちろん一度その記事を落として再uploadをすれば新着にはなるのですが、何かそのやり方詐欺みたいでイヤだなって変なこだわりが登場します。

この件についての結論は、
投稿する前に題名が合致しているか確認する
たったこれだけのことです。

一つの記事が書き終わると
早く投稿したい
早くみんなに読んでもらいたい
こんな自己顕示欲が出ちゃいます。

どこかに依頼された記事ならもちろん読み返しますし題名も精査するのですが、自分のブログなので多少の誤字脱字くらいあってもいいや。

そんな細かいことより、書いてる中身、伝えたいことを早く伝えることに気持ちがイってしまっています。

落ち着いていきやー

何でしょうね?
これって。

誰かに急かされてるわけでもなく、誰かが待っていてくれているわけでもないのに。

最近Twitterに力を入れています。
『今さら?』

はい。今さらです。
アカウントを開設したのが2011年4月になってますので、もう7年前になります。

最初の頃はツイートしてもフォロワーがいないので、ただ寂しい気持ちになっただけでした。

次にフォロワーを増やそうと相互フォローの相手に自分からフォローしてフォロワー数を増やしました。

でも、結局自分に興味があるフォロワーではないので結果は同じです。


そんな感じでしばらくフェードアウトしていました。


Facebookを始め、Instagramを始め、ブログを始め、いろいろなものにTwitterを連携させました。


そうすると、何かに投稿するとTwitterにも自動的に投稿されるので知らない間にツイート数は増えフォロワー数も600人になっていました。


そこに目を付け、最近Twitterもブログと同じように更新頻度を上げました。


ブログにするまでもない短いコメントや、ニュースに対しての感想をツイートし出すと、あっという間にフォロワー数は700人に。


調子に乗った私は、ハッシュタグ
を使ったり。

そのハッシュタグも#を全角で打ってたり、#の後にスペースを空けなくて認識してもらえなかったりの失敗を経て今に至っています。


また最近は、同じようなことをツイートしている人をフォローして、その人のフォロワーが流れてこないかなとか実験したりもしています。


もう一つ、ニュースをリツイートする時に自分のツイートの後ろにニュースが表示されることに今さら気付き、自分のブログをリツイートしてみたら出来たんですよね。

7年越しの発見です。



そんな感じでTwitterからもこのブログへ誘導しようと奮闘中です。


もっといろいろな活用方法はありますが、今自分が実践しているのはこんなところです。


この実践最中に冒頭の題名のことに気付いちゃったわけです。

今さらだけどこの記事の題名どうしようかな?

『不動産屋のTwitter活用方法』
『記事につける題名って大事ですよね。』

みなさんどっちの方が良かったと思いますか?


私の選んだ結論は表題の通りです。


ネーミングセンスあるかないかのご判断お願いします・・・

ついでにネーミングセンスがあるかどうかのご判断をお願いします。。。

物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ