ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

sns

時代に取り残される?付いて行く?

◯◯世代
野球で言うと松坂世代、清原世代、イチロー世代とか世代を代表する選手の冠が付いてきますが、今日はそんな話ではなく一般的な世代分けの話を。

団塊の世代
団塊ジュニアの世代
そして今いろいろな世界で活躍しているのが、ミレニアル世代
この世代はデジタルネイティブと言われ、小さい時からPCや携帯電話に触れ合ってきた世代です。

10


『おれ、パソコン苦手なんだよね。』
いつまで経っても同じセリフを繰り返している私たち世代とは一線を画しています。

YouTube、Instagramや生計を立てている人がいるってことぐらいは団塊の世代の人でも知っていることです。

でもこの、YouTuberという職業を仕事だと思わないと答えた40代以上の人が63%もいるそうです。

男子中学生の将来なりたい職業第3位がこのYouTuberという時代にです。

こう答えた人たちはSNSのことを全く理解していない人たちです。

『Twitterって、ただ思ったことを呟いているだけでしょ?』
『Instagramってプライベート写真を自慢げにUPしているだけでしょ?』
『メシ食いに行っても写真ばっかり撮って、料理が冷めちゃうよ。』
こんなことを言っている人たちです。
その方々からすると、ブロガーの人たちも同種に見えてるのでしょうね。

『携帯ばっかり触ってないで早く仕事しろよ。』
『携帯ばっかりいじってないで、ちゃんとご飯を食べなさい(勉強しなさい)。』
私たち世代の人間はよく上司や親にこう言われました。

でも、その毎日携帯(スマホ)をいじってる人が年収何億もあって、毎日通勤電車に揺られひもじい思いをしている自分が年収◯百万。
納得いかないのは分かります。
『そんなもん仕事じゃない。』
こう言いたい気持ちは分からなくもないですが、でも否定する前に自分で一度でもチャレンジしたことがあるのでしょうか?

やってみれば分かります。
YouTubeの動画を一本作るのにどれだけの時間がかかるか?
毎日何本もブログ記事を書くのにどれだけの時間がかかるか?
Twitterでフォロワーを増やすためにどれだけのツイートを投稿しているのか?
多くの人に見てもらい、報酬を得るようになるまでにどれだけの時間を要していることか。

学校の勉強だけをしていて、いい大学に進学、いい会社に就職して、そのうち結婚して子どもを作って、定年退職まで勤めて老後は安泰。
こんなレールに乗っかれた時代は崩壊しました。

プロゲーマーで年収◯億って想像できました?
これが今現実で起きていることです。

自分たちが認めなくても世間が認めているからこそ、この報酬になるわけです。
今の時代、右にならえで規格通りの人間より、規格外の人間の方が支持を得ます。


全世界の人とネットワーク一つで繋がる時代です。
全世界の人口が70億人ですから、たった1%の人の支持を得ることができれば7千万人の支持を得ることができます。
大阪市の人口は272万人です。(平成30年7月現在)
この全ての人の支持を得ても272万人です。
1,000人に1人にしか共感してもらえないことでも全世界に発信できれば、多くのビジネスチャンスが生まれることになります。

その1,000人に1人の支持を得るという発想を、今の40代以上の人はなかなかすることができません。

だって、他人と同じことをすることが美学だと幼少期からすり込まれてきたからです。

日本国民だけをターゲットにしたとしても人口1億2000万人、この1%で120万人です。
十分なパイですよね。

1人から年間1千円もらえれば12億円です。
ということは、0.1%でも1.2億円、0.01%でも1,200万円。
1万人に1人の確率で賛同してもらったとしても1.2万人の支持を受けることになります。

毎日通勤電車に揺られて定年退職まで働いて会える人たちって何人いるのでしょう?

私は不動産の営業を長年やってきました。
今はスタイルが違うので一概には言えませんが、毎日1人のお客様と接客しても年間300人、25年で7500人。

一般職、ルートセールスの仕事ではここまでの人と出会うことすら難しいはずです。
でもInstagramerですごい人はフォロワー数万、数十万といます。

それだけビジネスチャンスがあるということです。
フォロワーが1万人いたとして、何か新しいことをやりたい、その資金を少しづつ協力してもらえないか?
そう発信したとして、そのうち1%が賛同してくれれば100人の出資者が集まります。
月々5,000円の会費を負担してほしい。
それだけで月50万円の資金が集まってしまいます。

SNSの活用方法は多様化してきています。
今や情報源がテレビではなくSNSに移行してきています。

昔はほとんど匿名だったSNSが実名で行われてきています。
その個人の情報を得るにはとても有効的なツールになってきているのです。

私たち不動産業界においても、そのSNSの波はどんどん侵食してきています。
これからは不動産の集客ツールもポータルサイトではなく、SNS経由で信用できる人へ依頼する、そういう形に変化してきています。

不動産の営業マンはお客様の情報を事細かく入手できます。
でも、担当する営業マンのことはお客様は何も知らない。
こんなことがずっとまかり通ってることが不思議で仕方がありません。

情報をどれだけ隠すか、
どれだけ他社を出し抜く
これが今までの不動産業界でした。

普通に考えてダメでしょ。
お客さん本位じゃありません。

情報をどれだけ開示するか、
どれだけ他社と協力するか、
これが本来あるべき姿だと思っています。

そんな業界になればいいな、いつも思っていますがなかなか実現できない夢です。

でも、SNSのお陰で同じ想いを持つ不動産業界の人たちもいることを知りました。
一人ではなくみんなで変えていこうとすれば何とかなるのでは?
そんな期待さえ持ってしまいます。

時代に取り残されていたとしてもいいじゃないですか?
自分は時代に取り残されている、これに気付いただけでも大きな進歩です。

平成の時代は失われた30年と呼ばれています。
私たち世代ががむしゃらに働いてきた平成が終わり、次の時代へと進んでいこうとしています。
でもこの働きぶりがダメだったから、失われた30年と評されているわけです。

戦後失われたものを取り返そうと頑張ってきた団塊の世代、高度経済成長を遂げました。
今その世代は定年退職を迎え、裕福な資産を持ち、豊かな老後を暮らしていきます。

ミレニアル世代、新しい働き方、新しい生活体系を生み出し豊かな資産を築いていくでしょう。
中間世代、団塊ジュニアと呼ばれる世代、ここが一番タチが悪いのかもしれません。
モノに溢れた時代、デフレを経験し少しのお金で人並みの生活を営むことができた幸せな時代。
そのツケはいずれどこかでやってきます。
年金をもらえない?
仕事がない?
貯蓄もない?

子どもに養ってもらえるような社会でなくしてしまったのも私たち世代です。
どうしましょ?

『◯◯はダメだ。』
『そんなものは認めない。』
言ってる場合じゃないですよね?

人生100年時代と言われる今の世の中です。
50歳の人でもあと50年あります。
平均寿命4◯年の時代もありました。
その時代に生きていたら、もう死んでいてもおかしくなかったのかもしれません。
そう考えるともうワンチャンスありますよね?

自分が生きてきた人生を価値のあるものにするかどうかは、ここ数年にかかっています。
ちょうど今は時代の過渡期です。
変わり目ということは、チャンスに溢れているわけです。
そのチャンスを手にするかどうかは、今後の自分次第です。

不動産投資でも融資がストップしてきているような話をよく耳にします。
でもこれってバブルが終わり正常な状態に戻ろうとしているだけの話です。
賃貸経営もきちんとした経営をしていればそこには融資は今まで通り出てきます。
いや、今まで以上に融資を受けるチャンスが広がっています。

結局は、正しいことを正しいやり方でするだけ。
濡れ手に粟なんてないのです。
YouTuberは濡れ手に粟の仕事、こんなこと思ってるから不動産の詐欺話に引っかかるのです。

儲かっている人はみんな健全な経営をしています。
計画的に経営を行っています。

そこをしっかりと理解し、王道の賃貸経営を目指しましょう。

決して難しいことなんてやっていません。

最新の情報を取り入れ、知識を得ることを怠らず、決して他人任せにしない。

たったこれだけの話です。

今からでも遅くはありません。

何年後かの未来を自分の手で切り拓きましょう。

L-style Clubの募集はまだ行っています。

よければご参加ください。

L-styleClub-1




不動産とSNSの相性って?

多くの不動産会社さんは自社ホームページにお金をかけたり、ポータルサイトに多額の広告費を投入しています。
大手企業になればテレビCM、中小でもラジオCM。
企業イメージを向上させるため、そして集客のために。

ただ、会社のイメージがいいから、担当者もイメージ通りの社員さんが登場するかといえば、そうでないケースも。

不動産屋さんの営業マンは千差万別です。
ハキハキとしゃべり、テキパキと仕事をし、きめ細やかな配慮があり、お客様に寄り添った考えを持ち・・
理想を言えばキリがないですが、そんな営業マンに出会えることは皆無です。

まぁ、中にはもちろん良くできた営業マンもいるのですが、みんながみんなそうではないのですよね。
一層のこと営業マンを指名できればいいのに。
こんなこと考えたことないですか?

独身の男性が部屋を借りるなら、若い女性の営業さんに担当してほしいとか、家を買うならベテランの営業マンにお願いしたいとか。

以前の会社で一度そんな提案を社員にしたことがあったのですが、自信のある営業マンは
『それ、面白いですね。』
逆に自信のない営業マンは
『それってどうなんですかね?不平等じゃないですか?』
女の子の営業さんもいたので
『うーん。それは危なくないですかね?変なやつに万一襲われたら・・』
最後の意見には納得したので取りやめましたが、指名制で一番困るのは当然アピールポイントがない社員さんということになります。

その時私が言った言葉は
『自信がないなら、僕が担当になれば手数料半額でいいですよ。ってアピールすればいいんじゃないの?』
今度はさっき面白いですねって言ってた営業マンが、
『それはちょっと・・』
何なんだよ、お前たち。。。

『私は手数料、法定上限額しっかりといただきますけど、その分以上の仕事をします。』
『私は新人ですが、その分◯◯さんのために一生懸命がむしゃらに頑張ります。』
そんな気の利いた一言も言えないのかと。。。

自分が足りないことは何かで補わないと不公平。
お客様に対して不平等。
ひいては、お客様に迷惑のかかることになる。
そう考えたのですが、なかなか実現できませんでした。
それは社長と社員の関係性だったから。

社長という立場だったので、お客様の不公平より社員の不公平を直すことを考えてしまいました。
そういえば、ある社長にこんなことを言われたことがあります。
『私はお客さんに気を遣う以上に社員に気を遣っています。お客さんはそのタイミングだけ、でも社員は居る限りずっと稼いでくれますから。』
今でもこのことについて悩みます。
社員重視?
お客様重視?

この話にようやく自分の中で決着がつけれそうです。

Everybody wins

よくWin Winって言いますけど、win-winは相互間の利益関係です。
お互いに良好な関係、互いに利益のある関係っていう意味で使います。
でも、私たち不動産仲介業って売主と買主をつなぐ仕事です。
賃貸なら貸主と借主をつなぐ関係。
これって二者間の話ではないので、みんながハッピーになる取引、つまりAll Happyな関係を築こうと常日頃頑張っているのですが、All Happyって何か能天気な感じがしてしっくりきていませんでした。
でもこのEverybody wins

同じ意味ですよね。
直訳すると誰もが勝利者、みんなで勝利しよう。

これってRE/MAXの創業者が言った言葉だそうです。
長い月日を経て、自分が探していた大切なものを見つけた気分です。

まさに私が目指していたものがそこにあります。
みんながWinnerでいれる世界。

売主も買主も、貸主も借主も、そして私たちも。
誰かを泣かせるのではなく、誰かを喜ばせて報酬を得る。
これがサービス業です。

昨今、不動産業界の哀しいニュースが相次いでいます。
誰かを泣かせて利益を得る。
そこまでしないと成り立たないのか?
それならもう、私たち不動産屋さんが世の中に存在する意味さえありません。
CtoCで売り手と買い手が簡単につながる時代です。
今話題の民泊なんて、世界中のゲストと日本でロクに英語も喋れないホストを簡単にマッチングすることができます。
そんな世の中において、日本人と日本人、ご近所さんの売主さんとご近所さんの買主さんが直で繋がれないっておかしくないですか?

不動産取引にもCtoCの流れは必然的にやってきます。
その時に必要なのは、お客さんに寄り添ったアドバイスができるエキスパートだけ。
自らが発見した情報を精査してくれる専門家が求められる時代になると思っています。

そんな専門家を探すのにもっとも適しているのがSNSです。

どんな仕事をしていてどんな人と繋がっているのかをチェックできるのがFacebook



どんなプライベートを満喫しているのかをチェックできるのがInstagram

そして、どんなことに感心を持ち、どんなことに反応しているのかをチェックできるのがTwitter



自分の生涯の中でも1,2を争う高額なお買い物をしようとするときに、自分を守ってくれる立場の担当者(私はエージェントと呼んでいます)がどんな人物なのかを知るには絶好の場です。

これらのSNSを匿名でやっている人のことを私は信用していません。

不動産の営業マンからすれば、自分がどんな人っていうのを理解してもらえる絶好の場所です。

これからの時代はポータルサイトに掲載された物件からお客さまが問い合わせてくる時代ではなく、自分が頼りにしたい人へ問い合わせる時代へと変化していきます。

お客さんももう懲りたでしょ?

『誰を頼りにすればいいの?』
『誰を信じればいいの?』

このままじゃ、嘘をつかないAIに不動産営業マンは淘汰されてしまうかもしれません。

そうならないようにしなければいけません。


不動産取引には宅建業の免許が必要?
契約の際には宅建士の免許が必要?

みなさんが勘違いしている情報です。
自らが借主になるのに、自らが買主になるのに不動産業者を介入する必要はありません。
第三者の取引を仲介するために、これらの資格、免許が存在するのです。

不動産業者が持っている情報は不動産業者でしか見ることができない。
だから、不動産業者を介しなくてはいけない。

じゃあ、そんな垣根を撤廃しちゃいましょう。

そんな時代がもう目の前に迫ってきています。

その時に必要なのは、お客さんに寄り添ったアドバイスができるエキスパート
生き残れるのは、自らが発見した情報を精査してくれる専門家だけ。

自分で判断するより、自分のために動いてくれるという信頼が持てるエージェントだけです。

お客さまの信頼を勝ち取るためにできること、それがSNSや自らのブログで自分の信念、考え方を伝えることです。

その瞬間瞬間できれいごとを並べるのは誰にでもできますが、ブログやSNSって積み重ねていくものですからね。

不動産屋さん選びで悩んだ際にはぜひSNSで検索してみてください。

きっとお役に立てるはずです。

10

こどもに何を遺すべき?

『自分が死んだときにこどもたちに何かを遺してあげたくて。』
不動産投資を始めるにあたりご相談に来られる方々からよく耳にする台詞です。

将来こどもたちが生活していけるために。
会社というものに縛られず生きていけるために。
そう思っての発言です。

『いいことじゃないですか。』
愛するこどもたちのため。

IMG_1608


でも、私は長い間この仕事に携わってきて、こどもたちに不動産(収益物件)を残してあげた家主さんたちを見てきました。

中には自分の代になった瞬間に不動産を手放す人。
『親父と違ってこっちはサラリーマンなんだから、家主業なんかやってる暇ないよ。』
『相続税払うために仕方ないから。』

こう言った理由や、中には
『あんなもの残されたってマイナスばっかりで。』
こういうネガティブな理由まで様々ですが。

何でこんなことになってしまったのでしょうか?

それは、不動産を残してあげただけでやり方を教えてあげなかったから。
会社を遺しても経営の仕方を教えず、引継ぎも満足にしなければ同じような経営をできるわけもないですし、従業員のこともあるのでそんな無責任な引継ぎ方をしませんよね?

でも不動産の場合、
『任せてる不動産屋がいるから。』
『税理士さんに頼んでおいたから。』
後は他人任せっていう例も少なくはありません。

いつもよく言う言葉ですが、
『賃貸不動産経営も事業と同じです。』
事業として成り立つように経営していかなければいけません。

そのためには、事業継承。
ご自分が元気なうちから、賃貸経営のノウハウを教え込む、専門家と引き合わし良好なコミニケーションを築いておく、至極当然の話です。

もし、株や投資信託と同じような形で考えているのだとしたら、ご自身がお亡くなりになる前に、どのようなタイミング、価格で売却するのか?
をきちんと指示しておくのがいいかと思われます。

相続時には現金化するより、不動産を所有している方がもちろん節税効果が見込めます。
その後、
『売却する土地、不動産はこれとこれだ。』
『この不動産は今は市場価値が低いので、しばらく保有しておけ。』
など適正に指示を出した方が明確になるかもしれません。

だって、その方は資産を選択できるほど遺せた方だから。
見る目も考え方もしっかりしており、お付き合いしている専門家の方々も優秀な人が多かったはずです。
でも、自分たちのこどもさんたちはどうでしょうか?

優秀な遺伝子をいくら受け継いでいるからとは言え、学んだことのない分野で同様の能力を発揮できるかと言えば怪しいところです。

何でもそうですが、教育するということはとても大切なことです。

学校では語学や数学、歴史や科学・生物、いろいろな教育を受けることができますが、税金や不動産知識については学べる場がありません。

本来遺してあげるべき遺産は、考え方であったり生き方であったり、人とのお付き合いの仕方であったりするのではないでしょうか?

不動産はセンスが大事。
営業も仕入れもセンスだ。
こういう人もいます。

でもなぜセンスが必要で、そんなに重要視されるかと言えば教育の場がないからです。

不動産会社の社員ですら、まともな勉強をする機会がない。
というより、
『不動産は一つ一つ違うものだから実践研修あるのみ。』
先輩社員や社長がそう思っている限り、そこから抜け出ることなどありません。

生きていく中で一番高額な買い物、それが不動産です。
そして、生きていく中で一生付いてくるもの、それが税金です。

それなのに小学校、中学校どころか高校でも教えてくれる場がない。
これは何かの陰謀なのか?
と思えたりするくらい、放ったらかしです。
投資は自己責任?
高額な買い物なので市民には必要ない?
税金は勉強させない方が徴収しやすい?

とにかく理由は分かりませんが、学べる機会が存在しません。

でも、多くの不動産を所有している資産家の方々は、一生のうち何度も何度も不動産取引を経験し、万人が得られない経験値を所有しています。

『どうやって不動産を購入できるに至ったのか?』
『どうやっていい不動産を手に入れてきたのか?』
『どうやって不動産を売却し、利益を得ることができたのか?』
そこを伝授していければ、こどもたちも、自分の力で財を成せるようになるはずです。

自分のこどもたちが苦労しないように。
そう思うならなおさら、資産の増やし方を教えていくべきです。
そのノウハウに少しばかりの軍資金を遺せてあげれば、安心して他界できるかもしれません。

うちにはまだ小さいこどもが2人います。
2人とも女の子です。
彼女たちに何か遺してあげたい。
もちろん他の親同様、そんなことを考えています。

家賃を生む不動産を遺してあげたら?
もちろんこんな仕事をしていますから、考えたこともあります。

でも、それが彼女たちのためなのか?
そう思うと甚だ疑問に感じてしまうようになったのです。

昨日、一昨日こどもたちを連れて東条湖のアカプルコというプールに遊びに行きました。
小さいこども用のウォータースライダーもあり、とてもたくさんの親子連れで賑わっていました。
ウォータースライダーに並ぶ列も賑わっており、10分程度でしたがこどもの手を引いて並んでいました。
そうすると、係員の見ていないタイミングを見計らって、こどもの手を引っ張り、みんなが並んでいる列ではないプールの横から乗り越え何組かの親子連れが入っていきました。

こどもがルールを破っていても、
『みんな並んでいるから順番に並ばないとダメだよ。』
こうたしなめるとちゃんと列に並ぶようになります。
でも大人に注意すると、
『あっ、ごめん。並んでいること知らなかった。』
こんな言い訳が返ってきます。
中には逆上して喧嘩になってしまうこともあるでしょう。
でも、大人はルールを教える立場であって、ルールを破っちゃダメでしょ?

お父さん、お母さんに手を引っ張られて横入りしていたこどもが、ルールを守れる大人になれるわけがありません。

だって見本になるべき親が、率先してそんな姿を見せているのですから。

なんだかおかしな世の中になってきているのも、私たち大人が、こどもたちに世の中のルールをきちんと教えてこれていなかったツケかもしれません。

今のうちの子はまだ1歳ともうすぐ4歳の小さなこどもですが、一番上のこどもは今年で23歳になります。
この話の親たちはそのくらいの年代でしたから、私くらいの年代が教育できてこなかったツケかもしれません。

お金をいくら遺せようと、生き方を導いてあげれないことには何の意味もないのでは?
そう思ってしまったのです。

今、若い子たちの間ではSNS、InstagramやTwitterだけでなくいろんなSNSが発展しています。

そのフォローワーの数で憧れたり尊敬されたり。
その影響は企業の広告にも影響してきています。
インフルエンサーに広告料を支払い宣伝してもらう。
つまり、学歴がお金に変わる時代ではなく、生き方がお金に変わる時代になっているのです。

うちの娘たちには、いい大学に行かせようとかは思いません。
いい大学に入るよりフォローワー1万人の方がすごいと思っています。
大学の学費を払うくらいなら海外に留学に行かせたい。
注目を浴びるようにファッションや美容の勉強をさせてあげたい。
自分のやりたいことを実現するには、自分の生き方を発信する力と、他人を惹きつける魅力のある生き方をすること。

『わたし、こんなことをやりたいと思っている。』
『面白そうだね。じゃあ協力するよ。』

その協力というのが、一緒に手伝いたいという気持ちもあれば投資したいという気持ちもあるでしょう。

自分が今やろうとしていることはこれなんです。

SNSでフォローしてくれている方からのご相談がきたり、ブログを見てくれた方からの問い合わせがきたり。

ポータルサイトとかで物件に引き寄せられたわけでなく、自分が発信している情報や言葉に反応してくれている。

社会で孤立していないという安心感と、自分の声に反応してくれることへの喜び

『何か、今楽しそうですね?』

最近お客様によく言われる言葉です。

自分が楽しみながら生計を立てれるって一番理想的じゃないですか?

そんな生き方を娘たちにもしてほしいなというのが希望です。

そのためには、自分が死ぬまでにはフォローワー1万人にはなっていたいな。(笑)

ということで、Twitterでフォローしてください。

あと、残り9200名様お待ちしております。

長いな・・・


物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ