ほんとうに大丈夫?不動産投資

いままでこちらのブログをご愛読いただいていた皆様、ありがとうございました。 現在は当社ホームページにブログ記事を集約いたしましたので、そちらで引き続き発信しております。ご面倒ですがブックマークのご登録変更をお願いいたします。 https://remax-l-style.com/

不動産投資はしてみたいけど不安。 不動産って騙されるんでしょって方はまずこのブログでお勉強してください。 失敗しない不動産投資。 定年退職までに年金代わりに不動産投資で資産を積み上げよう^ ^ セミナーは定期的に開催していますが、よくある売るための不動産投資のセミナーはしていません。 まずみなさんに知識を取得していただいて、その中で一緒にビジネストしての不動産投資というものを確立していければと思っています。 末長いお付き合いをお願いしますね。

老後

老後の生活資金に2千万円必要

老後生活を営むには年金だけでは賄えきれず、貯蓄が2千万は必要とのことです。

どこまで?
いつまで?
住宅費は?
気になり出したら止まりませんよね?

基本的には住む家があって、住宅費がかからず、さらに年金で賄いきれない分を貯蓄から切り崩して‥
って話なのかな?

住宅ローンを35年ローンで借入れし、退職金で一括返済と考えていた人には少々酷なお達しかもしれません。
今の企業の平均退職金がこの2千万円前後だそうなので、それまでに住宅ローンの返済が終わってる人はギリギリセーフ。

この退職金で賄えるかもしれません。

でも今度は、その定年退職時まで雇用し続けてもらえるかという問題も発生しますよね?
仮に、定年退職まで雇用してもらい、無事退職金を受け取ったからといってまだ安心はできません。
これは、一般的な老後生活をイメージしている資金計画だからです。

悠々自適な老後生活、これをイメージするにはまだまだ不足している数字でしかありません。

結局どういうことかというと、老後の収入を確保するか、もっと余裕を持った貯蓄をする必要があるということです。
でも、実際に貯蓄していこうと頑張ってもなかなか預金残高増えませんよね(笑)

1

もう一つ衝撃的な話があるのですが、40代独身者の貯蓄0の割合が実に50%近くという事実です。

独身者で貯蓄0、この人たちの老後はどうなるのでしょ?

きっと、心の奥底には、
『最悪、生活保護を受ければ何とかなるよ』

こう思っているに違いありません。

現在の高齢者だけでも、医療費、年金問題でアップアップしているのに、あと20年も経たないうちに、こういった就労難民老人が増えるということです。。。

恐ろしくないですか??

到底、国の税制だけじゃ賄いきれるものではありません。
一体どうなるのでしょ?

医療費の問題にも今回若干メスが入りそうです。
湿布やビタミン剤など一部の軽度の症状に使用する薬代の負担額を上げるということだそうです。

じゃんじゃんやるべきですよね。

今、私は入院していますが、高齢者の生活保護受給者もこの病院に多数入院しています。
彼らの医療費はだれが出しているのでしょう?

もちろん国です。

入院してもタダ、入院していなくて普通に生活していても住宅費や生活費を支給してもらえ、医療費もタダ。。。

そりゃ、国のお金もなくなるよ。

そもそも、生活保護を受けるというハードルが下がったのはいつからでしょ?

私たちが小さいころ、生活保護を受けるということが恥ずかしいことという認識を持ち合わせていました。
こどもながらにです。

仕事をせずに、生きていくことは悪いことだと教えられていたからです。

それが、いつのころからか、
『生活に困ったら生活保護を受ければいいや。』

こんな考え方をする人が増えだしました。
最悪の状況に陥っても、何とか国が助けてくれる。
そういう意味のセーフティーネットってとても重要です。
でも、だれもかれもがそのセーフティネットを利用し、高齢者、障がい者だけでなく、外国人、仕事にあぶれた若者たちもが受けだしてしまうと、その資金は一体どこからくるの?
となりますよね?

社会保険料が年々高くなり、国民保険料さえも値上がりしました。
所得税、住民税の負担もキツいままです。

いったい、この国はどうなるの?

イヤな言い方かもしれませんが、競争社会においては弱者切り捨てというのは必要悪です。
弱者ばかりを守りすぎると共倒れしてしまうからです。

自分の身は自分で守るという意識でずっと生きてきましたが、自分の身だけ守るどころか。。。
将来の最悪の状況を想定しながら、未来設計をしていく必要があるような世の中になってきています。

年金に頼らず、こどもたちに頼らず、人生80年を生き抜いていく人生設計ができていますか?

私たちのこどもたちが、家庭を築き、家族を養っていく時代はもっともっと厳しい時代になっていくような気がします。

社会保険料の負担金額の増大、年金受給が70歳から、生活保護の申請もなかなか許可してもらえないような時代。
介護保険の負担金額増大、考えられるだけでも恐ろしい世の中です。

その中でのうのうと生きていこうとすると、とても2千万円の貯蓄では生きていけそうにありません。

そうなると、今から資産形成をしていくこと、退職後、老後の収入源を確保していくことがとても重要になります。

かといって、国債を買おうが、上場株式を買おうが、今ある資産を守り続けることが精一杯の金利や配当です。
そういう意味では、まだ不動産というのは資産を増やすということについてはチャンスがある投資です。

私個人の場合、8年前に購入した不動産を2年前に売却した際、1500万円の売却益が出ました。
これは、たまたま売却したタイミングがよかったのではなく、売却するのにいいタイミングだったから手放しただけです。
他にも、民泊を運営していた収益物件を1年で手放しました。
これも、民泊経営がうまくいかなかったわけではなく、資産価値が大きく値上がりしたからです。

私の仕事は、もちろん不動産業です。
毎日不動産の動きをチェックしています。

不動産の価格は株価のように、毎日は変動しません。
でも、数ヶ月ごとに金額の上がり下がりは実感できます。
『今売りのタイミング』
『今は売らないタイミング』
必要なのは、この2つの判断だけです。

正直、買いのタイミングは分かりません。
そこまで全て分かれば、トランプタワーが建つくらい儲かってるでしょう(笑)

買いのタイミングは分かりませんが、売りのサインは分かります。
購入した金額以上に資産価値が向上したときに、売りのサインは登場します。
ここで売るべきか、ホールドするべきか。

もちろん、その状況で一定収入が確保できている資産に関しては、無理に売る必要などありません。

不動産で失敗している人に共通しているポイントは、『売るべきタイミングでないのに、売らざるを得ない状況で売却している』ことです。

売らざるを得ないから、いい金額で売却を推し進めることができない。
すぐに現金化したいので、価格よりスピード売却したい。
融資の返済が滞ったため、金融機関に返済を求められ仕方なく処分する。

そもそも、こういった状況になるまで放っておいた人に落ち度があります。

資産形成には、時間がかかります。
計画的に推し進めていく必要があります。
売却するのも、購入するのも、計画に沿って進めていく必要があります。

『そんな、計画なんて立てれないよ。』
『どうやって、計画を立てていくの?』

はい。そうですよね。
そりゃそうです。
誰も教えてくれませんから。

教えてもらおうと思うと、教えれる知識を持っている人を味方につけることが必要です。
最初は、信頼できる先生を見つけて、指示を仰ぐしかありません。
それが、家主仲間なのか、不動産コンサルの代表なのか、地元の不動産屋さんなのか?

それは、各人のご縁の問題もあり一概に何が正解と言えないところもあります。
家主仲間でも、同じような境遇を装って、食い物にする人もいますし、不動産コンサルと銘打って悪徳金融スキームに嵌め込む人もいます。
地元の不動産屋さんだと安心していたら、家賃を着服されていたという話も不動産業界ではアルアルです。

『じゃあ、誰を信用すればいいの?』

分かりやすい指標でいうと、新聞広告、テレビCMなど、集客にお金をかけていないところです。
今はSNS広告っていうのもありますよね(笑)

あとは、安易に本を出しているからといって安心しないこと。
今は、ある程度資金を出せば、出版会社から書籍を発行してくれます。
つまり、誰でも本は出そうと思うと出せちゃいます。

騙されないというより、信用できる人を見つけるのは、その人の書いている文書(ブログやSNS)を読み漁ること、その人が喋るセミナーを何度も何度も聴きにいくこと。
同じテーマで何回話を聞いても同じですよ。(笑)
違うテーマの講演、セミナーを何度も何度も聴きにいくこと。
そうすることによって、その人の本質がだんだんと見えてきます。
もし叶うなら、個別面談を申し込んで、1、2時間話を聞くこと。
そうでもしないと、信用できる相手など見つかるわけがありません。

不動産投資の世界は、何百万円から初めて、何千万円、何億円と大きな出資に繋がりやすい世界です。
なので、組む相手によると、取り返しのつかない失敗を招くことも起こり得ます。

逆に、いい相性の相手を見つけると、短期間で資産が何倍にも膨れ上がることもあり得ます。


この記事を今読んでいただいている人、もう信用できる、信頼できるお相手がいらっしゃいますか?
まだ見つかっていないなら、RE/MAX L-styleにお話を聴きに来られませんか?

L-style_logo_balloon


私以外にも、当社には優秀なエージェントが多数在籍しています。
当社では、一人のエージェントに仕事を任せっきりではなく、RE/MAX L-styleとして、チームでお客様をサポートいたします。

収益不動産に特化したエージェントから、実需(マイホーム)のエキスパート、賃貸仲介経験14年賃貸部屋付けのプロ、多くの賃貸管理物件を預かっていた管理のプロ、FP1級を保有するエージェント。
ねっ。
色とりどりでしょ?

そんなそれぞれの分野のプロフェッショナルが集まって、一つ一つのプロジェクトを完遂させていく、これがRE/MAX L-styleです。

どうです?
ご興味湧きましたか?

万里の道も先ずは第一歩から。

ご相談依頼お待ちしております。
また、ちょくちょくセミナーも開催しておりますので、そちらにもご参加ください。

それでは、また


70歳までが現役世代?いつまで働かせるの?

     

こんなニュースが。

自民党プロジェクトチームが70歳まで働けるような社会にするべきだという会議を開いているそうな。

『えっ。いつまで働かせるつもりなの?』

65歳が高齢者という一つの指標があり、高齢者の数も65歳を基準に発表されています。
でも最近の65歳と言えばまだまだ元気ですから、この年齢で高齢者と呼ぶことは私にも少し抵抗があります。
最近知り合った不動産会社の社長は74歳だそうで、元気に飲み会に参加しています。
65歳どころか、70歳を超えても、元気な方は元気です。
まだまだ何かを吸収しようと、開かれた飲み会に参加してくるのですから頭が下がります。

自由意志で何歳になっても現役で働くというのは立派なことですし、それを妨げるような社会であってはいけないとは思います。

でも、70歳を超えても当たり前のように働かなくてはいけないという風潮を作るのには反対です。

労働という観点から言うと、生産人口というものがあります。
労働者の中核をなすという分布ですが、この生産人口は15歳から64歳となっています。

これもおかしな話ですよね?
今の日本で15歳から働いている人数がどれくらいの割合あるのでしょう?
大学進学が当たり前になっているこの世の中では、23歳からが実質の生産人口です。

働き手を増やすために女性の雇用機会を増やそうとか、定年退職後の雇用機会を増やそう、定年退職の年齢を伸ばそうとかいろいろな試みを行なっておりますが、これは結局年金システムの破綻を意味しているということなのでしょうか?

平均寿命が伸びているとは言っているものの、男性の健康寿命は70歳とも言われています。

つまり健康の間は働き続けろと?

『うーん。嫌な世の中だ。』

若い時は、老後どうやってゆっくりと過ごそうか?
早い時期にリタイアして、老後生活を楽しもうとか考えていたのに、今ではどうやって老後を生活していく資金を貯めようか、そんなことを考えなくてはいけない世の中になっています。

デフレの今、ファッションも食事も、リーズナブルで満足のいくものが手に入ります。
贅沢しなければ生きていける世の中かもしれません。
でも老後って、人生の中のボーナスステージであるべきだと思っていました。

一生懸命頑張って仕事をして、または子育てをして、ようやく全てのことが落ち着き、ゆっくりとできる時間なのだと。

長寿がもてはやされ(金さん銀さんのおばあちゃんたちもいましたね)ていた時期が終わり、高齢者のニュースと言えば、高齢者が運転する交通事故のニュースや、そのニュースを受け免許証を返還しろだとか、若年層が何人で何人の高齢者を支えるだとか、そんな高齢者にとってまるで邪魔者扱いするようなニュース報道ばかりが目立ちます。

昔は『おばあちゃんの知恵』だとか、若者が知らないことを知っているご老人の方の話を聞きたがる若者も少なくはありませんでした。

でも、今の時代はネットであらゆる情報を集めることができます。

だからといって、これって悲しいことですよね。
人はみんな例外なく衰えます。
年を取っていきます。

自分もいつかそうなるのです。

お年寄りを邪険に扱うものは、自分にも必ず降りかかってきます。

今の高齢者やこれから数年の高齢者を不遇な扱いにしたところで、自分が高齢者になったときに制度がよくなっていることなどあり得ません。
健康保険の自己負担割合も高くなりました。
保険料もアップしています。
年金の保険料も上昇するしていくでしょう。

それでも年金を受給できないかもしれない私たち世代の人たちは、やはりバリバリと働けるうちに貯えておく必要があります。
老後も稼ぎ続けてくれる何かの収入を作っておく必要があります。

あと何年バリバリと働けるか分かりませんが、とりあえず頑張りますか。

自分のため、家族のため、世のため人のため、日本のために。

最後に少し話が大きくなりましたが、頑張って働いてたくさん納税すれば日本のためになりますからね。(笑)

たくさん納税できるためにはみなさまのお力が必要です。

ということで、不動産のご購入、ご売却のご依頼は株式会社ライフコンサルティングまでお願いしますね。


嫁の尻に敷かれていたっていいじゃない。

若い時は友人や同僚が奥さんに頭が上がらない。
奥さんの尻に敷かれているのを見ていて格好悪いと思っていました。
(男なんだからピシーッと言い聞かせろよ。)
とか、
(女に仕事のことに口出しさせるなよ。)
とか思っちゃったりしていました。

家事のこととか子育てのこととか全く理解もしていなかったし、何より仕事してお金を稼いできている俺は偉いと思っていました。

そんなことを思っていたから、何かの機会にそんなことを言ってしまっていたりしていましたから、案の定一回目の結婚は儚く破綻しました。

でもこの歳になったら段々といろいろなことが分かってきますよね。
女性を敬えない人は仕事も出来ない。
いつもそばに居てくれる奥さんを大事に出来ない人は成功できないんじゃないかと。

仕事柄多くの人と出会います。
その中にはご結婚されている方もたくさんおられます。
不動産投資をしてもらう際にはだいたい
『奥さんにもご理解してもらっておいてくださいね。』
とお話をします。
もちろん私がそういう前に
『奥さんにお話を通しておきたいのでお時間もらっていいですか?』
と聞いてこられるお客様もいらっしゃいます。

返事は当然
『はい。もちろんです。』
しかお答えしません。

というのも、不動産は大きな買い物です。
人生最大の買い物と言っても過言はありません。
普通の家庭ならご主人のゴルフクラブを買うのにお伺いを立てます。
それなのに不動産を購入する時に何の相談もないっていうのはあり得ませんし、不動産投資は奥さんのご協力なしではうまくいきません。
男性は夢見がちなところがあります。
自分の気分が高揚してしまえば、目先のことしか見えなくなったりします。

でも女性は家計を預かる身ですから、しっかりと収支計画を立てて物事を考えていきます。

『もしダメになったらどうするの?』
『もし計画通り進まなかったらどうするの?』
『今ある貯金からこんなに使っちゃったら、子どもたちが大学、結婚とかなったらどうするの?』

現実を見てくれます。

私はよく不動産投資は余剰資金でとお話していますが、万一、予期せぬことが起こった時にも対応できるようにしておくべきです。
『ご主人が事故で入院した。』
『健康診断で病気が見つかった。』
『いきなり子どもが結婚すると言いだした。でも子どもには貯金している気配がない。』 
など、予期せぬ事態はいくらでも想定できます。

もともと不動産投資を始める理由は各々です。

老後の生活資金の足しにしたい。
毎月の生活費の足しにしたい。
リタイアして不動産オーナーとして生活したい。

様々だとは思いますが、リタイアして不動産オーナーとして生活したいと奥さんも同調しているなら、リスクを冒してでもチャレンジすべきです。

でも老後の生活資金、毎月の生活費の足しにという理由なら、出費が伴うリスクのある投資はすべきではありません。
つまり融資を受けてまでするべき投資ではなくなります。

融資を受けて不動産を購入するということは、空室になれば生活費の中から補填するということです。

現金で不動産を購入していたとしても毎年の固定資産税は必ずかかってきますし、その納税の通知書は自宅に届きます。

つまりどちらにしても内緒で行えるものではありません。
後でバレて夫婦で揉めるくらいなら、最初からご相談の上で購入することをお勧めいたします。

『奥さんに相談したら反対されますよ。こういう決断はご主人さんだけでしましょう。女性には分かりませんから。』
こんなこと言う営業マンから絶対に物件を買っちゃダメですよ。

奥さんはあなたと結婚したときに、あなたというベンチャー企業に就職したのです。
専業主婦なら結婚した時点から、子どもがいるなら出産と同時に人生の全てをあなたに委ねているのです。
子どもが生まれれば奥さんは母性本能で子どもを目一杯守ろうとします。
その子どもたちの生活を脅かす危険性のあるものに拒否反応を示すことも、ある意味当然かもしれません。

すでに現段階で余裕のある生活を営むことができており、老後の心配もない状態を築けているならあえてリスクを冒す必要はありません。

でもそうでなければ現状維持こそがリスクになってくるかもしれません。

年金が予定通り支給されたとしても、老後の生活資金として最低3,000万円は確保しておかなければいけないと言われています。
またこの3,000万円という数字は住宅費がかからない場合の試算です。
定年退職までに住宅ローンの返済が終わっていなければ、さらに余分な資金が必要です。

人生60年の時代から今は人生80年、85年の時代に変化しました。
おまけの人生20年、25年を生き抜く余力が必要となっています。

天から与えられたこのおまけの20年、25年を楽しく過ごすのか、それともただ働く期間が20年、25年伸びただけにするのかは今後の数年にかかっているかもしれません。

定年退職まで一生懸命働いて、その後にアルバイトで生計を立てないといけない人生にしてしまってはいけません。

アルバイトが悪いと言ってるわけではありませんが、せっかく何十年も仕事を頑張ってきたなら、頑張ってきているなら、そのスキル、経験を活かして生計を立てたいものです。

でもスキルを独立開業に活かせる職についている人はそんなに多くはありません。

でも人と人との繋がりや、専門的な知識は身についているはずです。
今までの経験が何の役にも立たないことなど本来ならないはずなのですが、活かし方を知らない人が多いように思えます。

私は今の仕事を25年間続けています。
今は大阪で仕事をしていますが、同じ職種で働いている以上、どこの地域、どこの国でも生きていけると思っています。
また今、なぜこのブログでいろいろな情報発信をしているのか?
セミナーを開催していろいろなお話をしているのか?
それは、専門的な知識を必要としている方がこの世の中に溢れているからです。
私の知識や話が多少は世の中の役に立ててるように思えるからです。

もちろん人助けのためだけにやっているわけではありません。

自分にも家族がいますし、こういう生き方を選んだときに付いてきてくれた妻がいます。
その奥さんには頭が上がりません。
尻にだって何にだって敷かれます。
自分の人生を賭けて勝負したつもりでも、賭けているのは自分の人生だけではありません。
あなたと一緒に寄り添ってくれてる奥さん、子どもたちの人生も一緒に賭けているのです。

絶対に負けられない勝負なわけです。
そのためには努力することは当然、一生懸命勉強することも当然、新しいことにチャレンジするときには相談するのも当然です。

掛け替えのないパートナーを得れているあなたは幸せです。
誰よりもあなたのことを信じているのは奥さまです。
そして、誰よりもあなたのことを認めているのも奥さまです。

だから奥さまを大切にしましょう。
尻に敷かれたっていいじゃないですか?
奥さんに頭が上がらなくてもいいじゃないですか?
だってあなたに付いてきてくれた掛け替えのない人なのですから。

でも、引っ張っていくのは自分ですよ。
頼りにされているのですから。

そんな愛する家族のために未来を築きませんか?
あなたというベンチャー企業を未来安泰の一流企業に変えてしまいましょう。
あなたの家族と私が一生懸命サポートいたします。

家族を大切にする人が大好きです。
私のお客様はみんな家族を大切にしています。
そんなお客様が大好きです。
そして、そんなお客様の人生を切り拓くお手伝いがしたい。

みんなで楽しく明るい老後を作って、一緒にお酒が飲みたいですね。

そんな夢を実現するために頑張って行きたいと思います。

その頃には子どもたちも大きくなって一緒にお酒飲めるようになっているのかな?



人気ブログランキングへ
物件情報
ブランド時計のレンタル
記事検索
楽天市場
google
会社概要
RE/MAX L-style
株式会社ライフコンサルティング
代表取締役 大西 征昭
大阪市住吉区長居3丁目13番8号
TEL06(4703)3300
FAX06(4703)3993
mail:oonishi@life-consulting.net
プロフィール

masaaki ohnishi

株式会社ライフコンサルティング代表取締役 不動産歴26年 そして元日本プロ麻雀協会プレイヤー 不動産の常識をぶっ潰せ!あなたの常識、それこそが非常識かも?  現在大阪市で特区民泊施設L-style花園町運営中 #競売 #不動産 #不動産投資 #民泊 #airbnb #麻雀
にほんブログ村
アマゾン
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライブドアブログ